古琴:泣顔回

2017.04.06 Thursday

(2015年秋、武当山にて)

 

半年ぶりに古琴のお稽古を再開しました。

 

古琴は、2年前に中国の武当山にお稽古に行ったときに、兄弟子が弾いていたことから、始めたものです。文武両道と言いますが、太極拳、古琴、書道、中国茶は、みんな「天地人」の概念を持つ中国文化に基づいています。そのため、太極拳をする人には、音楽をする人、書をたしなむ人、お茶を好む人が多いのです。

 

今、お稽古しているものは「泣顔回(Qì yán huí)」です。この曲の背景を、先生が解説をしてくださいました。

 

顔回(Yán huí, 日本語では がんかい(紀元前514〜483年)は、春秋時代の学者で、孔子が最も愛した弟子だったそうです。貧しい家に生まれ、学問を好んで孔子に重んじられましたが、早逝して孔子を嘆かせたと言われています。(参考:大辞林 第三版)

 

顔回が亡くなったことを悼んで泣く曲なのですが、中国や韓国には、「泣き屋」(もしくは泣き女)という職業があり、お葬式に呼ばれて誰よりも先に泣く、という役割をするのだとか。日本ではお通夜やお葬式では涙をこらえる方が多くみられると思いますが、中国や韓国では、徳が高い人ほどその人の死を悼むのは当然で、それを大泣きして表現するようです。

 

この曲、最初は泛音(はんおん、ハーモニックスとも言う)のフレーズから始まります。右手で弦を弾いて左手で弦を軽く押さえてはなすことで、天に届くような軽くて高い音が出ることから、”天の音”と呼ばれます。「ここは泣き屋さんが真っ先に泣くところ。」と、先生。同じフレーズを2回繰り返すのですが、「1回では足りないから、繰り返すの。」

 

そして、按音(あんおん)が入ります。これは右手で弦を弾きながら左手で弦を押さ得る音です。左手で弦を押さえたまま左右に動かして、音を揺らすこともあります。これは、動きも大きく、音のバリエーションも一番多く、”人の音”と言われています。「気持ちが高まって、ここから自分が泣くの。」ストーリーがわかると、イメージが膨らみます。

 

(古琴の説明や、奏法の説明について詳しくは、「古琴:天と地と人の音」)

 

中国最古の楽器のひとつである古琴は、音がとても小さいのです。そのためか弾く人が減少して衰退気味だったそうですが、2003年に世界遺産に指定されたことがきっかけで、盛り返してきているようです。自然や人生に向き合うものが多く、この泣顔回のように、メランコリックなテーマがほとんどです。

 

音の間を大切にするところは、太極拳にも通じます。わたしの太極拳をご覧になった先生は、「ずっと流れるような動きだったでしょう。古琴も同じ。弾いた後の余韻を自分で楽しむの。”間(ま)”が大事。」とおっしゃいます。天地とつながるという姿勢や、呼吸と合わせるという点も似ています。技術はありますが、それだけでは足りないところ、技術の前に大切なところがある点も、つながりを感じます。

 

太極拳の套路は、最初に生まれてから閉じるまでの”人生”を表現していると感じるのですが、古琴も、生きることを表現している気がします。伸びがあって、揺れがあって、芯があって、軽さも重さもあって、人生、いろいろです。

 

半年前に中国に行っていたときに古琴を弾く機会がほとんどなく、それから意欲をなくしていたのですが、(簡単に言うと弾けなくなってきたので、億劫になったのです)、日本の先生が「いつからお稽古始めますか?」と何度も声をかけてくださいました。「せっかく始めたなら、こういうものは続けた方がよいからね。」と。先生に感謝です。

 

いつのときも、先生という存在は、わたしにとってはありがたい存在です。

 

わたしは案外せっかちなのですが、急な発展を期待することなく、少しずつ育てていこうと思います。

 

 

☀「陽だまり」とは

ブログタイトル「みんみんの陽だまり太極道日記」の「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると素晴らしく居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、どことなくキリリとした印象もあります。太極拳を通して、こんな時間と空間を創っていきたい、陽だまりにつつまれて暮らす人、心身ともにゆとりある人を増やしたい、と思っています。

 

........................

いしい まゆみ(道号:静慧)/ みんみん)

太極道家

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

講座のご案内は、こちらからどうぞ

 

イベント:「青空坐禅と太極拳」(4月23日(日)13:00- 明治神宮)は、こちらから

 

このエントリーをはてなブックマークに追加


基本がいちばん難しい

2017.04.05 Wednesday

(2016年秋、武当山にて五行六合功のお稽古中)

 

先日のお稽古での話です。

 

十三式武当太極拳を最後まで覚えた生徒さんに「よく覚えたね。体の使い方も良くなってきたし」とお伝えしたところ、「うーん......」という浮かないお返事が返ってきました。「良くなったと言われたら、ちゃんと受け取るべきですよ」と続けたら、「でも、基本の方が、まだ腑に落ちていない」と言うのです。

 

五行六合功のことです。太極拳の基本がたくさん入っている気功で、基本練習でもあります。

 

「基本がいちばん難しいからね。立つ、歩く、が、実は一番難しい。」と答えると、「面白いですね、基本が一番難しいって」。

 

基本が難しいのは、動きが単純な分、ごまかしがきかないからです。

 

太極拳の套路は、動きがたくさんあるため、特に初心者の場合は勢いに流されてしまいがちです。表面的な動きにとらわれてしまい、本当に大切な部分が見えず、自分で再現しにくくなってしまいます。

 

太極拳の体の使い方、意識の使い方は、人間であれば誰でもできるものなのですが、今までの(通常の)使い方とは、ずいぶん違います。無意識にやっていることを一つひとつ丁寧に意識してやっていくことになるのですが、それが”感覚”を育てていくことにもつながります。

 

五行六合功は、「これだけ40年間お稽古する人もいるくらいだよ」と教えられたもので、わたしの体の緊張をっていくためには欠かせなかったものです。太極拳のあるひとつの套路を習わなかったとしても、今のわたしの状態に大きな違いがあるとは思えませんが、この五行六合功だけは、代替できるものはないと感じます。

 

中国にいる兄弟子のひとりは、「五行六合功を終えていない人には太極拳は教えない」と言っていました。「教えても、頭でも体でも理解しにくく、嫌になってやめてしまうから」だそうです。

 

長く伝統的に伝えられてきた太極拳は、「何か良いからここまで続いてきた」とも言えます。これまでわたしにもたくさんのものをもたらしてくれたのですが、最初でつまずいて諦めてしまうのは、とてももったいないです。そうならないために、最初はちょっと大変かもしれませんが、基本を丁寧にやっていくことが大切だと思っています。

 

今月から、毎週木曜日の夜に新しいクラスを作りました。太極拳の套路はせずに、立つこと、歩くこと(太極歩)、五行六合功を含めた基本功だけを練習するクラスです。套路も楽しいですが、こういう基本練習も、とっても楽しいのですよ。じっくり取り組む中で、どんなクラスに育っていくのか、とっても楽しみです。

 

(五行六合功のひとつ、”巧云太极”)

 

☀「陽だまり」とは

ブログタイトル「みんみんの陽だまり太極道日記」の「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると素晴らしく居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、どことなくキリリとした印象もあります。太極拳を通して、こんな時間と空間を創っていきたい、陽だまりにつつまれて暮らす人、心身ともにゆとりある人を増やしたい、と思っています。

 

........................

いしい まゆみ(道号:静慧)/ みんみん)

太極道家

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

講座のご案内は、こちらからどうぞ

 


ちょこっとワーク:腿上げ運動

2017.04.04 Tuesday

 

基礎体力のために、わたしの経験からおすすめなのは、「走ること」、ランニングです。習慣になると、基礎体力のためだけではなく、その日の元気度(もしくは疲労度)や体の様子なども、よくわかります。だるいなあと思っても、とりあえず走ってみると、案外走れることもあります。そんなときは体が疲労しているのではなく、心や気持ちが疲労しているのかもしれません。こういう場合、体を動かした方が、心が元気になってきます。

 

そうは言っても、「冬は寒いし......」「春は花粉が......」「今日は雨が......」と、たくさんの言い訳が邪魔して、なかなか行動に移せない場合もあります。

 

でも何かを変えたいならば、同じことを続けていては変わりません。お勧めは、いきなり張りきるのではなく、ハードルを下げて、隙間時間にいつでもどこでもできるものから挑戦することです。

 

その一つが、腿上げ運動です。

 

冬の寒いとき、そして少し暖かくなってきた今ごろでも、体の芯は冷え気味です。そのままストレッチをしても、緩みにくくなっています。そんなとき、クラスでもこの腿上げをしています。

 

やり方は、簡単です。手のひらを下にして、体の前に置きます。

 

そして片足ずつ手のひらに軽く当たるまで上げるだけです。

 

 

まずは100回から。1分強でできます。

 

注意点は、肩をいからせないこと、手のひらは柔かくふんわりさせておくこと(カッチカチにこわばらせないこと)、できるだけ手のひらで膝を迎えに行かないこと、軸足で頭のてっぺんまでまっすぐ立つこと、です。そして、口角を上げてニコッとしながらやることです。決して眉間にシワなどよせないように(シワがよったら、さらにめいっぱいシワをよせてから、ふっと力を抜きます。緩みますよ。)

 

慣れてきたら、120回、200回くらいまで増やしていきます。もし300回やっても、5分はかかりません。

 

体を芯から温めるため、このあとにストレッチをすると、ゆるっと伸びやすくなります。

 

効果はいろいろです。腿は第2の心臓とも呼ばれ、ここの筋肉をポンプのように使って、下におりた血液を上にあげることができます。血液を循環させるポンプ役を主に担うのは心臓ですが、それは体のほかの部分が手伝ってくれることが前提です。腿の筋肉が弱い場合、心臓には負担がかかります。心臓の声を代弁するならば「ひとりでやるなんて、聞いてないよ」かもしれません。でも血液が欲しいという体の部分の声を無視できず、ますます頑張って血液を送り出そうとします。そうすると血管壁に圧がかかり、高血圧になったり、動脈硬化につながったりすることもあるわけです。

 

腿上げは、若返りの秘訣でもあります。成長期は過ぎたとしても、筋肉を鍛えることで成長ホルモンの分泌が促され、老化スピードを遅らせることができると言われています。太極拳は老化スピードを遅らせると言われていますが、少し低い姿勢で脚にもほどよく負荷をかけ、さらに全身の筋肉を程よく使うことも、成長ホルモンの分泌を促しているのだと思います。

 

いろいろな”うんちく”はネットを調べれば出てきますが、それよりは自分の体の”感覚”の方が大事だと思っています。たとえば1週間、毎日続けてどんな感じがするか、自分の体に聞いてみましょう。もし毎日できなくても気にせず、できるときにやってみます。ただし体を変えたいのであれば、体験的には2日をあけずにやる方が良いと思います(つまり、目安として週3日です)。

 

クラスで毎週これを120回くらいやった生徒さんが、3週目(3日目)に、「前よりも楽に最後までできて、うれしかった」とおっしゃっていました。うれしいですよね。そういう小さな”変化”を、ちょっとずつ感じていけたら良いですよね。

 

わたしの場合は、全身のめぐりがよくなる気がします。筋肉ポンプで、血が下から上に押されて、良い具合に巡っているのかもしれません。

 

隙間時間に、できることからちょっとずつ、ですね。

 

 

☀「陽だまり」とは

ブログタイトル「みんみんの陽だまり太極道日記」の「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると素晴らしく居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、どことなくキリリとした印象もあります。太極拳を通して、こんな時間と空間を創っていきたい、陽だまりにつつまれて暮らす人、心身ともにゆとりある人を増やしたい、と思っています。

 

........................

いしい まゆみ(道号:静慧)/ みんみん)

太極道家

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

講座のご案内は、こちらからどうぞ

 


太極拳の演武

2017.04.03 Monday

 

4月2日、桜が咲く晴れた日に、古琴の先生の主催の「日中文人交流会」で太極拳の演武をさせていただきました。

 

場所は上野の東京国立博物館の奥にある、応挙館。尾張国(現在の愛知県大治町)の天台宗寺院、明眼院(みょうげんいん)の書院として寛保2年(1742)に建てられ、後に東京品川の益田孝(鈍翁・ 1848〜1938)邸内に移築、昭和8年(1933)当館に寄贈され、現在の位置に移されたという、木造平屋建ての館です。

 

(応挙館)

 

この日は、古琴をはじめ、詩吟や折り紙、茶道、日本のお琴、太極拳と、盛りだくさんでした。

 

お披露目したのは、クラスでもお教えしている十三式武当太極拳です。ほんの2分ほどの短い演武ですが、丸く円を描いて流れる動きは美しく、陰陽の転換など太極拳のエッセンスがたくさんつまったものです。

 

最初に簡単にお話をさせていただいたときは、会場内が少しざわついていましたが、演武を始めたとたんにぴたっと静まり、静寂の中での太極拳になりました。

 

こういう時間が、とても好きです。

 

この日は呉式(伝統太極拳の流派のひとつです)の高先生(中国人の方です)もいらしていて、終わった後に「よく練習しているね」とお声をかけていただきました。この先生は、太極拳のご説明とデモンストレーションをしてださったのですが、うれしそうににこにことお話されていたことが、とても印象的でした。

 

終わった後にいろいろと声をかけていただいたのですが、中でもうれしかったのは、「とても心が落ち着いている様子でしたが、普段から瞑想とかされているのですか?」と声をかけてくださったことです。武当太極拳でまず何よりも大切なことは、心が落ち着いていることだからです。それが伝わったのであれば、何よりもすごくうれしいです。

 

演武の前に、武当山に伝わる伝説をご紹介しました。張三豊という道教の修行僧が、鶴と蛇がくるくる周りながら攻防しているのを見たことから、円運動や”柔をもって剛を制す”という悟りにたどり着き、太極拳を編み出したというお話です。その影響もあるのか、「鶴が羽ばたいているみたいでしたよ」という感想を伝えてくださった方もいらっしゃいました。

 

少し前に、わたしの人生の師匠から「太極拳を美しいと言われることに、意味はあるのか?」という問いを出さました。

 

自分としては、美しさを求めて太極拳をするわけではありません。どう見えるのかを気にし始めると、欲やエゴに取り込まれます。心を落ち着けて、自分のリズムで呼吸しながら、足はしっかり大地を踏みしめ、頭は天に向かい、陰陽の転換で動いていくだけです。意識の持ち方は、外にも開いていますが、内にも向かっています。「耳を大きく開いて心の音を聞く」という表現があり、ちょうどそんな感じ、自分の外と内との境が曖昧になってつながっているような感じです。

 

それでも、見てくださった方が「美しいですね」とおっしゃってくださるのは、うれしいです。技術や、理屈ではなく、ただ「美しい」と思わせるものが、一番だと思うからです。わたしの先生が「自分も、そして見る人も気持ち良いのが、良い太極拳」とおっしゃっていたことがあります。その言葉を、ずっと大切にしています。

 

教えることも、書いたりお話することも好きですが、演武も大切に思っています。言葉では表現できないものが伝わると思うからです。この言葉を介さない交流が、とても好きです。

 

自分のタイトルを太極拳講師とはせず、太極道家としているのは、そんな理由もあります。小さなわたしではありますが、これからもずっと、”表現する人”でいたいと思っています。

 

演武が終わった後に、古琴の先生が「古琴の音があったらよかったね。」とおっしゃいました。今回は直前に決めたので、音なしでしたが、今度はそんなこともしてみたいです。太極拳、古琴、書道、中国茶は、同じ文化で、わたしが古琴を始めたのも、武当山(中国、湖北省)でお稽古していたときに兄弟子が古琴を弾いていたからです。

 

幸せな時間でした。ご縁に感謝です。

 

 

☀「陽だまり」とは

ブログタイトル「みんみんの陽だまり太極道日記」の「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると素晴らしく居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、どことなくキリリとした印象もあります。太極拳を通して、こんな時間と空間を創っていきたい、陽だまりにつつまれて暮らす人、心身ともにゆとりある人を増やしたい、と思っています。

 

........................

いしい まゆみ(道号:静慧)/ みんみん)

太極道家

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

講座のご案内は、こちらからどうぞ


5月5日こどもの日は、葉山の海辺でこどもに還って遊ぼう!

2017.03.30 Thursday

(葉山、一色海岸)

 

新緑の季節、葉山に、女性が本来の自分に出会い、輝いて生きることを応援する場が誕生します。

 

名前はbouquet (ブーケ)。立ち上げるのは株式会社LIBERA seeds代表の吉川美有紀さんです。花の種は、お日様を浴び、水をごくごく吸収してぐんぐん成長し、準備ができたら自分だけの花を咲かせます。人も、そんな自然の力を備えています。葉山という自然あふれる地で、太陽と海と木々の恵みを存分に受け取って、自分だけの花を咲かせていく人がたくさん増えたら、素敵じゃないですか?

 

わたしも応援するひとりとして、参加します。まず最初は、5月5日に行われるオープニングイベントの中で、「葉山の海辺でこどもに還って遊ぼう!」を企画しています。

 

場所は、葉山御用邸にほど近い、一色海岸。海の目の前の芝生エリアです。

.....もし混んでいたら、砂浜でやります!

 

やりたいことは.......

 

☀体をほぐす、心をほぐす

・ぶらぶら体操(別目、ガイコツ体操)

・中国式の鬼ごっこ

・ビーチバレーならぬ、ライスバッグ投げ遊び

・みんなで楽しくラインダンス

・チーム対抗!走って笑って体力アップ   と、たっぷり遊んだ後に......

 

☀体と心を感じて、つながる

・みんなと共に、海と共に、地球と共に立つワーク

・太極拳の基本功:ゆっくり呼吸、ゆったりまぁるく動く  など

 

土(砂)、草、海の風を感じ、五感をたっぷり開きながら、たくさん走って動いて心身をほぐします。そして呼吸に意識をむけて、自分の体を感じ、心を深く見つめる時間を取ります。何を感じるのか、どんな思いが溢れてくるかは、体験してみてのお楽しみです。

 

わたしは毎年、中国の武当山(湖北省)にお稽古に行くのですが、ときどきお稽古の時間に上のような遊びが入ります。小さい子が遊ぶようなソフトなボールで、サッカーの試合をするときもあります。馬跳びや大縄跳びなどなど、必死で取り組み、大笑いして、動きます。それは本当に子どもが全身で遊ぶような時間です。

 

お稽古中に遊んでいるの?と、意外に思われるかもしれませんよね。でも実は、この”遊び"が、とっても大事なのです。

 

遊んだ後、みんなで站椿功(立禅)をしたときがありました。木を抱えるように、腕を丸く肩の高さまであげて静止するもので、うまくいかないときは腕が痛くなったり、かなり根性がいります。このときは、どこも力まず、なんとも言えず気持ち良く、1時間でもそれ以上でも、このまま立っていたいと思うような感じだったのです。先生はそれを見て「今、すごく良い感覚でしょう?」と、一言。先生たちは、”遊び”がもたらすものを、ちゃんとわかっていらっしゃるのだと思うのです。

 

忙しい毎日、「これをせねば」「あれをやらねば」に溢れている人に必要なのは、”ゆとり”だと思います。ゆとりがなく、心も体も硬く閉じた状態では、自分で種の殻を硬くしているようなものです。それでは「本当に自分が願っていること」の種が、自然に発芽することは難しいかもしれません。

 

十分頑張ってきたなら、もうここでは頑張らず、自然に任せてみてはどうでしょうか。水は上から下に流れます。途中で岩があっても難なく避けていきます。氷は落とせば砕けますが、水を入れた麻袋は、落としてもダメージはありません。「柔をもって剛を制す」は太極拳のベースにあるもので、体の7割くらいが水でできているわたしたちも、その柔かさというしなやかな強さを、もともと備えています。それを活かせたら、どれだけ楽に芽が出て、どれだけ美しい花を咲かせることができるのでしょうか?

 

ブーケの本拠地は、一色海岸に近い郵便局の建物にあるお部屋になる予定です。

 

現在、この場をみなさんにとっての別荘のような、居心地のよい場所にできるよう、クラウドファンディングも実施中です。どんな思いでこの場を作ろうとしているかなども書かれていますので、よかったらぜひ読んでみてくださいね。(ご案内は、こちらから)共感していただけたら、応援もよろしくお願いします。

 

ブーケのプレオープンイベントは、5月5日(金・祝日)と6日(土)です。すべてご参加も、一部参加もOKです。イベントには、女性だけではなく、ご家族やパートナー、大切な方とご一緒のご参加も大歓迎です。2日間のプログラムの詳細は企画中ですが、5日の午前中には上記のプログラム、お昼は色とりどり体に優しい葉山のランチボックスをご用意する予定です。午後は、お部屋でブーケのご紹介から始め、ゲストによるトーク、対話会の後、夕日を見ながら海辺をお散歩などなどの予定です。6日には、また違ったプログラムが並ぶ予定です。

 

詳しいプログラムやご参加のお申込みは、こちらからどうぞ

 

自然の中に身を置いて自分の生き方を見つめてみたい方、心を開いて話せる仲間が欲しい方、別荘気分を味わいたい方、新しい分野を経験したい方、もっと楽しく生きたい方などなど、ブーケは、そんな女性にとっての陽だまりのような場所になるといいな、と思っています。

 

 

☀「陽だまり」とは

ブログタイトル「みんみんの陽だまり太極道日記」の「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると素晴らしく居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、どことなくキリリとした印象もあります。太極拳を通して、こんな時間と空間を創っていきたい、陽だまりにつつまれて暮らす人、心身ともにゆとりある人を増やしたい、と思っています。

 

........................

いしい まゆみ(道号:静慧)/ みんみん)

太極道家

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

講座のご案内は、こちらからどうぞ



calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM