「感覚で動く」から、それを言語化できるまで

2019.01.07 Monday

 

新しい年があけて7日目、今日で松も明けますね。お正月気分から、だんだん日常に戻っていきます。

 

わたしの場合、一般に言うオンとオフは、ほぼありません。

 

まとまった時間が持てるお正月には、資料のまとめや作成などをしていました。そんな時間も楽しく過ごせたことは、ありがたいと感じます。

 

 

中国の武当山にお稽古に行くようになって、10年が経ちました。

 

早いですね。あっという間だった気がします。

 

武道をする者としては、10年は、まだ”ひよっこ”です。知らないこともたくさんありますが、それでも年々、基盤がしっかりしてきた気がします。

 

上手く言えないのですが、何か疑問が出たときでも、「こうではないだろうか?」と、考えられる力がついてきました。

 

そして昔は”部分”を動かしていたところも、だんだん全身が連動して、自然に動くようになってきました。

 

たとえば、”ここでお腹を回す”と動かしていたところも、全身が協調して動くようになってくると、自然にお腹が回るようになりました。

 

同じ套路でも、昔とは体の使い方が、まったく違います。その変化は新鮮で、ものすごく嬉しかったりします。つくづく「オタクだなぁ」と思いますが、好きとは、そういうことですよね。

 

 

武当山でお稽古してきて良かったと思うひとつは、先生や兄弟子の動作を見ているとき、「何か、自分と違う」と感じる瞬間があることです。

 

違うのはわかるのですが、どうやっても同じようにならないものもあります。それが何年か経って「これだ!」とわかる時が来るのも、ものすごく嬉しいのです。

 

たとえば下記の写真は2012年の春、習っていた太極扇です。

 

 

 

「大きく開く」と、先生が教えてくださっているところなのですが、見てのとおり、下の先生に比べて、上のわたしは小さく、縮こまっています。

 

もちろん努力してはいます。ですが、いま見たら、体の緊張が強すぎて、これでは大きく広がりようがありません。

 

ちょうどこの数日後、この先生が帰省することになり、兄弟弟子に教わることになりました。そのとき「あなたの動きは、外見はきれいだけれど、内側の体の緊張が強すぎて、全然だめ」と、ばっさり言われました。

 

体の緊張が強ければ、部分的に動かすしかありません。それでは全身からの力など、出るわけがありません。

 

「体の緊張を取るための練習を教えるから」と、教えてくれたものが、武当五行六合功です。

 

これは、ひとつの大きな転換期でした。

 

 

さて、上の写真に戻ると、「大きく開くとは、これだ!」とわかったのは、なんと6年後の昨年、剣を習っているときでした。

 

体の緊張がとれて、力が出る体の使い方がわかってきてという、積み重ねの延長で、わかるタイミングがきたとも言えますし、先生の説明がわかりやすくなったことも、あると思います。

 

自分が教えていてもそうなのですが、経験を積んでくると、何が違うのか、どうすればいいのかなどを、言語化するのが上手くなってきます。

 

自分がそれなりにできて、感覚としては掴んでいても、言葉にできるまでわかっていないときって、あるのです。

 

でも続けていくうちに、その感覚を言葉に変えることができるようになり、説明ができるようになってきます。

 

それは、とってもうれしいことです。

 

今年の初稽古でも、今までことばにできなかったポイントを、言語化できるようになったところがありました。そうしたら、生徒さんたちの動きが見違えるほど変わりました。すごくうれしかったです。

 

 

太極拳のお稽古とは、無意識を意識できるようにしていくことでもあります。ことばにできる、ということは、意識できていることでもありますからね。

 

ことばだけの、頭だけの理解では足りませんし、

感覚で、体が動くことが大事です。

さらにその次、その動きをことばで解説できたら、もっといいです。再現率が高くなりますよね。自分も、そして他の人も。

 

今年は、さらにお稽古で体感を深めつつ、それをわかりやすい言葉で説明して、みなさんに体感していただくようなクラスを作っていきたいと思います。

 

今年も、どうぞよろしくお願いします。

 

それにしても、上の文章、「嬉しい」ばかりですね(笑)。

そう、太極拳のお稽古を続けることって、嬉しいことばかりなのですよ。ありがたいです。

 

 

 

【1月の特別クラス】

1月14日(月・祝)14:00-15:30は「やさしい站椿功第3回)」です。詳細とご応募方法はこちらから。

1月27日  (日)13:00-15:00は、「麗屋 弘鈴庵の『立って、歩いて、太極拳」です。詳細とご応募方法はこちらから。

 

 

☀「陽だまり」とは

「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、りん、とした印象もあります。太極拳を通して、陽だまりのような場を創っていきたいと思っています。

 

...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...

 

いしい まゆみ(道号:静慧)/ みんみん)

太極道家

講座のご案内は、こちらからどうぞ

 

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

ブログ: みんみんの陽だまり太極道日記(http://blog.minminkung-fu.com/)

「太極拳、あるある、ないない話」Facebookページで毎日更新:こちらから

「すきなもの」Instagramでほぼ毎日更新:Instagram(@mayuminmin927)


やさしく立てたら、やさしくなれる:「やさしい站椿功」

2018.12.25 Tuesday

 

12月22日(土)の午後、第2回目の「やさしい站椿功」を開催しました。

 

站椿功とは、日本風に言えば立禅ですね。「立つ」ことについては、すごく思い入れがあります。

 

太極拳をはじめて5年くら経った頃から、自分がいかに立てていないか、ひしひしと感じるようになりました。

 

たとえて言うなら、土台が不安定な感じです。そこに積み重ねたり、装飾しても、土台が崩れれば、ぜんぶあっという間に崩れます。

 

そんな様子だと、一生懸命にお稽古すればするほど、路頭に迷うような感覚になるときがあります。帰る家(土台)がわからないような感じかしらね。

 

あのころ、「ちゃんと立てるようになりたい」というのは、わたしの切実な願いでした。

 

「ちゃんと立つ」というのは、骨の構造を使い、無駄な筋力を使わずに、楽に立つことです。必要のないところは、ゆるんでいます。ゆるんでいれば、水のように抵抗せず、状況に応じて自由に形を変えることができます。ゆるむのは、筋肉も、関節もです。

 

ちゃんと立てるようになってくると、体も心も安心して、楽になります。わたしはお稽古の迷いも、人生の迷いも、少なくなりました。

 

だからこそ、普段のクラスでも「立つ」ことは常にわたしの中心にあります。しっかり時間をかけるクラスを作りたくて、11月から月1回のペースで「やさしい站椿功」を始めました。

 

「やさしい」の意味は、いろいろです。

 

・辛く大変なものだと思われている站椿功は、実はそんなに難しくない

・楽に立てたら、自分の体にやさしい

・楽に立てたら、自分の心にもやさしい

・楽に立っている人は、周りの人も気楽にさせる

・楽に立つ人が増えれば、やさしい世界が広がる

 

実際、この「やさしい立ち方」を経験された方は、顔がふんわり優しくなります。とっても嬉しそうなのです。立ち姿も、しゅっと上にすっきり伸びて、美しいのですよ。

 

 

「立つ」ことは、あまりに普通のことで、「この立ち方はどうなのか?」とじっくり考えることは、ないかもしれません。

 

なにしろ人の体は、とにかくその人を立たせるために、あらゆる工夫をします。たとえば軸が傾いていても、筋肉を固めてつっかえ棒のようにしてしまったりします。骨という構造を使って立てていない場合、筋肉を固めて骨のようにして使います。

 

それらは楽な立ち方ではないのですが、「立てた」ことで「よし」としてしまうのです。実際には、どれだけ無駄なことをして、負担をかけているかにも、気づきません。

 

そんな積み重ねが、コリや痛み、怪我に、つながります。

 

さらに言うと、自覚がないまま、頑張ったり、踏ん張ったりして立っていると、日々の生活がすべて大変です。その体で動こうとしても、軽やかに活動的には動けません。

 

そんな人は、周りから見ても、大変そうですよね。

 

そんなに踏ん張らなくてもいい、

そんなに緊張しなくてもいい、

世界は敵ではないし、

立つことは、必ず地球が助けてくれるから。

 

そんなことに気づいて、やさしく立てる人が増えたらいいな、と思っています。

 

 

次回の「やさしい站椿功」は、1月14日(月・祝)14:00−16:00です。前回までは1時間半でしたが、しっかり立つ時間をとるため、今回から2時間になります。

 

はじめての方も、これまで参加された方も、それぞれ新たな発見があるはずです。ご参加をお待ちしています。

 

なお、第1回目は主に下半身の使い方、2回目はそれに加えて上半身に触れました。第3回目は、木を抱えるように腕を上げる渾圓椿( 渾元椿)(上の写真)のコツなどにも触れていきたいと思います。

 

第3回の「やさしい站椿功」の詳しいご案内とお申込み方法は、こちらからどうぞ。

 

 

☀「陽だまり」とは

「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、りん、とした印象もあります。太極拳を通して、陽だまりのような場を創っていきたいと思っています。

 

...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...

 

いしい まゆみ(道号:静慧)/ みんみん)

太極道家

講座のご案内は、こちらからどうぞ

 

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

ブログ: みんみんの陽だまり太極道日記(http://blog.minminkung-fu.com/)

「太極拳、あるある、ないない話」Facebookページで毎日更新:こちらから

「すきなもの」Instagramでほぼ毎日更新:Instagram(@mayuminmin927)

 


広がる可能性

2018.12.22 Saturday

 

教室をやっていると、生徒さんのおかげで、自分では思ってもみなかった新しい可能性が広がることもあります。

 

いくつかあるのですが、今日は2つあげてみようと思います。どちらも自分では「なし」だと思っていたことです。

 

 

ひとつめは、クラスに参加してくださる生徒さんのことです。

 

太極拳は、自発的に取り組むものです。套路(型)も覚えなければなりません。「自分でやる」という意志と行動力が必要です。

 

でも、過去の自分や周りを見ていると、自発的に動けない人や、動けないときがあるのも、わかっています。

 

動けない人の背中を押すきっかけになればと、セラピストのような仕事を試みたこともあるのですが、元来、サービス精神旺盛ではないためか、続けたい気持ちは生まれませんでした。

 

「すべての人に、何かができる自分にならなくてもいい」と、その部分は諦めました。

 

でもあるとき、生徒さんの言葉で、その認識は覆されました。

 

「今の状況では、普段から自分で練習したり、新しいことを覚えるんだ!という気持ちになれないけれど、クラスで一緒に動いていると、とっても気持ちがいい」とおっしゃるのです。

 

クラスで一緒の時間が、よいリフレッシュになり、大変な時期の支えになることもあるようです。「太極拳をやっていて、よかったと思う」とも。

 

忙しかったり、くたびれて1分でも早く多く休みたかったり、いろいろありますよね。套路を覚える意欲までたどり着けないことも、あるでしょう。覚えることへの得意、不得意もあるかもしれません。

 

「そういう人たちには何もできない」と諦めるのではなく、その時間、一緒にやるだけでも十分だと、思うようになりました。

 

クラスという場所は、他の生徒さんの”気”や、わたしの”気”があるところです。波動と言ってもいいかもしれません。その時間、わたしは常にありのままの自分でいるように、心がけています。大きく見せることもなく、卑下することもなく、いまの自分のベストを尽くす、という意味です。

 

ダメなものはダメと言いますが、誰かや何かを否定することはなく、起きることはすべてよし、と思っています。思ってもみないことも起きるため、「えっ?」と驚くこともありますが、表面に現れる出来事に惑わされるのではなく、その奥にあるものを見るようにしています。

 

前に別の生徒さんが「他の人と自分を比べて、気にするようなことはない」と言ってくださったことがあります。それぞれの純粋さが作る雰囲気が、お互いの助けになっているところもあると感じています。

 

そこで気持ちよい時間が過ごせるなら、それはすごいことだと、思います。

 

いまでも、ひとりで全てできなくてもいいと思っています。でも、生徒さんもわたしも、諦めることもないとも、思っています。

 

 

もうひとつは、これから新たに取り組もうと思っていることです。対面ではなく、オンラインの講座です。

 

以前は「絶対無理。ありえない」と思っていたことですが、今年に入って「通信講座はないのですか?」と聞かれたとき、なぜか否定せずに可能性を考えてみよう、という気持ちになりました。

 

そのときは、そのまま流れてしまったのですが、最近また希望してくださる方が現れたため、いま、具体的に準備を進めています。来年からスタートできたらいいな、と思っています。

 

流れてしまった最初の件で免疫ができていたためか、今回は躊躇せず、「どうやったらできるだろうか」と、考え始めることができました。

 

オンラインでの指導は、過去にちょこっと経験があります。企業内でクラスを持っていたとき、転勤で東京から離れた生徒さんと、ビデオ会議形式でお稽古したことがあります。

 

オンラインでは、直接触れて確認することができません。そこは生徒さんにとっても、わたしにとっても大切な要素です。触れることができないのは、状況としては難しくなります。

 

見えるものは、形だけです。

 

そして、これはわたしの感覚ですが、対面と映像では、見えるものも違います。対面で感じられる空気感のようなものは、映像には映りにくいと感じています。

 

でもその形は、何をやったかの結果でもあります。普段のお稽古でも、最後に現れる形を見て、そこに至るまでに生徒さんがやっていることを感じながら指導しています。つまり形には、その奥にあるものも現れるのです。

 

実際にやってみないとわかりませんが、これができれば、遠方の方にご参加いただく道を、増やすことができます。

 

準備の段階でも、今までやったことのないことに、一つひとつ取り組んでいるわけですが、なんと、この作業が楽しいのです。リクエストをいただいたおかげですね。

 

 

新しい可能性が開くのには、タイミングもあると思います。1年前なら、オンライン講座には取り組む気持ちになれなかったでしょうし、準備を楽しく進めることもできなかったと思います。

 

あのときダメだったからと言って、いま諦めることは、ないのですね。

 

 

☀「陽だまり」とは

「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、りん、とした印象もあります。太極拳を通して、陽だまりのような場を創っていきたいと思っています。

 

...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...

 

いしい まゆみ(道号:静慧)/ みんみん)

太極道家

講座のご案内は、こちらからどうぞ

 

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

ブログ: みんみんの陽だまり太極道日記(http://blog.minminkung-fu.com/)

「太極拳、あるある、ないない話」Facebookページで毎日更新:こちらから

「すきなもの」Instagramでほぼ毎日更新:Instagram(@mayuminmin927)

 


邪気や怒りを、ためないために

2018.12.08 Saturday

(中国、武当山)

 

スワイショウという、中国古来の養生法があります。

 

やり方はいろいろありますが、わたしが気に入っているのは、シンプルに腕を前後に振るものです(詳しくは、こちら)。

 

これをするとき、腕の重さを意識します。前から後ろに動くときは、筋力頼りではなく、腕の重さで落ちて動きます。後ろから前は、反動でかえってきます。

 

聞いた話ですが、このときに「手の先から邪気が出るのをイメージする」人もいるようです。後ろから前に振るときに、指先から邪気が抜けていくのをイメージするのだとか。

 

邪気を貯め込むのは、病のもとにもなります。抜けた方がいいですよね。実際、スワイショウでも抜けると思いますので、その考えに反対なのではありません。でも「邪気を振り切るっ」と意識しすぎると、体は力みがちになります。

 

力んでしまうと、スワイショウの良いところである、無駄な力が抜けていくこと、体のめぐりがよくなることが、上手くいかなくなってしまいます。

 

「流れる水は腐らない」というように、流れば、”詰まり”はなくなります。邪気も、めぐれば自然に流れていくものではないでしょうか。

 

怪我や不調が治るとき、いつ治ったか覚えていなかったりしませんか?「そういえば、最近は痛くない」とか。「治っていく、いま、治っていく」と感じていたりしないでしょう。やるべきことをやって、タイミングがくれば、不要なものは自然と落ちていくのではないでしょうか。

 

邪気の場合は、「今、邪気がここに籠っている」と実感することはあまりないかもしれませんが、怒りなどの負の感情は、自覚がありますよね。

 

怒りを貯め込まないために、わたしがしている方法は、”いったんそこから離れる”です。スワイショウをするときに、邪気に意識をむけないのと同じことです。

 

日常、いつもご機嫌なわけではなく、イライラすることもあります。そんなとき、站椿功をします。足が大地に根をはり、頭が天に向かって伸び、体が落ち着いて、心が落ち着いて、天地とつながって意識が拡大していくと、それまでのイライラが、小さく思えて、どうでもよくなってきます。(ある朝の站椿功のお話は、こちらから)

 

それでもイライラするものは、無理にどうにかしようとせず、イメージで、蓋の開いた保留箱に入れています。保留箱ですので、すぐに解決しなくてもいいのです。でも蓋は空けておき、時々ちらっと見ます。「まだダメ」と思ったら、保留箱に戻します。見てもイライラしなくなるときがくるまで、時間をたっぷりかけます。

 

蓋をしてしまうと、「臭いものには蓋をする」ように、なかったことにされてしまうので、開けておくのがコツです。

 

保留箱に入れるのも、いったんそこから離れる方法のひとつですよね。

 

太極拳のお稽古も、”日常のあれこれから、いったん離れる”良さがあると思っています。自分のベースラインに戻ってくるような感じでしょうか。

 

いったんベースラインに戻ってから、日常のあれこれを見てみると、渦中にいるときとは違って見えたりします。

 

あるお稽古のとき、「先生に相談があって......」とやってきた生徒さんがいらっしゃいました。ひととおりお稽古を終えて、スッキリした顔になったなとは思いましたが、最初に言われていることもあり「相談があるんだよね?。」と声をかけました。すると、「いえ、もう大丈夫です。」と言うのです。

 

お稽古のときは、いろんなお話をします。どうやら、その何かのお話にピンときて、自分で悩みを流すヒントを見つけたようなのです。その時点で、ほぼ流せていますよね。

 

お顔も、すっきりしていました。

 

すごいです。

 

体に浄化作用や、治癒能力があるように、いろんな悩みに対しても、自分で浄化する力はあります。その力を発揮できるようにしてあげれば、いいだけです。

 

ひとつの方法は、問題からちょっと距離を置くこと、だと思っています。

 

たいそうなことをしなくても、一度深呼吸する、とか、暖かいものを飲む、とか、お散歩する、とか、寝る、とか、なんでもありだと思います。

 

渦中にいると、渦の大きさもわかりません。何しろぐるんぐるん一緒に回っているのですからね。でも、一歩外に出てみたら、渦は案外小さいかもしれません。

 

 

特別クラス「やさしい站椿功」は、12月22日(土)14:00-15:30、九品仏駅・自由が丘駅近くの和室で開催します。詳細とご応募方法はこちらから。

 

 

☀「陽だまり」とは

「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、りん、とした印象もあります。太極拳を通して、陽だまりのような場を創っていきたいと思っています。

 

...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...

 

いしい まゆみ(道号:静慧)/ みんみん)

太極道家

講座のご案内は、こちらからどうぞ

 

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

ブログ: みんみんの陽だまり太極道日記(http://blog.minminkung-fu.com/)

「太極拳、あるある、ないない話」Facebookページで毎日更新:こちらから

「すきなもの」Instagramでほぼ毎日更新:Instagram(@mayuminmin927)

 


「やさしい站椿功」を、初開催しました

2018.11.26 Monday

(中国、武当山にて、朝の站椿功)

 

先日、ずっとやりたかったのに、なかなかできなかった「やさしい站椿功」を、ついに初開催しました。

 

站椿功といえば、

 

地味で、

大変で、

痛くて、

 

という、マイナスなイメージを持つ方もいらっしゃるでしょう。

 

站椿功は、体をしっかりさせ、パワーもつきますし、しあわせ感も膨らみます。心身ともに、得るものは多く、「ぜったいにいい」という確信はあります。それでも、わたしもここまでやってくる間に、多少なりとも根性が必要だったことは、否定できません。

 

もしかしたら、わたしの中にも苦手意識のようなものが、あったのかもしれません。

 

今回「えいっ」と開催したのは、だからこそ、です。

 

本当は、

 

自分にやさしく、

人にやさしく、

地球にも、宇宙にもやさしいものなのだと、

 

今のタイミングで伝えたくなったからです。

 

当日は、経験者、未経験者、どちらもいらっしゃいました。

 

みなさんのこれまでの経験や、希望などを伺いながら、わたしからも站椿功をする意味や、自分自身の経験や感覚など、いろいろお話しました。みなさんのご興味が深かったおかげで、大切なお話を、たくさん引き出していただけた気がします。

 

実践は、今回は主に下半身の使い方に注目しました。

 

骨という構造を上手く活かして楽に立つ方法、大変な方法、

軸がある立ち方、ない立ち方、

 

あれこれと試して、「骨の構造を活かして、軸がある立ち方は、楽なのだ」を、実感していただきました。

 

よく思うのですが、人は誰でもいつもベストを尽くしています。特に体については、そうです。

 

ただし、それはその時の自分なりのベストです。「力が入っていることに、無意識だった」という感想も出たように、実は負担をかけてしまっていることに、気づいていない場合が多いのです。

 

自分だけの世界で過ごしていたら、他のやり方はわかりません。特に感覚は、外からわかりにくいために、人と比較もしにくいです。こういうときこそ、人の助けを借ります。新しい体の使い方を試してみることで、自分のベストがどんどん更新されていきます。

 

理解を助けるために、骨の構造を絵でもお見せしました。

 

中国でお稽古するとき、骨や構造の話をされた経験は、ありません。中医学は、目に見える解剖学からではなく、感覚をベースにしているところがあり、武当功夫(カンフー)も、その流れの上で成り立っているからだと思います。

 

もし長い時間をかけられるなら、その間に「これは大変だけど、これなら楽だ」というポイントを、自分で見つけていくことができます。

 

でも日本で過ごしている人たちのように、関わる時間が限られている場合、なかなかそこまでは難しい気がします。そのため、多少は構造からの理解も、有効だと感じています。人間は理解すると、その部分が上手く使えるようになりますからね。その結果、自分で感覚が持てるなら、それでいいわけです。

 

 

やさしい站椿功には、緩んでいることも大切です。

 

人の体は、6−7割が水分でできています。水の特性は、抵抗しないこと、変化に対応できること、流れ続ける(変化しつづける)、です。そう考えると、もともと人の体は緩んでいますよね。

 

水の入った袋をイメージしてみてください。床にそのまま置いたら、べったりつぶれてしまいますが、軸にさくっとはめてみれば、縦に伸びる形を作れます。楽に立つとは、そんなイメージです。

 

軸がしっかりできれば、緩むこともできます。でも緩んでいないと軸もできにくいという、ニワトリと卵みたいなところも、面白いところです。

 

軸があって、緩んだ感覚を感じてもらいながら、さらに無駄な力が抜けやすいスワイショウという腕振りをした後、いよいよ、じっと立つ時間です。今回は時間が押してしまったために、15分くらいだったと思います。

 

わたし自身も気持ちよくて、もっと続けていたかったのが、ちょっと惜しいところでした。

 

終わった後の、みなさんのほんわり笑顔を見ていて、とても嬉しかったです。「力が入っていると気づいた」とか、「いつもこんな風に立てれば、いいなあ」というご感想もいただいて、開催してよかったと、本当に思えました。

 

いろいろ気づく機会になったこともうれしいいですが、「気持ちよかった」という経験を一緒にできたことが、何よりもうれしいです。

 

ね、站椿功は、やさしいのです。

 

わたし自身、「えいっ」とクラスを立ち上げ、楽しく開催できたことで、またひとつ、大切にしたいものを大切にすることができました。

 

うれしくて、たまりません。

 

ご参加のみなさま、興味を持ってくださったみなさま、ありがとうございます。ここまでいろいろと教えてくださったり、ヒントをいただけた先生方をはじめ、たくさんの方々、生徒さんにも、感謝です。

 

 

次回は12月22日(土)14:00-15:30、九品仏駅・自由が丘駅近くの和室で開催します。今回は脚に着目したため、次回は上半身にも注目してみたいと思っています。今回参加されていない方も、された方も、お時間があえば、ぜひどうぞ。なお第3回は、1月14日(月・祝)の午後の予定です。

「やさしい站椿功」:詳細とご応募方法はこちらから。

 

 

☀「陽だまり」とは

「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、りん、とした印象もあります。太極拳を通して、陽だまりのような場を創っていきたいと思っています。

 

...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...

 

いしい まゆみ(道号:静慧)/ みんみん)

太極道家

講座のご案内は、こちらからどうぞ

 

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

ブログ: みんみんの陽だまり太極道日記(http://blog.minminkung-fu.com/)

「太極拳、あるある、ないない話」Facebookページで毎日更新:こちらから

「すきなもの」Instagramでほぼ毎日更新:Instagram(@mayuminmin927)

 



calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM