優しさが戻ってくるとき

2020.06.04 Thursday

(今日の夕方の空は、とてもきれいでした)

 

 

「コロナは、自分にとってどんな意味があると思うか」という話を、ときどき、いろいろな人と話します。

 

人それぞれで、「そうなのか」と、つい聞き入ってしまいます。体験からの話は、耳を傾けさせますよね。

 

わたしにとっても、いろいろありますが、ひとつは、社会に優しさが戻ってきた気がすることです。

 

辛い話もありますので、すべてがそうではありませんし、全体の割合としてどうなのかは、わかりませんけどね。

 

ときどき、「コロナ支援サイト」という、売上げが落ちてしまった方たちが、そこに投稿して、通販で、お買い得価格で販売のお知らせをするサイトで、お買い物をします。

 

ものすごくおいしそうな、餃子や、お肉や、フルーツや 海産物などがお得なお値段で載っていて、もちろん生産者さんへの支援もありますが、お買い物と、ごはんを作る手間という、自分への支援にも、なっていました。

 

そのサイトの管理人さんが書かれていたことが、とても印象的でした。

 

いきなりの通販で、不慣れな生産者さんも多く、連絡や商品の到着が遅れることもあるそうなのですが、それに対するクレームは、ないのだそうです。生産者さんたちも、誠意をもって届けてくださっているからか、商品へのクレームもなく、すごくいい感じに回っているようなのです。

 

いい話だなあ、と思いました。

 

コロナ前の通販は、どんどん進んで、「今日頼んで、今日届く」になったときには、「そこまで来たか」と思ったりしたのですが、

 

便利さを追求した結果、「遅い」「届かない」というイライラも、生み出していたような気がします。指定時間に届けても、不在で再配達をすることも、多かったようですし(わたしも、何度も間に合うように帰れなかったことがあり、これについては申し訳ないです)。

 

配達も、今のように「運んでくださって、本当にありがとうございます」という状況だと、

 

応援する気持ちと、感謝と、「がんばろうね」という気持ちが膨らんで、おおらかに、優しくなっているような気がします。

 

届いた商品にも、手書きのメッセージや絵が添えられていり、知らない人なのに、心がほこっと温まることもありました。

どうなるのか誰にもわからない状況で、人の優しさに触れることで、自分の優しさを取り戻すことも、ありました。ありがたいです。

 

こんな現象を「不便益」と言うのだ、と教えてくれた人もいました。

 

確かにコロナ以前の状態にくらべたら「不便」とも言えますし、わたしも「不便になったら、人が優しくなった」と、表現したこともあります。でもそれに対して、「不便という言葉には、違和感がある」と伝えてくれた人もいました。

 

わたしも、最初に「不便益」と聞いたときには、ちょっと違和感がありました。実際、不便ではありませんし、どちらかというと、行き過ぎた利便性が、ちょうどいいレベルに押し戻されたような感覚です。

 

どの言葉が適切かという話ではなく、どの視点から見るか、かしらね。

 

自分と違う視点を持つ人が、同じ言葉を聞いたときに違和感を覚える、みたいな感じです。「そっちから見たら、そう見えるんだ。こっちから見たら、こんな感じだよ」と、率直に話すことができるのも、優しさのひとつだな、と感じます。

 

 

地球にも優しくなりましたよね。

 

空気が澄んで大気汚染が改善された話も、各地から聞こえてきます。

 

東京でも、自粛が始まった頃、「今年の緑は元気できれいだな」と感じました。

 

まだ慣れない習慣に、四苦八苦することもある中で、目を見張るほどエネルギッシュな緑は、とても印象的でした。

 

ほかの地域でも同じように、植物に力がある、と言っていた人もいましたし、虫が多いと言っている人も、いました。

 

遠くに出かけるのを控えているとき、近くの木々や緑の勢いには、とても励まされ、癒されました。

 

 

わたしがこの、「優しさが戻ってきている」という話をしたとき、聞いてくれた人が、「それは、普段からそういうことを気にかけている?」と質問してくれました。

 

そう聞かれて、これが自分の願いにつながっていることを、思い出しました。

 

人は誰でも、本当は優しいのだと思います。でも状況によって、優しいままではいられないこともあると、思っています。

 

優しいままでいられない経験も、大切です。何が心地よくなく、何が嫌なのかわかると、自分が何を大切にしたいのか、わかるからです。

 

それを重ねていくうちに、心地よくない状況になったとしても、そこから抜け出して、自分の優しさを守れるようになれたらいいな、と思います。

 

今の状況で、その優しさが戻ってきているのを感じると、「願いは叶うのだ」と感じます。そこに自分が何かをしたわけでもないのですが、叶っているなら、それでいいですよね。

 

現実には辛いことも起きているので、こんなことを言うと、それこそ視点によっては、誰かの逆鱗に触れるかもしれませんが。

 

辛い話や苦しい話に引きずられがちになりますが、心をほぐしてくれるような、いいことに目を向けるゆとりを、いつも忘れずにいたいです。

 

それは、前に進む力にもなりますよね。

 

 

【おうちで過ごそう!応援企画】

すきま時間にできる、カンタン体操を動画でご紹介しています。リフレッシュにも。こちらから。

 

オンラインでの動画レッスン始めました。
 
≪入門編≫
立ち方、歩き方の≪基本編 ≫と、太極拳の動作の練習としてもおすすめの≪武当五行六合功編≫のセットです。詳しくは
こちら
 
≪武当太極拳編≫
武当三十六式太極拳をいくつかに分けてご紹介します。「その1」は、
第1式〜第10式です。詳しくは
こちら
 
≪立ち方編≫
地に足をつけて、自分らしく生きるための基盤を作ります。≪入門編≫の「基本編」第1講の単発講座。太極拳をしない方にも。詳しくは
こちら

 

 

【6月の特別クラス】

 ≪新規≫6月 7日(日)10:00-11:30「みんみんの ぽかぽか陽だまり太極拳」(茅ヶ崎)詳細とお申込み方法はこちら

 

6月14日(日)14:00-16:30  「やさしい站椿功」(屋外・代々木公園)詳細とお申込み方法はこちら

 

6月21日(日)14:00-16:30「たのしい太極扇」(池ノ上)詳細とお申込み方法はこちら

 

 6月27日(土)13:00-15:00 「麗屋 弘鈴庵の 立って、歩いて、太極拳(千葉県香取市)詳細とお申込方法はこちら

 

6月28日(日)14:30-16:30はじめての形意拳」(池ノ上)詳細とお申込方法はこちら

 

 

「陽だまり」とは

「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、りん、とした印象もあります。人が集って、一緒にお茶でも飲んでなにげない話をして、ほっとする場所でもあります。太極拳を通して、陽だまりのような場を創っていきたいと思っています。

 

...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...

 

いしい まゆみ(道号:静慧)/ みんみん)

太極道家

講座のご案内は、こちらから

 


0

    大好きで、しあわせを願っている

    2020.06.02 Tuesday

    (Photo by Xie Okajima)

     

    先日、3、4年ぶりの方から、ブログにコメントをいただきました。

     

    10年前くらい、いろいろ悩んでいたときに相談していた占い師さんで、悩みが薄くなってきた後も、年に1回くらいお話ししていました。

     

    所属されていたところをやめられてからは、連絡先もわからず、ときどき思い出して、元気でいらっしゃるか、心配していました。

     

    それでも、ホームページを持っているわたしの連絡先はわかるし、いつかまた話せるときもくると、思っていました。

     

    最初に届いたメッセージは、「お元気ですか?ずっと応援しています。あなたのことを、ずっと忘れずに、心に気にかけています」というものでした。

     

    びっくりして返信したら、「元気がなくなったり、嫌な思いをしたときには、変わらずまゆみちゃんのことを、大好きで幸せを願っている私のことを、思い出してください」というお返事がありました。

     

    ぽろぽろと泣いてしまいました。

     

    どうして今のタイミングで連絡をくださったのかは、わかりません。特に今、元気がないとか、嫌な思いをしているわけではないのですが(たぶん...)、カンのいい方なので、何かを感じたのかもしれません。

     

    「あなたが大好きで、しあわせを願っている」というのは、この方がずっと、わたしに伝えてくださったことでもあります。

     

    占い師さんとお客さんだからでしょ、と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、仕事で表面的に言っているのか、心から言っているのかは、わかるものです。

     

    その思いを受け取るか、受け取らないかは、人それぞれの選択だと思うのですが、わたしは、その思いをそのまま受け取れる自分であることを、うれしく思いました。

     

    「しあわせを願う」というのは、今のわたしにとっては、大事なキーワードでもあります。

     

    先日、2日間くらい、数時間おきに泣き続けたことがあったのですが、それは、あるきっかけで、「この人は許せない」と思っていた人を、「そんな思いも、もう手放せるかな」と感じたからでもありました。

     

    いろいろなやり取りの中で、とても傷ついたし、(それは、相手も傷つけているはずです)、脅しのような文言(と、当時のわたしには感じられた)のメールは、「いざというときのために」と、しばらく保管していました。

     

    それからかなりの年数がたった今、「あのときは、相手も、自分を守ろうと必死だったのかな」と思いました。

     

    人は誰でもやさしいのだけれど、環境とか状況で、やさしいままではいられないことがある、と、思っているのですが、この場合も、そうだったのかもしれません。

     

    そして、相手がやさしいままでいられなかったように、わたしも、やさしいままでいられなかったのだと思います。どちらが先なのか、それはわかりませんが。

     

    あの頃はわたしも、自分を責めたり、攻撃していました(自覚せずに、です)。そんな状態だと、ほこ先は、他人にも向かいますよね。

     

    「汝の敵を愛せよ」と言いますよね。

     

    あれは、本当にそのとおりだと思います。ただ、無理やりそうしようとすると、うまくいきません。でも、自然とそう思えるときがきます。状況と、タイミングが整えば。

     

    ある時期、わたしがブログやSNSに書くことに、いちいち批判してくる人がいました。

     

    世に出したものについては、もう手を離れているので、どう受け取られても、気にしないようにしているのですが、

     

    それが続くと、さすがにへこみます。

     

    「わたしはこんなに頑張っています」と主張するのも好きではなく、それは、したいことをしているだけだからなのですが、

     

    さすがにこのときは、「わたしだって、努力している」と言いたくなりました。

     

    でも、それを伝えるのも違う気がして、そのままにしておきました。

     

    ただ、イライラは募っていたようで、あるとき椅子を思い切り蹴飛ばしたい衝動にかられました。「もし壁が壊れたら修理...」と、現実的になって思いとどまったのですが、そのとき、「わたしは、そんなことをする人じゃないのに。おかしい」と思いました。

     

    自分を見失っていたのだと思います。

     

    心を静めて、失っていたものを取り戻していくと、自分の内側に、平和が戻ってきました。そして自然に、その批判してきた相手の心にも、同じように平和が訪れますように、と祈っていました。

     

    それからもしばらく批判は続きましたが、もう、それほど嫌悪感は感じませんでしたし(もちろん歓迎してはいません)、自分の平和が乱されることは、もうありませんでした。それから数か月後、ぱったりと途絶えました。

     

    嫌だと思っているときに、「許しましょう」というのは、受け入れられませんし、そんなことしなくてもいいと思っています。

     

    ただ、自分の中に怒りがある限り、それは自分を攻撃して、椅子を蹴飛ばしたくなったわたしのように、狂暴に変身させますし、その怒りを誰かに向けて増大させることも、あるでしょう。

     

    それで傷つくのは、自分です。

     

    「自分を傷つけるのは、自分しかいない」という考えに従うなら、「傷つく」ことを選択しているのは、自分です。ただ、いろいろあるときに、嫌だと思わないこと、傷つかずに通り過ぎることは、難しいのではないでしょうか。

     

    そして、すごく大事なことですが、「傷ついていないもんね」と表面的に強がると、さらに自分を追い詰めてしまうことになります。これは、ぜったいにやめたほうがいいです。

     

    傷ついたら、それは認めるほうがいいです。傷がひどかったら、自然に治るまでは、その場所やその相手から、離れます。

     

    なかったことにするのではなく、しばらく見えないところに離れればいいのです。

     

    それを「保留箱にいれる」と表現した人がいました。「なかったことにするのはダメ。でも見ると辛いものを、見ようとすると、さらに傷つく。だったらその時期は保留箱に入れて、蓋をちょっとだけ開けておく。ときどき、ちらっと見て、見られそうだったら見ればいいし、ダメだったら、離れればいい。」

     

    わたしが「許せない」と思っていた人は、数年にわたって、その保留箱に入っていました。入れたことも忘れているくらいで、ときどき見ようともしていませんでした。

     

    それでも、タイミングは、来るものです。

     

    今は、保留箱から出して見ても、心は傷つかないですし、「あんなことが、あったな」という事実があるだけです。

     

    ひとつ抜けられたのかな、と思って、その話を当時を知る人に話してみました。そのとき、「でもね、好きじゃないけどね」と言ったら、「どうしてそこで、自分のやさしさをあきらめるわけ?」と言われてしまいました。

     

    「あなたはやさしい人なのに、ときどきそうやって、自分のやさしさをあきらめるんだよね」と。

     

    その人は、「わたしも、できているわけではないけれど」と言いながら、「仲良くしなくてもいいけれど、できればその人のしあわせを願う人でありたいと思わない?」と言うのです。

     

    わたしの「好きじゃないけど」という言いっぷりに、トゲがあったらしいです。「そのトゲは、必ず自分に向かうからね。」と。

     

    もう大丈夫、と思ったのですが、まだちょっと残っているみたいです。だいぶ小さくなって、たぶん10%くらいになっているとも思うのですが、まだ保留箱ですかね。はーっ...。

     

    冒頭の「大好きで、幸せを願っている」という言葉は、そんなタイミングで届きました。

     

    もちろん、保留箱に入れている相手とは関係性が違うのですが、そう願ってくれる人がいることが、どれだけ力になるか、どれだけ勇気づけられるか、すごく感じました。

     

    わたしは、できれば、しあわせを願う人でありたいと、思います。自然にそう思える人でいられたら、きっとわたしは、しあわせに生きていられるのだろうな、と思います。

     

    久々に受け取ったメッセージには、「自分の居場所は見つかりましたか?」とも書かれていました。

     

    見つかったような、見つかりつつあるような、かな。

     

     

    【おうちで過ごそう!応援企画】

    すきま時間にできる、カンタン体操を動画でご紹介しています。リフレッシュにも。こちらから。

     

    オンラインでの動画レッスン始めました。
     
    ≪入門編≫
    立ち方、歩き方の≪基本編 ≫と、太極拳の動作の練習としてもおすすめの≪武当五行六合功編≫のセットです。詳しくはこちら
     
    ≪武当太極拳編≫
    武当三十六式太極拳をいくつかに分けてご紹介します。「その1」は、
    第1式〜第10式です。詳しくはこちら
     
    ≪立ち方編≫
    地に足をつけて、自分らしく生きるための基盤を作ります。≪入門編≫の「基本編」第1講の単発講座。太極拳をしない方にも。詳しくはこちら

     

     

    【6月の特別クラス】

    ≪新規≫6月 7日(日)10:00-11:30「みんみんの ぽかぽか陽だまり太極拳」(茅ヶ崎)詳細とお申込み方法はこちら

     

    6月14日(日)14:00-16:30  「やさしい站椿功」(屋外・代々木公園)詳細とお申込み方法はこちら

     

    6月21日(日)14:00-16:30「たのしい太極扇」(池ノ上)詳細とお申込み方法はこちら

     

    6月27日(土)13:00-15:00 「麗屋 弘鈴庵の 立って、歩いて、太極拳(千葉県香取市)詳細とお申込方法はこちら

     

    6月28日(日)14:30-16:30はじめての形意拳」(池ノ上)詳細とお申込方法はこちら

     

     

    「陽だまり」とは

    「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、りん、とした印象もあります。人が集って、一緒にお茶でも飲んでなにげない話をして、ほっとする場所でもあります。太極拳を通して、陽だまりのような場を創っていきたいと思っています。

     

    ...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...

     

    いしい まゆみ(道号:静慧)/ みんみん)

    太極道家

    講座のご案内は、こちらから

     


    0

      武当十八式太極拳(三豊派)

      2020.05.31 Sunday

      (第四回世界伝統武術大会 2010年 中国・湖北省)

       

      武当功夫には、いくつか流派があります。

       

      わたしは2008年〜2010年は三豊派、 2011年頃からは玄武派です。

       

      武当太極拳との出会いとなった、三豊派の武当十八式太極拳。

       

      「これを、やりたい」と思わせてくれたもので、

      はじめての大会(第四回世界伝統武術大会 2010年 中国・湖北省)で、メダルをもたらしてくれたものでもあります。

       

      今は、日々お稽古することも、教えることもありませんが、

      ときどき、自分の感覚が変わったと感じたときに、立ち戻ってきます。

       

      あの頃にはわからなかった動きが、「そうか」と腑に落ちることも多くあります。

      「わからないものでも、続けていれば、いつかはわかる」と教えてくれます。

       

      きっとこれからも、変わっていくと思いますし、

      そのたびに「あの頃は、わかっていなかったな」と感じるのだと思いますが、

      それは、しあわせなことだと思います。

       

      共に過ごしていく套路があるのは、いいものです。

       

      三豊派からは離れましたが、この套路への愛着は、年々増しています。

       

      武当山と、先生たちには、心からの感謝を。ありがとうございます。

       

      冒頭の写真の風景は、2010年の大会で演武しているときに、ずっとイメージとしてあったものです。

      武当山は、晴れの日も美しいですが、曇り空も、雨の日もまた、美しいです。

       

       

       

      オンラインでの動画レッスン あります。

       

      ≪入門編≫

      立ち方、歩き方の≪基本編 ≫と、太極拳の動作の練習としてもおすすめの≪武当五行六合功編≫のセットです。詳しくはこちら

       

      ≪武当太極拳編≫

      武当三十六式太極拳をいくつかに分けてご紹介します。「その1」は、

      第1式〜第10式です。詳しくはこちら

       

      ≪立ち方編≫

      地に足をつけて、自分らしく生きるための基盤を作ります。≪入門編≫の「基本編」第1講の単発講座。太極拳をしない方にも。詳しくはこちら

       

       

      「陽だまり」とは

      「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、りん、とした印象もあります。人が集って、一緒にお茶でも飲んでなにげない話をして、ほっとする場所でもあります。太極拳を通して、陽だまりのような場を創っていきたいと思っています。

       

      ...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...

       

      いしい まゆみ(道号:静慧)/ みんみん)

      太極道家

      講座のご案内は、こちらから


      0

        ”おうちで過ごそう”応援企画:「ここにいていいんだよ」♪やさしくなでて 自分を感じよう

        2020.05.30 Saturday

         

         

        ≪おうちで過ごそう!応援企画≫

        「ここにいて いいんだよ」 ♪やさしくなでて 自分を感じよう♪

         

        ケガをしたときは、痛みでそれを忘れることはありませんが

         

        治るときは、「あれ?そういえば、痛くない」と、

        いつの間にか治っている経験、したことありませんか?

         

        「痛み」は、感じやすいのです。

         

        逆になんでもない状態、楽な状態は、意外と感じにくかったりします。

         

        そのために、痛みとか、人との衝突という衝撃で、自分を感じようとすることもある気がします。

         

        ぶつかると、「あ、わたしはここにいる」とわかりますものね。

         

        あまり知られていないかもしれませんが、

        「自分がここにいると感じる」のは、大切なことです。

         

        子どもをぎゅっと抱っこするといい、というのも、

        「あなたはここにいるんだよ」と、存在を感じさせてあげるのだ、と聞いたことがあります。

         

        大人も、誰かにぎゅっとしてもらうのもいいですが、自分でもできます。

         

        それが、自分をやさしくなでるワークです。

         

        自分がここにいると感じられたら、安心します。

        痛みとか怒りとか、人との衝突で、自分を感じようとする必要はなくなります。

         

        やさしくやわらかいまま、存在できたら、いいと思いませんか?

         

         

         

        ≪”おうちで過ごそう” 応援企画≫では、ご自宅でカンタンにできる運動をご紹介しています。

         

        ★★★一週間分の動画は、こちらからまとめてご覧いただけます★★★

         

         

         

        オンラインでの動画レッスンもあります。

         

        ≪入門編≫

        立ち方、歩き方の≪基本編 ≫と、太極拳の動作の練習としてもおすすめの≪武当五行六合功編≫のセットです。詳しくはこちら

         

        ≪武当太極拳編≫

        武当三十六式太極拳をいくつかに分けてご紹介します。「その1」は、

        第1式〜第10式です。詳しくはこちら

         

        ≪立ち方編≫

        地に足をつけて、自分らしく生きるための基盤を作ります。≪入門編≫の「基本編」第1講の単発講座。太極拳をしない方にも。詳しくはこちら

         

         

        「陽だまり」とは

        「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、りん、とした印象もあります。人が集って、一緒にお茶でも飲んでなにげない話をして、ほっとする場所でもあります。太極拳を通して、陽だまりのような場を創っていきたいと思っています。

         

        ...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...

         

        いしい まゆみ(道号:静慧)/ みんみん)

        太極道家

        講座のご案内は、こちらから

         


        0

          武当功夫

          2020.05.28 Thursday

          (形意拳)Photo by Xie Okajima

           

          武当山で育まれてきた武当功夫には、
          太極拳、形意拳、八卦掌、気功があります。

           

          太極拳だけではないのです、と、動画を作ってみました。

          冒頭の、風との共演が、お気に入りです。

          自然は、わたしを超えて、大きな力を与えてくれます。

           

          .......................................................................

           

          太極拳は、まるく ゆったり動き
          形意拳は、鋭く直線を進み、
          八卦掌は、8歩で円を周りながら すばやい切り返しもあります。

           

          それぞれ特徴はありますが、
          すべて陰陽のバランスから成り立っています。

           

          相手を想定する太極拳、形意拳、八卦掌に対し、
          気功は、自分だけの静かな世界に深く入ります。

           

          気功を学ぶことで、陰陽の調和を体得し、
          心身の調和を得て、内なる平和を取り戻します。

           

          内なる平和を取り戻したら、広い世界に乗り出します。
          人は、社会の中で、人と共に生きる存在だからです。

           

          社会では、人との対立や自然との関係など、不調和も起こります。

           

          不調和に取り込まれて内なる平和をあきらめるのか、
          内なる平和を守って、社会や宇宙に平和を広げていくのか、
          それは自分の選択です。

           

          太極拳の太極とは、調和です。


          陰と陽が生まれる前の、すべてのひとつの源であり、調和がとれている世界です。

           

          外側で、どれだけ対立や争いが起きていても、
          ベースにあるのは、調和です。

           

          武術とは、戈を止める術です。
          相手を倒すための術ではありません。
          不幸にして起きてしまった争いを終わらせ、もともとある調和、平和を取り戻していきます。

           

          武術をする人は、
          命に限りがあることを知り、すべての存在の命を尊重します。
          いつでも自分が誰かを傷つるかもしれないことを知り、
          それを超えて、調和を選び続けます。

           

          調和は、いつでもそこにあります。
          わたしたちが、気づきさえすれば。

           

          カンフーとは
          自分の健康のため
          自分を守るため
          人を守るため のものです。

           

          すべての存在が、内なる平和を取り戻し、共にしあわせに生きていけますように。

           

           愛と光とともに。

           

           

           

          【おうちで過ごそう!応援企画】

          すきま時間にできる、カンタン体操を動画でご紹介しています。リフレッシュにも。こちらから。

           

           

          オンラインでの動画レッスン始めました。

           

          ≪入門編≫

          立ち方、歩き方の≪基本編 ≫と、太極拳の動作の練習としてもおすすめの≪武当五行六合功編≫のセットです。詳しくはこちら

           

          ≪武当太極拳編≫

          武当三十六式太極拳をいくつかに分けてご紹介します。「その1」は、

          第1式〜第10式です。詳しくはこちら

           

          ≪立ち方編≫

          地に足をつけて、自分らしく生きるための基盤を作ります。≪入門編≫の「基本編」第1講の単発講座。太極拳をしない方にも。詳しくはこちら

           

           

           

          【6月の特別クラス】

           ≪新規≫6月 7日(日)10:00-11:30「みんみんの ぽかぽか陽だまり太極拳」(茅ヶ崎)詳細とお申込み方法はこちら

           

          6月14日(日)14:00-16:30  「やさしい站椿功」(屋外・代々木公園)詳細とお申込み方法はこちら

           

          6月21日(日)14:00-16:30「たのしい太極扇」(池ノ上)詳細とお申込み方法はこちら

           

          6月27日(土)13:00-15:00 「麗屋 弘鈴庵の 立って、歩いて、太極拳(千葉県香取市)詳細とお申込方法はこちら

           

          6月28日(日)14:30-16:30はじめての形意拳」(池ノ上)詳細とお申込方法はこちら

           

           

          「陽だまり」とは

          「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、りん、とした印象もあります。人が集って、一緒にお茶でも飲んでなにげない話をして、ほっとする場所でもあります。太極拳を通して、陽だまりのような場を創っていきたいと思っています。

           

          ...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...

           

          いしい まゆみ(道号:静慧)/ みんみん)

          太極道家

          講座のご案内は、こちらから


          0

            calendar

            S M T W T F S
               1234
            567891011
            12131415161718
            19202122232425
            262728293031 
            << July 2020 >>

            selected entries

            categories

            archives

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM