想定内の枠を超える

2015.08.09 Sunday

















(中国、武当山の南岩)

先週、腰痛になりました。
ぎぐっときたわけではないのですが、これはぎっくり腰の予兆のような様子です。
右の肝臓の裏あたりが、痛いのです。

まず呆然、その後、すごく反省しました。
体のメンテナンスは毎日していたつもりだったのに、なぜこんなことに。。。
わたしは自分の体を本当に丁寧に扱ってはいないということなのでしょう。

もうひとつ、思ったことがあります。
「想定外」を生きていないのです。

これだけ動かしていれば、ケアしていれば、腰痛にはなるわけがない、と
勝手に想定して、その範囲で生きているから、想定外のことが起きるとびっくりするのです。

2年前にも、似たような経験があります。
友人と企画してワークショップをしたときのことです。
あるプログラムの課題だったため、その様子をビデオに撮ってフィードバックを
もらう機会もありました。
プログラム自体は、参加者の満足度も大きく、成功と言えたと思います。
でもフィードバックは「これは、わたしの知っているみんみん(わたしのことです)じゃない」
というものでした。自分で映像を見てみると、その場で起きたことに対して柔軟に対応しているし、
上手くさばいているようには見えますが、どこか違和感があります。

「そうか、ハプニングに対応することも含めて、わたしにとっては想定内のことしか起きていないんだ。」

人前で話すこと、ワークショップをすることは、それまでの仕事の経験もあって、
そこそこ慣れていました。
必要ならその場での変更にも躊躇なく対応しましたし、ちょっと難しい人がいるときも、
ちゃんと向き合って対応していたつもりでした。

でもそんなことも含めて、わたしの中では「想定内」だったのです。

それまで、参加者がアンケートに「大満足、満足」とつけてくれれば良いと思っていて、
そのための役回りを「演じようとしていた」ような気もします。
アンケートで満点を取る優等生を目指していました。

「わたしは、そんなことがしたいのかしら?」

複数の参加者がいると、当然、タイプはバラバラです。
そこで平均点を取ろうとすると、無難になったり、参加者に迎合しすぎることもあります。
もちろん、参加者の希望を無視してよいわけではありません。
でも、わたしがしたいと思っていることは、違うのです。
わたしが望んでいるのは、内容に違和感を感じた人が、それをそのまま声に出せる
場所であることです。
安心して違和感を話し合える場所を作りたいし、その先に「わたしはこうしたい」と
一人ひとりが主張できるような場所を作りたいのです。

それなのに、気づかずに、想定範囲内にまとめて良い点を取ろうとしていました。

ばかものです(笑)。

これは相当な衝撃でした。
でも、このおかげで、それ以降は自分が教えるときも、
演じることをやめて、とにかく常に「自分」でいようと思うようになりました。
自分の体験をベースに、自分の魂からの思いを自分のことばで話すこと、です。
魂が抜けそうになる兆候は、呼吸を見ていればわかります。
呼吸が早くなっているかどうかは、話すスピードでわかります。
常に自分のリズムでいるかどうかを、とにかく大事にするようになりました。

教えることは、ずっと楽しく豊かなものになりました。

あのときは、「教えるとき、ワークショップをするとき」という範囲の中での
「想定外」でしたが、2年たって今度は、自分の生活でも「想定外」を受け入れていくときが
きたような気がします。

2年前と同じように、衝撃はありました。でも、こんな間抜けな自分に気づくとき、
わたしは自分で笑ってしまうのです。「わかったような顔をして、小っちゃいなあ」と。

自分の体にも、もっと丁寧にすること、そして想定内の枠を超えることで、
これからどんなことになるのか、想像もつきません。。。。なんといっても想定外ですから。
ちょっと恐いです。
わたし、これからどうなっちゃうんでしょうか(笑)。


(いつもお稽古している公園での夕焼け。この樹の影が動物のようで、楽しいのです)

【メディア掲載】朝活太極拳、天王洲プレスにご紹介いただきました

2015.08.09 Sunday

天王洲アイルでの朝活太極拳、ご紹介いただきました。




 

自然と人、大宇宙と小宇宙

2015.08.06 Thursday
















(中国、武当山)

先日、森に行ってきた友人から言われたことです。
「なぜみんみん(わたしのこと)が、よく中国の山に行くのか、わかった気がする。」

3日間、森で過ごしたうち、初日は雑念だらけだったそうです。
雨も降っており「まだ歩くのかなあ」「ろくに説明も受けてないし」「嫌だなあ」などなど。

でも、2日目からは違ったそうです。
雑念がない。逆に探しにいっても、ない。
ひたすら今、ここにいて、平和で穏やかな心でいられたそうです。
「森って、そうなんだね。」

自然や宇宙を大宇宙、人と小宇宙とし、呼応している、という考え方があります。
自然の中に身を置くのは、大宇宙の在り方を体感し、小宇宙である自分の在り方に気づく機会でもあるようです。

老子の「道徳経」にも、自然と人の在り方についての記載があります。

天はひろびろとしているし、
地は果てしなくて、
ともに
長く久しくつづくものなのだ。
それというのも、天と地は
自分のために何かしようとしないで、
あるがままでいるからだ。
だから、長く、いつまでも、ああなんだ。
(「タオ 老子」第7章 加島祥造 筑摩書房)

老子は、これを知っている人は先を争ったりせず、
競争したりせず、無理をしない、と言っています。

「我をはったりしない生き方だから、
自分というものが生きるんだ」
(前掲 「タオ 老子」)

人は、「大宇宙と小宇宙」という概念を、
本で読んで知るのではなく、みんなどこかで知っているような気がします。
普段は意識にのぼってきていませんが、
自然の中に身を置くことで、思い出すのかもしれません。

わたしの場合は、たぶんそうです。
人は、何かを思い出すと泣く、と聞いたことがあります。
自分の本質に触れると、「あっ、そうだった」と思い出して、
ちょっとびっくりして泣くのです。
6年前に武当山に一人でお稽古に行っていたときが、そうでした。
早朝、一人で山を走っているとき、なぜかいつも涙が出るのです。
悲しくないのに。なんでだろう、とずっと思っていました。

今から思えば、自分にとって大切なことを、自然の中に身を置くことで
思い出していたのだと思います。
争わず、調和を大切にして、心穏やかに生きること、
自然という大宇宙と、わたしという小宇宙が、同じ、
我を張らず、自分を生きること、です。

自分の中に自然がある、とも言えます。

ここで大事なのは、先入観なく、何の期待もなく、過ごすことだと思います。
それ相応の時間や環境が必要な場合もあります。
山のガイドのようなことをしている人は、
「人ってね、山に来ると癒される、という思いを持っていて、
その妄想に乗って『きもちいいー』っていっちゃったりするんだよ。
そこから離れて、本当に自分が感じるとおりに感じるように持っていくのは、
結構大変なの」と言っていました。

わたしにとってはそれが、太極拳をすることにつながっているのだと思います。
期待とか、良い悪いとかを持たず、いつも今にいて、無理せず丁寧に動くこと、
呼吸を合わせることをやっていると、雑念や我が入り込む隙間がないのだと思います。

それでも、日常の中では、つい忘れてしまうこともあります。
最近も、イライラしたばかりです。
実はそれに先んじて、腰痛にもなりました。
痛くなったのは、ちょうど肝臓の裏。
怒ると影響が出るのは、肝臓です。
時間としては順序が逆ですが、こういうことも、ある気がします。

日常では、びっくりすることも、えっ?と思うことも、
いらっとすることも、いろんなことが起きます。
それはそれで、良いのです。老子も「醜いがあるから、美しいがある」と言っています。
ただ、その挑発に乗って争いはじめると、道を外れることになります。
そもそも、誰も挑発していません。自分の妄想だと思うのです。

道を外れたら、戻るだけです。
わたし、まだまだよのう。。。と反省しつつ。。。
(なぜかこういうときの言葉は、おじいちゃん風。)



(武当太極剣)

足のサイズが1cm以上、大きくなりました

2015.08.03 Monday



太極拳をはじめてから、足のサイズが大きくなりました。
もともとは22.5cmでしたが、今は23.5cm、ものによっては24cmです。
1cm以上大きくなりました。

形で見ると、まず足の指が長くなり、1本ずつしっかり主張しています。
足の甲も、ふっくらしました。
足の裏の感触は、前よりも大地をしっかりつかめるようになった気がします。

太極拳をやっていると、「足の指で大地をつかむように」と習います。
「少しね」とつくところがポイントです。
指を立ててきゅっとつかんでしまうと、足の裏は緊張してしまうからです。
これが腑に落ちたのは、わりと最近のことで、半年前くらいです。
足が大きくなったのも、その頃からです。



上の図にあるように、足にはたくさんの関節があります。
でも、靴を履く生活では、靴の中で縮こまっていたり、
指を1本ずつ使うこともありません。手の指に比べて、足の指の方が
自由に動かないのではありませんか?
でも本当は、足はもっと自由に動くのです。たくさん可能性があるのです。

わたしは、自分の練習でも、クラスでも、最初にぶらぶら体操をしています。
足の先、手の先を、ぶらぶら振るだけです。
最初は緊張が強くて、なかなかほぐれないのですが、
慣れてくると、手足がイソギンチャクみたいにゆらゆら動いたり、
ちょっと自分のものじゃないみたいに気持ち悪く(笑)動き始めます。
わたしはガイコツをイメージして、カラカラと全部の関節が自由に動く姿を想像しながら
振ります。これで末端をほぐします。
縮こまった関節に本来の隙間を取り戻す、ともいえると思います。

太極拳は、体の中心、腰から動きますが、その準備としてほぐすときは、
末端からやるほうがやりやすいのです。

ほぐした状態を覚えておくことも大切です。
歩くときも、足の裏をこのままのやわらかい状態にしておいて、
足の裏が大地についたら、吸盤を吸いつけるみたいに、足をしっかり伸ばします。
今は、伸ばすことが、つかむことだと思っています。

クラスで太極拳の動きを練習しているときも、足がふらつくことは、よくあります。
そんなとき、「足裏をやわらかくしておくことを意識してみてね」と言うだけで、
あっという間に安定する方もいらっしゃいます。
足が使えれば、安定感は飛躍的に変わるのかもしれません。

もうひとつ、思い出したことがあります
中国の武当山でお稽古していたとき、ちょっと高いところに上って写真を撮った後、
ひとりずつジャンプしておりたときのことです。
先生たち、降りるときに足音がしないのです。
わたしは、パタッという音。なんで?何かが違うぞ?と思ったのです。

あれは足の裏の柔かさの違いなのかもしれない、と思うのです。
緊張していたわたしの足は、パタン!という音が出ます。
でも柔らかければ、地面に吸い付くため、音も出にくくなります。

カンフーをやっている人たちは、直角の壁を何歩か駆け上ったりします。
これも、足裏が柔らかいから吸盤みたいに吸い付くのかしら。。。

足は、使うと決めれば、もっともっと自由に使えるのだと思っています。
もっと発達させることも、きっとできます。それを使わないのは、もったいないと思うのです。
そして大地をしっかり踏めるようになれば、自分の軸も作りやすくなると思っています。
人や環境に振り回されない自分も、作りやすくなるかもしれません。
なぜなら、精神的にも肉体的にも、緊張する筋肉は同じだからです。
ならば体からほぐせば、精神的にもほぐれるかもしれませんよね。

まずは靴をはいて縮こまった足をほぐすところからはじめます。
毎日のぶらぶら体操、おすすめですよ。

忍者ごっこも上手になりますしね、きっと(笑)。えへへ。



 

古琴:天と地と人の音

2015.07.29 Wednesday




(中国、武当山ではじめて古琴を弾いたとき。形、まったくなっておりません)

太極拳がきっかけで、習い始めたものがいくつかあります。
ひとつが薬膳料理。もうひとつが、最近はじめた古琴です。

古琴は、中国最古の楽器のひとつで、世界遺産(無形文化遺産)にも指定されています。
日本との関わりは1300年前の遣唐使の時代まで遡り、
平安時代に貴族の間で奏でられていました。
源氏物語にも、光源氏が古琴を奏でる場面が出てくるそうです。

平安時代の終わりとともに、古琴も奏でられなくなりますが、
その後、江戸時代には、今度は庶民の間でも奏でられるようになったそうです。

海外から日本に渡ってきたもので、日本で形を変えて定着するものもありますが、
古琴は、そのまま、形も変えず、楽譜も変えず、日本で奏でられました。
今、古琴は中国のもの、という印象がありますが、これだけの歴史を考えると、
日本のものと言うこともできます。

5月に中国の武当山に行ったとき、はじめて古琴に触ってみました。
はじめてだから体も腕も緊張でガチガチ、弦をぱちんとはじいてしまうわたしに、
「子供のほっぺたをそんな風に弾いたら痛いでしょ。」
そして「これも太極拳と同じだよ」と、教わりました。

あまりにできないのが悔しくて(笑)、日本に帰ってから習うことにしました。
そこで最初に教えていただいたことが、冒頭に書いた古琴と日本の関わりです。
「そんなことも知られていないでしょ。もっと知ってほしいのよね」と
先生はおっしゃいました。

弦は7本。奏法は3つあります。
散音(さんおん)という、右手で弦を弾く音。開放弦ともいいます。
按音(あんおん)という、右手で弦を弾きながら左手で弦を押さえる音。
そして、泛音(はんおん)、ハーモニックスともいいます。右手で弦を弾いて
左手で弦を軽く押さえてはなすことで、軽くて高い音が出ます。

最初は散音の練習から、それから按音に入りますが。。。
左手で弦を押さえて腕を動かすため、指が痛い。。。
しかも、難しい。。。最初の意気込みはどこに行ったのか、
ここでちょっと停滞気味になりました。

でも先生は、そんなダメダメなわたしにでも根気強く、丁寧に教えてくださいました。
そして前回、教えてくださった言葉が、「天地人」です。

「古琴の音は、天地人なの。泛音が天の音。天に響いて届くような音でしょ。
しっかりしている散音が、地の音。いろいろやる按音が、人。表も裏もある(笑)。」

「古琴は、文化。ただ弾くだけではなくて、こんな背景もちゃんとわかってほしいの。」

人は、天地の間に生まれます。
太極拳をやるときも、天地の間に存在することを意識して、和を大切にしています。
それもあって、「天の音、地の音、人の音」を教えていただいたとき、
「ああ、そうなんだな」と、すごく心に響きました。

そして、俄然、やる気がでました(単純です)。
弾く時に、これが地でこれが人で。。。と意識すると、違うのです。

古琴は、すごく太極拳につながるものがあります。
姿勢、呼吸、意識の持ち方、そして、和。
繊細で丁寧なところも、同じです。
ゆったりと、音と音の間を大切にすることも、同じ。

「でも、最近は忙しいでしょう。残念ながら速く弾く人も多いのよね」と先生。

そんなところも、太極拳と同じです。みんな忙しいから、先走る姿が、
お稽古でもよく見られます。

「弾いていると、心が落ち着くのよね」と。

これも、慢慢学(マンマンシュエ)。ゆっくりやっていけばよいのです。
良いとか悪いとかでは、ないのです。
大切なことを、思い出します。
ちょっとできないだけで停滞するなんて、わたしもまだまだです。

ゆっくり、育てていこうと思っています。



(雲海が広がる、武当山の朝)
 


calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM