自分のリズムで呼吸すること

2014.12.05 Friday



わたしは自分のリズムで呼吸をすることを、大事にしています。

太極拳をやるときも、普段の生活でも、です。

それがストレスがかかっているかどうかのバロメータにもなると思っているからです。
自分のリズムで呼吸していれば、ストレスもないと言われています。
つまり、自分のリズムで生きていられると思っています。

呼吸が早くなると、話し方も早くなりがちです。

スピーチやプレゼンをするとき、本番は練習よりも早くなることはありませんか?
あれは、緊張して話し方が早くなっていると言います。

私も昔はミーティングやプレゼンで、よく酸欠に近い状態になっていました(笑)。
それを「一生懸命に話しすぎて、息が足りなくなるの」などと話していました。
思いっきりストレスがかかっていることに、まったく気づいていませんでした。
今となっては、笑っちゃいますけど、恥ずかしい。。。

息をしないと生きられないのに、息が苦しくて良いわけがありません。
もしかしたらこれも”苦しさを感じることを生きている実感だ”と、誤解していたのかもしれません。
(痛みを感じることで生きている実感を得る、という誤解はよくおきることです)。

本当は、もっと楽に生きられるはずだと思うのです。

呼吸が早くなると、体もきゅっと硬くなります。
体が硬くなると、心も閉ざしがちになる気がします。
さらに周りから見ても、弾丸のように話す人に対して、居心地良い、そばにいたい、
と思う人はあまりいないのではないでしょうか。

そう思うと、もしかして良いこと、なしではありませんか?

だからイライラしたり、自分を見失いそうになったら、まず呼吸します。
”呼”は吐くことなので、まず吐くことからはじめます。
吐けば、次には自然に新しい空気が体に入ります。

笑うことも大事。声を出して笑うことは、息を吐くことにもなるからです。
私の好きなことば、「笑う門には福来る」には、そんなこともあるのかもしれません。

なお、呼吸のリズムはひとそれぞれです。
自分にとって居心地のよいリズムは、自分で見つけてくださいね。
 

12月 シェア奥沢(自由が丘)で開催予定のクラス

2014.12.04 Thursday

風情ある民家、シェア奥沢では、「みんみんカンフーの体と心が目覚める太極拳」を
開催します。

☆12月の開催予定:
13日(土)、27日(土) 午前10時〜11時半(15分前開場)



やわらかく感じる木の床で、縁側の先に空が見えるお庭が見えます。
この空間で、まぁるい穏やかな心で、ゆっくり呼吸して、ゆっくり動いていきます。
忙しい日常から少し離れて、自分を大切にする時間が持てるかもしれません。

このシェア奥沢は、アートやデザイン、食などを通じて、人が集って交流が生まれる場所です。
スペースからのあたたかさも感じられます。
大好きなスペースで開催できることが、とてもうれしいです。

初心者の方も、経験者の方も大歓迎です。
終了後は、おいしい中国茶とお菓子で、ほっと一息つきましょう。

☆12月の開催予定:
13日(土)、27日(土) 午前10時〜11時半(15分前開場)

☆場所:
シェア奥沢(最寄駅:自由が丘)
http://share-okusawa.jp

☆内容:
基本の立ち方、呼吸、大地に根をはるストレッチ、気功、太極拳。
太極拳は、中国の武当山ではぐくまれた武当太極拳です。

☆服装、その他
ストレッチのきいたトレーニングパンツ、Tシャツ、靴下、靴(底の薄いスニーカー、なくても可)、
飲み物、タオル
※お着替えいただく場所はあります。

☆参加料金:
2,000円。(初めての方は、1,500円)

☆お申込み方法:
FBイベントページから参加ボタンを押していただくか、
ホームページのお問い合わせフォームからメールで参加希望をお知らせください。

みなさまのお越しをお待ちしています。

  
 

 

体と心が目覚める太極拳

2014.11.27 Thursday



私の太極拳歴は、自分の体と心に向き合ってきた歴史でもあります。

中国の武当山に初めてひとりでお稽古に行った5年前の夏、虫刺されが原因で痒疹(ようしん)
という皮膚疾患にかかりました。

最初は刺されたところだけですが、血管を通って運ばれて全身に出るようになりました。
痒くて、夜中も起きてしまいます。
ブツブツがある皮膚はキレイではなく、私は自分の皮膚が嫌いでした。

幸い一度おさまりましたが、1年後くらいにもっとひどい症状になってしまいました。
「入院しないと治らないよ」とお医者さまに言われたとき、
私はずっと自分の体の声を無視してきたことに気づきました。
湿疹があるからという理由で、自分の皮膚が嫌いだと言うなんて、ひどいじゃないですか。
「ごめんなさい。これからは、私が絶対に守るから」。

そのときにセカンドオピニオンをいただいた先生が説明してくださったのが、写真の図です。
「入院しなくても治療方法はあります。でもその前に、起きるのか原因をみないとね」。

そう言って描いてくださったのが、頭と心と体の三角形です。

「3つのバランスが取れていると正三角形になって、ニコニコマークがきれいに入ります。
でも頭でっかちだと、顔がつぶれてしかめっ面になっちゃう。
あなたの状態は、このしかめっ面の状態です。」

「青信号のときもあれば、赤信号のときもある。でも、今のあなたは赤信号のときも
無理やり渡ろうとしている。赤のときはお休みしないとね。」

頭でっかちだった私は、自分の体の声も、心の声も、聴いていませんでした。
自分がどうしたいのか、自分が今どういう感情を持っているのかも、よくわかっていませんでした。
そこから治療とは別に、体を使ってその感覚を感じることを始めました。
その手段として取り組んできたのが、太極拳です。

おかげさまで、痒疹は半年ほどで良くなり、私の体は前よりもずっと健康になったし、
心はずっと穏やかになりました。
(あくまで本人の感覚ですが。。。)

太極拳は、昔の人の智慧です。生きていくうえで、
体にも心にもいろんな改善・発展の可能性をもたらしてくれるものだと、自分の経験を通して感じています。

そんなことから、タイトルを「体と心が目覚める太極拳」としました。

でも、私もまだ、発展途上です。
このニコニコマークは、いつも心にあります。私のひとつの原点です。
 


calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM