站とう功(たんとうこう)

2015.04.17 Friday





















站樁功(たんとうこう)とは、中国武術の基本的な練習のひとつです。
足を肩幅に開き、腰を落として膝を緩め、腕は木をかかえるように胸の前で丸く円を作ります。
站は「立つ」、樁は「杭」という意味で、座る座禅に対して、立禅とも言います。
これにどのような意味があるのかを、書いてみようと思います。

「站樁功は30分やりなさい」と、よく聞きます。
根気も慣れも筋力も必要になるため、最初は5分でも良いと思いますが、
30分には理由があります。

中国武術には、上虚下実(じょうきょかじつ)という言葉があります。
下を充実させ(=実)、上を空にする(=虚)です。
站椿功も、上虚下実です。つまり下半身の筋肉を使うため、
15分たつと太ももが震えてきます。縦揺れ、横揺れ、が来て、
しばらく耐えていると、ぴたっと震えが止まります。
この震えは、グリコーゲンが足りなくなることからくるそうです。
「足りないぞ!」と感知すると、体が不足を補充しようとして働き始めます。
補充が終わると、震えが止まります。
30分ですと、ちょうどこれが2回きて、それが1セットになります。

站椿功で使われる筋肉は、「緊張筋」です。太極拳でも同じです。
鍛えても筋繊維が太くなりにくく下半身に多く赤い色をしているため、赤筋とも呼ばれます。
抗重力筋とも言われ、重力に対して体をしっかり一定の姿勢に保つための筋肉です。
「緊張筋」と言われる理由は、緊張していることを感じにくいからだそうです。
立つときにいちいち緊張を感じていたら生活しづらいため、都合よく鈍感になっていると思います。
これに対して、上半身に多いのが「相性筋」です。
白い筋肉で筋繊維が太くなりやすく、力こぶは、これです。



「緊張筋」は、日々コツコツと鍛える必要があります。
お年寄りが風邪などでしばらく寝たままになると、あっという間に弱ってしまう、というのは、
この「緊張筋」がやせ細っていくからだそうです。

站椿功でも太極拳でも、「放鬆」(中国語読みでファンソン)、という言葉をよく使います。
リラックスとか脱力と説明されることが多いのですが、本当にリラックスしたり脱力したら、
人は立っていられないため、実際にはちょっとニュアンスが違います。
「緊張筋」がうまく使われ、下半身がパンっと張っていて、
「相性筋」は緩んで緊張していない状態、だと思います。
站椿功を30分やるために、たとえば腕を体の前に丸く置き続けるのに、相性筋を使っていたら
疲れ果てて維持できません。維持できないことは自然にやめるしかないため、
長く続けることで、ふさわしい筋肉を体が探り、育っていく、という感じがします。

「相性筋」と「緊張筋」は、動く仕組みも違います。
大脳の命令ではたらく「相性筋」に対して、「緊張筋」は脊髄神経にコントロールされており、
無意識に動く筋肉です。いろいろ考えて指令を出さなくても立てるのは、脊髄神経によって自動的に
体を支えるように筋肉が使われているからです。
「緊張筋」を使うことにより、失われた本能をよみがえらせる、と言われています。
太極拳をやっていると、自動で動いているような感覚があるときがありますが、これは実際には
「緊張筋」をうまくちょっと動かしているのだと思います。

中国武術には、「静功」「動功」という区分があります。
動かないものが「静功」、太極拳のように動くものを「動功」と言ったりします。
「立つ」は動かないため「静功」に分類できますが、
座禅にくらべて下半身の充実感が強いため、静が極まって動となる、という、
限りなく動に近い静だと、わたしは思っています。
だから站椿功を練習することは大事で、でもこれだけでは足りなく、太極拳などの動功も必要になります。

站椿功の形は単純ですが、奥が深いのは、このような理由によります。
年数がたつにつれて、筋肉は育っていきますし、自分の感覚も変化、発展していきます。
今回は物質的な説明で長くなってしまいましたので、
わたしが站椿功で得た感覚などについては、また次の機会にご紹介しますね。


(武当山。龍がのぼっていくような雲の形が好きな一枚です。)
 

【講座のご案内】5-7月の自由が丘クラス

2015.04.14 Tuesday
















自由が丘の住宅街にある、風情ある民家、シェア奥沢は、
アートや食など、共通の興味のある人が集い、交流する場でもあります。

柔らかい床の先には縁側があり、その先にはお庭と空が見えます。
静かな空間で太極拳をすることで、自分の体と心にじっくり向き合う時間が持てます。

お稽古するのは、「はじめての武当太極拳」です。
太極拳発祥の地という伝説もある、中国 湖北省の武当山で育まれたもので、
丸く円を描くやわらかい動きが強さを発する、まさに柔が剛を制するものです。
それは自分自身、自然と人、人と人との調和のもとに、生まれます。
(武当太極拳について、詳しくはhttp://blog.minminkung-fu.com/?eid=31

動きながら血流を良くし、筋肉の緊張を取り、呼吸を安定させ、心を落ち着かせ、五臓を育てて
体と心を再構築していきます。


☆日時:
 いずれも15分前開場です。終了後は中国茶とお菓子があります。
【5月】
 5月9日(土) 10:00-11:30
 5月23日(土)10:00-11:30
 5月31日(日)10:00-11:30

【6月】
   6月6日(土)14:00-15:30 (通常と時間が異なります。ご注意ください)
 6月21日(日)10:00-11:30 【満員御礼】
   6月27日(土)10:00-11:30 【満員御礼】

【7月】
 7月5日(日)  10:00-11:30  【残席1名様】
 7月18日(土)10:00-11:30 【満員御礼】
 7月25日(土)10:00-11:30   【満員御礼】

☆場所:
 シェア奥沢 (http://share-okusawa.jp/

☆服装: 
 動きやすい服装(ストレッチのきいたトレーニングパンツなど。底の浅い靴。靴はなくても大丈夫です)

☆参加費:
 2,000円(1回) 初めての方には、特別価格の1,500円!

☆お申込み:
 minminkungfu☆gmail.com (☆を@に変更してください)まで、メールでお知らせいただくか、
 Facebookのイベントページから参加ボタンを押してお申込みください。

終了後には、お茶とお菓子をいただきながら、心地良いスペースで、
質問をお受けしたり、いろんなお話をみなさんでしたりしています。

初心者、経験者、どなたでも大歓迎です。
みなさまのお越しをお待ちしています。





 

愛とは、大切にすること

2015.04.13 Monday



昔、フランシスコ・ザビエルが日本にやってきて、「愛」という概念を伝えようとしたとき...
困った!ちょうどよい言葉がない!

そのとき「大切にすること」という言葉をあてたそうです。

愛とは、大切にする感情と言い換えられます。

これは稲葉俊郎さんの「対話するからだとこころ」という講演会で聞いたものです。
稲葉さんは循環器内科の医師として病院勤務しながら、在宅医療や山岳医療、
代替医療やヒーリングも勉強し、既存の枠にとどまらず、好奇心のままに新しい世界を模索されている方です。

講演会で、ひとつゲームをしました。

2人一組になり、片方が声を出さずに、
,錣燭靴OK,あなたはnot OK (わたしは良いが、あなたはダメ)
△錣燭靴not OK、あなたはOK (わたしはダメで、あなたが良い)
わたしはOK、あなたもOK   (わたしもあなたもどちらも良い)
の3パターンをやってみます。もうひとりは、それを受け取るだけです。

,鉢△蓮威圧的だったり恐怖だったり、冷たい断絶感があります。
は、ほっと安心するような温かい感じがします。
非言語でこれだけ多くのメッセージを受け取っているのです。

稲葉さんは、のわたしはOK、あなたもOKは、お互いが尊敬しあって学びあう関係で、
対話はここからしか生まれない、と話してくださいました。

さらに、この「わたしもあなたも OK」は、よく誤解されるそうです。

「人は、行為と存在を混在してしまうのです。
つまり、行為を否定すると存在を否定された気分になってしまいがちです」。

「わたしもあなたも OK」という状態は、すべてに同意することとは違います。
つまり存在を認めた上で、行為は否定してもよいのです。
ただ「それは違うとわたしは思う」と伝えたときに、相手は自分の存在を否定された、
つまり「わたしは OK,あなたはnot OK」と言われた、と誤解してしまうことがよく起きます。
だから「あなたの存在はちゃんと認めているよ」と伝えたうえで、行為の話をしないといけないのです。

わたしにも思い当たることがあります。
信頼しているからこそ「わたしは違うと思うの」と伝えるのに、
相手は怒るばかりです。わたしが理解できないことを「なぜ?」と聞くと、
怒りはどんどん膨らんでいく様子です。
そして「なぜ、と聞かないでくれ。言われると自分が信頼されていないような気がする」とも言われました。
今にして思えば「信頼されていないように感じる」と言ってくれたのは、
相手なりには心を開いていたと思いますが、当時のわたしはそれを大切にできていませんでした。

稲葉さんは、「人は共鳴します。相手が『あなたはnot OK、わたしは OK』ときても、
自分は引きずられずに『わたしもあなたも OK』の状態でいることが大切です」とおっしゃいます。
「相手が自分に共鳴して『わたしもあなたも OK』になれば対話が始まるし、
そうでなければ、相手は離れていく」そうです。

対話が成立しないとき、まず自分が「わたしもあなたもOK」かどうかを見ようと思います。
それは、自分を大切にし、相手も大切にする気持ちで、これが愛することだと今は感じています。


 

太極拳という武術をやる理由

2015.04.09 Thursday




「太極拳も気功も、武術です。それを忘れないようにしなさい。」と、
ずっとおっしゃっていた先生がいらっしゃいます。
去年、半年ほど教えていただいた李先生です。

先生は、「気功も、中国の公園などでも多くの人がやっていますが、
ぼんやりやっている人が多く気分は良いのでしょうが、武術として考えた場合は
あまり意味がありません。」とおっしゃいます。
そして、「使えないものは意味がない」ともおっしゃいます。

この教えを、わたしもすごく大切にしています。

わたしにとって太極拳は、調和のためのものです。
自分から攻撃することはなく、攻撃を受けた場合、相手も自分も傷つかずに、
戦いを終わらせるためのものです。
だから、武術です。
危機的な状況に立たされても、まず心を落ち着けることが大切で、
自分の体を丁寧に扱うことも大切です。
生きるか死ぬかの状況で自分の体を雑に扱えば、動きも雑になり、
倒されてしまうからです。

太極拳はゆっくり動きますが、それは心を落ち着けながら自分の体を丁寧に
使う練習をするためです。
慣れないと、体を雑に扱ってしまいます。
ゆっくり動くことで、丁寧に扱うことに慣れていきます。

「ゆっくり動くのは、早く動くためです」とおっしゃる先生は多いのですが、
ゆっくり動いて自分の体を丁寧に扱うことに慣れれば、
いざというとき、早く動いても雑にならない、
ということだと思います。

体を丁寧に扱い、心を落ち着けて、心も丁寧に扱うことは、
自分を尊重することでもあります。

自分を尊重して、信頼できている人は、そばにいてもとても居心地が良いです。

争わずに平和でいることを理想としても、現実に争いは起きています。攻撃されることもあります。
平和を求めつつも、実際にはそうではない世界だからこそ、武術が伝えられてきていると思うのです。

環境が平和だから平和な人になる、ではなく、
そうではない要素がある環境だから、まず人が平和になって、環境を平和にしていくような気がします。
そのために自分を尊重するのだと、そしてそのために自分の体を丁寧に扱う練習をしているのだと
思います。
そしてそれは、他人を大切に尊重することにもつながり、平和な世界につながっていくと信じています。



(2014年5月、李先生と。中国でも珍しい四節八極拳の伝承者です。)

「ここにいて、いいんだよ」

2015.04.07 Tuesday


(秋分の日。高尾にて)

昨年の秋分の日、裏高尾を歩いていたときのことです。
ひとつのワークをしました。
目にとまったものをじっくり見てから、それになってみる。そして
”それ”から自分を見てみる、というものです。

わたしの目をとらえたのは、ゆらゆら揺れる草でした。
しゃがんでしばらく一緒にゆらゆらしてから、”それ”になって
わたしを見てみると。。。いきなり「じゃま。」

えっ?我を疑いました。
でも確かに、わたしがそこにしゃがんだことで、草は日陰になってしまっています。
さっきまでのびのびと太陽の光をあびていたのに。スミマセン。。。
衝撃のあまり、動けません。
しばらくそのままでいると、草もその状態になじんできたような気配がします。
あくまでも、わたしの勝手な気配ですが。
「いいよ、そこにいても。」
と言ってもらえた気がしました。

このときに感じたことをその時に一緒にいた人に話したところ、
「ぎょっとするような出来事は、ホンモノだよ。それは思い込みではない。」

森に入ったら気持ちよい”はず”、癒される”はず”と、いろんな思い込みや期待を持ちがちです。
そのままだと、森そのものを感じることが難しくなります。
ただそこにあるものを、そのままに感じることができなかったり。

思い込みや期待を外すために、川の流れをおちている葉っぱの動きから見たり、
風の通り道をコケのつき方から見たり、川の音を自分の立つ向きや耳の角度を変えて聞いてみたり
(結構、変わります)、思い込みや期待が働きにくいところで、そのままを感じやすくするために
いろんな準備をしたりします。

わたしもそんな準備をした後で、聞こえてきた声が、これでした。
「じゃま」の後は、「ここにいて、いいんだよ。」
それは、この日の大事なメッセージだったような気がします。



人は、自分の存在を感じられないと、ストレスを覚えるそうです。
だから子供を抱きしめるとよい、というのはとても理にかなっています。
抱きしめることで「あなたはここにいるんだよ」と感じさせているのです。
大人も同じ。たとえば自分の片腕を丁寧にさすると、リラックスして力が抜け、
腕が重たくなります。さすっていない方の腕は、緊張しているから軽い状態。
自分がここにいるよと、存在を認識するだけで、
すごく安心してリラックスできるのです。

自分の存在を感じられないために、痛みによって存在を確認しようとすることもあります。
精神的にも、肉体的にも、です。
頑張っていないと充実感がない、とか、自分を傷つけてしまうことも、関係しているような気がします。

でも、本当は痛みは必要なくて、もっと楽で良いのだと思います。
そのために、体に意識を向けてみたり、呼吸に意識を向けてみます。
自分のリズムで呼吸できているかどうかを見てみます。
もし話し方が早かったら、それは呼吸が早くなっている合図でもあります。
体の状態はどうかしら。緊張して硬くなっていないかしら。
カンフーでも、全身をさすることがあります。顔、頭、耳、首、肩、腕、背中、お腹、腰、足。。。
丁寧にそれぞれの部分に意識を向けてさするだけで、緊張がほぐれて、リラックスできることもあります。
ひとつしかない体を、わたしたちは結構、酷使しています。小さい足の裏で全部の体重を受けたり、など。
だから、ねぎらいながら、さするようにしています。

「ここにいて、いいんだよ」。
わたしがカンフーをするのは、自分の体を感じて、これを自分に語りかけるためでもあると思います。
毎日、瞬間瞬間で言い続けることが、大事なような気がします。
ついつい忘れてないがしろにしてしまうからです(わたしは、です)。
体はひとつしかない、大切なものですからね。











 


calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM