老子のことば:道(タオ)

2018.01.18 Thursday

 

 

昨日、はじめての『みんみんの陽だまり時間:老子のことば』を開催しました。

 

2500年前に書かれた、81章、5,000語あまりから成る老子の「道徳経」。日本ではよく「老子」として出版されています。少ない語数だからこその、奥深さがあり、さまざまな解釈があります。昨日は第1章を取り上げました。

 

(原文)

道可道, 非常道。名可名, 非常名。无名天地之始。有名万物之母故常欲以觀其妙。常有欲以其徼。此兩者, 同出而名。同謂之玄。玄之又玄, 妙之門。

 

(現代語訳)

これが道だと説明できるような道は、恒常不変の道ではない。これが名前だという名も、恒常不変の名ではない。名前など、天地が生まれる最初にはなかった。万物が現れたときに、それらは名づけられたのだ。常に欲をなくせば「妙」が見える。常に欲望にとらわれていると、万物が活動する結果のさまざまな現象「(徼=きょう)」が見えるだけだ。このふたつ、「妙」と「」は、同じ根源、玄から出て、言い方が異なる。玄のうえにも玄であって、そこからあらゆるものがうまれる。

(参考:「老子」蜂屋 邦夫訳注 岩波文庫 2008年)

 

現代語訳を読んでも、「?????」ですよね。

 

部分的になりますが、今のわたしなりの解釈を、書いてみます。

 

わたしたちは便宜上、いろいろなものに名前をつけています。ペン、お茶、机、などなど、この世の万物には、名前がついています。わたしにも「まゆみ」という名前があります。

 

名前があると、とっても便利です。電話で「のぞみちゃんに、机の上にある「老子」の本を渡してね」と伝えたい場合、名前がなかったらどう伝えればよいのでしょうか。大変そうですよね。

 

便利な反面、名前にとらわれて、おかしなことになる場合もあります。

 

例として、太極拳のクラスでやる、ペアワークをあげてみます。ひとり(Aさん)が壁を背にして立ち、もうひとり(Bさん)がその前に立ちます。Aさんは、まっすぐ立っていればよいだけです。Bさんは、Aさんの片足をゆっくり持ち上げていきます。Bさんは、Aさんの足を自分の足のように感じながら、様子をみて、上げていきます。意外とわかるものです。でも過信は危険なので、「痛い?大丈夫?」と、聞いてあげます。

 

たいていの場合、Aさんは「うわー、こんなに上がった!」とびっくりします。自分が普段思っているよりも、あがるのです。

 

からくりとしては、Aさんが「このくらいしか上がらない」と限界を設定していると、自分ひとりでやっているときは、絶対にそれよりも上がりません。でもBさんに足を上げてもらうと、BさんはAさんの勝手な思い込み設定など知らないため、Aさんの可能性に従って、上げていけるわけです。

 

”限界を超えていくワーク”です。限界とは、自分の思い込みで設定したものです。

 

これには、おまけがあります。このワークをした後は、地に足が着いて、いわゆる”グラウンディング”した状態になりやすいのです。あるとき感想を聞いてみると、

 

「重くなった」

 

「軽くなった」

 

真逆の感想が出てきました。「???」ですよね。わたしは、どっしり重くなる感じなので、「軽くなった」には、最初ちょっと戸惑いました。

 

真逆の感想を言う人たちを、触ったり押したりしてみてから、気づいたことがあります。「言葉は違うことを言っているけれど、これはたぶん、同じ状態を言っている」と。

 

たとえば、緊張して軽くなっていた体(そういうときは、押すとすぐに倒れます)がほぐれると、「重くなった」という感想になります。上下のバランスが整うと、楽に立てるようになり、それを「軽くなった」と表現することもあり得ます。

 

言葉だけで見ると真逆でも、実は同じことを感じていることも、あるのだと思うのです。

 

老子のことばに戻ると、「(きょう)」とは、帰結、端のことを言います。万物が活動した結果のさまざまな現象、ものごとの表面的な解釈のことです。上の場合だと、「重い」と「軽い」という言葉です。

 

老子は、常に欲望にとらわれていると、この「(きょう)」しか見えない、と言っています。欲望を、自分の勝手な思い込みや解釈、と読み替えれば、わかりやすいかもしれません。

 

欲がなければ「妙(みょう)」が見えると言います。「妙(みょう)」とは、微の極みのことで、奥深くて見ようとしても良く見えないこと、「道(タオ)」のことをさします。表面ではなくて、奥にある真実、と言い換えるとわかりやすいでしょうか。

 

天地が生まれる前には、名前(言葉、解釈)などなかったのです。そのときであれば、このワークも、「重い」と「軽い」という言葉にとらわれず、「ああ、同じだね」とすんなりいけたかもしれません。(「どうやって?」という方法は、さておき、です。)

 

もう少し広げてみると、足を上げるワークでも、Aさんは「わたしの体は硬いから」と”名前”をつけて、その解釈に縛られていますよね。それも、ものごとの表面で、奥にある真実とは違います。Bさんが持ち上げたときに上がるところ、それが”奥にある真実”です。

 

こんな思い込み、解釈、わかったつもりのこと、意外とたくさんありそうです。そんなことだらけかもしれません。

 

よく知っていると思っている目の前にいる人のこと、「本当に知っているのか?」と自分を疑ってみてもいいかもしれません。今のありのままのその人を感じてみると、違うことが見えてくるかもしれませんよね。

 

『みんみんの陽だまり時間:老子のことば』、次回は1月31日(水)19時〜です。詳しくはこちらからご覧ださい。

 

 

【1月の特別クラス】

※1月21日(日)の午後は、Bouquet(逗子・葉山)「身体とこころのその先へ 〜本当の思いに触れに行く太極拳〜」(第5回:みんなが知らない太極拳ひみつ5 争いを止める太極拳)です。詳細とご応募はこちらから。

 

※1月27日(土)14:00-16:30は「体の中からキレイになろう!クリスタルボウルと六字訣」です。詳細とご応募はこちらから。

 

(武当山 泰常観にある老子の壁画)

 

☀「陽だまり」とは

「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、キリリとした印象もあります。太極拳を通して、陽だまりのような場を創っていきたいと思っています。

 

........................

いしい まゆみ(道号:静慧 / みんみん)

太極道家

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

講座のご案内は、こちらからどうぞ


体と心のその先へ

2018.01.16 Tuesday

(逗子・葉山)

 

先月、逗子・葉山で開催している『身体とこころのその先へ〜本当の思いに触れにいく太極拳』に参加してくださった方から、こんな感想をいただきました。

 

「一瞬だけど、自分が世界と繋がっている事、とても大きくて、とても小さな存在として、今存在している事を体感しました。」

 

感想は、人それぞれです。自分が感じたことを味わうことが大切で、何をどう感じたかに、優劣はないと思っています。

 

それでも、この日はこの感想が心に響いて、何度もその文字を眺めて、読みました。

 

あの生徒さんが、あの時間にこんな体感していたということが、感慨深かったこともあります。あの生徒さん、というのは、クラスで共に時間を過ごす中で、わたしなりにそれぞれの生徒さんを見て感じていることがあり、その意味での”あの”です。感慨深いといっても、深い意味はなく、「ああ、そうだったのね」という感じです。

 

そして、これはわたしが太極拳を通じて感じていることにつながる気がしたのかもしれません。講座タイトルの『身体とこころのその先へ』にも、重なります。

 

自分のことは、意外とわかっていません。体と心も、自分が思っているよりはるかにバラバラです。

 

体は心の、心は体の求めるところを知らず、それぞれが好きなように、または習慣に従って、無意識に動いています。

 

伝統的に伝えられてきた太極拳は、先人の智慧です。現代に生きる人は、それをなぞることで、その智慧を体得することができます。そのひとつとして、体や心を感じる力が育ちます。体や心を感じられれば、心身ともに無駄な緊張をほどくことができ、楽な状態になります。バラバラだった体と心も、つながり(調和)するようになります。

 

自分に調和が訪れると、人や自然とのつながりも、感じやすくなります。自分が、その大きな調和の中で生きていると、感じられる時間が、増えていくと思うのです。

 

ものごとには順序があり、ステップ1、ステップ2という段階を経て進みます。それは太極拳の練習にも当てはまります。でも、”個”という存在として分裂しているように見えるこの世界が、大元の源では”ひとつ”であるならば、たとえステップ1のはじめにいたとしても、”ひとつ”を感じられることは、あるはずです。段階を全部クリアしないと見えてこないわけではないのだと思います。

 

見えている世界では、”あなた”と”わたし”が分断され、”個”として生きています。でもこの世界を、もとは大きなひとつの源なのだという見えない世界からの視点で見ると、幻想や妄想だとも言えます。孤独を生み出す”個”として分断された中で生きる幻想から目覚め、つながりを取り戻そうという声が、あちこちであがったり、そんなテーマの小説や本が現れているのは、いろいろな人が、いろいろな瞬間で、”ひとつ”を感じているからだと思います。

 

つながりを感じて取り戻すためには、いろいろな道があります。それは、わたしにとっては、太極拳でした。体を動かすだけではなく、その背景にある哲学や教えも含めて、です。だからこれを伝えたいと思っていますし、教えているひとときが、とても好きです。

 

5回シリーズでやってきたこのプログラムの最終回のテーマは、「争いを止める太極拳」です。対立や分裂を超えて調和に向かうことを、体でも体感していきます。それは自分の意識や体の使い方で、できるのだということも、体験してもらいます。単発のご参加もできますので、タイミングが合う方、ピンときた方、ぜひご参加ください。(※このプログラムの主催、bouquet(ブーケ)は、女性限定です。)

 

 

身体とこころのその先へ〜本当の思いに触れにいく太極拳  

 第5回:争いを止める太極拳

 

日時:1月21日(日) 14-17時

   ※13時半に、鎌倉駅東口改札に集合です。会場まで車で送迎します。

 

場所:逗子・葉山の海の見える会場(詳細は、お申込みいただいた方にお知らせします)

 

参加費:5,000円(当日お支払ください)※中国茶つき

 

服装:動きやすい服装(ストレッチのきいたパンツ、シャツ、靴下)

※室内ですので、靴はなくても大丈夫です。会場でお着替えいただけます。

 

内容:前半はお話の時間、後半は、それを踏まえて身体を動かして体感していきます。

 

主催:bouquet(ブーケ) ※プログラムは、女性限定です

 

詳しいご案内とお申込みは、こちらからどうぞ。

 

 

【1月の特別クラス】

※1月27日(土)14:00-16:30は「体の中からキレイになろう!クリスタルボウルと六字訣」です。詳細とご応募はこちらから。

 

 

 

☀「陽だまり」とは

「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、キリリとした印象もあります。太極拳を通して、陽だまりのような場を創っていきたいと思っています。

 

........................

いしい まゆみ(道号:静慧 / みんみん)

太極道家

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

講座のご案内は、こちらからどうぞ


新しいクラス『みんみんの陽だまり時間:老子のことば』

2018.01.15 Monday

(武当山、逍遥谷にある老子の像)

 

1月から、新しいクラス『みんみんの陽だまり時間:老子のことば』(水曜夜、毎月2回)を始めます。

 

1年半前、いつもお稽古に行く中国の武当山で、5年前に教えていただいた田理陽師父(武当玄武派第十五代伝人)にお会いする機会がありました。今の先生(明月師父、武当玄武派第十六代伝人)の、師匠でもあります。

 

とっても恩ある先生です。わたしに”静慧”という道号(道教の修行者の名前)くださった方でもあります。

 

再会した先生は、昔と変わらない、光のような笑顔で迎えてくださいました。「今は、どう?何か困っていることはある?」という会話の流れで、「生徒さんにも、老子の「道徳経」を読んであげなさい」というアドバイスをいただきました。

 

老子の「道徳経」は、今から2500年ほど前に書かれた、中国の古典です。武当拳(内家拳:武当太極拳、八卦掌、形意拳)の発祥の地である武当山は、道教の聖地のひとつであり、道教では老子の教えをとても大切にしています。道士(道教の僧)たちは「読み続ければ、いつかはわかる」と、この古典をずっと読み続けています。

 

わたしも武当太極拳を始めた頃から、「道徳経」を繰り返し読んでいます。「読み続ければ、いつかはわかる」という通り、わたしもまだ道半ばで、この教えを「わかった!」と言えるには至っていません。それでも、ここから示唆される生き方は、どう在りたいか、どう生きたいかを、模索していく中で、欠かせないものになっています。それはひとことで言うならば、とっても優しい教えなのです。大きな愛と包み込むような優しさに溢れています。

 

太極拳で体の緊張をほぐす一方、「道徳経」は、心の緊張をほぐしてくれるような存在だったかもしれません。太極拳と道徳経は、わたしにとってはどちらも必要で、お互いに補完しあうものです。

 

最初の3〜4年くらいは、1冊の訳本を繰り返し読んでいました。同じ1冊を読み続けても、いろいろな体験を経るにつれて、その解釈や、響くことは、変わってきました。

 

今は、原文(注釈つきです)も含めて、いろいろな訳本を読んでみています。81章、5,000語から成るこの書は、中国人でも解釈が難しく、それをさらに日本語にするときには、訳者によっていろいろな深みや広がりが出てきます。今は、いろいろ読むことで、様々な角度から深く掘り下げている感覚があります。

 

クラスでは、1回ごとに1〜2章を取り上げて、わたしからお話しするほかに、みんなで対話したり、静かに瞑想する時間も持ちたいと思っています。導入として、最初に体を軽くほぐしたりもしますが、お着替えいただく必要はありませんので、通常のお洋服でお越しください。

 

老子を読んでいる方にも、はじめて触れる方にも、何か”響く”クラスにしたいと思っています。どうぞよろしくお願いします。

 

 

みんみんの陽だまり時間「老子のことば」

 

日時:毎月2回、水曜日19:00-20:30(18:45開場)

   1月の開催:1月17日(水)、31日(水)

   2月の開催:2月14日(水)、28日(水)

 

場所:池尻大橋駅近く (和室) ※池尻大橋駅から徒歩約7分

※詳しい場所は、参加される方にお知らせします。

 

料金:回数券1回分(4回10,000円、2か月間有効)、現金の場合は3,500円。

 

内容:・軽く体をほぐす

   ・老子「道徳経」のおはなし

   ・対話

   ・軽い瞑想

   ※事前準備は必要ありません。

 

持ち物:メモを取りたい方は筆記用具をお持ちください。

 

お申込み:minminkungfu☆gmail.com(☆を@に変えてください)にお名前、ご連絡先を添えて参加希望メールをお送りください。メールのほか、わたしに直接お話しいただいたり、メッセージでも、お受けします。

 

 

【参考:過去のブログ】

・「老子と道教と武当山」は、こちらから

・「老子の道徳経」は、こちらから

 

 

【1月の特別クラス】

※1月21日(日)の午後は、Bouquet(逗子・葉山)「身体とこころのその先へ 〜本当の思いに触れに行く太極拳〜」(第5回:みんなが知らない太極拳ひみつ5 争いを止める太極拳)です。詳細とご応募はこちらから。

 

※1月27日(土)14:00-16:30は「体の中からキレイになろう!クリスタルボウルと六字訣」です。詳細とご応募はこちらから。

 

(武当山、泰常観にある老子の壁画)

 

 

☀「陽だまり」とは

「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、キリリとした印象もあります。太極拳を通して、陽だまりのような場を創っていきたいと思っています。

 

........................

いしい まゆみ(道号:静慧 / みんみん)

太極道家

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

講座のご案内は、こちらからどうぞ

 

 


自由が丘FMTV「みんみんの陽だまり太極道」過去の放映(2018年)

2018.01.12 Friday

自由が丘FMTVの「みんみんの陽だまり太極道」(第2/4 金曜日 18:00-19:00)の過去放映分は、こちらからご覧いただけます。

 

 

☀2月9日:神主体験

見えるもの、1月15日、川崎の稲毛神社で神主体験をさせていただきました。体験に至るまでの経緯、体験したことと、そこから感じたことを、お話しています。

 

 

☀1月26日:見えるもの、見えないもの

見えるもの、理屈が通るものしか信じなかったわたしが、「見えるものに騙されるな」と言われて気づいた体験、そして見えないはずのものが見えた体験から、見えないものを信じることを、お話しています。

※最初の1時間がわたしの番組、後半2時間は吉本かりんさんのBe with you が収録されています。

 

 

☀1月12日:中国あるある、びっくり話

国が違えば文化も習慣も違います。中国で経験した「あれ?」「えっ?」というお話を、あれこれと語ってみました。くすっと笑ったり驚いたりしながら、中国人の日常がちょっと見えてくれば、うれしいです。

 

 

※2017年放映分は、こちらから

 

 

 

☀「陽だまり」とは

「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、キリリとした印象もあります。太極拳を通して、陽だまりのような場を創っていきたいと思っています。

 

........................

いしい まゆみ(道号:静慧 / みんみん)

太極道家

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

講座のご案内は、こちらからどうぞ

 

 

 

 

 


ホ・オポノポノ

2018.01.12 Friday

 

「ホ・オポノポノ」という言葉を知っていますか?

 

ネイティブアメリカンの智慧の言葉です。

 

・ありがとう

・ごめんなさい

・許してください

・愛しています

 

この4つの言葉を唱えるだけです。感情を込める必要はなく、むしろ、それは邪魔になります。ひたすらこの4つの言葉を唱えるだけで浄化される、と言われています。

 

いってみれば、魔法のことばですよね。

 

数年前にホ・オポノポノを知ったとき、感情を込めずに言うことには、半信半疑でした。その頃は、まだ理屈にとらわれることが多かったのだと思います。「〇〇だから正しい」、とか、「××だから間違っている」、とか。見てわかることだけを信じ、見えないこと、理屈で説明できないものを信じない、という”かたくな”な自分だったと思います。

 

それでも「意味なんて良いから、とにかく言うのだ」というから、そのまま唱えていました。

 

そしてその後の体験で、「この言葉は真実なのだ」と思うようになりました。

 

とってもお世話になって、恩ある方であっても、時が経つと一緒にいることが苦しくなることもあります。何かを進めていくうちに、目指す方向が違うと気づくこと、ありませんか?話し合いで方向合わせをする方法もありますが、お互いの大切にしたいものを尊重する場合、お別れを選ぶこともあります。

 

長い時間を共にしていると、愛着も執着もあります。目指すものが違うとわかっても、なかなか別れを選択できないこともあります。我慢が過ぎて、言い争いになったり、苦しくなったり、苦しくさせたり、いろいろなことが起こります。

 

わたしにも、そんな経験があります。ぐずぐずしていたので最後は追い出され、「そこまでひどいこと、していない!」と泣き、心のキズにもなりました。恨みもしました。でも今になって、そのときのことを振り返ると、「ありがとう、ごめんなさい、許してください、愛しています」だと思うのです。

 

自分のいる場所ではないとわかっているのに、わたしがぐずぐずと出て行かないために、その方が「ポンっ」とお尻を蹴って出してくれただけです。恨むなどお門違いですし、傷ついたと言っているのも、なんというか、悲劇のヒロインを勝手に演じているだけです(ただし、そのときは本気でそう思っている、傷ついたと思っていました)。

 

そんな経験から、「真実だからこそ、自然と思いはこもるのだ」と思っていました。

 

でも今は、そんな考えも浅かったな、と思います。

 

神社では、6月末と12月末に大祓の儀式があり、半年間の罪穢(つみ、けがれ=気が枯れる)を清め(気をよみがえらせる)ます。罪穢は、知らず知らずにしてしまったもの、と説明されます。生きていれば、そんなつもりがなくても、いろいろとやっているものです。

 

そのときに唱える「大祓詞」には意味があり、昨年末に明治神宮で開催された講座内でも、解説していただきました。でもその上で、笑いながらこうおっしゃるのです。「意味をいちいち考えていたら、いくら唱えても祓えは行われません。」

 

話とは、単に言葉を音に出すのではなく、心を放つことで、それが空気の振動となったものなのだそうです。普通の言葉では無理ですが、神様からの言葉である大祓詞を唱えると、その言葉の力で罪穢が祓われるのだとか。

 

それを、いちいち意味を考えたら、いくら唱えても祓いは行われないのだそうです。理屈のない神様の世界を、人間の作った理屈で解釈しようとしても、出来るわけがない、というのです。

 

そのとき、いただいた資料の最後には、「現在の人々はあまりに理屈が多すぎますが、これで、理屈を言う人がちょっとでも減ったら、罪穢も祓われて、日本は幸せになるのではないでしょうか。」と、書かれていました。

 

大祓詞が神様からの言葉であるように、ホ・オポノポノは、ネイティブアメリカンにとって、そんな存在なのかもしれません。いずれにしても、真実の言葉なのだと思います。ここで言う真実とは、良い悪いとかがない、それを超えたもの、みたいな感じでしょうか。

 

だからこそ、意味など考えなくても良いのです。

 

短いから、何か嫌だなあと思うことがあったとき、それが気になって頭から離れないとき、などにも使えます。というより、それが正しい使い方なのかどうかは知りませんが、使ってみています。「えっ、わたし、この人に何も悪いことしていないし、愛してなどいないし(爆)」など、ひっかりそうなときも、「いやいや、そういうことではないのだ」と、とにかく言葉を唱えます。

 

スルッと執着から離れられたりしますよ。

 

昔からある言葉は、その力を信じてみるものです。

 

 

 

【1月の特別クラス】

※1月14日(日)14:00-16:30は「太極扇を体験しよう(第2回)」です。詳細とご応募方法はこちらから。

 

※1月21日(日)の午後は、Bouquet(逗子・葉山)「身体とこころのその先へ 〜本当の思いに触れに行く太極拳〜」(第5回:みんなが知らない太極拳ひみつ5 争いを止める太極拳)です。詳細とご応募はこちらから。

 

※1月27日(土)14:00-16:30は「体の中からキレイになろう!クリスタルボウルと六字訣」です。詳細とご応募はこちらから

 

 

☀「陽だまり」とは

「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、キリリとした印象もあります。太極拳を通して、陽だまりのような場を創っていきたいと思っています。

 

........................

いしい まゆみ(道号:静慧 / みんみん)

太極道家

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

講座のご案内は、こちらからどうぞ

 



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM