二本の足で立つこと

2015.12.06 Sunday



最近、なぜ人は2本足で立つことを選んだのかな、と考えたりします。

2本足は、不安定だからです。

立つことも、歩くことも、難しく、転ぶこともあります。
呼吸が浅くなっている人もいます。

4本足なら俄然、安定します。
自然と腹式呼吸になり、深い呼吸ができます。
さらに聞いた話では、匍匐(腹ばい、四つ足)だと、頭が無になるそうです。
だから禅寺などでは拭き掃除をさせる、とか。

安定している状態から、なぜわざわざ不安定な状態を選んだのかはわかりませんが、
不安定だからこそ、人間の頭は発達したのだそうです。

それでも、人間らしさでもある脳の発達は、行きすぎると
”頭でっかち”になることもあります。
カンフーで足を鍛えるのは、上半身と下半身のバランスを取るためと教わりました。
年齢を重ねると足の筋力が衰えるのに対して、上半身は重くなります。
上が重くなることで、転びやすくなったり、歩けなくなることもあります。
身体的にもそうですが、”頭でっかち”も、上半身が重くなる要素のひとつだと思います。

上半身と下半身だけではなく、2本足で立つことすべて、バランスのような気がします。
下に向かう重力と、上に向かう力(骨という構造を、それを支える筋肉を使って上に向かわせます)を
1直線上に、同じ量になるように調整します。

面白いことに、このバランス、力が均等なら良いわけでもありません。
ふたりでお互いに向き合って、押し合いっこを続けていると、いつかは疲労してしまいます。
どちらかがやめると、もうひとりは自滅する、というリスクもあります。
自分ひとりでも、人からの力が加わったりなくなったりしても、自滅せずに
バランスを保ち続けるのは、探求のしがいがあります。
こんなことをやるのも、カンフーのおもしろさです。

人は生まれてから死ぬまで、バランスのとり方をずっと学んでいくのかな、と思いながら、
わたしの”立つこと、歩くこと”の先生に、そんな話をしてみました。

先生は一言、「楽しいからですよ。」

なるほど。
だから赤ちゃんは、立とうとしたり、歩こうとするのかもしれません。

言われてみれば、わたしも立つ練習、歩く練習がすごく好きだったりします。

そういえば先日、生徒さんも「前は歩くの嫌だなあって思っていたのに、
歩くことが楽しくなってきました。」とおっしゃっていました。

立つこと、歩くことはあまりに当たり前で、無意識、無感覚でもできます。
でももし、歩きたての赤ちゃんの頃を思い出すことができたら、
ものすごくたくさんの感覚や感情が出てくるのかもしれません。

初めて立ったとき、歩いたときの楽しさは、きっと体が覚えているはずです。
感覚を研ぎ澄ませて、立って歩くような練習をするとき、あの楽しさをまた体験したり、
もっと深めていったりしているのかもしれません。

...四つ足動物の楽しさにも興味はありますが、とりあえずそれは、人間の領域外ですね。

(中国、武当山の学校で飼われていた犬。このときは足もとに収まるくらい小さかったのに、
2年後に会ったら、5倍くらいに巨大化していました。)

からだは柔かい方が良い?

2015.12.02 Wednesday


(脇の下、関節の部分をポコポコ叩いて、ほぐしているところ)

生徒さんの中には、「からだが固いんです」と困った顔をされる方がいらっしゃいます。
以前も書いたのですが、固いのには理由があって、自分を守ろうとしている場合もあるのです。
(詳しくは→「体のコンプレックスと争わない」

固いからだにも「ありがとう」と感謝するとして、では、からだは柔かい方がよいのでしょうか?

そうだと思います。理由は、いくつかあると思っています。

2足歩行をする人間は、4つ足よりも不安定です。
そのため、立つ、歩く、という日常動作でも、常にバランスを取らなければなりません。
そのとき、柔かい方が微調整が効きやすくなります。
柔かいというよりも緩んでいる、という方が適切かもしれません。
それぞれの部位が癒着せず、バラバラに動く、という状態です。

天秤の片方に75.6gの重さのものを置いたとします。
もう片方におもりを置いてバランスを取ろうとしたとき、
100gのおもりしかない場合、10gのおもりしかない場合、
0.1gのおもりがある場合を考えてみます。
0.1gのおもりを積み重ねればバランスは取れますが、100gや10gでは、できません。

実際に0.1グラムのおもりを重ねるのは大変ですが、からだはおりこうなので、一瞬で可能です。
「あっ、転ぶ!」となったとき、ゆるんでほぐれている方が対応しやすいと思います。

不幸にして転んでしまった場合でも、ゆるんでいるほうがダメージが少ないです。
水を例にしてみると、氷という固体の状態で落とすと砕けますが、水は落ちても水のままです。
落ちた先、相手によって、柔軟に形を変えることができます。

そのほかにも、緩んでいれば呼吸もしやすい、血も流れやすい、内臓も動きやすいなどなど、
基本的な生命活動の助けになるような効果もあるでしょう。

太極拳は全身運動で、腰(お腹)を中心に全身が連動して動くのですが、
氷のような塊が全身で動くのではなく、バラバラのパーツが連動して全身が動くのです。
固まっていると、そこで流れがせき止められてしまいます。

緩めようとして、無理やり伸ばそうとすると、
「痛い!」と抵抗が出て、逆に固くなってしまう場合もあります。
固いものをひっぱって切れてしまうように、痛めてしまう場合もあります。
もともと柔かい人の場合、「伸ばしすぎないように気をつけて」というのも、
痛めてしまうこともあるからだと思います。
わたしは、反動をつけずに自分の体のからだの重さを使って、からだと相談しながらじっくり
伸ばしていったり、イメージを使ったりするほか、2人ペアでやってもらう場合もあります。
(詳しくは→「限界を超える:今日のお稽古から」)

それでも、なかなか緊張が取れないこともあります。
そんなときは、今はまだ、緩むことが怖いのかもしれません。
緩むと閉じていたバルブが開いて、新しい流れがどっと起きるかもしれないからです。

道士やヨガ行者が、なぜからだを柔かくしようとするのかというと、
骨にアクセスしやすくするためだそうです。
骨には、魂の記憶が記録されていているそうです。心からの願いとか、自分の使命、と
わたしは理解しています。
世間からの評価や価値基準で「これがカッコいい」とか「これが成功」というようなものではなく、
理由もわからず楽しくてやりたいことや、どんなに反対されてもやらずにはいられないことが、
それかもしれません。
人それぞれで、自分だけにしかわかりません。

緩むのが怖い場合は、もしかしたら、自分の心からの願いに気づくのが怖いのかもしれません。

目の前にそういう方が現れる場合、それは自分の鏡でもあります。
わたしもまだ、自分の願いに気づくのが怖いのだと思います。

開いていることが自然なら、抵抗しなければバルブは開きます。
からだを緩めると心も緩みますが、逆に心を緩めないと体がほぐれない場合もあります。
どちらが先行しているかは、人によってさまざまだと感じます。
どちらにしても、まずは自分の状態を観察して、感じることからです。
抵抗しているなら、それを否定せず、無いものとせず、受け入れてみれば、
自然と次の道が現れるかもしれない、と思っています。

わたしの場合も、はい。


 

太極とは、すべての源

2015.11.30 Monday



太極拳という言葉は誰でも知っていますが、太極の意味は意外と知られていないと思います。

この言葉は、「太極拳経」の最初に出てきます。

太極者、無極而生、動静之機、陰陽之母也。

太極の者は無極(何もない状態)より生まれ、動き出し、もしくは要素が
発生するきっかけを与えるもので、陰陽の母である。
(参考:「太極拳経解釈 至虚への道」楊進 著 2009年 二玄社))

ちょっとわかりにくいのですが、太極とは、陰陽という二極に分かれた状態ではありません。
日本語だと紛らわしいですが、”対極”とは違います。

陰陽に分かれる前、動き出す前のまだ混沌とした状態のことを指します。

それは太極拳の套路にも表れています。
太極拳にはさまざまな流派がありますが、最初の動きは同じです。
直立した状態から、足を横に開く動作です。
これは無極(混沌)という状態から、陰陽の二極に分ける、という意味があります。

すべてのものは、二極から成り立ちます。
質が違うけれども、お互いが補完しあって成り立っているもの、です。
人が生きる世界は、天地。
人は、精子と卵子によって生まれますし、生まれたら呼吸(吸う、吐く)し、
心臓は同じリズムで鼓動します。どちらかに行きすぎることはありません。

太極図と呼ばれているのが、冒頭の写真の図です。
静止しているのではなく、ぐるぐる右回りに動いている、と言われています。
黒(陽)が大きくなりすぎる前に、白(陰)が力を増し、白が大きくなりすぎる前に
黒が力を増してきます。
さらに、黒(陽)の中に白、白(陰)の中に黒があるように、はっきりと分けきれるものではありません。

現実でも同じです
男性でも女性性を持ちますし、女性にも男性性があります。
血液は動脈、静脈にわかれますが、別々の経路で流れているものではなく、もとは同じものです。

静功と言われる站椿功(立禅)も、見方を変えるとすごく動いています。
立つこと自体、重力とは逆の上に伸びる力を使います。
2本足で立つことは、どうしても不安定になるため、微妙に体を動かしてバランスを取ろうとします。
風に吹かれれば、その方向からの力ともバランスを取ろうとします。
そして、体の中は動いています。呼吸は続きますし、血液は流れています。

辞書によると、太極とは、「中国哲学において、すべての物の実在を規定する唯一の根源をいう。
(中略)太極は、宇宙または個々の物の本体、つまり存在ならびに主体の唯一の真理である」
(「ブリタニカ国際大百科事典」より)と書かれています。

太極は、すべての源であり、陰陽の要素や質を持つけれども、陰陽という二極とは状態が違う
ということかな、と、今は理解しています。

自分と他人、分かれているように見えるけれども、実はみんなひとつ。
他人と衝突するとき、逆に惹かれるときにも、相手の中に自分の要素を見ていることも多くあります。

2011年、中国の武当山でのお稽古の最終日、師匠だった田理阳師父(武当玄武派第十五代継承者)に、
「あなたには太極の心がある」と言っていただいたことがあります。
そのときから、”太極の心”の意味をずっと考えています。
ある、と言うのは、それを考え続けることでもあり、忘れずに大切にしなさい、
という意味でもあると思っています。

今でも「わかった」と思っているわけではなく、これからもずっと考え続けるのだと思います。

今の理解でしかありませんが、元はひとつ(源)ですべてを含み、それは混沌としていると
ちゃんと腑に落ちれば、
わたしがだめで他人が良い、とか、他人がだめでわたしが良いとか、そんな区別をすることも
なくなり、もっと平和な世界が広がるのかな、と思っています。

わたしの日常は、まだまだどちらかに行きすぎたり、分断されていたりするので、
まずは自分から。自覚するところからですね。


(中国、武当山。世界遺産、紫霄宮(ししょうきゅう)を上から眺めたところ)

太極拳とは、自分の感覚を育てること

2015.11.29 Sunday


(站椿功 (站功、立禅))

「太極拳経」という文献があります。
1852年に発見され、それが太極拳という名前の由来になったと言われています。

最近、「太極拳経」の解説をしている本を読みました。
(「太極拳経解釈 至虚への道」楊進 著 2009年 二玄社)

わかりやすい本ですが、深いところもたくさんあるので、またゆっくり読んでいこうと
思っていますが、まず印象に残ったのは、太極拳とは己を知ること、という点です。

「太極拳のすばらしいところは、相手よりも先にまず自分自身と向き合うこと、
自分の心で自分の身体と対話することです(P.74−75)。」

実際、わたしの中国の師匠たちは、「感覚」という言葉を良く使います。
「こうすると感覚が違うでしょ」とか、「感覚がいい」とか。
太極拳の特徴のひとつは、観察する感覚を育てていくことだと思います。

ひとつの例は、站椿功(站功、立禅)です。
上記の本の中でも説明されていることですが、立つ、ということは、
重力に対して逆の力を働かせています。でも普通は、逆の力を働かせている意識はなく
無意識に立っています。

以前、上着を着るという動作を、ゆっくり観察してみたことがあります。
普段は無意識にやっている動作を、どこの筋肉が最初に動くか、次はどこか、
観察していくのです。わたしの場合、どうやったら着れるのか一瞬わからなくなりました(笑)。
それくらい体は複雑に動いているのに、通常は無意識でその動作をしているのです。

習慣で無意識にできる動作があることも、熱いものを触ったら手を離すなどの反射的な
動作も、それができることはすごいことだと思います。
でも逆に言えば、無意識にしていることを意識できるようになれば、今までとは
違う可能性が開く、とも言えます。

感覚だけは、誰からも教わることはできません。
自分の体で体験して、観察して、自分でつかんでいくしかありません。

站椿功は、ひたすら立つだけです。
わたしの場合、最初はわけもわからず、腕が痛くなるのに耐えながら、でした。
苦行が良いとはちっとも思わないのですが、このときは「今、これが必要な気がする」
と思って、とにかく30分、1時間、ひたすらやる、と決めたのです。
やりはじめてどのくらいたったか忘れましたが、樹を抱えるように丸くした腕の内側で、
何かがぐるぐる回る感覚を得たのが、最初です。

緊張が強かったわたしの体は、立ち続けることで、
立つために必要ない緊張を観察しながら、ひとつずつ抜いていきました。

続けるうちに、大地から力をもらって”立たされている”感覚も感じるようになりました。
物理的にはこれが、立つために不要な力が抜けて、
重力と同じだけの力が反対方向に働いている状態なのだと思うのですが、
そんな理屈より、その状態を感じている自分の感覚の方が大切です。

それまで「ひとりで立たないといけない」と、どこかで気を張っていたような気がします。
でも、そんな自分も小さく思えました。
自分だけで頑張ることを手放したら、こんなに助けてもらえるのに。
立たせてもらっているけど、自分という軸を失っているわけではないのです。

軸を失わない、というのは、太極拳をするときにも大切なポイントになります。
人との関係性においても、同じです。

自分の体を観察することで育てた感覚を使って、相手を観察します。
無意識にやる動作を意識していくことで、自分の動きも細かくコントロールできるようになります。
わたしの師匠たちが、相手が攻撃を仕掛ける前に素早く察知するのは、
この観察力と、自分の動きをコントロールできる力だと思うのです。
(ちなみに、フェイントをかけても騙されません。見破られます。)

武当太極拳の背景にある道教が大切にしているものは、「調和」です。
争わないこと、共存することです。
それには、相手を知ることも大切です。
でもその前には、まず己を知ること。
そこからいろんな可能性が広がると思っています。

この道は、まだまだ続きます。
やっていると、まだまだわからないことだらけだと気づきます。
同時に、自分の体ひとつあれば一生飽きずに遊べる、と、よく思います。
この先、まだまだ楽しみです。
来年、5年後、どんな感覚が育っているのかしらね。




 

【講座のお知らせ】みんみんの青空太極拳教室(12〜1月 代々木公園)

2015.11.24 Tuesday



緑いっぱいの代々木公園での、青空太極拳教室です。

青空の下、風を感じながらの太極拳は、また格別です。
はじめての方も、経験者の方も、ご参加をお待ちしています。

☆日時: (注:雨天の場合、お天気に準じて静かにお休みです)
12月6日(日)10時〜12時
12月20日(日)10時〜12時
12月27日(日)10時〜12時

1月9日(土)10時〜12時
1月17日(日)10時〜12時
1月31日(日)10時〜12時

☆場所:
代々木公園 
※待ち合わせ場所は、南門です。
代々木公園駅(地下鉄千代田線)、代々木八幡駅(小田急線)よりですが、
原宿(JR)からいらっしゃる場合は、バラ園を通り過ぎて噴水を右手に見て進むと、
南門に着きます。

☆参加費:2500円(1回)

☆内容:
基本功、気功、呼吸、武当太極拳(はじめての武当太極拳)など
(「はじめての武当太極拳」画像はこちらからhttp://youtu.be/DLACoQ-bLHs 

☆服装:
動きやすい服(ストレッチのきいたトレーニングパンツなど。寒い場合のために上着もお持ちください。)
靴(上履きのような、底の浅い靴がおすすめです)
※お着替えは、トイレなどで各自お願いします。

☆持ち物:
タオル、飲み物

☆お申し込み方法
メールでご連絡(minminkungfu☆gmail.com (☆を@に変えてください))いただくか、
facebookのイベントページで参加ボタンを押してください。
※お申込みいただいた方には、緊急連絡先をお知らせします。












 


calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM