太極拳を山の上で練習するのはなぜ?

2014.12.28 Sunday



私が毎年お稽古に通うところは、中国の湖北省にある武当山という山です。
ここは道教の聖地のひとつで、伝説によると太極拳の発祥の地とも言われています。
今でもカンフーの学校がたくさんあり、お稽古には外国からも生徒が訪れます。

カンフーで有名な少林拳は、仏教の僧侶がやっているもので、こちらも山の上にあります。

なぜ、山の上でやるのでしょうか?

それは、山が、地球のおへそ、つまり丹田だとされたからだそうです。
大地と天が接する一番高いところだから、地球のおへそ。
カンフーでは丹田を大事にします。
地球の丹田である山の上で鍛錬するのが良いと考えたらしいです。

なるほど、昔の人は、スケールの大きいことを考えましたね。

お稽古は、雨が降らない限り外で練習します。
師父(先生)は、景色の良いところで練習するのが好きです。
そして「山をみなさい」と、よくおっしゃいます。
疲れている人、煮詰まった感がある人には、特にそうです。


山は、見ていても飽きることはありません。
雲の動きや光のさし方、時間、季節など、さまざまな要素で、一瞬一瞬、違うものを見せてくれます。
空間も、時間も、大きな、そして自然な流れを感じます。

人を小宇宙、宇宙や自然を大宇宙と呼ぶように、人と宇宙は対応していると言われています。
だから、大きなものに触れていると、小さな自分の中の自然な流れを思いだすのかもしれません。
小さいことで悩んでいた自分が、どうでもよくなったり、
自分にとって大事なものがはっきりしてきたりすることがあります。

「山を歩いているうちに、原点に戻った」と言った人もいます。
武当山にお稽古に行き、いろいろと悩むことがあったのですが、
混乱している自分の状況を受け止めつつ、ひたすら山を歩き、
帰国してからも近所の山に登ったそうです。
そんなことをしているうちに、すごくシンプルな答えに到達したのだ、と言っていましあt。

この話を聞いたときには、すごいなあと思ったのです。
この人の力と、山の力と、両方がすごいと思うのです。
理屈では説明できないものが、山にはあると思っています。

山にいると、静かにうれしくなって、心が震えます。

来年も、また行きますからね。武当山。

いつもお稽古している広場で明月師匠と2年前にとった写真です。
ここから、武当山のてっぺん、金頂が見えます。



 

生徒さんのご感想 

2014.12.22 Monday



教えるときに、信じていることがあります。

みんな、そのときの自分に必要なことを、自分で取りに行けるのです。

同じクラスでも、体感、感想、気づきは、十人十色です。
自分が体験して得たものは、自分だけのものだと思っています。
みんなすごいなぁと、驚きもいっぱいで、見ていると楽しいです。
それぞれの「自分だけのもの」を、大切にしたいと思っています。

最近いただいた感想をご紹介します。

..................................................................................................

「本来の動きを思い出すような時間、立つという基本的な姿勢を
すごく大切にしたいと体感した時間でした。本能的に出る身体の動作を味わい、
とても心地良かったです。

太極拳って、歴史も動作も、本質的でこんなに深いものなんだ、と、
とても興味を持ちました!

早足でしゃかしゃか動く性格で、ジムでランニングしたり
しているのですが、このまあるいゆっくりした時間が
心にも身体にもとても大切だなと感じました」


「体の芯を少し動かすと、無駄なく末端まで伝わって
大きな動きを作り出しているのがおもしろかった。

カンフーの動きだけの話じゃなくて、やりたいと思ったことをやる、とか、
最初のちょっとしたエネルギーを無駄なく使ったら大きな動きにつながるのかも、
なんて思った。カンフー以上のことも受け取った気がする」

..................................................................................................

言葉なる感想も、ならない感想も、よし、です。
うれしい感想も、ぴんとこないなんていう感想も、よし、なのです。
自分に正直になれることが、一番です。

みなさんの反応から、私はたくさんのものを受け取っています。
本当に、ありがとうございます。

これからも、みんなの心身の健康と笑顔を願っています。
いつもまぁるい、穏やかな心で。
 

地球と共に生きる太極拳

2014.12.18 Thursday



自然の中で太極拳をすることが好きです。
普段は公園で、時間が許すときは山で。中国で練習するときも、いつも外です。
樹木の緑や青い空、風の音、虫や鳥の声、草の香り。豊かな自然に癒される気がします。

ずっと、自然は私を癒してくれると思っていました。
いつもそこにあり、私を受け止めてくれると思いこんでいたのです。

でも今年の5月にチェンジ・ザ・ドリーム シンポジウム
http://changethedream.jp/)に参加して、
地球の現実を知ったときに「なんだか違う」と思ったのです。

私たちは1987年から地球1個分よりも多くの資源を使い始めるようになりました。
今では地球2.4個分の生活をしています。
地球が再生できるスピードよりも、ずっと多くの資源を使っているのです。
地球は1個しかないのに、です。
当然、地球はとても傷ついています。自然はいつまでもそこにあるわけではなく、
このままだと失われていくのです。

人類は大地の一部。私たちと相互依存関係にあります。
つまり地球を傷つけることは、自分を傷つけることでもあります。

いつも癒してくれると信じていた地球、自然は、実はとても傷ついていると知ったとき、
わたしは「ごめんなさい、私はずっと、一方通行に求めるだけでした」と思いました。
今年一番の衝撃です。

それでは、人は地球を傷つけるだけの存在なのでしょうか。それは違うと思います。
今、存在しているということは、人は地球にも望まれて誕生しているのだと思うのです。

そんな私に何ができるのでしょうか。
資源を無駄使いしない、無駄なゴミを出さないのはもちろんです。
でも、それだけではないような気がします。
私なりの考えですが、この地球で幸せに生きることだ、と思うのです。
望まれて生まれた人間が幸せに生きることは、地球を幸せにするはずだ、と思います。

そこから、自然と私の関係は変わりました。
大地に立つとき、自然からエネルギーをもらうばかりではなく、私からも渡そうと心がけます。
そんな意識で站椿功(たんとうこう)という基本の立ち方をやったとき、
心が震えて、涙が出ました。

今の私の太極拳は、自然と双方向のもの、地球と共に生きることを意識しています。
植物に声をかけると育つように、人間が意識を向けたものは育っていきます。
だから太極拳は、私が地球にできる最大の贈り物だと思っています。そしてそれはすごく幸せな時間なのです。

同じようなことをおっしゃる方は、いらっしゃいます。
巫女舞をされている方は、「1歩1歩、歩くたびに大地を癒すんだよ」とおっしゃったし、
滝行をされる方は、「滝行は、滝からエネルギーをもらって元気になるんじゃなくて、
自分のエネルギーと滝のエネルギーがまざって、元気になるんだと気づいた」と、
おっしゃっていました。

今日もまぁるい、穏やかな心で、美しい地球と共に生きようと思います。
自分を大切にするように、地球も大切にしたいです。
 

私の存在が太極拳を通じて伝えるもの

2014.12.09 Tuesday



たくさんの人に助けられて、今の私がいます。
ホームページを立ち上げる話をしたときに、友人が「推薦文を書くよ」と言ってくれました。

才能コンサルタントの新関祐二(にいにい)さん。
北海道在住ながら、東京に来たときに私の太極拳講座に参加してくれたこともあります。

誰にでもある才能(強く出ている資質)。私の才能からみた推薦文です。
もらって、とてもうれしかった。そのまま載せます。
(みんみんとは、私のニックネームです。)
....................................................................................

みんみんの存在が太極拳を通して伝えるもの
〜みんみんの才能から見えてくる姿

by 才能コンサルタント新関 裕二

みんみんのストレングスファインダー資質TOP5
最上志向、未来志向、責任感、共感性、着想


こんにちはにいにいです
僕は才能コンサルタントという仕事をしていて、
ストレングスファインダーという才能発見テストの結果を元に
「楽しくて喜ばれてぐんぐん伸びる自分の活かし方」を
コンサルティングしています

今日はその技術を活かしてみんみんの持つ才能から
みんみんがみなさんにどんな貢献をしていく存在か
を読み解いてみたいと思います。

みんみんがもつ資質を開花させ、
すべて統合したときの姿は、、、

「人が心からの幸福を感じていられる未来を描き、
自らしっかりと実践してみせることでそのすばらしさを伝えていく人」です。

周りの人はみんみんが、人の幸福を願って
黙々と自分の決めたことに打ち込むその姿をみて
共鳴や感動を覚え、そばに集まってくるでしょう。

人の気持ちが痛いほどリアルにわかり、
物事を突き詰めていく性質は
おそらく過去には
自分も周りも追い詰めたこともあったでしょうが、
自分の資質の陰の部分をしっかり味わい、
太極拳という道を見つけた今は、

自分の心の陰と陽を統合し、
自分と人の幸せのために、という大きな目的からぶれず、
人から見えないところでもたゆまぬ努力を続ける力として
発揮されていくことと思います。

みんみんは、太極拳を武術や健康体操としてだけでなく
その人の心と体を柔らかく統合していくための手法として
伝えられる人です。

そしてそのあり方は、
心の陰の部分を味わったからこそわかる、
人の心の奥深くに届く波動を周りに発するでしょう。
自然に集まってきた人同士にも心癒されるつながりが
できていくことと思います

みんみんと、接する人達が
平安とともにありますように。

新関 裕二
http://ameblo.jp/2121-crazy/
.......................................................................

写真、後列スカイブルーのシャツの人が、にいにいです!
後列、水色のシャツの人がにいにいです!

太極拳と才能の関係については、また別の機会に書きますね。

自分のリズムで呼吸すること

2014.12.05 Friday



わたしは自分のリズムで呼吸をすることを、大事にしています。

太極拳をやるときも、普段の生活でも、です。

それがストレスがかかっているかどうかのバロメータにもなると思っているからです。
自分のリズムで呼吸していれば、ストレスもないと言われています。
つまり、自分のリズムで生きていられると思っています。

呼吸が早くなると、話し方も早くなりがちです。

スピーチやプレゼンをするとき、本番は練習よりも早くなることはありませんか?
あれは、緊張して話し方が早くなっていると言います。

私も昔はミーティングやプレゼンで、よく酸欠に近い状態になっていました(笑)。
それを「一生懸命に話しすぎて、息が足りなくなるの」などと話していました。
思いっきりストレスがかかっていることに、まったく気づいていませんでした。
今となっては、笑っちゃいますけど、恥ずかしい。。。

息をしないと生きられないのに、息が苦しくて良いわけがありません。
もしかしたらこれも”苦しさを感じることを生きている実感だ”と、誤解していたのかもしれません。
(痛みを感じることで生きている実感を得る、という誤解はよくおきることです)。

本当は、もっと楽に生きられるはずだと思うのです。

呼吸が早くなると、体もきゅっと硬くなります。
体が硬くなると、心も閉ざしがちになる気がします。
さらに周りから見ても、弾丸のように話す人に対して、居心地良い、そばにいたい、
と思う人はあまりいないのではないでしょうか。

そう思うと、もしかして良いこと、なしではありませんか?

だからイライラしたり、自分を見失いそうになったら、まず呼吸します。
”呼”は吐くことなので、まず吐くことからはじめます。
吐けば、次には自然に新しい空気が体に入ります。

笑うことも大事。声を出して笑うことは、息を吐くことにもなるからです。
私の好きなことば、「笑う門には福来る」には、そんなこともあるのかもしれません。

なお、呼吸のリズムはひとそれぞれです。
自分にとって居心地のよいリズムは、自分で見つけてくださいね。
 


calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM