地球と共に生きる太極拳

2014.12.18 Thursday



自然の中で太極拳をすることが好きです。
普段は公園で、時間が許すときは山で。中国で練習するときも、いつも外です。
樹木の緑や青い空、風の音、虫や鳥の声、草の香り。豊かな自然に癒される気がします。

ずっと、自然は私を癒してくれると思っていました。
いつもそこにあり、私を受け止めてくれると思いこんでいたのです。

でも今年の5月にチェンジ・ザ・ドリーム シンポジウム
http://changethedream.jp/)に参加して、
地球の現実を知ったときに「なんだか違う」と思ったのです。

私たちは1987年から地球1個分よりも多くの資源を使い始めるようになりました。
今では地球2.4個分の生活をしています。
地球が再生できるスピードよりも、ずっと多くの資源を使っているのです。
地球は1個しかないのに、です。
当然、地球はとても傷ついています。自然はいつまでもそこにあるわけではなく、
このままだと失われていくのです。

人類は大地の一部。私たちと相互依存関係にあります。
つまり地球を傷つけることは、自分を傷つけることでもあります。

いつも癒してくれると信じていた地球、自然は、実はとても傷ついていると知ったとき、
わたしは「ごめんなさい、私はずっと、一方通行に求めるだけでした」と思いました。
今年一番の衝撃です。

それでは、人は地球を傷つけるだけの存在なのでしょうか。それは違うと思います。
今、存在しているということは、人は地球にも望まれて誕生しているのだと思うのです。

そんな私に何ができるのでしょうか。
資源を無駄使いしない、無駄なゴミを出さないのはもちろんです。
でも、それだけではないような気がします。
私なりの考えですが、この地球で幸せに生きることだ、と思うのです。
望まれて生まれた人間が幸せに生きることは、地球を幸せにするはずだ、と思います。

そこから、自然と私の関係は変わりました。
大地に立つとき、自然からエネルギーをもらうばかりではなく、私からも渡そうと心がけます。
そんな意識で站椿功(たんとうこう)という基本の立ち方をやったとき、
心が震えて、涙が出ました。

今の私の太極拳は、自然と双方向のもの、地球と共に生きることを意識しています。
植物に声をかけると育つように、人間が意識を向けたものは育っていきます。
だから太極拳は、私が地球にできる最大の贈り物だと思っています。そしてそれはすごく幸せな時間なのです。

同じようなことをおっしゃる方は、いらっしゃいます。
巫女舞をされている方は、「1歩1歩、歩くたびに大地を癒すんだよ」とおっしゃったし、
滝行をされる方は、「滝行は、滝からエネルギーをもらって元気になるんじゃなくて、
自分のエネルギーと滝のエネルギーがまざって、元気になるんだと気づいた」と、
おっしゃっていました。

今日もまぁるい、穏やかな心で、美しい地球と共に生きようと思います。
自分を大切にするように、地球も大切にしたいです。
 


calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM