国境を超える:みんな、おーんなじ

2016.02.10 Wednesday















2月8日は春節でした。旧暦の1月1日、中国の新年です。
そして今年は、新月でした。

特別に大切な日、わたしの”立つこと”の師匠が新月に合わせて開催されている
お祈りの舞を観に行きました。

新月、春節、さらには先月亡くなったデヴィット・ボウイへのオマージュをこめ、
先生が「心のままに」とおっしゃって選んだ曲も、日本、中国、デヴィット・ボウイと、
なかなか型破りでした。

国が違うものがどんどん出てくるのを、空っぽになってぼーーーっと見ていたら。。。
国という枠がするっと外れて、「みんなおんなじ」という思いが出てきました。

わたしはずっと、日本人であることを意識して生きてきたように思います。

大学を卒業して進学するとき、場所はイギリスを選びました。
専攻が英文学だったため、「英語で生活して自分の言葉にして、それで学びたい」という理由も
ありましたが、もうひとつは日本で生きていくことに息苦しさを感じていたこともあります。

イギリスでの生活は、思うままに正直に生きられた時間で、文学からも、
生きていくことについて、たくさんのことを学びました。
それでも最後に気付いたのは、「ここにはわたしのルーツがない」ことでした。

海外に出て、はじめて日本と向き合い始めることになります。
自分の国だと、愛着も感じるようになりました。

ただこのところ、もしかしたら「日本」の枠にとらわれすぎているのでは?と思うようになりました。

海外の人と交流していると、「日本(人)は。。。」という表現に出会うことも少なくありません。
否定的なものもあります。
普段は仲の良い友人の言葉だったりすると特に、心がチクッとするのを感じていました。

最近、中国の先生のひとりが、微信(中国でよく使われているSNS)に、秦の皇帝が日本人について
言った言葉を載せているのを読みました。ほめた言葉ではなく、なぜこれを載せたんだろうと思いながら、
?という顔のマークだけをコメントしてみました。

先生はすぐに「君のことじゃないよ!」と返信してきて、投稿はすぐに削除されました。
「ごめんね」と。

先生は、わたしが日本人であることは知っています。
でも、こういうとき、日本とわたしとは結びついていないのだろうな、と思ったのです。
逆に、わたしが自分を「日本」の枠に入れ込みすぎているのかしら、と、
疑問に感じるようになりました。

それから約1か月たって迎えた春節、新月の日に、そのモヤモヤが、すっと引いたような気がしました。
わたしの国籍は日本だし、日本語が一番得意ではありますが、それだけのことで、
本当は、みんな同じなんだと思ったのです。

終わった後の感想として、このことを先生に伝えたら、
「それはデヴィット・ボウイのメッセージでもあるんだよ。」と。


(武当山、太子洞。左の門の中は洞窟です。)

もうひとつ、思い出したことがあります。
武当山に行くと会いに行く、太子洞という洞窟に住む仙人と呼ばれるおじいちゃんがいます。
昨年5月に訪ねたとき、先客がわたしを見て「韓国人?」と聞いてきました。
おじいちゃんは「日本人だよ」と。
「似てるよね」という先客に、わたしが「似てるけど違うよ。」と言うと、
おじいちゃんがわたしの手を取って「指が1本、2本、3本、4本、5本、みーんな、おーんなじ」。
その場にいた人みんなが笑顔で、「その通り」。

(贾(Jia)おじいちゃん)

そうそう、みーんな、おーんなじ、なのです。

物理的にある国境や国籍を超えて、本当は、みんな、おんなじ。

英文学に「自分のルーツがない」と思ったときは、浅く見ていただけで、
本当は、みんな同じルーツ(源)なのだと思うのです。

浅く見ていたときも、枠に自分をはめ込んでいたときのわたしも、それでよし。
でも、重いお荷物をひとつ下ろして、新しい年が始まります。

(武当山の朝)

武当山での1日

2016.02.09 Tuesday


(中国、武当山。宿舎の敷地内でのお稽古)

定例のお稽古のため、4月中旬から武当山に行こうと思っています。

今日は、武当山での1日や衣食住の様子をご紹介しようと思います。
というのは、一緒に行きたい!という生徒さんが、
そこそこ過酷な状況を妄想していたことがわかったからです(笑)。

そんなに劣悪な環境ではありません。清潔ですし、食事もおいしく、居心地は良いです。

まずは行き方です。


直行便がないため、北京や上海で経由して襄阳(シャンヤン)空港まで行きます。
そこから武当山のふもとまで、車で約2時間です。
以前は長距離バスで移動したこともありますが、中国人の薬膳料理の先生に「だめ!」と
怒られて以来、安全のため、必ず学校にお迎えをお願いしています。

武当山にはカンフー学校がたくさんありますが、今の学校は山の中腹にあり、
バスで40分くらいです。山は車の入場制限があり、観光バスか、業者さんの軽トラックか、
スモークガラスのVIP車しか走っていません。

日本からは、丸1日、乗り継ぎによっては1泊2日かかります。

(武当山の山門。ここからバスで上ります。)


(武当山の中腹、南岩。ホテルやお店、レストランが並びます)


(南岩。こんな景色が、いつも見られます)

今の学校、武当玄武功夫館のお稽古は、1週間に5.5日です。
今のところ月曜の午後と火曜日がお休みです。
短期で行く場合、休日にもお願いしてお稽古してもらうこともあります。

1日のスケジュールは、

6時〜7時:朝練(自主練。ジョギング、站椿功など)

7時半:朝食

8時半〜11時:午前中のお稽古(途中、休憩あり)
・ジョギングと準備運動
・キックなどの基本功(ここまでで1時間くらい)
・それぞれのお稽古(太極拳、太極剣、気功、八卦掌、形意拳など)

12時:昼食
 その後、お昼寝

14時半〜17時:午後のお稽古(休憩、あり)
・站功(站椿功)と、放松(ファンソン)というリラックスする練習(1時間くらい)
・それぞれのお稽古

18時:夕食

時間は季節によって前後します。暑い夏は暑さを避けて昼休みが長く、日が短い冬は逆になります。


(午前中の個人のお稽古。武当太極拳。バス停の横の広場で、休日は
観光客がたくさん通ります。)


(站功。午後のお稽古。宿舎のお庭です)

食事は、中国人の生徒さんや先生たちが作ってくれます。
朝食は、おかゆ(白粥、豆粥、カボチャ粥など)、麺、パンケーキなど。
昼食と夕食は、ごはんとおかず4種類、スープなど。
お肉は少な目ですが、野菜はたっぷりで栄養もちゃんと取れます。
衛生面について言えば、食材は調理するまえにキレイに洗っていますし、
キッチンもお料理後にきれいにお掃除しています。基本、清潔です。















宿泊は、ホテルを宿舎にしています。
看板には、☆が3つ、ついています(と、言っておきます)。
一人一部屋で、トイレとシャワー付き。
お掃除は、その辺にあるモップやほうきを取ってきて自分でしますし、
シーツは頼まないと変えてくれませんが、こちらも基本、清潔です。
お洗濯も自分でします。ホテルの屋上の一部には、物干し場もあります。


(宿舎のホテル)


(中庭。ホテル内に、学校のオフィスもあります)


(お部屋の例)

(トイレとシャワーの例。先生が、娘さんを洗ってあげているところ)

武当山は歴史建造物(お寺)が世界遺産に指定されていることもあって、観光地なので、
お掃除はいきとどどいています。道路も、外の公共トイレも、わたしが普段行くところはみんな、
きれいにお掃除されています。

中国は、あまりきれいではないイメージがありがちかもしれませんが、
みんな自分が住むところは、きれいに掃除して、気持ちよく暮らしているのですよ。

何より、きれいにすることも、礼儀も、きちんと丁寧に暮らすことも、お稽古のうちです。
カンフーは、アクロバティックな動きをする場合もありますが、アクションではなく、
生きることそのものだと、わたしは思っています。



大好きな、魂のふるさと、武当山。

見えるものに騙されない

2016.02.03 Wednesday


(崖の上に立つ南岩宮。中国 湖北省 武当山)

わたしがいつもお稽古に通っている中国、武当山の南岩には、
南岩宮という道教のお寺があります。
(大きなお寺を”宮”、小さなお寺を”観”と呼んでいるようです)。

ここには、龙头香(龍頭香)があります。
金頂(武当山の頂上)に向かって伸びる龍の頭の先に香台があります。




この龍の頭の大きさは、2.9m x 0.3mです。
かつて道士たちは、ここを歩いてお香をあげていましたが、足を滑らせて落ちて
亡くなる方も多かったそうです。そのため現在ではこの上を歩くことは
禁止され、香台も手前に設けられています。

下は断崖絶壁、落ちたら助かる可能性はかなり低そうです。


(手前から見たところ。先に見えるのが、昔の香台です)

ここに来るといつも思うことがあるのです。
0.3mとは、30cmです。人間が歩く幅としては充分です。
平らではなくて、装飾の彫り物がしてあるところが難易度を上げていますが、
それでも、でこぼこではありません。

平地にこれが置かれていたら、ほとんどの人が普通に歩いて香台までたどり着けるのでは
ないでしょうか。

話は変わりますが、2年ほど前、高いところに上って歩く経験をしたことがあります。

アスレチックフィールドのように安全に準備された場所で、命綱もつけていました。
それでもやはり、高いところに登ると足がすくみます。
「いや、できるはず。筋肉あるはずだし、鍛えているはずだし。」
と思ったことで、さらにわたしの体は硬く、緊張したのだと思います。
1回目は、歩いて目的地に到達することができませんでした。

2回目は、別の場所で、でもやはり高いところに登ることになりました。
始める前、リーダーが、「見えているものは、だますためにある。
見えるものにとらわれるな。」とアドバイスしてくれたのです。
それまで思っても見なかった、衝撃的な言葉でした。

実際に登ったとき、目をつぶっていたわけではないのですが、
目で見るよりも、足裏から伝わってくる感覚を頼りに、一歩一歩登っていったことを
覚えています。
そして、1回目とは違って、「できるかどうかわからないけど、やってみよう」
と思って臨んだことも覚えています。
今度は最後まで到達できました。

人は経験することで成長する、と思っています。
でも、経験をもとに頭で考えて、現実に余計な妄想を足してしまうことも多い気がします。
最初の龙头香の場合、崖を見たときに、”落ちる”を想像してしまうのは無理ないのですが、
でも事実を見れば、歩く幅は30cmです。


もうひとつの落とし穴は、経験からくる”いらない”自信です。
「こんな練習もあんな練習もやったから、できるはず」と、
経験をもとに頭で考えた途端、失敗するのは、わたしのひとつのパターンです。

経験を積んでいくことは、大切です。
でもそれは、頭で思い出して妄想したり、自信のもとにしたりするものではないと思うのです。
体が経験したことは体が覚えているので、それで十分で、
体を信頼すればよいだけなのだと思います。

経験は積むけれども、一瞬一瞬をはじめてのように生きることを、
大切にしたいと思っています。
立つことも、歩くことも、食べることも、太極拳をすることも。

余談ですが、2回目に目的地に到達した後、最後は離れたところにある空中ブランコを
ジャンプしてつかむ、というステップが待っていました。
目的地に到達できて意気揚揚としたわたしは「絶対つかめる!」と思ってしまったのです。
結果は...みごとに目の前からブランコが消えていきました。
スーッと、スローモーションのように、今でも映像が浮かんできます。
その様子は、まるでコントです(笑)。
また自信を持っちゃったりしてばかだなぁ、と、笑いながら思い出すことができるので、
無残に失敗するのも、良い経験ですね。


 

太極拳をはじめたきっかけ

2016.02.02 Tuesday














(お稽古前の、準備運動)

太極拳をはじめて、8年ほどになります。

「はじめたきっかけは何ですか?」と、よく聞かれます。
その答えは、拍子抜けするほどの小さなことです。

当時、知人が話しながら手を動かしていて、その動きがきれいだなあ、と思ったことがあるのです。
しばらくしてその方が、太極拳を習っていると知りました。

「それなのかも!」と思ったわたしは、さっそく見学に行かせてもらうことにしました。
それまで、太極拳に興味を持ったことは一度もありませんし、きちんと見たこともありません。
運動と言えば...水泳、テニス、スキーは好きでしたが、
かけっこが遅く、子供の頃の運動会は、”応援頑張る派”です。

いざ行ってみると、先生の、体の使い方、意識の持ち方などが、
わたしよりもずっとずっと、繊細で細かくて、広いのです。
「すごい。この人は、わたしにできないことができて、わたしがわからないことがわかる。」
そして、”上虚下実”という上半身を軽くして下半身を重く、という練習に惹かれて、
習い始めることにしました。

途中、ハーブやアロマの勉強をしていた時期、半年ほどのお休み期間をはさんで、
合計1年以上習っていたと思います。
でもわたしの感覚は、一向にピンときません。

だからと言ってやめようと思ったわけではないのですが、
なんだかなあ...というのが正直なところでした。

2008年の年末、当時、受けていたキャリアデザイン講座の先生が、
「中国で3か月、カンフーの学校に入ってくる」と言って、武当山に行かれました。

直行便もなく、国際線、国内線を乗り継いで、さらに車で2時間走ってようやく山のふもとに着く
という、当時のわたしにとっては”未知なる世界”です。
そんなところ、一生に一度行けるか行けないかだから、と、当時一緒に習っていた生徒さんたちと
訪ねていくことにしました。

せっかく行くなら、と、カンフー学校に入ってみることに。

太極拳をやっていたとは言っても、ピンとこないままですし、
しかも、一日中体育の授業のような学校、運動音痴を自負しているわたしに耐えられるのかどうか、
さっぱりわかりません。

結構な不安を抱えながらの、初体験でしたが、
そこで初めて習った武当太極拳に、「これはなんだか良い。やりたい」と、
初めて思えたのです。

それから7年がたち、日本でも中国でも学校が変わり、
習う先生が変わり、2014年くらいからは自分で教えるようになりました。
いろいろな出来事があり、出会いと別れもありました。

そのすべてが、今につながっています。

8年前のわたしが今の自分を見たら、びっくりすると思います。
太極拳の先生になる、ということだけではなく、
体はずっと健康になりましたし、何よりも、心がずっと穏やかになりました。
当時のわたしの想像を、いろんな意味ではるかに超えていると思います。

この期間、ずっとわたしが持っていたのは、「やりたい」気持ちです。
何のために、とか、どうなりたい、とか、具体的な目標があったわけではなく、
「今はこれがやりたい」だったのです。もっとわかりたい気持ちも、すごく強かったように感じます。

習う先生が変わっていくことは、楽な経験ではなく、
迷惑もかけたと思いますし、自分でも不安になったり大変な時期もありました。
それでも振り返ってみると、必要な時期にちゃんと、必要な先生が現れて、
指導していただいたと思います。

それには感謝しかありません。

そして大変な時期があったと言っても、お稽古自体が大変だったことは
一度もないのです。中国にお稽古に行く、というと「修業ですね。すごいですね」
と言われますが、これはわたしにとっては楽しくて楽なことなのです。
体力的な疲労はありますし、できなこともいっぱいありますが、
できないこと自体を、気にしたことは、ほとんどありません(ときどきは、あります)。

できないことがあって、やりたかったら、やるだけです。

合っているというのは、そういうことなのかな、と思います。


(2008年末に初めて武当山に行ったときの、カンフー学校。
今では校舎も移転して、この建物もありません。)

【講座のお知らせ】2月のみんみんの青空太極拳教室

2016.01.27 Wednesday



2月4日は立春です。暦の上では春がやってきます。
新芽がふくらむ季節、代々木公園で青空太極拳教室を開催します。

青空の下、足で大地を踏みしめて、風を感じながらの太極拳は、また格別です。
はじめての方も、経験者の方も、どちらも大歓迎です。

☆日時: (注:雨天の場合、お天気に準じて静かにお休みです)
2月6日(土)10時〜12時
2月7日(日)10時〜12時
2月14日(日)10時〜12時
2月21日(日)10時〜12時

☆場所:
代々木公園 
※待ち合わせ場所は、南門です。
代々木公園駅(地下鉄千代田線)、代々木八幡駅(小田急線)よりですが、
原宿(JR)からいらっしゃる場合は、バラ園を通り過ぎて噴水を右手に見て進むと、
南門に着きます。

☆参加費:2500円(1回)

☆内容:
基本功、気功、呼吸、武当太極拳(はじめての武当太極拳)など
(「はじめての武当太極拳」画像はこちらからhttp://youtu.be/DLACoQ-bLHs 

☆服装:
動きやすい服(ストレッチのきいたトレーニングパンツなど。寒い場合のために上着もお持ちください。)
靴(上履きのような、底の浅い靴がおすすめです)
※お着替えは、トイレなどで各自お願いします。

☆持ち物:
タオル、飲み物

☆お申し込み方法
メールでご連絡(minminkungfu☆gmail.com (☆を@に変えてください))いただくか、
facebookのイベントページで参加ボタンを押してください。
※お申込みいただいた方には、緊急連絡先をお知らせします。

みなさまのお越しをお待ちしています。

☆☆☆自由が丘の民家で開催している「はじめての武当太極拳」のご案内はこちらから☆☆☆





 


calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM