青空坐禅と太極拳の会を開催しました

2017.04.24 Monday

 

雨の後のよく晴れた日曜日、明治神宮の芝生の上で青空坐禅と太極拳の会を開催しました。

 

一緒に会を作っていただいたのは、曹洞宗の僧侶である小杉瑞穂さん(こーさん)。坐禅の気持ちよさに目覚め、一般に持たれがちな”つらい、きびしい、難しい”というイメージを払拭し、やわらかく穏やかな坐禅をより多くの人に体験していただこうと、椅子坐禅やヨガ、生け花とのコラボなどもされている方です。

 

この坐禅と太極拳の会、1年以上前にも開催しており、今回は2回目です。季節もよくなってきたので、芝生の上での開催になりました。

 

明治神宮の森は、100年計画で作られた人工の森です。森は育ち、今では落ち葉をお掃除するだけで、手は入れていないそうです。ありのままの自然が息づいています。

 

最初はこーさんの禅のおはなしから。自己紹介をしていたかと思っていたら、いつの間にか禅のおはなしをしているという、ゆるーい展開は、さすがでした(笑)。

 

(坐禅の前に体をほぐし中。自分の体を丁寧に撫でていきます。やさしく、やさしく)

 

ゆるーく体をほぐしてから、いよいよ坐禅です。各自好きなところに場所を決めて、ゆったりと坐ります。いろんな草の香りが感じられ、ものすごく気持ちよく、このまま1時間くらい坐りつづけたいくらいでした。参加された方の中には、「すごく気持ちよく坐れた」という方もいれば、「外に意識が向きすぎて最初は意識が散漫になってしまった」という方も。いろいろですね。それぞれ、みんなそれでよし、です。

 

そして最後は太極拳です。とは言っても、ここは明治神宮の境内のため、ジョギングなどは禁止されているため、大きくは動きません。天地とつながる軸を持つことや、陰陽バランスで力を出す方法を体験していただいた後、基本功を続けてやってみました。楽に力が出る方法を経験されて驚くみなさんの表情や反応は、とてもかわいらしかったです。続けて動いている間に、「ふっと力が抜けて楽になる瞬間があった」というようなご感想もありました。

 

(楽に立つために、足の構造を説明中)

 

後から、「できる、得意と思っていることも、できない、苦手と思っていることも、すべてが自分の思い込みだと気づいて、やりたいと思ったことに挑戦してみるようになったら、とても自由になれた」という感想をくださった方もいらっしゃいました。

 

最初の禅のおはなしの時間、わたしは座って中国茶をみなさんにお淹れしていたのですが、参加者のおひとりが「先生(わたし)の坐る姿が、わたしと何が違うんだろうと思っていて、でも、それに影響されてだんだん緩んできた」というようなことをおっしゃっていました。そこでわたしからも、「わたしもあなたに影響されて、ここにこうして座っているのですよ」とお伝えしたら、ちょっぴり、ぽかーん。すかさずこーさんが、「一方通行は、ないですからね。」

 

「虫がちょろちょろ動くのとかがすごく見えて」とおっしゃった方には、こーさんから、「それもご自分ですよね。自分がすべてですから。」と。その方は「その境地までにはまだ達することはできていません」とおっしゃったのですが、それは達するものではなく、事実なのです。すでにあるもので、それに気づくか、気づかないか、だけです。

 

外の世界に見えるものは、自分の内側の鏡だと思っています。だから自然と人間は別々のものではなく、どちらが上で、どちらが下で、というものでもなく、ほんとうは一つなのだと思います。それが太極というものでもあります。

 

「なぜ人は立てるのか、坐れるのか」と聞いてみると、最初は「そういう構造の体があるから」とか「立つという意志があるから」と答える方が多いのです。それはもちろん、その通りですが、それだけでは立てませんし、坐れません。大地があるから、です。それに気づくと、「わたしの体の構造や意思だけで立ったりする」と思っているなんて、ちょっと傲慢な気がしてきませんか?どうせひとりでは立てないのだから、もっと委ねても良いのです。それがわかると、力が抜けることもあります。

 

この先、参加されたみなさんの中で、何か育っていくものがあれば、うれしいです。

 

気持ちのよい幸せなひとときでした。外での開催も、部屋での開催もそれぞれ良い面はありますが、外だと自然からの助けを感じやすいような気がします。こーさん、参加されたみなさま、ありがとうございます。

 

(青空坐禅!)

 

☀「陽だまり」とは

ブログタイトル「みんみんの陽だまり太極道日記」の「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると素晴らしく居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、どことなくキリリとした印象もあります。太極拳を通して、こんな時間と空間を創っていきたい、陽だまりにつつまれて暮らす人、心身ともにゆとりある人を増やしたい、と思っています。

 

........................

いしい まゆみ(道号:静慧)/ みんみん)

太極道家

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

講座のご案内は、こちらからどうぞ

 

イベント:5月5日こどもの日は、葉山の海辺でこどもに還って遊ぼう!のご案内は、こちらからどうぞ

このエントリーをはてなブックマークに追加


【イベントのお知らせ】 青空坐禅と太極拳

2017.04.17 Monday

春、新芽が柔らかく芽吹き、暖かくなってくる頃、青空の 下で「坐禅と太極拳の会」を開催します。

ご一緒するのは、曹洞宗僧侶である小杉瑞穂(こーさん) と、太極道家のいしいまゆみ(みんみん)です。忙しい日 々をひと休みして、自分の体に意識を向け、ゆったり呼吸 して「いま、ここ」を感じ、心と体を休めていきましょう

最初は禅のお作法のお話です。香り高い本場の中国茶をい ただきながら、心をほぐしていきます。そして軽く体をほ ぐしてから、坐禅のおじかん。目的や意味を求めず、ただ ひたすら坐ります。最後はみんなで太極拳。ゆっくり呼吸 してゆったり動いていきます。

静と動のふたつの経験は、さてさて、どんな時間になるの でしょうか?
この「坐禅と太極拳の会」は、1年以上ぶり、2度目の開催です。前回は先に太極拳、後に坐禅をしました。ご参加いただいた方からは、「坐禅だけよりも、太極拳を先にするほうが、すっと楽に坐れた」という感想もいただいています。
今回は「ちょっと変えてみよう」という主催者ふたりの遊び心のもと、順番を変えて、先に坐禅、後に太極拳をしてみます。どんな感じになるのか、わたしたちも楽しみです。

坐禅や太極拳がはじめての方、坐禅は苦しいと思っている 方、太極拳は難しいと思っている方、そんなことは心配せ ず、かるーい気持ちで、ご一緒にやってみましょう。
.............................................................

日時:4月23日(日)13時〜16時 

場所:明治神宮宝物殿の前に広がる芝生広場
http:// www.meijijingu.or.jp/ access/index.html
 ※お待ち合わせは、広場の宝物殿あたりにある「さざれ 石」です。お申し込みいただいた方には連絡先をお知らせ します。
   
※雨天の場合、会場を室内に変更します。

服装:動きやすく、体を締め付けないもの。スカート、デ ニムはご遠慮ください。肌寒いときのために、羽織るもの もお持ちください。

持ち物:座るためのお座布団、敷物など(坐禅用)、飲み

参加費:おひとり4,000円(当日お支払ください)
          ※温かい中国茶つき(その場でお淹れします)

お申込み:Facebookイベントページの参加ボタンを押していた だくか、こちらからご連絡ください。

ご一緒する人:
☀小杉 瑞穂
曹洞宗僧侶。曹洞宗大本山總持寺にて修行。現在、曹洞宗 総合研究センターにて、若手僧侶の育成に携わり、現代に おける禅の普及方法について研究。特に坐禅のつらい、き びしい、難しいといったイメージを払拭し、やわらかく穏 やかな坐禅をより多くの人に体験してもらうために活動し ている。


☀いしい まゆみ(道号:静慧)
太極道家。道教の聖地である中国の武当山で太極拳を学ぶ 。健康な体と柔らかい心、円満な人間関係で、平和に楽し く生きることを伝えようと、東京を中心に太極拳教室を開 催している。第4回世界伝統武術大会 太極拳 金メダリ スト(中国、湖北省)。好きなことばは「笑う門には福来る」。体と心が目覚める太極拳: http://minminkung-fu.com/
みなさまとご一緒できますことを、楽しみにしています。

☀「陽だまり」とは

ブログタイトル「みんみんの陽だまり太極道日記」の「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると素晴らしく居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、どことなくキリリとした印象もあります。太極拳を通して、こんな時間と空間を創っていきたい、陽だまりにつつまれて暮らす人、心身ともにゆとりある人を増やしたい、と思っています。

 

........................

いしい まゆみ(道号:静慧)/ みんみん)

太極道家

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

講座のご案内は、こちらからどうぞ


5月5日こどもの日は、葉山の海辺でこどもに還って遊ぼう!

2017.03.30 Thursday

(葉山、一色海岸)

 

新緑の季節、葉山に、女性が本来の自分に出会い、輝いて生きることを応援する場が誕生します。

 

名前はbouquet (ブーケ)。立ち上げるのは株式会社LIBERA seeds代表の吉川美有紀さんです。花の種は、お日様を浴び、水をごくごく吸収してぐんぐん成長し、準備ができたら自分だけの花を咲かせます。人も、そんな自然の力を備えています。葉山という自然あふれる地で、太陽と海と木々の恵みを存分に受け取って、自分だけの花を咲かせていく人がたくさん増えたら、素敵じゃないですか?

 

わたしも応援するひとりとして、参加します。まず最初は、5月5日に行われるオープニングイベントの中で、「葉山の海辺でこどもに還って遊ぼう!」を企画しています。

 

場所は、葉山御用邸にほど近い、一色海岸。海の目の前の芝生エリアです。

.....もし混んでいたら、砂浜でやります!

 

やりたいことは.......

 

☀体をほぐす、心をほぐす

・ぶらぶら体操(別目、ガイコツ体操)

・中国式の鬼ごっこ

・ビーチバレーならぬ、ライスバッグ投げ遊び

・みんなで楽しくラインダンス

・チーム対抗!走って笑って体力アップ   と、たっぷり遊んだ後に......

 

☀体と心を感じて、つながる

・みんなと共に、海と共に、地球と共に立つワーク

・太極拳の基本功:ゆっくり呼吸、ゆったりまぁるく動く  など

 

土(砂)、草、海の風を感じ、五感をたっぷり開きながら、たくさん走って動いて心身をほぐします。そして呼吸に意識をむけて、自分の体を感じ、心を深く見つめる時間を取ります。何を感じるのか、どんな思いが溢れてくるかは、体験してみてのお楽しみです。

 

わたしは毎年、中国の武当山(湖北省)にお稽古に行くのですが、ときどきお稽古の時間に上のような遊びが入ります。小さい子が遊ぶようなソフトなボールで、サッカーの試合をするときもあります。馬跳びや大縄跳びなどなど、必死で取り組み、大笑いして、動きます。それは本当に子どもが全身で遊ぶような時間です。

 

お稽古中に遊んでいるの?と、意外に思われるかもしれませんよね。でも実は、この”遊び"が、とっても大事なのです。

 

遊んだ後、みんなで站椿功(立禅)をしたときがありました。木を抱えるように、腕を丸く肩の高さまであげて静止するもので、うまくいかないときは腕が痛くなったり、かなり根性がいります。このときは、どこも力まず、なんとも言えず気持ち良く、1時間でもそれ以上でも、このまま立っていたいと思うような感じだったのです。先生はそれを見て「今、すごく良い感覚でしょう?」と、一言。先生たちは、”遊び”がもたらすものを、ちゃんとわかっていらっしゃるのだと思うのです。

 

忙しい毎日、「これをせねば」「あれをやらねば」に溢れている人に必要なのは、”ゆとり”だと思います。ゆとりがなく、心も体も硬く閉じた状態では、自分で種の殻を硬くしているようなものです。それでは「本当に自分が願っていること」の種が、自然に発芽することは難しいかもしれません。

 

十分頑張ってきたなら、もうここでは頑張らず、自然に任せてみてはどうでしょうか。水は上から下に流れます。途中で岩があっても難なく避けていきます。氷は落とせば砕けますが、水を入れた麻袋は、落としてもダメージはありません。「柔をもって剛を制す」は太極拳のベースにあるもので、体の7割くらいが水でできているわたしたちも、その柔かさというしなやかな強さを、もともと備えています。それを活かせたら、どれだけ楽に芽が出て、どれだけ美しい花を咲かせることができるのでしょうか?

 

ブーケの本拠地は、一色海岸に近い郵便局の建物にあるお部屋になる予定です。

 

現在、この場をみなさんにとっての別荘のような、居心地のよい場所にできるよう、クラウドファンディングも実施中です。どんな思いでこの場を作ろうとしているかなども書かれていますので、よかったらぜひ読んでみてくださいね。(ご案内は、こちらから)共感していただけたら、応援もよろしくお願いします。

 

ブーケのプレオープンイベントは、5月5日(金・祝日)と6日(土)です。すべてご参加も、一部参加もOKです。イベントには、女性だけではなく、ご家族やパートナー、大切な方とご一緒のご参加も大歓迎です。2日間のプログラムの詳細は企画中ですが、5日の午前中には上記のプログラム、お昼は色とりどり体に優しい葉山のランチボックスをご用意する予定です。午後は、お部屋でブーケのご紹介から始め、ゲストによるトーク、対話会の後、夕日を見ながら海辺をお散歩などなどの予定です。6日には、また違ったプログラムが並ぶ予定です。

 

詳しいプログラムやご参加のお申込みは、こちらからどうぞ

 

自然の中に身を置いて自分の生き方を見つめてみたい方、心を開いて話せる仲間が欲しい方、別荘気分を味わいたい方、新しい分野を経験したい方、もっと楽しく生きたい方などなど、ブーケは、そんな女性にとっての陽だまりのような場所になるといいな、と思っています。

 

 

☀「陽だまり」とは

ブログタイトル「みんみんの陽だまり太極道日記」の「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると素晴らしく居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、どことなくキリリとした印象もあります。太極拳を通して、こんな時間と空間を創っていきたい、陽だまりにつつまれて暮らす人、心身ともにゆとりある人を増やしたい、と思っています。

 

........................

いしい まゆみ(道号:静慧)/ みんみん)

太極道家

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

講座のご案内は、こちらからどうぞ


【満員御礼】おはなし会:みんなが知らない太極拳のひみつ

2017.02.07 Tuesday

 

【おかげさまで満席となりました。ありがとうございます。この先ご希望の方は、キャンセル待ちとさせていただきます。】

 

先日、太極拳をやってみたいとおっしゃる方に、太極拳について熱く語っていました。その場にはもうおひとりいらしたのですが、途中から表情が変わってきて、最後には「まったく興味なかったけど、すごくよく理解できた。今日、その話が聞けて良かった」とおっしゃってくださいました。とってもうれしかったです。

 

”太極拳”は、言葉としては知られていますが、それがどんなものかは、良く知られていないと感じます。そのためお稽古中でも、わたしはよくしゃべりますし、特に初めての方が多いときには、熱弁します。

 

その背景にある考えや、哲学のようなものが、とっても大事だからです。それは体を動かすだけではなく、どう生きるかであり、人間関係にもつながっていきます。太極という意味、そこから生まれる陰陽の世界、そして大宇宙である”自然”と小宇宙の”人”とのつながり、対立や争いが生まれる構造や、対立から平和への移行、平和に生きることなど、長い間に伝えられてきた、たくさんの智慧があります。そこには、いつまでも若々しく、元気で楽しく、仲良く生きていくためのコツが、たくさんつまっています。

 

そんな話をみなさんにすると、「知らなかった。そんなに深いんだ」と、驚かれることがほとんどです。静かにじっくり受け止めてくださる方もいらっしゃれば、中には涙目になる方もいらっしゃいます。

 

太極拳自体への興味の有無とは関係なく、太極拳にまつわるお話をたくさんの方に知っていただくことで、毎日の暮らしの中に活かせることがたくさんあると思っています。そこで「みんなが知らない太極拳のひみつ」というおはなし会を、開催することになりました。

 

場所は、いつもお世話になっている料理研究家のパン・ウェイ先生のスタジオです。先生に初めてお会いしたのは2011年の夏、太極拳から広がった興味で、薬膳料理の先生を探したときからです。わたしの体は、その頃に比べてずっと健康になり、元気になりましたが、それは太極拳だけではなく、先生に教えていただいた薬膳の智慧によるところも大きいのです。先生は、食に対してとっても丁寧なのですよ。その姿勢にも、とっても影響を受けています。

 

先生にお会いした頃は、まだ独立しておらず、所属していた教室でたまに教えるくらいでした。そんなわたしに、「最初は小さくてよいから、始めたら良いのよ」と、おっしゃって励ましてくださったことには、感謝してもしきれません。

 

先生のスタジオで(ガラス張りの美しいスタジオなのです)おはなし会を開催できることが、うれしくてたまりません。ご縁が広がり、優しさと笑顔が広がることを願って、おはなしをしようと思います。

 

お茶とお菓子をご用意して、みなさまのお越しをお待ちしています。

 

..........................................................

 

☆日時:3月18日(土)16:00−17:30

 

☆場所:代々木公園 パンウェイ クッキングスタジオ(渋谷区富ヶ谷1-49-6 代々木公園ISIハウス)

   地下鉄千代田線 代々木公園駅から徒歩1分、小田急線代々木八幡駅から徒歩2分

 

☆参加費:2,500円(当日、お支払ください)

 

☆お申込み:Facebookイベントページの参加ボタンを押すか、こちらからお名前、ご連絡先(お電話番号とメールアドレス)をお書きいただき、お送りください。

 

☆おはなしする人:

いしい まゆみ(道号:静慧)

太極道家

道教の聖地でもある中国の武当山で太極拳を学び、現在は東京を中心に教室を開催。第4回世界伝統武術大会金メダリスト(中国、湖北省、太極拳部門)。好きなことばは、笑う門には福来る。

 

...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...

いしい まゆみ(道号:静慧)/ みんみん)

太極道家

心と体が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

講座のご案内は、こちらからどうぞ

 


イベントのお知らせ:体の中から響いてキレイになろう

2017.02.02 Thursday

3月4日(土)の午後、「体の中から響いてキレイになろう!」というイベントを開催します。

 

昨年末、ひょこっと思い浮かんだ企画です。一緒にガイドしてくれるのは、クリスタルボウルを奏でる加藤あいちゃん。友人で、太極拳の生徒さんでもあります。

 

”響く"と聞いて、どんなイメージがありますか?

 

わたしは、振動とか波動が遠く隅々まで届く、というイメージがあります。音はもちろん、動きも、振動を生みます。自分の声や動きは、空間を伝わって波紋のように広がっていきます。

 

以前読んだ本に、なぜ人は動くとスッキリするのかという話が出ていました。人という形に入る前の魂は、自由にどこにでも行けます。どこにでも存在できる、という言う方が良いのかもしれません。人が生まれるとき、魂はその振動数を落として人の体に入るため、文字通り”落ち込む”ことになり、鬱々とした気分になる原因にもなるのだそうです。そこから脱するためには振動数を上げれば良く、てっとり早い方法は、体ごと動けばよいのだとか。この話の真意を確かめる手段はありませんが、なんとなく納得できるのです。だからきっと、わたしは動きたいのだ、と思うのです。

 

音も、振動です。音は外にも響きますが、体の中にも響きます。体の60−70%は水です。水の上で音を鳴らすと波紋が広がるように、体の中の水が揺れて、音が伝わっていく感覚はイメージしやすいのではないでしょうか。わたしは子供の頃、落ち着かないときにはピアノの練習をしていたのですが、集中するほかにも、音を体に響かせることで、リラックスできたのかもしれません。

 

今回のイベントは、2部構成です。第1部はわたしがガイド役をつとめます。軽くストレッチして体を緩めてから、六字訣(ろくじけつ)というワークをします。これは中国の武当山で習った気功のひとつで、教えてくださった先生が、「手は汚れたら洗えばよいけれど、内臓はそうできない。だから、意識で内臓のケアをしていくことが大切だ」とおっしゃいました。肝臓、心臓、胃、肺、腎臓、それぞれに対応する”音”があり、その音を声に出しながら、ゆっくり動きます。昔の人は偉かったと思うのは、それぞれの音が、対応する内臓にちゃんと響く感じがするのです。(六字訣について詳しくは、「内臓をケアする気功」)

 

わたしの経験では、早朝、ごはん前にすると、ものすごくお腹が空きます(笑)。昼下がりにしていたときは、体がほっこり暖かくなり、「ああ、幸せだなぁ」と感じたこともあります。

 

ちょっぴりチャレンジなのは、”音”が中国語の発音どおりに出せるかどうか、です。カタカナ読みでは、響き方が違うのです。でも練習しますし、みんなで一緒に声を出すので、大丈夫ですよ。

 

第2部は、あいちゃんのクリスタルボウルの演奏です。ここからは畳の上に横になって全身で聞くという、なんとも贅沢なコースです。クリスタルボウルとは、水晶の粉で作られた楽器です。耳でも聞き取れないほど繊細な音色(波動)が体を包み、体の中で鳴り響きます。

 

(加藤あいちゃん。左手に持っているのも、クリスタルボウルです)

 

この企画を思いついた後、まずふたりでやってみました。それぞれ単独でも成り立つものなのですが、一緒にするとどんな感じになるのか、体験してみたかったのです。

 

ゆるめて響きやすい体の準備をした後、自分の声が、人の声と一緒になって体に響いていきます。人の体は、楽器でもあるのですよね。”響く”体になった後、横になってクリスタルボウルの音を聞くと、その響きがさらに体に浸透していくような気がしました。眠りそうで、眠っていない、まどろみの状態で、とっても気持ちよかったのです。

 

このまどろみは、おそらくΘ波(シータ波)という状態です。これは深い瞑想状態で、心身ともにリラックスして、ひらめきやインスピレーションも働きやすくなると言われています。寝入りばなに良いアイディアが浮かぶ、という経験をされている方もいらっしゃると思います。以前ボディトリートメントを習ったときにも、「上手いセラピストさんは、眠らせず、眠るか眠らないかの状態で施術する」と教えていただいたのですが、これも潜在意識にはたらきかけやすくするためだと思います。瞑想も同じですね。ただし、心身の疲労が強い場合は、睡眠の方が優先です。結果として寝てしまったら、それはそれでよし、なのですよ。

 

作用は人それぞれですし、必ずΘ波の状態になるわけでもありません。何が起きるかは、当日までわかりません。でも、わたしが普段のお稽古で生徒さんを見て感じるのは、みんなそれぞれ、自分に一番必要なことが起きて、受け取っていくのだと思うのです。

 

何とも楽しそうではありませんか(^^)。当日は、おいしいお茶とお菓子もご用意して、ガイドふたりがとびっきりの笑顔でお待ちしています。詳細は、下記のとおりです。

......................................................

 

日時:3月4日(土)14:00−16:30  (15分前開場)

 

場所:九品仏地区会館 大広間(和室) (東京都世田谷区奥沢7−34−3)

   最寄駅:東急大井町線九品仏駅

 

参加費:3,500円(当日お支払ください)

 

服装:動きやすい服装(Tシャツ、ストレッチのきいたパンツなど)※お着替えスペース、あります。

 

持ち物:ヨガマットもしくはバスタオルなど、下に敷くもの(第2部で横になるため)。必要に応じて、上にかけるもの。お水や白湯など飲み物。

 

お申込:Faceookのイベントページに参加ボタンを押していただくか、minminkungfu☆gmail.com(☆を‘@に変えてください)に、お名前とご連絡先をお知らせください。ガイドふたりに直接メッセージを送っていただいても大丈夫です。

 

たくさんのみなさまにお会いできますように。(大広間なので、スペースはたっぷりです、笑)

 

...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...

いしい まゆみ(道号:静慧)/ みんみん)

太極道家

心と体が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

講座のご案内は、こちらからどうぞ



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM