意識しすぎない方が、うまくいく

2017.11.02 Thursday

(武当山で、形意拳の基本の立ち方を練習しているところ)

 

先日のクラスでやってみたことです。

 

生徒さんに「肘をラクにして」と声をかけて、わたしが肘を持って動かそうとすると、ぎくしゃくします。「肘から意識を外して」と声をかけて肘を動かすと、ゆるゆる、スルスル動きます。

 

「意識しすぎると、逆に力が入って硬くなることもあるの。」

 

百聞は一見にしかず、自分の体で体験すると、なおさら違いが良くわかります。意識しないほうがうまくいくことも、あるのです。

 

これは、腰の使い方にも言えます。太極拳でも、「腰は要」とか、「力は腰から出る」と言うこともあります。でもこれも、腰を意識しすぎると、上手くいかない場合もあります。

 

ちなみに中国語で”腰”というと、背中側のウェストラインあたりを指します。骨盤ではありません。腰は、下半身と上半身を結んでいます。いわゆる”そり腰”の場合、自覚している人は少ないかもしれませんが、腰が緊張状態にあります。ここが緊張していると、自分の中心軸が立ちません。

 

では、力はどこから生まれるかというと、大地からだと思っています。足裏で大地を少しずつ踏む(押す)ことで、下に向かう力が、体重より多くなります。”立つ”ことができるのは、下に向かう力に対して、上に向かう力があるからです。足裏で大地を押し続けると、上に向かう力も大きくなり、これで背骨の間を伸ばす(あける)ことができます。”縦に伸びる力”です。

 

腰の役割は、緊張させず、この縦の力が伸びることを妨げないことです。何もしないことが、役割を上手く果たすコツになります。(注:緊張している状態は、”余計なことをしている”ことになります。)その意味では、「腰は要」ですし、「腰から力が生まれる(腰の状態によって、力が四方八方に広がるかどうかが決まる)」とも言えますね。

 

年をとると、身長が縮んで体も硬くなりがちですよね。”縮む””硬くなる”ことが老化の現象だとすると、縦に伸びる力があることで、老化を進行させないことができます。さらにこの縦に伸びる力が、横、前後という四方八方に向かって膨らんでいく力のもとにもなります。これが「太極拳は健康によい」と言われる、ひとつの大きな要因でもあります。

 

普段の生活の中でも、意識しすぎることで硬くなって失敗すること、ありませんか?わたしは「これ、できる!」と思うと、ほぼ間違いなく失敗します。やることだけやったら、あとは何もしないのが一番。ついついやりすぎてしまう、頑張りすぎてしまう人間だからこそ、「やらないこと」を学ぶところが、面白いですね。

 

(武当山)

 

☀「陽だまり」とは

ブログタイトル「みんみんの陽だまり太極道日記」の「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると素晴らしく居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、どことなくキリリとした印象もあります。太極拳を通して、こんな時間と空間を創っていきたい、陽だまりにつつまれて暮らす人、心身ともにゆとりある人を増やしたい、と思っています。

 

........................

いしい まゆみ(道号:静慧 / みんみん)

太極道家

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

講座のご案内は、こちらからどうぞ

 


特別クラスのご案内: 太極扇を体験してみよう

2017.11.01 Wednesday

 

太極拳には、剣や扇など、武器を使うものもあります。

 

武当太極扇をはじめて習ったのは2011年です。手を使わず、丹田で扇を開くことからはじまり、扇と全身が一体となって動くことを体感させてくれた、思い入れのあるものです。

 

武当太極扇は、ゆっくりした動き(陰)と早い動き(陽)が交互にやってきます。くるくる回る、しなやかな動きは人目を引き、扇を開く音も耳に心地よく、見る人を笑顔にします。

 

11月26日(日)の午後、この武当太極扇の体験クラスを開催します。

扇の基本的な使い方と、套路(太極拳の一連の型)からの一部の動きを練習します。

 

太極拳・太極扇がはじめての方も、すでに扇をお稽古されている方も、どちらも大歓迎です。

 

 

☀日時:11月26日(日)14:00-16:00 (13:30開場)

        ※終了後、30分程度、中国茶のお時間があります(16:30終了予定)。

 

☀場所:自由が丘・九品仏駅近くの会場の和室(詳細は、お申込みいただいた方にお知らせします)

 

☀内容:武当太極扇 体験クラス

   ・扇の開き方、基本の扱い方

   ・武当太極扇の套路の一部の動きの練習

 

☀費用:4,000円(チケットご利用の方は、1チケット+1500円でもご参加いただけます)

    ※当日、お支払ください。

 

☀服装と持ち物:ストレッチのきいたパンツ、Tシャツ(長袖、半袖)、靴下(和室ですので、靴は不要です)、

    太極拳用の扇、タオル、飲み物

    ※お着替えいただけるスペースもあります。

    ※扇の貸し出し(おひとり500円)もあります。数には限りがあります。ご希望の方は、お申込み時にお知らせください。

 

☀お申込み方法:minminkungfu☆gmail.com(☆を@に変えてください)あてに、お名前、ご連絡先(お電話番号、メールアドレス)をメールでお送りください。口頭やメッセージなどで、直接お申込みいただくことも可能です。

 

 

【こんな方におすすめです】

・太極扇をやってみたい方

・扇を開くとき、バラバラと音が出てしまう方

・手で扇を開いてしまう方

・体と扇の一体感が感じられない方

 

みなさまのご参加、お待ちしています。

 

☀「陽だまり」とは

ブログタイトル「みんみんの陽だまり太極道日記」の「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると素晴らしく居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、どことなくキリリとした印象もあります。太極拳を通して、こんな時間と空間を創っていきたい、陽だまりにつつまれて暮らす人、心身ともにゆとりある人を増やしたい、と思っています。

 

........................

いしい まゆみ(道号:静慧 / みんみん)

太極道家

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

講座のご案内は、こちらからどうぞ

 


みんみん食堂:白きくらげのデザート

2017.10.27 Friday

 

楊貴妃も愛したと言われている白きくらげ。中医学の5色で見ると、肺を潤わせる白は、秋の季節に多めにとりたい食材です。

 

薬膳料理教室で出していただいた、白きくらげをトロトロに煮たデザートを作りました。

 

作り方は、シンプルです。乾燥白きくらげを水につけて戻し(6-8倍に膨らみます)、石づき(硬くなっているところ)を取り、水と氷砂糖を入れて煮込みます。

 

煮込み時間は......8時間!

 

倒れそうに長い時間ですが、このくらい煮ると、食感は柔かいところてんのようにプルプルになって、とってもおいしいのです。

 

ちょっと大変ですが、おうちにいられるとき、一度作ってしまえば、あとは冷凍保存で1か月ほど持つそうです。

 

料理教室では、同じく白の梨を氷砂糖で煮たものと一緒に出していただきました。赤いクコを戻したものをのせても、色がきれいで良いですよね。

 

中医学の薬膳では、5色(赤、白、黄、青、黒)の食材を取ることを基本としています。さらに、季節によって、弱くなる部分を補完するために、多めにとる色があります。秋は、夏の暑さが体に残って肺も乾燥しがちになるため、肺が弱くなります。肺にとって、とっても大切なうるおいを取り戻すために、白い食材を多めにとります。

 

肺のうるおいがなくなると、肌もカサカサになるとか。

 

そろそろ季節は冬に入り、色としては黒を多めに食べたいところですが(きくらげなら、黒ですね)、実は前の季節の色も引き続き多めにとりたいので、白もまだ多めに食べます。

 

デザートにしておくと、毎日ちょこちょこ食べやすいので、おすすめです。

 

 

☀「陽だまり」とは

ブログタイトル「みんみんの陽だまり太極道日記」の「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると素晴らしく居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、どことなくキリリとした印象もあります。太極拳を通して、こんな時間と空間を創っていきたい、陽だまりにつつまれて暮らす人、心身ともにゆとりある人を増やしたい、と思っています。

 

........................

いしい まゆみ(道号:静慧 / みんみん)

太極道家

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

講座のご案内は、こちらからどうぞ

 


11月のお稽古予定

2017.10.27 Friday

 

今年もあと2か月になりました。

10月は秋の長雨という言葉どおりでしたが、11月のお天気はどうでしょうか?

日照時間が少なくなる冬は、太陽の光を浴びることも貴重になります。お天気の良い日は、外に出たり、お散歩したり、してみてくださいね。

 

11月の「みんみんカンフー」お稽古予定です。どなたでも、どのクラスでもご参加いただけます。

 

お申込みは、minminkungfu★gmail.com(★を@に変えてください)、もしくは口頭やFBメッセージでお願いします。FBイベントがあるものは、参加ボタンを押していただいてもOKです。

 

【11月】

 

 

 

 

1

 

2 7:30 吉祥寺

 19:30 池尻大橋

3 10:00青空

 

4 10:00青空

 

5  9:00 溝の口

 

6

 

7

 

8

 

9 7:30 吉祥寺

 19:30 九品仏

10

 

11 10:00自由が丘

  (シェア奥沢)

12 9:00 溝の口

 

13

 

14

 

15

 

16 7:30 吉祥寺

 19:30 九品仏

17

 

18 10:00自由が丘

  (シェア奥沢)

19 

 ※ 14:00 逗子

20

 

21

 

22

 

23 7:30 吉祥寺

 19:30 池尻大橋

24

 

25 10:00青空

26 9:00 溝の口

   ※14:00 九品仏

27

 

28

 

29

 

30 7:30 吉祥寺

  19:30 九品仏

 

 

 

 

 

 

...............................................

【クラスのご紹介】

 

☀「体と心が目覚める太極拳」

  毎週日曜日 午前:フィオーレの森「森のスタジオ」(溝の口)※室内です

  土曜日(不定期):シェア奥沢(自由が丘) ※室内です。

 

☀「青空太極拳教室」(代々木公園):屋外、不定期(土曜日, 午前)

 

☀「太極拳 基本功」(自由が丘・九品仏 もしくは池尻大橋):毎週木曜日 夜 

 

☀【新設】「朝の青空太極拳」(吉祥寺)毎週木曜日 朝 

 

※11月19日(日)の午後は、Bouquet(逗子・葉山)「身体とこころのその先へ 〜本当の思いに触れに行く太極拳〜」(第3回:みんなが知らない太極拳ひみつ3 自然に学ぶ)です。詳細とご応募はこちらから。

 

※11月26日(日)の14:00〜16:30は、特別クラス「太極扇を体験してみよう」(自由が丘・九品仏)です。詳細はこちらから

 

※個人レッスンもお受けしています。(1時間半、10,000円)

 

 

...............................................

【お稽古内容】

 

「体と心が目覚める太極拳」のお稽古の中心は、十三式太極拳(武当玄武派)です。太極発祥の地とも言われている道教の聖地、武当山(湖北省)で伝えられてきた伝統太極拳で、水が上から下に流れるように自然に動き、陰陽のバランスで力が生まれてくる、”太極拳の秘密”がギュッと詰まっています。しなやかに伸びて円を描く動きが美しく、初心者でも経験者でも、また年齢を問わず、おすすめです。そのほか、天地とつながるストレッチ、歩き方、呼吸法、太極拳の基本となる気功なども、合わせてお稽古していきます。

 

※「青空太極拳教室」は、太極拳のほかに、蹴りの練習などを加えます。

※「太極拳基本功」は、太極拳はせず、站椿功(立禅)、太極歩、気功、瞑想など、基本の動きを丁寧にお稽古します。

 

【お稽古時間とお稽古代】※朝活太極拳(吉祥寺)を除く

いずれも1時間半、1チケットです。(現金でお支払の場合:初参加は2,500円。単発参加は3,500円)

※お稽古代について、詳しくはこちらをご覧ください

 

【服装】

動きやすい服装でお越しください(長袖Tシャツ、ストレッチのきいたトレーニングパンツ、靴下、底の浅い靴)

※フィオーレの森(溝の口)、シェア奥沢(自由が丘)は、靴下でもできます。

※九品仏は和室ですので、靴は不要です。

※代々木公園での青空太極拳教室は、寒い季節には暖かい服装(ダウン、マフラー、帽子、手袋)でご参加ください。

 

詳細は、下記をご参照ください。


...............................................

☀「体と心が目覚める太極拳」

 

1.フィオーレの森「森のスタジオ」

湧水の恵みで育まれたフィオーレの森にある「森のスタジオ」でのクラスです。

 

日時:毎週日曜日 9:00-10:30AM(11月5、12、26日)※19日は都合によりお休みです。

   ※終了後には中国茶のお時間があります。(ヘナの足湯もご用意できます!)

 

場所:森のスタジオ(フィオーレの森、溝の口)MAP

   神奈川県川崎市高津区久本1-16-30 メゾン・ド・リラ2F

 

≪溝の口からフィオーレの森への行きかた≫

溝の口駅の南口を出て、左方向にひたすらまっすぐ歩きます。久本神社の信号を渡り、左方向へ。すぐ右手にDiazという美容室がでてきます。そこを右折するとフィオーレの森です。フィオーレの森のライオンが二頭お迎えしてくれる正面入り口の中に入り、すぐ右手の建物リラ館の2階に「森のスタジオがあります」

 

 

2.シェア奥沢(自由が丘)

奥沢の風情ある民家での開催です。縁側の先に、お庭と青い空が見えるこの場所に来ると「ほっとする」というファンも、たくさんいらっしゃいます。

 

日時:11月11日(土)10:00-11:30AM 

         11月18日(土)10:00-11:30AM      

   ※終了後、中国茶のお時間があります。12月の開催は、16日(土)10時〜です。

      

場所:シェア奥沢(自由が丘)

※シェア奥沢は、映画、食事、音楽、絵画など共通の”好きなこと”に人が集う、あたたかい触れ合いのある場所です。

 

≪シェア奥沢への行きかた≫

自由が丘駅南口改札を出て、左に進み、突き当りを右に曲がります。この通りが自由通りです。緑道を越え、世田谷区の看板を過ぎると、左に入る道があります。ここを左に曲がるとき、目印として右手に赤いアルソアの看板があります。道なりを進み、3つ目の十字路の右奥の民家が、シェア奥沢です。 

 

 

 

...............................................

☀「青空太極拳教室」(代々木公園)

青空の下、風や木々の香りを感じながらの太極拳です。本場中国でも早朝から公園で太極拳をお稽古する姿がたくさん見られます。四季の移り変わりも、肌で感じられる屋外でのお稽古です。屋外のメリットを最大に生かして、しっかりした体づくりのための、キックや基本の動きのお稽古も、たくさん取り入れます。

 

日時:  11月 3日(金・祝) 10:00-11:30

         11月4日 土) 10:00-11:30 

         11月25日土) 10:00-11:30 

   ※雨天の場合は、静かにお休みです。ご参加予定者には、朝8時をめどに個別にご連絡します。

 

場所:代々木公園 ※待ち合わせ場所は、南門です。南門から入って、梅の園、丘の広場の前あたりでお稽古します。

 

   

...............................................

☀「太極拳 基本功」(自由が丘/九品仏、もしくは池尻大橋)

広々とした和室で、基本功を丁寧に練習するクラスです。站椿功、太極歩、武当五行六合功、六字訣、呼吸法、瞑想など。

(クラスについて、詳しくはこちら

 

日時:毎週木曜日 19:30-21:00 (11月2, 9, 16, 23, 30日)

   ※19時から中国茶をご用意してお待ちしています。

 

場所:☀11月9, 16, 30日自由が丘・九品仏 大広間(和室) ※九品仏駅徒歩2分、自由が丘駅徒歩9分 

   ☀11月2, 23日:池尻大橋 和室 ※池尻大橋駅徒歩7分

   ※詳しい場所は、参加される方にお知らせします。

 

 

 

☀「朝の青空太極拳」(吉祥寺の公園)

ちょっと早起きして、ゆったり呼吸してゆっくり動き、全身を目覚めさせます。心と体を整え、1日をさわやかにはじめましょう。

 

日時:毎週木曜日 7:30-8:30 (11月2, 9, 16, 23, 30日)

   ※屋外での開催です。雨天の場合、静かにお休みです。

 

場所&参加費:吉祥寺付近の公園(ご参加希望の方に、詳しい場所と参加費をお知らせします)

 

 

みなさまのご参加をお待ちしています^^

 

...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...

 

いしい まゆみ(道号:静慧)/ みんみん)

太極道家

HP: 体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

ブログ: みんみんの陽だまり太極道日記(http://blog.minminkung-fu.com/)


らくちん静功:体は内から膨らみ、心は深く静かに

2017.10.15 Sunday

(武当山の雨の日に。太子洞にて)

 

雨の日に、雨音を聞くことが好きです。

 

雨は苦手で、体が重く、眠気も強くなりがちです。外出、億劫になります。

 

それでも、雨の音を聞いていると、とっても落ち着くのです。好きだな、と感じるようになったのは、ここ1〜2年だと思います。

 

水に関する言葉をみても、「みずみずしい」「うるおっている」「しっとりした」という表現は、肌の状態にも使いますが、人の在り方や、心の様子にも使われることもあります。どちらも、良い感じがしますよね。

 

人間の体の6-7割は、水です。雨音を聞くと、自分の体の中に、水分が満ちていくような、そんな気分にもなります。

 

今朝、雨音を聞きながら、武当山で教えていただいた静功をしてみました。とっても気持ち良かったです。やり方をご紹介しますね。

 

これは、とっても楽な”静功”です。苦しいことは、何一つありません。

 

まず、座ります。あぐらでも、足を前に投げ出しても、椅子に座っても、どれでも大丈夫です。自分が楽だと感じるものが、一番です。

 

今朝は、あぐらにしました。腕は力を抜いてダラリとたらします。手のひらをひざ頭に置いたり、膝の内側に置いてもよいです。このときに脇を締めてしまうと肺がつぶされて、空気が入りにくくなりますので、脇は体側から少し離れているようにします。

 

ポイントは、お腹と頭です。

 

お腹は、収めます。これは太極拳で立つときと同じで、腰の反りを消すためにお腹を後ろ側に収めていきます。お腹に力を入れてはいけません。力を入れて表面だけ引っ込めると、腰(ウェストの裏側)は動かず、それでは違います。お腹を収めるとは、お腹が後ろにいくと、おへその裏のツボの命門(めいもん)が後ろに膨らんでいくような感じになります。

 

おへその下あたりに手の指を突き刺すようにして、お腹をゆっくり押していったときに、じゅぶじゅぶと、いくらでも入っていく(沈んでいく)ような感じといえば、わかるでしょうか?

 

もうひとつのポイント、頭です。あごを少しずつ引いていくと、頭のてっぺんが天に向かって伸びていきます。あごと頭のてっぺんが連動する感じです。これで腰から頭のてっぺんに向かう中心軸を作ります。

 

あごをいきなりキュッと引くと、緊張してしまいます。逆にあごが出ていると、中心軸が、首のあたりで途切れてしまいます。

 

あごを引く意識は、終わりがあるわけではなく、ずっと続けます。表に現れる動きとして止まっているように見えても、自分の意識ではずっと、少しずつ引き続けます。

 

あごを引き続けて頭のてっぺんが天に向かうことで、体(上半身)がつぶれず、ゆとりを保つことができます。頭が下に落ちると、上半身が押しつぶされるようになり、内部のゆとりも押しつぶされます。

 

間違いやすいところは、背中の形状です。静功(ここでは坐禅や瞑想も含めています)をするとき、背中を板のようにまっすぐ立てる方がいらっしゃいますが、先生いわく「それではくたびれて続けられない」のです。背中の上の方、胸の裏側あたりは、少し丸みをおびているほうが、楽です。背骨の後ろ側を伸ばしていくような感じです。

 

目は、閉じても開けたままでも、楽な方を選びます。開ける場合、視線は鼻先が見えるくらい、凝視するのではなく、ぼんやり、広い視野をキープします。

 

口は閉じて、鼻呼吸です。舌は、上あごの下につけます。自分なりに楽なリズムで呼吸を続けます。

 

お手本になるような写真を探してみたところ、兄弟子の写真によさそうなものがありました。下記です。

 

(2016年の春、夕方、雷神洞でお茶を飲んだとき。このときの兄弟子の姿のようなイメージです。)

 

これが、”放松”と呼ばれる状態です。”松”は、中国語で緊張と逆の意味で、緩める、抜くという意味です。体のこわばりをなくして、ゆっくり伸びて内側から膨らんでいくような感じです。

 

元気な人を見ると、内側から柔かく膨らんでハリがあるように見えませんか?そんなイメージです。

 

呼吸をつづけながら、耳を外に大きく開くと、まず雨の音が入ってきます。そしてだんだんと、耳は外に広く開きながら、自分の心の音を聞くようにします。

 

心が落ち着いてリラックスしている状態は、中国語で”静”とも表現されます。だんだん深い落ち着きに入っていくことを、”入静”とも言います。

 

これ、とっても気持ち良いのですよ。

 

自分が平和で、それを見る人にも平和な気持ちが広がるようなものが良いな、と思います。

 

今朝は、目を開けたままやっていたのですが、途中でサッと何かが変わったというか、クリーンになったような感覚がありました。ちょっと小波がざわついていたのが、落ち着いて明鏡止水のようになった、といえばわかるでしょうか。

 

言葉の説明だけだと、わかりにくいかもしれません。頭、お腹の使い方は間違えやすいですし、背中については、普段から胸をはりがちな方は、「こんな猫背で良いの?」と、心配になるかもしれません。こういう場合でも、横から写真を撮ると、猫背ではないのですよ。

 

これ、雨の日限定ではありません。晴れでも曇りでも、いつでもやり方は同じです。

 

静功は、陰気を育てると言います。太極拳や気功などの動功は、陽気を育てます。陰のないところに陽は育たないため、静功は基盤を充実させたり、熟成させることでもあります。これがしっかりしていれば、陽気を育みやすくなりなす。陽気は、生きていくためのエネルギーです。

 

やってみてわからなかったら、お会いしたときに聞いていただくか、メッセージをくださいね。

 

(武当山、逍遥谷)

 

☀「陽だまり」とは

ブログタイトル「みんみんの陽だまり太極道日記」の「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると素晴らしく居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、どことなくキリリとした印象もあります。太極拳を通して、こんな時間と空間を創っていきたい、陽だまりにつつまれて暮らす人、心身ともにゆとりある人を増やしたい、と思っています。

 

........................

いしい まゆみ(道号:静慧 / みんみん)

太極道家

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

講座のご案内は、こちらからどうぞ

 



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM