予定より、早く生まれた子、遅く生まれた子

2018.12.28 Friday

(南紀白浜 アドベンチャーワールドで。この白虎ならば、安心して乗れます。)

 

この前、友人から面白いお話を聞きました。

 

経験豊かな助産師さんから聞いたという、「予定よりも早く生まれた子、遅く生まれた子には、それぞれ傾向がある」というお話です。

 

早く生まれた子は、行動的です。たとえると、石橋を叩くこともせず、さっさと渡ります。

 

遅く生まれた子は、慎重派です。たとえるなら、石橋を叩いて、渡らずに戻るとか。

 

さすが助産師さんです。長い経験を通しての実感は、重みがありますよね。

 

 

さて、わたしはどうかというと、早い方です。1週間くらい早く、するりと生まれ、母は「親孝行な子供だ」と思ったそうです。

 

では行動派かというと......そうでもない気がします。のんびりしていますし、けっこうチキン(臆病)な慎重派です。石橋を渡らない派ではありませんが、しっかり叩いてから渡ります。

 

でも周りからは、「勇気があるね」とか「たくましいね」と言われることもあるので、自分で思っている姿とは違うのかもしれません。

 

以前、ひとりで中国の武当山に2か月行くと決めたとき、「怖くないの?不安じゃないの?」と聞かれたことがあります。

 

不安がないわけではありません。今でも「武当山は危険ではないの?」と聞かれると、「他の海外と同じように、危険がないわけではない」と答えます。

 

だからこそ、慎重に行動します。

 

「赤信号、みんなで渡れば怖くない」も、やりません。みんながやると言っても、自分が「ダメ」と思ったら、お断りします。

 

移動手段も、より安全な方法を選びます。過去には、空港から長距離バスで武当山の山門まで移動したこともありますが、中国出身の方に「女性ひとり、しかも外国人だし、危ない!絶対にダメ。」と言われて以来、学校にお迎えの車をお願いするようになりました。

 

現地の方が真剣な顔をして言う助言は、真剣に聞くものです。

 

さいわい、これまで危ない思いをしたことはないのですが、それでも毎回、不安はあります。

 

でも、こんなチキンの面は、人にはあまり見えないのかもしれません。

 

 

ただ、当たっているなあ、と思うこともあります。

 

わたしは飽きっぽい性格で、同じことを続けることが苦手です。「こうやるものだよね」という型にはまるのも、苦手です。

 

たとえば同じタイトルの講座をするなら、同じ素材や内容を使えばいいのですが、「あのときはこれだったけど、いまは違う」と、毎回、作り直します。

 

「いま」というのは、自分も変わっているし、取り巻く状況も変わっているから、それに合わせると同じ内容では気に入らないのです。

 

誰かが「だめだよ」と言うわけではなく、自分が嫌なだけです。

 

これは、いいとか悪いとかではなく、自分の”向き”ですよね。過去に「そんなこだわりを持たなくても」と思われるようなことも、多々あったかもしれませんし、これが正しいと思っているわけでもありません。

 

 

そしてそれでも、太極拳というひとつのものをずっと続けているわけですが、それはいちども同じ体験がないからだと思います。

 

站椿功(立禅)など、ずっと立っているだけで、同じことの繰り返しに見えるかもしれません。実際、そうですが、そうではないのです。ちいさな発見でも、小躍りするくらい嬉しいのです。

 

だから飽きることなく、続けてこられたのだと思います。

 

わたしは、早く生まれてきたかったのだと思っています。何かのワークで、数回、生まれてくるときの体験をしたことがあり、どのときも、すっごく嬉しかったのですよ。想像になりますが、「お腹の中は居心地良かったけれど、もう十分堪能したから、早く外に出たいー。あっちの方が楽しそう。」という感じだったのかな、と思っています。

 

遅く生まれた方の中には、「生まれた後の自分の使命が重いとわかっていて、なかなか出たくなかったのだと思う」とおっしゃった方も、いらっしゃいます。

 

人、それぞれですね。

 

こういう傾向も、みんな違うということがわかる、ひとつの方法ですよね。自分が大切に思っていることが、他人にとってはどうでもいいこと、ありますよね。そういうときに、悲しい思いをしたり、イライラしたことも、あるでしょう。でもそこから「自分が本当に大切にしたいこと」がわかってきます。そして違う価値観を持つ他人も、尊重しやすくなってくるのだと思います。

 

 

もうひとつ、面白いお話がありました。帝王切開で生まれた子どもです。

 

保育園だったか幼稚園だったか、帝王切開で生まれた子だけで遊んでいたのだそうです。彼らは帝王(女の子であっても、帝王)なので、下々の者とは席を同じゅうせず、なのでしょうか(笑)。

 

面白いですよね。

 

みなさんは、どうでしょうか?

 

 

【1月の特別クラス】

1月  6日(日)14:00-16:30は「太極扇を体験しよう(第17回)」です。詳細とご応募方法はこちらから。

1月14日(月・祝)14:00-15:30は「やさしい站椿功第3回)」です。詳細とご応募方法はこちらから。

1月27日  (日)13:00-15:00は、「麗屋 弘鈴庵の『立って、歩いて、太極拳」です。詳細とご応募方法はこちらから。

 

 

☀「陽だまり」とは

「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、りん、とした印象もあります。太極拳を通して、陽だまりのような場を創っていきたいと思っています。

 

...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...

 

いしい まゆみ(道号:静慧)/ みんみん)

太極道家

講座のご案内は、こちらからどうぞ

 

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

ブログ: みんみんの陽だまり太極道日記(http://blog.minminkung-fu.com/)

「太極拳、あるある、ないない話」Facebookページで毎日更新:こちらから

「すきなもの」Instagramでほぼ毎日更新:Instagram(@mayuminmin927)

 


やさしく立てたら、やさしくなれる:「やさしい站椿功」

2018.12.25 Tuesday

 

12月22日(土)の午後、第2回目の「やさしい站椿功」を開催しました。

 

站椿功とは、日本風に言えば立禅ですね。「立つ」ことについては、すごく思い入れがあります。

 

太極拳をはじめて5年くら経った頃から、自分がいかに立てていないか、ひしひしと感じるようになりました。

 

たとえて言うなら、土台が不安定な感じです。そこに積み重ねたり、装飾しても、土台が崩れれば、ぜんぶあっという間に崩れます。

 

そんな様子だと、一生懸命にお稽古すればするほど、路頭に迷うような感覚になるときがあります。帰る家(土台)がわからないような感じかしらね。

 

あのころ、「ちゃんと立てるようになりたい」というのは、わたしの切実な願いでした。

 

「ちゃんと立つ」というのは、骨の構造を使い、無駄な筋力を使わずに、楽に立つことです。必要のないところは、ゆるんでいます。ゆるんでいれば、水のように抵抗せず、状況に応じて自由に形を変えることができます。ゆるむのは、筋肉も、関節もです。

 

ちゃんと立てるようになってくると、体も心も安心して、楽になります。わたしはお稽古の迷いも、人生の迷いも、少なくなりました。

 

だからこそ、普段のクラスでも「立つ」ことは常にわたしの中心にあります。しっかり時間をかけるクラスを作りたくて、11月から月1回のペースで「やさしい站椿功」を始めました。

 

「やさしい」の意味は、いろいろです。

 

・辛く大変なものだと思われている站椿功は、実はそんなに難しくない

・楽に立てたら、自分の体にやさしい

・楽に立てたら、自分の心にもやさしい

・楽に立っている人は、周りの人も気楽にさせる

・楽に立つ人が増えれば、やさしい世界が広がる

 

実際、この「やさしい立ち方」を経験された方は、顔がふんわり優しくなります。とっても嬉しそうなのです。立ち姿も、しゅっと上にすっきり伸びて、美しいのですよ。

 

 

「立つ」ことは、あまりに普通のことで、「この立ち方はどうなのか?」とじっくり考えることは、ないかもしれません。

 

なにしろ人の体は、とにかくその人を立たせるために、あらゆる工夫をします。たとえば軸が傾いていても、筋肉を固めてつっかえ棒のようにしてしまったりします。骨という構造を使って立てていない場合、筋肉を固めて骨のようにして使います。

 

それらは楽な立ち方ではないのですが、「立てた」ことで「よし」としてしまうのです。実際には、どれだけ無駄なことをして、負担をかけているかにも、気づきません。

 

そんな積み重ねが、コリや痛み、怪我に、つながります。

 

さらに言うと、自覚がないまま、頑張ったり、踏ん張ったりして立っていると、日々の生活がすべて大変です。その体で動こうとしても、軽やかに活動的には動けません。

 

そんな人は、周りから見ても、大変そうですよね。

 

そんなに踏ん張らなくてもいい、

そんなに緊張しなくてもいい、

世界は敵ではないし、

立つことは、必ず地球が助けてくれるから。

 

そんなことに気づいて、やさしく立てる人が増えたらいいな、と思っています。

 

 

次回の「やさしい站椿功」は、1月14日(月・祝)14:00−16:00です。前回までは1時間半でしたが、しっかり立つ時間をとるため、今回から2時間になります。

 

はじめての方も、これまで参加された方も、それぞれ新たな発見があるはずです。ご参加をお待ちしています。

 

なお、第1回目は主に下半身の使い方、2回目はそれに加えて上半身に触れました。第3回目は、木を抱えるように腕を上げる渾圓椿( 渾元椿)(上の写真)のコツなどにも触れていきたいと思います。

 

第3回の「やさしい站椿功」の詳しいご案内とお申込み方法は、こちらからどうぞ。

 

 

☀「陽だまり」とは

「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、りん、とした印象もあります。太極拳を通して、陽だまりのような場を創っていきたいと思っています。

 

...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...

 

いしい まゆみ(道号:静慧)/ みんみん)

太極道家

講座のご案内は、こちらからどうぞ

 

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

ブログ: みんみんの陽だまり太極道日記(http://blog.minminkung-fu.com/)

「太極拳、あるある、ないない話」Facebookページで毎日更新:こちらから

「すきなもの」Instagramでほぼ毎日更新:Instagram(@mayuminmin927)

 


【講座のお知らせ】1月のお稽古

2018.12.25 Tuesday

 

2019年1月の「みんみんカンフー」お稽古予定です。どなたでも、どのクラスでもご参加いただけます。

 

お申込みは、minminkungfu★gmail.com(★を@に変えてください)、もしくは口頭やFBメッセージでお願いします。FBイベントがあるものは、参加ボタンを押していただいてもOKです。

 

 

【2019年1月】

 

 

1

 

2

 

3

 

4

 

5 

 

6 10:00 青空

☆14:00 太極扇

7

 

8

 

10 7:30 吉祥寺
 19:30 九品仏

11

 

12 10:00自由が丘

   (シェア奥沢)

13 10:00 青空

 

14 
☆14:00 站椿功
15
 

1619:00 
池尻大橋

17 7:30 吉祥寺
 19:30 九品仏
18
 

19 10:00自由が丘

   (シェア奥沢)

20 10:00 青空

 

21

 

22
 

23

 

247:30 吉祥寺
 19:30 九品仏
25
 

26 10:00 青空

 

27 13:00

  香取市

28

 

29

 

3019:00 
池尻大橋

317:30 吉祥寺
 19:30 九品仏

 

 

 

 

 

 

☆は特別クラスです。

 

 

...............................................

【クラスのご紹介】

☀「体と心が目覚める太極拳」シェア奥沢(自由が丘)第2・3土曜日の午前中          

 

☀「青空太極拳教室」(代々木公園):屋外。土日の午前中(不定期)

 

☀「太極拳 基本功」(自由が丘・九品仏):毎週木曜日 夜 

 

☀「朝の青空太極拳」(吉祥寺):毎週木曜日 朝 

 

≪太極拳以外のクラス ≫

☀「タオを生きることば」(池尻大橋):水曜日(月2回) ※老子「道徳経」を1章ずつ読みながら、タオのあり方を体感していきます。後半は体を動かしますが、お着替えいただく必要はありません。

 

 

【1月の特別クラス】

1月  6日(日)14:00-16:30は「太極扇を体験しよう(第17回)」です。詳細とご応募方法はこちらから。

1月14日(月・祝)14:00-15:30は「やさしい站椿功第3回)」です。詳細とご応募方法はこちらから。

1月27日  (日)13:00-15:00は、「麗屋 弘鈴庵の『立って、歩いて、太極拳」です。詳細とご応募方法はこちらから。

 

 

※個人レッスンもお受けしています。1時間半、10,000円)。

 (武当64式太極拳、武当64式太極剣、武当丹剣、武当太極扇、武当逍遥掌、形意拳、気功、站椿功などのほか、体や膝に負担のかからない立ち方・歩き方も指導します。詳しくはご相談ください。)

 

※出張グループレッスンもお受けしています。

5名以上の出張グループレッスンも可能です。詳しくはご相談ください。

 

※講演会もお受けしています。

「みんなが知らない太極拳のひみつ」など、講演も可能です。ご相談ください。

 

 

...............................................

 

【お稽古内容】

「体と心が目覚める太極拳」のお稽古の中心は、十三式太極拳(武当玄武派)です。太極発祥の地とも言われている道教の聖地、武当山(湖北省)で伝えられてきた伝統太極拳で、水が流れるように自然に動き、陰陽のバランスで力が生まれてくる、”太極拳のひみつ”がギュッと詰まっています。円を描いてしなやかに伸びる動きが美しく、初心者でも経験者でも、また年齢を問わず、おすすめです。そのほか、天地とつながる立ち方、歩法、呼吸法、太極拳の基本となる気功なども、お稽古します。

 

※「青空太極拳教室」は、太極拳のほかに、蹴りの練習などを加えます。

※「太極拳基本功」は、太極拳はせず、站椿功(立禅)、太極歩、気功、瞑想など、基本の動きを丁寧にお稽古します。

※「タオを生きることば」は、おはなしと体感する時間があります。軽く動きますが、お着替えいただく必要はありません。

 

 

【お稽古時間とお稽古代】※朝の青空太極拳(吉祥寺)、特別クラスを除く

1時間半、回数券1回分(4回10,000円/9回20,000円、いずれも2か月間有効)、現金の場合は3,500円。

 

 

【服装】

動きやすい服装でお越しください(長袖Tシャツ、ストレッチのきいたトレーニングパンツ、靴下、底の浅い靴)

※シェア奥沢(自由が丘)は、靴下でもできます。

※九品仏は和室ですので、靴は不要です。

 

詳細は、下記をご参照ください。

 


...............................................

☀「体と心が目覚める太極拳」

 

【土曜開催】10:00-11:30 

1月 12日(土):シェア奥沢 (自由が丘)

1月 19日(土):シェア奥沢 (自由が丘)

※シェア奥沢は15分前開場、終了後にお茶の時間があります。

 

≪シェア奥沢≫(自由が丘)

※シェア奥沢は、映画、食事、音楽、絵画など共通の”好きなこと”に人が集う、あたたかい触れ合いのある場所です。

自由が丘駅南口改札を出て、左に進み、突き当りを右に曲がります。この通りが自由通りです。緑道を越え、世田谷区の看板を過ぎると、左に入る道があります。ここを左に曲がるとき、目印として右手に赤いアルソアの看板があります。道なりを進み、3つ目の十字路の右奥の民家が、シェア奥沢です。

 

(シェア奥沢)

 

 

.............................................

☀「青空太極拳教室」(代々木公園)

青空の下、風や木々の香りを感じながらの太極拳です。中国でも、早朝から公園で太極拳をする姿がたくさん見られます。屋外のメリットを活かして、しっかりした体づくりのための蹴りの練習などもあります。

 

【週末クラス】10:00-11:30  

     1月   6日  (日) 

       1月 13日  (日) 

         1月 20日  (日)  

         1月 26日  (土

※雨天の場合は、静かにお休みです。ご参加予定者には、朝8時をめどに個別にご連絡します。

※寒くなってきましたので、暖かい服装(ダウン、マフラー、手袋、帽子など)でお越しください。

 

場所:代々木公園 ※待ち合わせ場所は、南門です。初めての方は、開始10分前にお越しください。南門から入って、梅の園、丘の広場の前あたりでお稽古します。

 

   

...............................................

☀「太極拳 基本功」(自由が丘/九品仏)

広々とした和室で、基本功を丁寧に練習するクラスです。站椿功、太極歩、武当五行六合功、六字訣、呼吸法、瞑想など。

(クラスについて、詳しくはこちら

 

日時:毎週木曜日 19:30-21:00 (1月10, 17, 24, 31日)

   ※19時から中国茶をご用意してお待ちしています。

 

場所:九品仏駅近くの和室 ※九品仏駅徒歩2分、自由が丘駅徒歩9分(詳しくはご参加の方にお知らせします)

 

 

 

☀「朝の青空太極拳」(吉祥寺の公園)

ちょっと早起きして、ゆったり呼吸してゆっくり動き、全身を目覚めさせます。心と体を整え、1日をさわやかにはじめましょう。

 

日時:毎週木曜日 7:30-8:30  (1月10, 17, 24, 31日)

   ※屋外での開催です。雨天の場合、静かにお休みです。

 

場所:吉祥寺駅付近の公園(詳しくは、ご参加希望の方にお知らせします)

 

料金:1回1,500円(特別価格)

 

 

 

☀タオを生きることば 

2,000年以上前に書かれた「老子(道徳経)」は、武当功夫をする人たちを含むタオイスト(道士)の間でも大切にされており、修行者たちは「読み続ければ、いつかはわかる」と信じています。そこには、しあわせに生きるヒントがたくさんつまっています。

 

毎回1〜2章ずつ取り上げます。前半はお話と対話、後半は体感できるようなワークを、太極拳・気功・基本功・瞑想から選んでやってみます。(※お着替えいただく必要はありません。)

 

日時:1月  16日(水)19:00-20:30   第22章

   1月  30日(水)19:00-20:30   第23章        ※開場は18:45です。

 

場所:池尻大橋駅近くの和室 ※池尻大橋駅から徒歩約7分 (詳しくはご参加の方にお知らせします)

 

 

みなさまのご参加をお待ちしています^^

 

...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...

 

いしい まゆみ(道号:静慧)/ みんみん)

太極道家

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

ブログ: みんみんの陽だまり太極道日記(http://blog.minminkung-fu.com/)

「太極拳、あるある、ないない話」Facebookページで毎日更新:こちらから

「すきなもの」Instagramでほぼ毎日更新:Instagram(@mayuminmin927)


広がる可能性

2018.12.22 Saturday

 

教室をやっていると、生徒さんのおかげで、自分では思ってもみなかった新しい可能性が広がることもあります。

 

いくつかあるのですが、今日は2つあげてみようと思います。どちらも自分では「なし」だと思っていたことです。

 

 

ひとつめは、クラスに参加してくださる生徒さんのことです。

 

太極拳は、自発的に取り組むものです。套路(型)も覚えなければなりません。「自分でやる」という意志と行動力が必要です。

 

でも、過去の自分や周りを見ていると、自発的に動けない人や、動けないときがあるのも、わかっています。

 

動けない人の背中を押すきっかけになればと、セラピストのような仕事を試みたこともあるのですが、元来、サービス精神旺盛ではないためか、続けたい気持ちは生まれませんでした。

 

「すべての人に、何かができる自分にならなくてもいい」と、その部分は諦めました。

 

でもあるとき、生徒さんの言葉で、その認識は覆されました。

 

「今の状況では、普段から自分で練習したり、新しいことを覚えるんだ!という気持ちになれないけれど、クラスで一緒に動いていると、とっても気持ちがいい」とおっしゃるのです。

 

クラスで一緒の時間が、よいリフレッシュになり、大変な時期の支えになることもあるようです。「太極拳をやっていて、よかったと思う」とも。

 

忙しかったり、くたびれて1分でも早く多く休みたかったり、いろいろありますよね。套路を覚える意欲までたどり着けないことも、あるでしょう。覚えることへの得意、不得意もあるかもしれません。

 

「そういう人たちには何もできない」と諦めるのではなく、その時間、一緒にやるだけでも十分だと、思うようになりました。

 

クラスという場所は、他の生徒さんの”気”や、わたしの”気”があるところです。波動と言ってもいいかもしれません。その時間、わたしは常にありのままの自分でいるように、心がけています。大きく見せることもなく、卑下することもなく、いまの自分のベストを尽くす、という意味です。

 

ダメなものはダメと言いますが、誰かや何かを否定することはなく、起きることはすべてよし、と思っています。思ってもみないことも起きるため、「えっ?」と驚くこともありますが、表面に現れる出来事に惑わされるのではなく、その奥にあるものを見るようにしています。

 

前に別の生徒さんが「他の人と自分を比べて、気にするようなことはない」と言ってくださったことがあります。それぞれの純粋さが作る雰囲気が、お互いの助けになっているところもあると感じています。

 

そこで気持ちよい時間が過ごせるなら、それはすごいことだと、思います。

 

いまでも、ひとりで全てできなくてもいいと思っています。でも、生徒さんもわたしも、諦めることもないとも、思っています。

 

 

もうひとつは、これから新たに取り組もうと思っていることです。対面ではなく、オンラインの講座です。

 

以前は「絶対無理。ありえない」と思っていたことですが、今年に入って「通信講座はないのですか?」と聞かれたとき、なぜか否定せずに可能性を考えてみよう、という気持ちになりました。

 

そのときは、そのまま流れてしまったのですが、最近また希望してくださる方が現れたため、いま、具体的に準備を進めています。来年からスタートできたらいいな、と思っています。

 

流れてしまった最初の件で免疫ができていたためか、今回は躊躇せず、「どうやったらできるだろうか」と、考え始めることができました。

 

オンラインでの指導は、過去にちょこっと経験があります。企業内でクラスを持っていたとき、転勤で東京から離れた生徒さんと、ビデオ会議形式でお稽古したことがあります。

 

オンラインでは、直接触れて確認することができません。そこは生徒さんにとっても、わたしにとっても大切な要素です。触れることができないのは、状況としては難しくなります。

 

見えるものは、形だけです。

 

そして、これはわたしの感覚ですが、対面と映像では、見えるものも違います。対面で感じられる空気感のようなものは、映像には映りにくいと感じています。

 

でもその形は、何をやったかの結果でもあります。普段のお稽古でも、最後に現れる形を見て、そこに至るまでに生徒さんがやっていることを感じながら指導しています。つまり形には、その奥にあるものも現れるのです。

 

実際にやってみないとわかりませんが、これができれば、遠方の方にご参加いただく道を、増やすことができます。

 

準備の段階でも、今までやったことのないことに、一つひとつ取り組んでいるわけですが、なんと、この作業が楽しいのです。リクエストをいただいたおかげですね。

 

 

新しい可能性が開くのには、タイミングもあると思います。1年前なら、オンライン講座には取り組む気持ちになれなかったでしょうし、準備を楽しく進めることもできなかったと思います。

 

あのときダメだったからと言って、いま諦めることは、ないのですね。

 

 

☀「陽だまり」とは

「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、りん、とした印象もあります。太極拳を通して、陽だまりのような場を創っていきたいと思っています。

 

...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...

 

いしい まゆみ(道号:静慧)/ みんみん)

太極道家

講座のご案内は、こちらからどうぞ

 

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

ブログ: みんみんの陽だまり太極道日記(http://blog.minminkung-fu.com/)

「太極拳、あるある、ないない話」Facebookページで毎日更新:こちらから

「すきなもの」Instagramでほぼ毎日更新:Instagram(@mayuminmin927)

 


手つかずの自然と、人の手で守るもの

2018.12.18 Tuesday

 

先日、縁あって南紀白浜を旅しました。

 

パンダの赤ちゃんをはじめ、様々な動物との出会いを満喫したアドベンチャーワールドの他にも、素敵な時間がたくさんありました。(アドベンチャーワールドを訪れたお話は、こちら。)

 

15年振りくらいに訪れた、白良浜(しららはま)。白い砂と青く透き通った海水。ここは、ハワイのワイキキビーチと姉妹浜なのだそうです。

 

この白い砂、さらさらしていて、裸足で歩いても、砂が足にべったりつくことはありません。払えば落ちるので、靴を履くのも簡単です。

 

この砂は、波で細かく砕かれた珪砂砂岩(けいせきさがん)だそうです。ガラスの原材料としても使われていて、明るく白い色をしています。

 

実はこの砂、オーストラリアのパースから輸入した砂も足されているのだとか。

 

砂は、波でさらわれて徐々に減りますが、河川から再び供給されることで、砂浜は保たれます。しかし白良浜周辺では、観光や宅地などの開発が進んだ結果、砂の供給が減り、砂浜が痩せてきてしまったそうです。

 

そこで和歌山県では、大事な観光資源でもある砂浜を守るために、砂を足す養浜(ようひん)を行ったのだとか。1989年から12年間、約14トンもの砂が足されたそうです。

 

現在でも、ネットを張って、砂が飛ばない工夫をしたり、ゴミの持ち帰りを促したり、ゴミ拾いをしたり、砂浜を守るための活動をしています。

 

美しい景観を守るために、人の手が入っています。

 

”ありのまま”に、人の手を加えていることになりますよね。

 

 

こんなとき、自然ってなんだろう、と考えたりします。

 

 

山や森の話で、誰も人が入らない山よりも、里山の方が活き活きしている、と聞いたことがあります。人のお手入れがあるほうが、すくすくと森が育つらしいのです。

 

里山も、”ありのまま”に人の手を加えていることになりますよね。

 

 

もちろん、人の行動により、環境破壊が進み、その対策として、人の手を加えないと守れないものもあるでしょう。白良浜の砂の例も、こちらに入ると思います。

 

でも、それだけでもないような気がします。

 

人も、生態系の一部です。そう思うと、人が何か手を加えることも、地球のサイクルの一部になることも、あるのかもしれません。手つかずの自然をイキイキとさせるために、人ができる役割もあるのでしょう。人と大自然は、別々に生きているわけではないですから。

 

バランスが崩れたら、人の手で取り戻すことも、できるのだと思います。白良浜の砂浜のように。

 

 

ちょっと考えてみても、”ありのまま”でないこと、たくさんありますよね。

 

潮干狩りも、事前に貝をうめているという話も聞きますし、ホタル観賞ができる庭も、連れてきて放している場合もありますよね。アドベンチャーワールドだって、作りものです。

 

なんだ、”ありのまま”ではないのか、と、がっかりすることもありますが、

 

そのおかげで、貝を自分でとる経験ができたり、ホタルを見て、ホタルは水がきれいなところにしか育たないことを知ったり、野生の動物を間近で見たり、触れあったり、その経験が入口となっていくことも、あると思います。

 

そう思うと、”ありのまま”でなくても、いいではないか、と思うのです。

 

バランスもありますし、程度問題もありますので、一概に上手くいうことはできませんが、守るために手を入れることも、大事なことだと感じています。

 

話はかわりますが、昔、イギリスの大学にいたとき、同じ大学に考古学とコンサベーションという学部がありました。コンサベーションとは、あまり馴染みがないかもしれませんが、自然環境・芸術作品などの保護、保存、保全のことです。景色などの景観を扱うこともありますし、街並みや建物も対象です。たとえば古い町並みでは、ポストを色彩を抑えたものにしたり、ファストフードのお店の色を変えることなども、そのひとつです。

 

友人だった考古学部の学生が、「考古学とコンサベーションは、ときに対立する」と話していました。考古学は、とにかく古いものを、そのまま保護、保全します。それに対してコンサベーションは、場合によっては、もともとあるものを壊すことがあります。

 

何を守りたかの、違いかもしれませんね。

 

手つかずの大自然か、人の手を入れるか、どちらかという話ではなく、何を守りたいのかで、選択は変ってくるのかもしれません。

 

そして人が地球の一部であるなら、人の手が入ることも、地球というシステムの中では、大切な役割だと思います。人の行動も、自ずと然り、自然とも言えるのかもしれません。

 

 

特別クラス「やさしい站椿功」は、12月22日(土)14:00-15:30、九品仏駅・自由が丘駅近くの和室で開催します。詳細とご応募方法はこちらから。

 

 

 

 

☀「陽だまり」とは

「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、りん、とした印象もあります。太極拳を通して、陽だまりのような場を創っていきたいと思っています。

 

...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...

 

いしい まゆみ(道号:静慧)/ みんみん)

太極道家

講座のご案内は、こちらからどうぞ

 

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

ブログ: みんみんの陽だまり太極道日記(http://blog.minminkung-fu.com/)

「太極拳、あるある、ないない話」Facebookページで毎日更新:こちらから

「すきなもの」Instagramでほぼ毎日更新:Instagram(@mayuminmin927)

 



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM