いっぱい、いっぱい

2018.03.31 Saturday

(Photo by Xie Okajima)

 

「もういっぱい、いっぱい!」と言うこと、ありますか?

 

予定や仕事が詰まりすぎて、これ以上は入らないときなどに、使いそうですよね。居心地は、あまりよさそうではありません。

 

”いっぱい、いっぱいな人”を見たとき、「近づくのは、やめておこう」と思うこともあるでしょう。とばっちりは、受けたくありませんものね。

 

上記の例だと気づきやすいですが、わかりにくい”いっぱい、いっぱい”もある気がします。一生懸命に何かを追及して、ある意味では専門家になってきた場合や、その結果「これだ!」というものにたどり着いたとき、そうなる可能性があるような気がします。

 

今日の話は「みんみんの陽だまり時間:老子のことば」のクラスで、老子の「道徳経」第4章を読んでいたときに出てきた話です。です。ご参考まで、第4章をご紹介しておきますね。最初は飛ばして、現代語訳だけ読んでも大丈夫です。

 

【原文】 

, 而用之或不盈。, 似万物之宗解其紛, 和其光, 同其, 湛兮, 似或存。吾不知誰之子, 象帝之先。

 

【書下し分】

道は沖(ちゅう)にして之を用うるに或いは盈(み)たす。淵(えん)として万物の宗(そう)に似たり。其の紛(ふん)を解き、その光を和らげ、其の塵(ちり)に同ず。湛(たん)として或いは存するに似たり。吾れ、其の誰の子なるかを知らず、帝(てい)の先(せん)に象(に)たり。

 

【現代語訳】

道は空っぽの容器のようであり、その働きは無限で、いっぱいになってしまうことはない。淵のように深く、万物の大本のようだ。知恵によっておこる争いを解き(煩わしさを解き)、知恵の光を和らげ、俗世(世の中の人)に同化する。道は満々たる水のように深く静かだ。なにか存在しているようにも見える。わたしはそれが、誰の子であるのか知らない。天帝の祖先のようである。

 

 

「道」は、老子が大切にしたもの、理想として描いているものの象徴と捉えていただけば、いいかもしれません。

(過去の参考記事:「老子のことば:道(タオ)」は、こちらから)

 

終わりのほうに、「知恵によっておこる争いを解き、知恵の光を和らげ、俗世に同化する」とあります。これを読んだ生徒さんが、「自分の知恵でいっぱいになってしまったら、他の人が違う考えを言ったときに受け入れるゆとりがなく、『それは違う』となってしまう、とも読めますね」と言っていました。

 

これが、わかりにくい(かもしれない)”いっぱい、いっぱい”の例です。

 

学んで知恵をつけて、活用することは、望まれることだと思います。自分だけではなく、みんなの役にも立ちます。でも「自分が正しい!」となると、それは容器を一杯にすることと同じで、他を受け容れるゆとりはなくなります。

 

知恵が光りすぎると、まぶしすぎて、実際には何も見えません。鋭い光は、刃物のように人を傷つけることもあります。

 

一生懸命な人ほど、こうなりがちですよね。わたしは20代の頃、会社で仕事しているときに「なんであれでいいのか、わからない」と納得できなくて、こっそり大泣きしたことがあります(こっそり、のつもりでも、目が真っ赤に腫れるので、周りにバレていました。)

 

若気の至り、とか、猪突猛進、とかも、似たような感じです。(わたしはその頃、親しい友人に「猪突猛進、ときどきまゆみ」と、からかわれていました。)

 

器が小さく、すぐに一杯になってしまうのです。生きている世界が、狭かったな、と思います。ただし、自分が狭く見ていただけで、実際には、深く、決して一杯になることはないのに、です。

 

だいぶ年齢を重ねて「知っていることなど、ほとんどない。知っていると思っても、実はわかっていない」という体験を、ガーン、ガーン、と失敗を伴いながら重ねてくると、「あれも、それも、これも、ありだよね」と思えるようにも、なってきます。

 

年齢が熟してくると、円熟という言葉どおり、人間もまるくなります(なる場合もあります)。この角がない、鋭いものがない感じは、老子が言っている”光を和らげる”ことに重なります。

 

でも一方で、年齢が熟すと、体も硬く縮こまってきて、頑なになる場合もあります。コチコチに硬い容器は広げることができず、これもまた一杯になってしまいそうです。経験があるだけに、「なっとらん!」「そんなの変だ」とかなること、ありそうですよね。

 

老いも若きも、困ったものです。

 

一方、知恵の光は、ぼんやりとした灯りであれば、みんなに居心地良く見てもらえます。行燈のような、もしくは、縁側に座って窓越しに柔かい光が射しこんでくるときのような、イメージです。人が寄ってきそうでもありますね。鋭くないものは、人を傷つけることもありません。「能ある鷹は爪を隠す」も、似たような表現かもしれませんね。

 

太極拳も、「柔」の丸い運動を基本としているために、鋭さはありません。武術としての派手さのような、光もなく、どちらかと言えば、地味です。でもこれは、相手と対立することのない柔らかい方法で、相手主導の攻撃を、自分主導の防御へと転換するものです。さらに攻防の技術を超えて、生活や人生のすべげのおいても、自分が中心となれる方法でもあります。(参考:「老子と太極拳」清水豊著 BNP出版)

 

ここで言う”中心”とは、人に振り回されない生き方、と言い換えられます。人を振り回すことも、しません。太極拳のよさは、このことを体で実感できることです。それは、どうやっても、わたしには、ここで言葉で伝える能力はありません。

 

言葉で言い尽くせないものは、奥深いのですよ。

 

【特別クラスのお知らせ】

4月14日(土)18:30-20:30は「太極扇を体験しよう(第5回)」です。詳細とご応募方法はこちらから。

4月15日(日)14:00-16:30は、新講座「みんなが知らない太極拳のひみつ(1)天地とつながる立ち方」です。詳細とご応募方法はこちらから。

 

(武当山でのお稽古。真ん中、左よりにいる薄紫が、わたし。背景と馴染んで、主張しすぎない感じが、好きです。)

 

 

☀「陽だまり」とは

「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、キリリとした印象もあります。太極拳を通して、陽だまりのような場を創っていきたいと思っています。

 

........................

いしい まゆみ(道号:静慧 / みんみん)

太極道家

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

講座のご案内は、こちらからどうぞ

 

 


夢はかなう

2018.03.30 Friday

修士を修了して「働こう」と思ったとき、最初に目指した職業は新聞記者でした。

 

その仕事をしていた友人の影響も、大きかったと思います。

 

当時は年に2回チャンスがあり、2年にわたって合計3回、受験しました。結果、夢はかないませんでした。

 

準備は大変でした。わたしの専攻は英文学で、実学ではなく、大学のときの先生のことばを借りれば「役に立たない学問」です。筆記試験の問題も、さっぱりわかりません。準備期間もなかった1回目は、筆記で落ちました。

 

「高校の政治・経済の教科書をしっかりやるといいよ」と、経済学部出身の友人に教わり、コツコツと読んで、疑問点を集めては、まとめて友人に解説してもらいました。

 

「新聞は、毎日、端から端まで読むんだよ」というアドバイスから、朝刊と夕刊をじっくり、赤線を引いたり、切抜きしたりしながら読みました。

 

朝刊って、ボリュームあるのですよ。本当に全部読むと3時間くらいかかります。さらに、例えば大きな自然災害が起きると、過去の自然災害が出題されたりするため、関係事項を調べる作業もやりました。

 

筆記試験は、選択式のほかに小論文もあり、その場で与えられた題目について、制限時間内に1,000字で書きます。これもたくさん書いて練習しました。

 

今、思い返すと、本当にこれだけやったのだろうかと、自分でも思ってしまいます。(過ぎたことは、わりと忘れてしまうのです。)

 

それなりにすれば、それなりの成果が出るのか、2年目の筆記試験は2回とも通りました。でも最初の面接は、筆記が通ったことで舞い上がってしまい、ボロボロでした。2回目はきちんと話せたのですが、通りませんでした。

 

新聞記者の友人は、あとからその面接のやりとりを聞いて、「それは、良い面接だったね。だからこそ、また受けても厳しいかも。」と言ってくれました。

 

自分でも、なんとなく感じたのです。「この会社が求めているのは、わたしのようなタイプではないんだろうな。」と。夢をかなえるためでも、違う人になることはできません。

 

目標を失って、しばらく落ち込みました。でも、よかったことも、たくさんあります。

 

ひとつは「自分のことばで書く」練習ができたことです。小論文の題材は時事問題が多く、しっかり理解していないと、自分がどう思うかなんて書けません。ニュースで聞いていると、なんとなく知っている気分になりますが、実際に書いてみようとすると、全然書けないのです。「きちんと理解してから書く」大切さを、学びました。

 

書き方についての発見もあります。友人の記者の記事を読んだとき、「いつも言っている事より、ずいぶんマイルドな書き方」だと感じて、質問したことがあります。「なんで思っていることをそのまま書かないの?」と。返事は「事実をそのまま書くの。それをどう感じるかは読者に任せることだから。」伝えたいのは、自分の思いではなく、「こういうことが起きている」ことだとすれば当然ですが、当時のわたしには新鮮な驚きでした。

 

当時持っていた、”学部コンプレックス”もなくなりました。英文学を好きで専攻したにも関わらず、「これは社会で役立つ実学ではない」ことに、コンプレックスを感じていました。冒頭であげた大学の先生は、「役に立たない学問を学ぶ意味を考えなさい」とおっしゃったのですが、当時のわたしは学ぶ意味を考えるには至らず、「役に立たない」部分だけにとらわれていました。(役に立たないものを学ぶ意味については、別の機会に書きますね。)

 

それでも高校の政治・経済の教科書をベースに、「あれがこうなると、これがこうなる」という仕組みを自分の頭で理解できるようになってくると、「なんとかなるのだ」とわかってきました。(「世の中知らないことだらけだ」と知っている今から思うと、どうでもいいコンプレックスですけれどもね。)

 

面接での体験からは、「望んでも、合わない場所もあるのだ」と、知りました。想いは引きずりましたが、「あきらめよう」という決心は、しっかりつきました。

 

さて、本題の「夢はかなう」に戻ります。

 

新聞記者にはなれませんでしたが、こうやってブログやSNSで”書く”ことができていると思うと、違う形で、夢はかなっていると思えます。あの頃は、素人がメディアに書く時代がくるなんて、思ってもみませんでした。

 

”夢はかなう。ずっと後にでも、そのときの自分が思ってもみない形で。”

 

よかったことがあるから、かなわなくても十分なのですが、それでもかなうと、うれしいですね。

 

 

【特別クラスのお知らせ】

4月14日(土)18:30-20:30は「太極扇を体験しよう(第5回)」です。詳細とご応募方法はこちらから。

4月15日(日)14:00-16:30は、新講座「みんなが知らない太極拳のひみつ(1)天地とつながる立ち方」です。詳細とご応募方法はこちらから。

 

 

☀「陽だまり」とは

「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、キリリとした印象もあります。太極拳を通して、陽だまりのような場を創っていきたいと思っています。

 

........................

いしい まゆみ(道号:静慧 / みんみん)

太極道家

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

講座のご案内は、こちらからどうぞ

 


「できない」と、声に出せたら、動き出すこともある

2018.03.30 Friday

 

数年前、あるイベントに、ボランティアスタッフとして参加していました。

 

200人とか300人とか、そのくらいの参加者を予定している大きなイベントでした。

 

さまざまな準備はもちろん、必要な人に届けるために、声をかけていくことも大事な役割です。準備ミーティングでは、「『この人、来たらいいんじゃないかな』と思う人がいたら、どんどん声をかけて巻き込んでいきましょう!」という話がされていました。

 

でも、どうしても声をかける気になれなかったのです。みんな頑張っているのに、申し訳ないという気持ち、それでもできないという気持ちの間で、悶々と過ごした後、勇気を出してみんなに伝えました。

 

「今、声かけをする時期だとわかっているけれど、どうしてかわからないけれども、動く気がしない。ごめんなさい。」

 

そんなことばだったと思います。みんなからの返答は、「そうなんだね。今の気持ちを正直に伝えてくれて、ありがとう。わかった。自分のペースでいいよ。」と、動かないわたしを責めることなく、そのまま受け入れてくれました。

 

すごくうれしかったです。ほっとしました。こんなに優しい世界があるのだ、と。

 

そうしたら、俄然やる気が出ました。わたしの「できない」に対するみんなの反応から、自分が大切にしたいこと、伝えたいこと、広めたいことが、はっきりわかったからです。

 

できないときは、できいないと、言っていい。

 

そういう人を、そのまま受け入れる社会であってほしい。

 

そういう経験ができるだろうイベントに、ぜひ参加してほしいと、強く思いました。

 

それまでは、「引き受けたらやらねばならぬ」と思っていて、「できない」とは言えなかったし、どうしようもなくて言う場合も、自分を責めながら言っていたと思います。

 

技術が足りないからできないなど、理由がはっきりしている場合は、助けを求める方法もありますが、どういう理由で「やりたくない」と思っているのか、自分でもはっきりしないこともあります。

 

上記のわたしの場合、どう伝えたらいいのか、自分のことばが出てこなかったことも、たぶんあります。心から信じていないものを宣伝することは、テクニックではできるかもしれませんが、本心からはできません。でも、「できない」と思っていたとき、そのことにはっきり気づけているわけではなかったと思います。

 

こんな経験から、「できない」と声に出して認めることで動き始めることもある、と思っています。

 

嫌な気持ちが”なかったこと”として扱われていると、理屈で自分を説得しようとしても苦しいです。関係する人に伝えることも大切ですが、まず、その嫌な気持ちを自分で認めるのも、第一歩だと思います。そうしたら動き出すことがあるかもしれません。

 

これ、やってみるまでは、どういう展開があるか、わかりません。でも「あぁーなんだかダメだ」と思ったとき、それを認めて、焦らず、粛々と日々の目の前のことだけやっていると、自然と上向きになってきていることも、あるのです。

 

世界は優しいと、信じてもよいのだ、と思っています。(あれ?というときも、ありますけどね。)

 

 

【特別クラスのお知らせ】

4月14日(土)18:30-20:30は「太極扇を体験しよう(第5回)」です。詳細とご応募方法はこちらから。

4月15日(日)14:00-16:30は、新講座「みんなが知らない太極拳のひみつ(1)天地とつながる立ち方」です。詳細とご応募方法はこちらから。

 

☀「陽だまり」とは

「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、キリリとした印象もあります。太極拳を通して、陽だまりのような場を創っていきたいと思っています。

 

........................

いしい まゆみ(道号:静慧 / みんみん)

太極道家

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

講座のご案内は、こちらからどうぞ

 

 

 


「終わり」は、やってくる

2018.03.29 Thursday

(番組放映中)

 

昨年6月から始めた 自由が丘FMTVでの番組、「みんみんの陽だまり太極道」を、3月末で終えることにしました。

 

4月の番組改編のタイミングです。実は、3月に入った頃は、もう少し続けようと思っていました。

 

「やり始めたら、1年は続けないとね」

「これで経験できることもあるから」

 

という、まっとう(らしき)声がしていたからです。今思うと、それは本当の自分の声ではありませんでした。

 

ある日、静かな瞑想をした後、「もうこれは終わりにしよう」という声が、聞こえてきました。(そんな思いが湧き上がってきた、と言った方がいいかもしれません)。

 

すると続けていこうという"熱"が、もはや自分の中にないことが、はっきりわかりました。

 

嫌になったわけではありません。

 

2週間に1度、「どんな話にしようかな」と思いながら、ふっと浮かんできたテーマを話すことは、楽しかったです。そして、なかなかことばで表現できなかった体験も、この機会にことばにできたことも、何度もありました。

 

こんなにカメラに向かって話し続けることも、今までにありませんでした。最初はカメラを見ることができず、その次は凝視しすぎて、それではいかんと、視野を広げてみたり、というのも、楽しい奮闘でした。

 

話すときは、自分のことばで、盛らず、卑下せず、ありのままで話そうと心に決めていましたが、ときには前のめりに、ちょっぴり弾丸トークになることもありました(こういうときは、カメラを凝視しています)。途中、そんな自分にハッと気づいて、落ち着いたところに戻すみたいなこともありました。

 

「みんな、話す前は『緊張する〜!』と言うのだけれど、終わると『楽しかったー♪』と言って帰っていくんですよ」というのは、プロデューサーさんのお言葉です。自分の話をするのは、楽しいのですよね。1時間まるまる、贅沢です。

 

良かったことのひとつは、放映されたものを観て、自分の声が好きだと思えたことです。決して上手くはない話し方も。まったくの自己満足ですが、自分のことが好きだと感じられることは、とっても大切だと思うのです。

 

そもそもこの話、はじまりが面白いのですよ。去年のはじめに、「クラスをするだけではなく、太極拳を知ってもらうために、話す機会をもっと増やそう」と思い、おはなし会を自分で企画しました。

 

そうしたら、「おはなしと体を動かすことを組み合わせたクラスを始めたらいいと思う」というアドバイスで、逗子・葉山のブーケで「体と心のその先へ〜本当の思いに触れにいく太極拳」を5回シリーズで始めることが決まりました。

 

そして、最初はゲスト出演したことがきかっけで、自分の番組を持つことになりました。

 

トントンと、流れに乗ってますよね?

 

去年という時間は、とにかく”話すこと”をやってみる時間だったのかもしれません。

 

それを「やりきった。満足。」と、終わりにできたことは、しあわせなことです。

 

番組は終わりましたが、これからも、ブログや、おはなし会、もちろんクラスでも、機会を広げて、自分のことばで表現していきたいと思っています。それは、わたしが好きなことだからです。

 

はじまりがあれば終わりがある。

 

スペースを空けると、新しいものが入ってきます。関わってくださった人々と機会に感謝して、新しい気持ちで、新年度をスタートしようと思います。

 

 

☀☀☀自由が丘FMTV みんみんの陽だまり太極道:過去の放映番組は、こちらからご覧いただけます。☀☀☀

 

※はじめるときに書いたブログは、こちらから(2017年6月22日)。

 

 

【特別クラスのお知らせ】

4月14日(土)18:30-20:30は「太極扇を体験しよう(第5回)」です。詳細とご応募方法はこちらから。

4月15日(日)14:00-16:30は、新講座「みんなが知らない太極拳のひみつ(1)天地とつながる立ち方」です。詳細とご応募方法はこちらから。

 

(今日の道歩きから。緑の葉っぱの後ろは、桜)

 

☀「陽だまり」とは

「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、キリリとした印象もあります。太極拳を通して、陽だまりのような場を創っていきたいと思っています。

 

........................

いしい まゆみ(道号:静慧 / みんみん)

太極道家

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

講座のご案内は、こちらからどうぞ

 


人生の課題は、繰り返しあらわれる

2018.03.22 Thursday

(和歌山で)

 

繰り返し起きること、ありますか? 場所、相手、環境や状況を変えて、です。

 

わたしには、ありました。

 

わたしは興味のある授業や講座では、一番前で、先生の近くで、体験したい性分です。でも、それを許してもらえず、とっても苦しかった思い出があります。

 

最初は、小学生のときです。担任の先生が席を決めていて、わたしは毎回、一番後ろの席なのです。お隣は、ちょっと困った君。活発で手が負えない”悪ガキ”タイプではなく、おとなしく、勉強についていくのが厳しかったり、クラスに馴染みにくい、というような子でした。

 

あるとき、先生に訴えてみました。「わたし、一番前の席に行きたい!」

 

先生のお返事は、「クラスには、いろんな子がいるんだよ。助けが必要な子もいて、助ける力がある人は、そういう子を助けるんだよ。」

 

”もっとも”な返事ですよね。でもお隣の面倒をみても、まだまだエネルギーが余るのです。「わたし、前で勉強したーい!」

 

先生から過度な期待をかけられているような感覚も、ありました。ただし、現実に先生がどう思っていたかはさておき、ここでは、自分が感じたことだけを書いています。

 

大人になっても、同じようなことが起きました。以前、通っていた、とある教室でのことです。

 

「あなたは目立つから、一番後ろで目立だたないようにしなさい。みんなが忘れるくらいでちょうどよい。ハッと振り返ったら、黄金が輝いていて、あぁいたんだ、みたいな感じ。」

 

正確な言葉は忘れてしまいましたが、わたしが受けた印象では、こんな感じです。こちらも先生がどういう思いだったかはさておき、わたしが感じたことだけを書いています。(つまりここで、先生を非難したいのではないのです。)

 

先生のアドバイスです。頑張って守ろうとしました。でも当時のわたしには、それを”我慢する”という方法でしか、できなかったのです。

 

そもそも、「前に行きたい」のは、自然に湧き上がって、気づいたら行動しているようなもので、無理やりしているわけではありません。抑えることは、苦しいことでしかありませんでした。

 

これだけ我慢すると、怒りとなって爆発します。爆発してしまう自分も嫌で、自分が起こした現実にも、ひどく落ち込みました。

 

この経験、時系列で書きましたが、気づいたのは逆です。大人になってからの体験が苦しくて、それを聞いてもらったり、相談しているうちに、「そういえば」と、子供の頃を思いだしたのです。

 

相談する中で、「繰り返し出てくることは、人生のテーマかも」と、言ってくれた人もいました。

 

今の時点では、苦しい思いは、ありません。「過去の感情は持っていられない」とおり、「あのとき、苦しかったなあ」という淡々とした記憶があるだけです。乗り越えたと言えるのかもしれません。

 

今、このテーマについて、3つ思うことがあります。

 

ひとつは、”合わない場所は、去る”です。人はそれぞれ違って、何でもできる人がいないように、そんな必要もないように、どの場所にも合うわけではないと思っています。そりが合わない人も、います。苦しさを感じるとき、ひとつは”合わない場所に、無理やり居続けようとしていること”への警告かもしれません。

 

そうは言っても、「それなら」と、さっくり去ることも、なかなかできなかったりしますけどね。ぐずぐずしていると、無理やり押し出されるようなことも起きます。

 

そんなことが起きると、「ひどい〜!」と、最初は相手を恨めしく思ったりしますが、実は「離れたいと思っていた」願いが叶っただけのことです。冷静になってみれば、押し出した相手は、悪役の役割を担ってくれた、とも言えます(つまり、相手が悪いわけではありません。)

 

ふたつ目は、わたしの受け止め方です。自然に前に出たい欲求が強いだけのわたしには、後ろに下がることは我慢としか感じられませんでした。

 

でも実際、後ろのポジションは、全体がよく見えるのですよ。その視点は、確かにあの時にはなかったと思います。

 

さらに、当時のわたしは、後ろに下がること=他の人を立てる、面倒を見る、と感じていました。それを”義務”だと認識していました。でも、実際には、誰もそんなこと、期待していなかったかもしれませんよね(笑)。つまり、いらぬおせっかいです(笑)。

 

誰もそれを頼んでいないのに、自分で課して、必死に、苦しく思いながら踏ん張っていた、と思うと、我ながらおかしくて笑ってしまいます。こんな状態では、ほかの人にプレッシャーをかけただろうなぁ、とも思うのです。(ごめんなさい)。

 

3つ目は、自分の理想は、背景に溶けるような存在でいることなのです。つまり、”自分”が主張しない方が好きなのです。

 

たとえば、写真や動画、現実に目の前にいるとき、「背景に溶けて一体になっている」と言われるのが、好きです。公園のお稽古で待ち合わせした生徒さんから、「木に馴染みすぎて見えなかった」と言われたこともあります(ちょっと大げさな気もしますが(笑))。声を出すときも、自然な流れの邪魔にならない声でいたい、と思っています。

 

あらまぁ、ではありませんか。ただしこの3つ目には、我慢はなく、自然体です。わざと控え目に後ろにいるわけでは、ありません。

 

昔の自分を振り返ると、すごく狭い世界で生きていたのだな、と感じます。起きていることを、相手のせいにしがちでしたしね(ごめんなさい)。自分の作りだした妄想です。一生懸命だったので、それはそれで愛しいですけれどもね。

 

この課題がこれで終わりかどうかは、わかりませんし、このほかにもあるかもしれません。でも、苦しさもじっくり感じたことで、大切なことがわかったことは、確かです。

 

起きたことは変りませんが、自分で”苦しい”と思っていた過去を、変えることはできます。過去は、今の自分から見た捉え方でしか、存在できないからです。

 

繰り返し出てくる苦しいことがあったら、そして、それとじっくり向き合えるときがきたら、何かが出てくるかもしれません。(ただし、今はダメっ!というときもあるので、そういうときは無理しない方が良いと思っています。)

 

 

【特別クラスのお知らせ】

3月27日(火)19:00-20:30は「みんみんの陽だまり時間:老子のことば」です。詳細はこちらから。

4月14日(土)18:30-20:30は「太極扇を体験しよう(第5回)」です。詳細とご応募方法はこちらから。

4月15日(日)14:00-16:30は、新講座「みんなが知らない太極拳のひみつ(1)天地とつながる立ち方」です。詳細とご応募方法はこちらから。

 

(2017年 秋、武当山で。お稽古中、友人が「とっても平和な光景だったから」と撮ってくれた写真)

 

☀「陽だまり」とは

「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、キリリとした印象もあります。太極拳を通して、陽だまりのような場を創っていきたいと思っています。

 

........................

いしい まゆみ(道号:静慧 / みんみん)

太極道家

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

講座のご案内は、こちらからどうぞ

 



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM