赤信号は、止まれのサイン

2017.05.26 Friday

青信号は渡る、赤信号なら止まる、という交通ルールは誰でも知っており、守らないと危険ですよね。

 

同じように人生という道にも、「赤信号のとき」は、あるのですよ。でも、決まったサインで示されるわけではないため、気づかずに見逃したり、見なかったことにしたり、ワザと無視してみたり(悪気はなく、です)、ということがたくさん起きます。

 

わたしが痒疹(ようしん)という皮膚疾患を患わったとき、セカンドオピニオンを聞くために訪れたお医者さんから言われた言葉があります。

 

「これは、治りますよ。でもその前に、どうしてこれが起きているのかをお話しないとね。信号、ありますよね。青は渡ってよいけれど、赤は止まれ、です。あなたの場合は、赤でも無理やり渡ろうとしています。それは無理でしょう。」

 

当時のわたしの状態を、わかりやすく例えてくださいました。

 

赤信号のサインは、それまでもいくつか出ていました。

 

肩こりがひどかったり(万年なので、カタイのが普通だと開き直っていました)、

じんましんが出たり(忙しいと出る体質なのだ、と開き直っていました)、

仕事でプレゼンをしているとき、息が足りなくなったり(一生懸命に話している証拠だと、勘違いしていました)、

 

それでも気づかないので、もうちょっとわかりやすく、首から下の全身に湿疹を出してきたのかもしれません。

 

湿疹は、美しくありません。最初は「醜いから嫌だ」と、避けました。

 

それでも体はしつこくサインを送ってきます(今から思うと、必死に、真摯に、ですが)。一度改善したものが、再度ひどくなったとき(再度ひどくなるというのは、一度目より重症です)、困ってお話を聞きに行ったのが、冒頭の先生のところでした。

 

先生のお話を聞いて、自分に向かって、心から「ごめんなさい」と謝りました。自分の体を守れるのは、自分だけなのに。そのわたしが「醜いから嫌」と、なんてひどいことを言ってしまったのだろう、と。「これからは絶対に、わたしがあなた(=わたし)を守るから。」と、誓いました。

 

ひとつの大きな転機でした。

 

先日、友人たちと話をしていたときに、「どうして何もしていないと、そのままでいられないんだろうね」という話になりました。何かをしなければならない、というような焦燥感にかられたり、何もしていない、という罪悪感で自分を責めたり。それは違うと頭では知っていても、ついやってしまうときがあります。

 

本当は、生きているだけでも十分なのに。

 

「何もしていない」「止まっている」と言いますが、人は、絶対に止まることはありません。息はしているし、心臓も動くし、血液は全身をめぐります。細胞も、どんどんと入れ替わっています。人と鉄筋コンクリートの建物の耐用性を比べるときに、建物はいちど造ればそのままですが、人の体はどんどん新しく再生して長く耐用できます。

 

熱がでるのは、休ませるため、という話もあります。ダメージが大きいときには、休んで修復や再生にたっぷり時間とエネルギーを使えるようにしてあげることも大切です。休むことは、何もしていないわけではないのです。

 

前を向いて生きる、と言いますよね。それには賛成です。タイムマシンに乗って後ろには行けないですし。でも、前に進もうと無理やりしなくても、前を向いて足を前に出しさえすれば、進めます。

 

よくある普通の歩き方は、前のめりで、転びながら歩くと言います。転ぶ手前で前足を出して踏ん張るのです。これに対して太極拳の歩き方は、前に足を出したらその上にまっすぐ乗るだけです。前に足を出したときに障害物があれば、踏むところを変えます。安全が確認できるまで、体重は後ろ足に置いたままです。

 

この歩き方、山歩きにも共通していると教えてもらったことがあります。先のながーい道を見るよりも、足もとの一歩だけを考えて、その上に乗ることを繰り返していく、というものでした。同じですよね。

 

結果としては、前に進みます。気が付いたら、「思えば遠くに来たもんだ」ということも。

 

足もとが危ないときは、どこに前足を置けばいいか、時間をかけて探ることも必要です。長い人生では、そのくらいの時間、たいしたことはありません。そして意外と自分だけが気にしていて、他人は気づかなかったりします。「あれっ?休んでいたっけ?」みたいな感じです。

 

一生懸命に頑張る人ほど、休むことを学ぶ必要があるのかもしれませんね。自戒を込めて、ですが。

 

そして、体からの赤信号サインに気づいてあげられる自分でいることが、自分を危険から救う唯一の道だと思っています。

 

 

☀「陽だまり」とは

ブログタイトル「みんみんの陽だまり太極道日記」の「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると素晴らしく居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、どことなくキリリとした印象もあります。太極拳を通して、こんな時間と空間を創っていきたい、陽だまりにつつまれて暮らす人、心身ともにゆとりある人を増やしたい、と思っています。

 

........................

いしい まゆみ(道号:静慧 / みんみん)

太極道家

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

講座のご案内は、こちらからどうぞ

このエントリーをはてなブックマークに追加


朝ごはんを食べる?食べない?

2017.05.25 Thursday

朝ごはん、食べますか?

 

食べる方、食べない方、両方いらっしゃいますね。

 

わたしは”食べる”派です。これから動く朝とお昼はきちんと食べ、夜は炭水化物を抜きます。炭水化物はエネルギーに変りやすいので、これから活動する朝やお昼に向いています。夜に食べてしまうと、朝まで胃の中に残っている気がするのです。

 

夜、ごはん、パン、パスタなどの炭水化物を食べないのは、最初はちょっときつかったです。子供の頃から、夕食にはごはんを食べる習慣できたのですから。でもやってみると、朝すっきり、お腹が空いて起きられるのです。(ただし外食や、誘惑に負けたときは、別です。)

 

中国にお稽古に行くと、「朝ご飯、食べた?」とよく聞かれます。単なる挨拶言葉(おはよう、とか、こんにちは、程度)であることも多いのですが、朝の場合、そして近しい関係のときは、挨拶ではなく、本気です。現地に到着したばかりの朝、「お腹が空いていないから、いらない」と言ったら......気づいたときには食堂に連れていかれていました。「朝ご飯を食べないのは、体に悪い」と、大きな肉まん2つ、テーブルに置かれました。

 

中国での滞在中によく聞くのは、「夜は抜いてもいいけど、朝はしっかり食べる」です。

 

これには根拠があります。中医学では、それぞれの臓器が活発に活動する時間があります。

 

たとえば肝臓は夜中の1〜3時が最も活発となり、この時間に熟睡していることが、肝臓を修復し整えることの助けとなります。

 

胃の場合は、午前7〜9時です。この時間、フル稼働で働き、エネルギー補充の準備を完了します。そのため朝食をこの時間に食べるのが良いようです。

 

その前、午前5〜7時は、大腸の時間です。コップ1杯の水を取ると良い(常温、もしくは白湯)のは、大腸の活動を活発にしてくれますし、寝ている間に失われた水分を補給してくれるからでしょう。

 

ひとつ注意したいは、水分を取ってすぐに朝食を食べないことです。水分を取ったばかりだと、胃液が薄まって消化力が弱まるため、30分くらいあけるようにします。食事中も、水やお茶などを控えめにする方がおすすめです。水分で流し込んでしまうと、唾液が出きらず、唾液による殺菌もできなくなってしまいます。結果、胃などの内臓に負担をかけることになってしまいます。

 

”朝食は食べる”のは、わたしがいろいろ試してみた中で、「これがよさそう」と選んでいる結果です。それぞれ人は違うので、朝食抜きの方には、また別の実感があるのだと思います。1日3食は食べ過ぎだから、2食にして、胃をお休みさせることは、納得できます。夜しっかり食べる習慣がある場合は、朝を抜く方がやりやすいですよね。

 

大人であれば、やってみて、自分の体調の変化をみながら、調子がよさそうな方法を選ぶことが一番だと思っています。

 

大人の場合は、”食べたいもの”が”必要なもの”であることも多いのです。人参ばかり食べたいとき、また、甘いものがすごーく食べたいとき、そんなときは食べても太らなかったりします。体が必要なものを欲しているようです。

 

ただ、薬膳料理の先生いわく、これは30歳を超えた大人の場合だそうです。それよりも若い場合は、体が必要というよりは、なんだか違う”欲求”で食べたい!と思ってしまうようです。

 

わたしは10歳くらいの頃、生協のみかんジュースがとても好きでした。しょっちゅう飲んでいたら、ぶくぶくと太りはじめ、母に「その太り方はおかしい!(つまり、健康的ではない)と言われ、1日1杯までというルールが課せられたことがあります。守っていたら、ほどなく体はすっきりしてきました。

 

今でも、ストレスがたまっているらしきときには、おかしな食べ方に走ることもありますけどね。子供とストレスのかかった大人は、自分の欲求を信じてはいけないようです。

 

人の体は、構造も機能も、いろいろな研究がなされていますが、それでもまだまだわからないことも多いと言われています。個体差もあるでしょうし、その日の体調や環境、いろんな要因によっても変わるところもあるでしょう。以前に書いた「5本指ソックスを履くか、履かないか」と、同じです。”これがいいよ”という情報や専門家のアドバイスを参考にしながら、自分の体と相談しながら、試行錯誤(注:もちろん、危険ではない範囲で)していけたらいいのかな、と思っています。

 

同じ自分でも、昨日のわたしと今のわたしは、違うのですから。

 

 

☀「陽だまり」とは

ブログタイトル「みんみんの陽だまり太極道日記」の「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると素晴らしく居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、どことなくキリリとした印象もあります。太極拳を通して、こんな時間と空間を創っていきたい、陽だまりにつつまれて暮らす人、心身ともにゆとりある人を増やしたい、と思っています。

 

........................

いしい まゆみ(道号:静慧 / みんみん)

太極道家

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

講座のご案内は、こちらからどうぞ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加


講座のお知らせ 【6月】

2017.05.24 Wednesday

 

☀☀☀5月の講座のご案内は、こちらからご覧いただけます☀☀☀

 

あじさいのきれいな季節がやってきましたね。

6月の「みんみんカンフー」お稽古予定です。どなたでも、どのクラスでもご参加いただけます。

 

 

 

 

 

 

 

1(お休み) 

2

3  10:00青空

4 9:00 溝の口

 

5

 

6

 

7

 

8 19:30

     九品仏

9

 

1010:00自由が丘

  (シェア奥沢)

11 9:00 溝の口

 14:00 青空

12

 

13

 

14

 

15 19:30

     九品仏

16

 

17 10:00自由が丘

  (シェア奥沢)

18 9:00 溝の口

 14:00 青空

19

 

20

 

21

 

22 19:30

     九品仏

23

 

24 10:00青空

 

25 9:00 溝の口

  

26

 

27

 

28

 

2919:30

     九品仏

30

 

 

 

 

 

なお、6月1日からお稽古代を変更させていただきます。詳しいご案内はこちらからご覧ください。

 

お申込みは、minminkungfu★gmail.com(★を@に変えてください)、もしくは口頭やFBメッセージでお願いします。FBイベントがあるものは、参加ボタンを押していただいてもOKです。

 

...............................................

【クラスのご紹介】

 

☀「体と心が目覚める太極拳」

  毎週日曜日 午前:フィオーレの森「森のスタジオ」(溝の口)※室内です

  土曜日(不定期)午前:シェア奥沢(自由が丘)※室内です。

 

☀「青空太極拳教室」(代々木公園):屋外、不定期(土曜日午前、日曜日午後)

 

☀「太極拳 基本功」(自由が丘、九品仏仏):毎週木曜日 夜 ※6月1日はお休みです。

 

...............................................

【お稽古内容】

 

「体と心が目覚める太極拳」のお稽古の中心は、十三式太極拳(武当玄武派)です。太極発祥の地とも言われている道教の聖地、武当山(湖北省)で伝えられてきた伝統太極拳で、水が上から下に流れるように自然に動き、陰陽のバランスで力が生まれてくる、”太極拳の秘密”がギュッと詰まっています。しなやかに伸びて円を描く動きが美しく、初心者でも経験者でも、また年齢を問わず、おすすめです。そのほか、天地とつながるストレッチ、歩き方、呼吸法、太極拳の基本となる気功なども、合わせてお稽古していきます。

 

※「青空太極拳教室」は、太極拳のほかに、蹴りの練習などを加えます。

※「太極拳基本功」は、太極拳はせず、站椿功(立禅)、太極歩、気功、瞑想など、基本の動きを丁寧にお稽古します。

 

【お稽古時間とお稽古代】

いずれも1時間半、1チケットです。(現金でのお支払の場合:初参加の方は2,500円。単発のご参加は3,500円)

(お稽古代について、詳しくはこちらをご覧ください)

 

【服装】

動きやすい服装でお越しください(長袖Tシャツ、ストレッチのきいたトレーニングパンツ、靴下、底の浅い靴)

※フィオーレの森(溝の口)、シェア奥沢(自由が丘)は、靴下でもお稽古できます。九品仏は和室ですので、靴は不要です。

※代々木公園での青空太極拳教室は、日焼け止め、虫よけ、帽子(日よけ)などご用意ください。

 

詳細は、下記をご参照ください。


...............................................

☀「体と心が目覚める太極拳」

 

1.フィオーレの森「森のスタジオ」

湧水の恵みで育まれたフィオーレの森にある「森のスタジオ」でのクラスです。

 

日時:毎週日曜日 9:00-10:30AM(6月,4,11,18,25日)

   ※終了後には中国茶のお時間があります。(ヘナの足湯もご用意できます!)

 

場所:森のスタジオ(フィオーレの森、溝の口)MAP

   神奈川県川崎市高津区久本1-16-30 メゾン・ド・リラ2F

 

≪溝の口からフィオーレの森への行きかた≫

溝の口駅の南口を出て、左方向にひたすらまっすぐ歩きます。久本神社の信号を渡り、左方向へ。すぐ右手にDiazという美容室がでてきます。そこを右折するとフィオーレの森です。フィオーレの森のライオンが二頭お迎えしてくれる正面入り口の中に入り、すぐ右手の建物リラ館の2階に「森のスタジオがあります」

 

 

2.シェア奥沢(自由が丘)

奥沢の風情ある民家での開催です。縁側の先に、お庭と青い空が見えるこの場所に来ると「ほっとする」というファンも、たくさんいらっしゃいます。

 

日時:6月10日、17日(土)10:00-11:30AM 

   ※終了後、中国茶のお時間があります。

      

場所:シェア奥沢(自由が丘)

※シェア奥沢は、映画、食事、音楽、絵画など共通の”好きなこと”に人が集う、あたたかい触れ合いのある場所です。

 

≪シェア奥沢への行きかた≫

自由が丘駅南口改札を出て、左に進み、突き当りを右に曲がります。この通りが自由通りです。緑道を越え、世田谷区の看板を過ぎると、左に入る道があります。ここを左に曲がるとき、目印として右手に赤いアルソアの看板があります。道なりを進み、3つ目の十字路の右奥の民家が、シェア奥沢です。  

 

 

...............................................

☀「青空太極拳教室」(代々木公園)

青空の下、風や木々の香りを感じながらの太極拳です。本場中国でも早朝から公園で太極拳をお稽古する姿がたくさん見られます。四季の移り変わりも、肌で感じられる屋外でのお稽古です。屋外のメリットを最大に生かして、しっかりした体づくりのための、キックや基本の動きのお稽古も、たくさん取り入れます。

 

日時:6月  3日土) 午前クラス:10:00-11:30

         6月11日(日) 午後クラス:14:00-15:30

         6月18日(日) 午後クラス:14:00-15:30

         6月24日土) 午前クラス:10:00-11:30  

   ※雨天の場合は、お天気に準じて、静かにお休みです。ご参加予定者には、朝8時、12時をめどに個別にご連絡します。

 

場所:代々木公園 ※待ち合わせ場所は、南門です。南門から入って、梅の園、丘の広場の前あたりでお稽古します。

 

   

...............................................

☀「太極拳 基本功」(自由が丘、九品仏)

広々とした和室で、基本功を丁寧に練習するクラスです。站椿功、太極歩、武当五行六合功、六字訣、呼吸法、瞑想など。

(クラスについて、詳しくはこちら

 

日時:毎週木曜日 19:30-21:00 (6月8,15,22,29日)※6月1日はお休みです。

   ※19時から中国茶をご用意してお待ちしています。

 

場所:大広間(和室) ※九品仏駅徒歩2分、自由が丘駅徒歩9分

   ※詳しい場所は、参加される方にお知らせします。


 

 

みなさまのお越しをお待ちしています。

 

...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...

いしい まゆみ(道号:静慧)/ みんみん)

太極道家

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)


【お知らせ】お稽古代の変更

2017.05.24 Wednesday

 

お稽古にいらしてくださるみなさま、いつもありがとうございます。

 

2017年6月1日から、お稽古代を次のように変更させていただきます。

 

【変更前】

 現金払いのみ

 グループレッスンの場合:会場により、1回2,000円〜3,000円。

 

 個人レッスンの場合:6,000円(1時間半)+会場費、交通費

 

......▼.......▼.......▼.......▼.......▼.......▼........▼........

 

【変更後】

 _鷽券チケット もしくは 現金払い

 

 _鷽券チケット:4回券(1万円)、9回券(2万円)※いずれも2か月間有効

  グループレッスン(1時間半)は1回分、個人レッスン(1時間半)は4回分必要です。

 

 現金払い:

  グループレッスンは、1回につき3,500円。

  個人レッスンは、1回につき10,000円(1時間半)

 

 ※初めての方は、初回特別価格として2,500円(現金払い)とします。

 ※講師の都合により長期(2週間〜1か月など)休講する場合、チケットの有効期間を延長します。

 ※会場をご提供くださる場合、および遠方でのグループレッスン、個人レッスンの料金は、ご相談させてください。

 

 

お稽古は、続けることが大切です。

続けていらっしゃることを推奨するために、チケット制を導入することにしました。

また、会場ごとに価格が異なっていたものを、統一しました。

 

これからも、みなさまにとって有意義で楽しいクラスを作っていきたいと思っております。

ご質問やご相談は、どうぞご遠慮なくお問い合わせください。

 

今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

いしい まゆみ(道号:静慧 / みんみん)

太極道家

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

講座のご案内は、こちらからどうぞ

 

 


陰と陽のおはなし

2017.05.22 Monday

 

先日、面白い話を伺いました。一輪挿しのお花を見ていたときのことです。

 

「花は、光の方に向かうというでしょ?でも実際には、茎は逆の方に伸びていて、その結果、花が光の方を向くんですよ。」

 

植物は、暗い中で育つのだそうです。

 

「もやしは暗いところで、にょきにょき伸びるでしょ?」とも。

 

光合成のためには光は必要ですので、暗いところに置き続けるほうがよい、という話ではないと思います。育つためには、光だけではなく、暗さも大切、ということではないでしょうか。

 

「陰陽と同じですね。陰のベースがないところには、陽は育たないから」とお話したら、「そう!良く知っているね。」

 

一日で見てみると、昼間は陽気が強く、夜は陰気が強くなります。朝日を浴びて元気になるのは、陽気を取り入れていることになります。光を浴びることは、セロトニンという”しあわせ物質”を脳内に分泌することにもなります。

 

では、陰気はどうでしょうか?夜の公園を歩くと陰気が入ってきてしまうため、避けている人の話を聞いたことがあります。でも逆に、自分を癒すため、夜に木々の多い公園に行く人の話も聞いたことがあります。陰気のとらえ方の違いかもしれませんね。

 

陰のないところに陽は育たないという点から見れば、夜の公園はNGではありません。わたしは積極的に行くわけではありませんが、時々は、夜、静かな樹の気配を感じたいときもあります。ただしこれは本人の感覚次第ですので、心地よいと思えば行けばよいし、居心地悪いと思ったらやめた方が良いですよね。

 

太極拳とか気功は、陽のエネルギーを育てると教わったことがあります。陽のエネルギーは、成長エネルギーです。太極拳とか気功などの動功は、外から取り込んだ栄養や水分を成長のエネルギーにしていく過程全般にかかわるすべてを活性化させます。

 

でも、陽が育つためには、ベースとなる陰が必要です。それを育てるのは、站椿功などの静功だと教わりました。瞑想や坐禅も、ここに入ると思います。

 

心身を健やかに育むためには、陽の動功(太極拳や気功など)と陰の静功(站椿功など)、どちらも必要です。ただし、静功がなければ、動功が活かされないということで、これ以上、言葉で説明することはできませんが、自分の体験にあてはめると、すごく納得できます。

 

花のケースを見てもわかるように、人はどうしても目立つ方に意識がいきがちです。でも実は、地味な土台(陰)がなければ、華やかな部分(陽)は生まれないのだと思います。

 

その土台は、地味ではありますが、よく言う人生の暗さと明るさのように、つらく苦しいものであるわけではないのだと思うのですけれどもね。

 

 

☀「陽だまり」とは

ブログタイトル「みんみんの陽だまり太極道日記」の「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると素晴らしく居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、どことなくキリリとした印象もあります。太極拳を通して、こんな時間と空間を創っていきたい、陽だまりにつつまれて暮らす人、心身ともにゆとりある人を増やしたい、と思っています。

 

........................

いしい まゆみ(道号:静慧 / みんみん)

太極道家

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

講座のご案内は、こちらからどうぞ

このエントリーをはてなブックマークに追加



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM