体のコンプレックスと、争わない心

2015.06.24 Wednesday


太極拳クラスには、体が固いことを悩み事としておっしゃる方もいらっしゃいます。
体はやわらかい方が良い、ということなのでしょうが、
固いことを悪いと思ってしまうと、自分で自分を責めたり、攻撃することにも
なりかねません。

体のコンプレックスで自分を責めることは、自分と争うことでもあると思っています。

太極拳をする上でわたしが大切にしているのは、”争わない心”です。
武術の武は”戈を止める”と書くように、武術である太極拳は、戦いを止めるためのものです。
戦いが起きてしまった場合、自分の力は最小限にして(たくさん使うと疲労するからです)、外に出る力が
最大になるような体の使い方をして、相手の軸を崩して戦意を失わせます。
一番良いのは、戦いを起こさないことです。相手に戦意を持たせないこと。
そのためには、自分がリラックスして穏やかでいることが大切です。

イライラしている人を見ると、イライラしたりすること、ありませんか?
びくびくしている人を見ても、そのおびえが伝染する経験、ありませんか?
どちらも相手からの攻撃対象になりかねません。
逆に、赤ちゃんのようにやわらかく平和な存在は、攻撃する気持ちを起こさせないと思っています。

他人への攻撃は比較的わかりやすいですが、自分への攻撃は、気づきにくい場合もあります。
「こんなわたしじゃだめなの」とコンプレックスを持つことは、今の自分を攻撃していることでも
あると思います。自分と争っている状態です。

わたしも、そうでした。
痒疹という皮膚疾患が出たときは、痒さで寝られないことにイライラしましたし、
皮膚のぶつぶつを「醜い」と思って、嫌っていました。
そして子供の頃からある側弯症も、ずっと大きなコンプレックスのひとつでした。
でも太極拳を始めて、あるときに、体のコンプレックスで自分で自分を嫌っていることに気づきました。
一番近いところで、わたしが嫌ったら、わたしが責めたら、誰もわたしを守ってあげられないのです。
「ごめんなさい。これからは、ぜったいにわたしがあなた(=わたし)を守るから」と
自分に約束しました。5年くらい前のことです。

体のコリ、固さ、アンバランスには、理由があります。
それは、自分の体を守るために、固くなっていたりすることもあるのです。
たとえば、立つときに、立つための筋肉が正しく使えずに不安定なままだと、
体を支えようとして、本来は緊張する必要のない筋肉が緊張します。
たとえば横隔膜です。本来、横隔膜はやわらかくしておいて、呼吸するたびに
上下運動をすることで、内臓のマッサージをしてくれます。
でも、立ち方が不安定だと、背骨を支えようとして、横隔膜をきゅっと硬くさせたりします。
そうすると、呼吸に応じてやわらかく上下することはできなくなりますし、
横隔膜を通っている静脈や動脈もきゅっとしまるために、血流も悪くなります。

体の部位にはそれぞれの役割がありますが、危機的な状況では本来の役割を捨てて、
自分を守る働きに走ります。それが、コリや固さになっている場合も多いのです。

ですから、体が固いのは、自分の体を守ろうとして、そうなっている場合も多いのです。
嫌うよりも、むしろ、ありがとう、です。

それでも、本来とは違う役割をし続けているのは、やはり困ります。
だから、いらない固さやコリはとっていく方向に進むのが良いのですが、
「コリがある」ことを悪い、というのとは違うのです。

そして前回のブログで書いたように、実は自分が思っているよりも、
自分の体はやわらかかったりするのです。
(「限界を超える: 今日のお稽古から」http://blog.minminkung-fu.com/?eid=57))

自分と争わないこと。
灯台下暗しで、ついやってしまっていることもあるので、
気づいたら、また”道”に戻る、の繰り返しです。
生きることは、完ぺきとは程遠いですが、その不完全さも良かったりします。
山の姿が美しいように、人間も、ありのままの自然な姿が美しいと思います。


(今年5月の武当山。ありのままの自然な姿が、美しい。)

限界を超える:今日のお稽古から

2015.06.21 Sunday
















(この絵は今日のお話の説明ですが。。。パンダの横顔は難しい。。。)

今日の太極拳クラスで、わたしが好きなエクササイズをいれてみました。
題して「自分の限界を超える。」別名、「可能性にチャレンジ!」

ふたり一組になり、一人が壁を背にして立ち、もう一人がその人の片足を持って上げていきます。
それだけです。でも、これだけですが、これ、すごいのです。

立っている人は、リラックスしてまっすぐ立ち、自分のリズムで呼吸をつづけるだけです。
自分で足を上げようとしてはいけません。
お仕事は、パートナーさんにお任せします。

パートナーさんは、立っている人の様子を見ながら、ゆっくりと足を上げていきます。
途中、肩や腰がねじれたて高さがずれたら、それも修正してあげます。
足や腕、体に力が入っているのを感じたら、そこを撫でてあげたり、言葉で伝えたりしてあげます。
持っている足の具合や立っている人の様子を注意深く観察しながら、きつそうになったらちょっと止めて、
もうちょっと行けそうだったら上げていきます。もちろん、言葉で「痛い?」と聞いてあげることも大切です。

過去、いろいろなクラスでやっているのですが、ほぼすべての人が、自分の足の上がり具合に驚きます。
「こんなに自分の足が上がっている!」
つまりこれが、限界越えです。正確に言うと、自分で思い込んでいる限界を超えることです。

ポイントは、ふたりでやることです。
緊張することで、体は硬くなります。
でもこれは、足を上げる仕事をパートナーさんにお任せしてしまうため、
状況として、力を抜きやすく、緊張をほぐしやすくなります。
緩めば、足はもっと上がります。

「足はここまでしか上がらない」と、思い込んでいるラインがあったとしても、
それは自分で決めた”まぼろし”の限界だったりします。
自分が決めたら、当然そこが限界点になります。
でも、パートナーさんを信じて主導権をゆだねることで、まぼろしの限界もなくなります。
そして、自分でも驚く結果が、思っていたより上がる足、という形で目の前に現れます。

パートナーさん側にとっても、いろんな経験ができます。
まず、足を持ったら相手の様子をじっくり観察することです。
持った感触で、もうちょっと上がりそうか、ちょっと待った方がよいか、見ていきます。
パートナーさん側が”まぼろし”の限界を勝手に決めてしまうと、
そこが終わりになってしまうため、相手の可能性を信じることも大切です。
言葉もかけながら、緊張をほぐすサポートもして、呼吸を合わせてあげていきます。

お互いを信じることが大切です。

片足が終わると、「上げた方だけ長くなった気がする」という感想もでてきます。
ちゃんと、両足やります。
そして両足終わった後は、自分の体の感覚もじっくり観察してもらいます。

今日は「上下のバランスがととのって、体が軽くなった」とか、
「足の裏がしっかり床についた」という感想がありました。

ここも面白いところなのです。
実は、このエクササイズをやると、わたしは体がずっしり重たい感じがするのです。
緊張が取れて、リラックスすると、寝てしまった赤ちゃんのように重たくなるからです。
でも最近、これをすると「体が軽い!」と嬉しそうにおっしゃる生徒さんが結構いて、
最初は「?おかしいぞ」と思ったのですが、それもわたしの思い込みです。

「軽い」と言った人を確認すると、ちゃんと重さはずっしりと下に落ちています。
(これは、脇の下に手を入れて持ち上げようとしてみると、わかります)。
立つのに必要な筋肉がきちんと使われて、楽に立てていれば、
それは確かに「軽い」という感想になるのかもしれません。
立つために必用な筋肉は「緊張筋」といって、緊張を感じない筋肉だからです。
わたしも、自分の”まぼろし”の限界越えを、経験させていただきました。

そして、この立ち方が、太極拳をやっているときの体の状態だと思っています。
もっと言えば、普段の生活も、この体の状態であることが理想です。
放松(ファンソン)という中国語は、なんとも訳しにくいのですが、
一番簡単にいうと、リラックスです。でも、だらーん、とするのではなく、
立つために必要な筋肉はしっかり緊張させ、そうでないところは緊張を抜く、
という状態です。緊張筋は、緊張を感じないため、自分の自覚としては、リラックスして楽な状態です。
このエクササイズでプチ体験すると、それを再現する目安になります。

そして、共同作業であることも、わたしが好きなポイントの一つです。
これはひとりではできません。
さらに、人に触ることが苦手な人、ちょっと恐いと感じる人もいるため、
それを緩和していくひとつ方法だとも思っています。
ふたりであれこれ、わいわい、呼吸も合わせて真剣にとりくむ姿は、とても良い光景です。

できる、できない、ではないのです。
自分でできないと決めたら、そこで終わり。
隣の人と比べることも、意味がありません。
「やる」と決めて、やってみること。
これはすべてに通じることで、人生は「やると決めてやってみる」の連続だと思います。

おかげさまで、今日も楽しいクラスでした。みなさん、ありがとうございました。



 


自分のリズムで呼吸すること

2014.12.05 Friday



わたしは自分のリズムで呼吸をすることを、大事にしています。

太極拳をやるときも、普段の生活でも、です。

それがストレスがかかっているかどうかのバロメータにもなると思っているからです。
自分のリズムで呼吸していれば、ストレスもないと言われています。
つまり、自分のリズムで生きていられると思っています。

呼吸が早くなると、話し方も早くなりがちです。

スピーチやプレゼンをするとき、本番は練習よりも早くなることはありませんか?
あれは、緊張して話し方が早くなっていると言います。

私も昔はミーティングやプレゼンで、よく酸欠に近い状態になっていました(笑)。
それを「一生懸命に話しすぎて、息が足りなくなるの」などと話していました。
思いっきりストレスがかかっていることに、まったく気づいていませんでした。
今となっては、笑っちゃいますけど、恥ずかしい。。。

息をしないと生きられないのに、息が苦しくて良いわけがありません。
もしかしたらこれも”苦しさを感じることを生きている実感だ”と、誤解していたのかもしれません。
(痛みを感じることで生きている実感を得る、という誤解はよくおきることです)。

本当は、もっと楽に生きられるはずだと思うのです。

呼吸が早くなると、体もきゅっと硬くなります。
体が硬くなると、心も閉ざしがちになる気がします。
さらに周りから見ても、弾丸のように話す人に対して、居心地良い、そばにいたい、
と思う人はあまりいないのではないでしょうか。

そう思うと、もしかして良いこと、なしではありませんか?

だからイライラしたり、自分を見失いそうになったら、まず呼吸します。
”呼”は吐くことなので、まず吐くことからはじめます。
吐けば、次には自然に新しい空気が体に入ります。

笑うことも大事。声を出して笑うことは、息を吐くことにもなるからです。
私の好きなことば、「笑う門には福来る」には、そんなこともあるのかもしれません。

なお、呼吸のリズムはひとそれぞれです。
自分にとって居心地のよいリズムは、自分で見つけてくださいね。
 


calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM