中国の文化:天地人

2015.10.28 Wednesday



武当山(中国、湖北省)にお稽古に行っている間、お茶の作法を習いました。

そのときに蓋碗(gài wǎn、がいわん)という茶器を指して、「これは天地人をあらわす」と
教えてもらいました。

蓋碗とは、蓋(ふた)付きの茶碗で、茶托(受け皿)を含めた3点セットです。
上の写真の、手前にある青い茶器が、そうです。
この蓋を天、托を地、碗を人として、天地人に見立てるそうです。
この小さい茶器に、宇宙の調和が表現されています。

「中国の文化はみんな、天地人だよ。」

古琴もそうです。世界無形文化遺産にも登録されているこの楽器には、
天の音、地の音、人の音があります。
(詳しくはこちらから→http://blog.minminkung-fu.com/?eid=68


太極拳も、同じです。
64式武当太極拳の最初には、宇宙の調和という段階が入っています。
1は、まず心を落ち着けること(身收心 Jìng shēn shōu xīn
2で、呼吸をしながら自分のバランスを取り、それから自分と天地を調和させます(吐故新 Tǔgùnàxīn
ここまでは動かない動作で、次の3から動く動作になります。

日本人のわたしが中国の文化について話すのもおこがましいのですが、
わたしは日本と同様に、この中国の文化にも育てられてきました。

ひとつ面白いな、と思うころがあります。

お茶の作法を教えてくれた人が、蓋碗の碗を指して、
「いつも人が一番大きい(笑)。」と言うのです。

古琴も、同じです。人の音は、左手を左右に動かしたりして、
右往左往、上へ下へと大きく動きます。

太極拳はどうでしょうか。
64式武当太極拳の3は、立っている姿勢から足を横に開く動きで、
混沌から2極に分けることを表現します(混沌初分 Hùndùn chū fēn)。

下記の写真にもある太極図が示す陰陽のように、すべては2極で成り立っています。
天地、男女など、質が違うものが対になって存在します。
どちらかが欠けると成り立ちません。
人が生まれるときもそうです。混
沌の状態から精子と卵子がくっつくことによって、命が生まれます。
生まれたら吸う、吐く、がある呼吸を始めます。心臓の動きも2極です。
太極図は静止図ではなく、実はぐるぐる回っています。ひとつ(黒)が大きくなると、
もうひとつ(白)が力を増してきて、白が大きくなりすぎる前に
黒が大きくなり始める、を繰り返します。



同じことの繰り返しですが、生まれた命が育っていくように、そこには発展があります。
このため3という数字は、「発展」を示すと言われています。

太極拳でも、天地との調和をもったまま、ずっと動いていくのは人です。
そう思うと、やっぱりここでも一番大きいのは人なのかな、と思います。

大きいことが、いいとか、悪いとか、そういう話ではなく、
いろいろあるよ、ということなのかな、と理解しています。

いろいろある”人”としての命を生きることは、なかなか味わい深いです。
あんなことも、こんなこともありますが、すべてよし、です。

古琴:天と地と人の音

2015.07.29 Wednesday




(中国、武当山ではじめて古琴を弾いたとき。形、まったくなっておりません)

太極拳がきっかけで、習い始めたものがいくつかあります。
ひとつが薬膳料理。もうひとつが、最近はじめた古琴です。

古琴は、中国最古の楽器のひとつで、世界遺産(無形文化遺産)にも指定されています。
日本との関わりは1300年前の遣唐使の時代まで遡り、
平安時代に貴族の間で奏でられていました。
源氏物語にも、光源氏が古琴を奏でる場面が出てくるそうです。

平安時代の終わりとともに、古琴も奏でられなくなりますが、
その後、江戸時代には、今度は庶民の間でも奏でられるようになったそうです。

海外から日本に渡ってきたもので、日本で形を変えて定着するものもありますが、
古琴は、そのまま、形も変えず、楽譜も変えず、日本で奏でられました。
今、古琴は中国のもの、という印象がありますが、これだけの歴史を考えると、
日本のものと言うこともできます。

5月に中国の武当山に行ったとき、はじめて古琴に触ってみました。
はじめてだから体も腕も緊張でガチガチ、弦をぱちんとはじいてしまうわたしに、
「子供のほっぺたをそんな風に弾いたら痛いでしょ。」
そして「これも太極拳と同じだよ」と、教わりました。

あまりにできないのが悔しくて(笑)、日本に帰ってから習うことにしました。
そこで最初に教えていただいたことが、冒頭に書いた古琴と日本の関わりです。
「そんなことも知られていないでしょ。もっと知ってほしいのよね」と
先生はおっしゃいました。

弦は7本。奏法は3つあります。
散音(さんおん)という、右手で弦を弾く音。開放弦ともいいます。
按音(あんおん)という、右手で弦を弾きながら左手で弦を押さえる音。
そして、泛音(はんおん)、ハーモニックスともいいます。右手で弦を弾いて
左手で弦を軽く押さえてはなすことで、軽くて高い音が出ます。

最初は散音の練習から、それから按音に入りますが。。。
左手で弦を押さえて腕を動かすため、指が痛い。。。
しかも、難しい。。。最初の意気込みはどこに行ったのか、
ここでちょっと停滞気味になりました。

でも先生は、そんなダメダメなわたしにでも根気強く、丁寧に教えてくださいました。
そして前回、教えてくださった言葉が、「天地人」です。

「古琴の音は、天地人なの。泛音が天の音。天に響いて届くような音でしょ。
しっかりしている散音が、地の音。いろいろやる按音が、人。表も裏もある(笑)。」

「古琴は、文化。ただ弾くだけではなくて、こんな背景もちゃんとわかってほしいの。」

人は、天地の間に生まれます。
太極拳をやるときも、天地の間に存在することを意識して、和を大切にしています。
それもあって、「天の音、地の音、人の音」を教えていただいたとき、
「ああ、そうなんだな」と、すごく心に響きました。

そして、俄然、やる気がでました(単純です)。
弾く時に、これが地でこれが人で。。。と意識すると、違うのです。

古琴は、すごく太極拳につながるものがあります。
姿勢、呼吸、意識の持ち方、そして、和。
繊細で丁寧なところも、同じです。
ゆったりと、音と音の間を大切にすることも、同じ。

「でも、最近は忙しいでしょう。残念ながら速く弾く人も多いのよね」と先生。

そんなところも、太極拳と同じです。みんな忙しいから、先走る姿が、
お稽古でもよく見られます。

「弾いていると、心が落ち着くのよね」と。

これも、慢慢学(マンマンシュエ)。ゆっくりやっていけばよいのです。
良いとか悪いとかでは、ないのです。
大切なことを、思い出します。
ちょっとできないだけで停滞するなんて、わたしもまだまだです。

ゆっくり、育てていこうと思っています。



(雲海が広がる、武当山の朝)
 


calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM