【特別クラス】はじめての形意拳 12/8(日)・1/12(日)

2019.11.29 Friday

 

形意拳とは、内家拳である武当功夫(太極拳、形意拳、八卦掌)のひとつです。

 

見た目にはハードで、直線的に進み、打法も早いスピードで繰り出されます。これは、「勁」を学ぶために、体得するために有効です。

 

「勁」とは、中国武術特有の用語で、ざっくり言うと「力」とも言えるのですが、一般に思う「力」とは異なります。

 

「力」とは、もともとの筋力、そして筋力強化のトレーニングによって生み出されるもので、

「勁」とは、全身の合理的な協調運動によって生み出される力、少ない労力で合理的、かつ最大限に発揮する力、です。

 

形意拳を習いたてのころは、「力づく」でやろうとしがちです。でも力むと緊張が生まれるため、スピードも遅くなり、威力も出ません。そもそも、体が持ちません。「これでは、やっていられない、どうにかしないと」と、だんだん無駄な力みに気づいては抜いて、を繰り返していきます。

 

そのうち、少しずつコツがつかめてきて、楽に動けるようになってきます。

 

形意拳の練習は、太極拳にも役立ちます。このふたつは、次のように対比されることがあるのです。

 

太極拳は、見た目には柔らかいけれども、中身は強く、

形意拳は、見た目にはハードだけれども、中身は柔らかい。

 

太極拳は、見た目がゆっくりで柔かいためか、中の強さがないまま、練習されている場合が見受けられます。また、中の強さがないために、外側が緊張して硬くなる場合もあるようです。

 

形意拳を、体の内側が柔かいまま、スピードのある直線的な強い動きができるようになると、

太極拳は、体の内に強さを持ち、見た目はゆったり柔かい動きができるようになります。

 

さらには、形意拳の体の使い方は、中国語で「阻力」という、武当功夫特有の力の出し方の練習にもなります。「阻力」とは、直訳するなら抵抗力ですが、わたしの感覚では、反発力です。

 

形意拳には、三体式という站椿功(静功)、基本の五行拳、そして12の動物の形の套路があります。このクラスでは、基本の五行拳のひとつと、三体式、そして基本の歩法を練習していきます。

 

初心者でも、経験者でも、どなたでも大歓迎です。みなさまのご参加、お待ちしています。

 

【こんな方におすすめです】

・形意拳やってみたい方

・太極拳の練習に行き詰っている方

・爆発力のような力の出し方に、触れてみたい方

・体の緊張やこわばりに悩んでいる方

・体をスパッと動かして、すっきりしたい方

・しなやかで強い体に憧れる方

 

≪参考ブログ≫

※形意拳に関するブログは、こちらから(太極十年不出門、形意一年打死人)

※今年の5月に武当山にお稽古に行ったとき、早朝の練習は形意拳でした。そのお話は、こちらから。

 

 

日時と場所

・12月  8日(日)14:30-16:30 

 京王井の頭線 池ノ上駅から 徒歩約7分(詳細は申し込まれた方にお知らせします)

 

・1月 12日(日)14:30-16:30 

 東急大井町線 九品仏駅から 徒歩約3分(詳細は申し込まれた方にお知らせします)

 

内容:形意拳の基本クラス

   ・三体式(形意拳の基本練習・站椿功)

   ・劈拳(ピーチュアン)(五行拳のひとつ)

   ・歩法 など

 

費用:4,000円(チケットご利用の方は、1チケット+1500円でもご参加いただけます)

    ※当日、お支払ください。

 

服装と持ち物:ストレッチのきいたパンツ、Tシャツ(長袖、半袖)、靴下、室内履き、タオル、飲み物

 

お申込み方法:minminkungfu☆gmail.com(☆を@に変えてください)あてに、お名前、ご連絡先(お電話番号、メールアドレス)をメールでお送りください。口頭やメッセージなどで、直接お申込みいただくことも可能です。

 

 

 

☀「陽だまり」とは

「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、りん、とした印象もあります。太極拳を通して、陽だまりのような場を創っていきたいと思っています。

 

...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...

 

いしい まゆみ(道号:静慧)/ みんみん)

太極道家

講座のご案内は、こちらからどうぞ

 

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

ブログ: みんみんの陽だまり太極道日記(http://blog.minminkung-fu.com/)

日々の好きなものを投稿するInstagram:Instagram(@mayuminmin927)


12/7(土)・1/18(土)じんわり温まる温灸メガネを作りましょう

2019.11.29 Friday

先日、じんわり温まる温灸メガネを作る会に参加しました。

 

子供の頃、「1時間に1回は遠くを見なさい」と言われませんでしたか?

 

ビルなどに囲まれて視界が狭い都会では、意識的に遠くを見る機会を持たないと、ピンポイントで見がちになってしまうのです。

 

ピンポイントで見る見方は、トンネルビジョンとも言います。それに対して、ぼんやり周辺視野まで見る見方は、ワイドアングルビジョン。

 

野生動物は、普段はワイドアングルビジョンだそうです。広く周囲が見えていないと、どこから危険がやってくるかわかりませんし、どこに獲物がいるかもわかりませんものね。

 

野生動物は、獲物を見つけたとき、そして求愛活動のときだけ、トンネルビジョンになるそうです。チーターの場合、時速100キロで走れるのは約7秒くらいですから、あまり長い時間は使わないのですよね。

 

これに対して人間は、もちろんどちらもできますが、現代の日本人は、圧倒的にトンネルビジョンが多いのではないでしょうか。視界の狭い都会暮らしに加え、パソコン作業やスマホの操作、一点集中で見ることばかりです。

 

この眼の使い方だと、くたびれやすいのですよ。

 

太極拳を含むカンフーのお稽古は、野生動物をお手本にしているところも多いため、ワイドアングルビジョンを育てていきます。ワイドアングルビジョンとは、「木を見て、森も見る」のですよ。遠いところも見えているし、近くもちゃんと把握できているという状態です。

 

視野の広がりは、意識の広がりとつながっていると感じています。

 

「木を見て森も見る」ワイドアングルビジョンが育つと、意識も、自分の体をこえて、遠くまで広がり始めます。広がりは外側だけではなく、内側にも広がります。

 

トンネルビジョンばかりでピンポイントだと、意識も狭くなりがちです。スマホに夢中な人、隣にお友達が立っていても、気づかないなんてこと、ありますよね?

 

お稽古で視野と意識を広げていくことも大切ですが、疲れ切った目は、温めて緩ませることも大事です。

 

そこで活躍するのが、温灸メガネです。

 

ほんわり、じんわり、気持ち良いのですよ。

 

これは、関西に住んでいらっしゃる秋保良子さんという鍼灸師さんが発明されたもので、特許もあるそうです(特許出願番号2016-257938)。

 

もぐさを使いますので、その香りにも癒されます。しかも、このもぐさ、灰が落ちないという優れものなのです。

 

もぐさは、網で閉じてしまいますので、転がったりしません。

 

寝っころがって、温灸メガネで目をじんわりあたためていると、そのまま寝落ちしてしまう人もいるそうです。

 

メガネ以外にも、おへそに乗せて、へそ灸もできます。

 

わたしも愛用中の温灸メガネ、簡単な材料で作れます。手作りしてみませんか?

 

顔や目を緩ませる簡単なエクササイズなども、ご紹介する予定です。

 

.........................................................................................

 

みんみんの陽だまり時間〜じんわり温まる温灸メガネを作りましょう〜

 

日時:第2回:2019年12月 7日(土) 14:00−16:00(15分前開場)

    第3回:2020年 1月18日(土) 14:00−16:00(15分前開場)

 

場所:自由が丘付近の和室(※お申込みいただいた方にお知らせします)

 

作るモノ:温灸メガネ(1つ)

      ※材料はご用意します。収納兼持ち運びケースと、灰の落ちないもぐさ20個のおみやげ付きです。

 

持ち物:はさみ、カッターナイフ、定規(10センチほどのもの)。工作しますので、お洋服が気になるようでしたら、エプロン。

 

参加費:5000円(材料費、収納兼持ち運びケース、おみやげのもぐさ20個込。お茶代込み)

 

お申込み:minminkungfu☆gmail.com(☆を@に変えてください)まで、タイトルに温灸メガネ参加希望と書き、お名前と電話番号、メールアドレスをお書きください。

 

キャンセル:開催10日前から、キャンセル料1000円がかかります。当日のキャンセル料は、全額5000円となります。

 

 

 

 

☀「陽だまり」とは

「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、りん、とした印象もあります。太極拳を通して、陽だまりのような場を創っていきたいと思っています。

 

...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...

 

いしい まゆみ(道号:静慧)/ みんみん)

太極道家

講座のご案内は、こちらからどうぞ。

 


穏やかな波動

2019.11.28 Thursday

 

「幸福の硬貨」という曲があります。

 

大好きな小説、平野啓一郎さんの「マチネの終わりに」に登場する架空の曲なのですが、映画化されたときに、菅野祐悟さんが作曲されて、披露されています。

 

これが、とても素敵な曲なのです。懐かしいような、素朴で、それでいてドラマチックで、聴いていると涙が出てしまうのです。

 

音楽は、いいですね。何かが心にじんわり、沁みてきます。何かとは、揺れと言えばいいのか、よくわかりませんし、心に沁みると書きながらも、本当はどこに沁みているのかも、よくわかりませんが。

 

とにかく、いい。

 

よく振動とか波動ということを、感じます。音や声、人の動きなど、その振れが他に伝わっていくような感覚は、わたしにとって大切なものなのです。

 

振動と波動、はてどう違うのかしら?と思ったので、ちょっと調べてみたら、

 

振動とは、振子のようなもので、基本の一点を中心に、特定の周期で揺れ動くこと、のようです。すべてのものは振動している、とも言われています。

 

波動とは、空間に広がりをもった振動のことで、ある点で生じた振動が、周囲に伝わって揺れが生じることのようです。池に石を投げいれると、波紋が出るような感じですね。

 

この説明からいくと、感じているものは、波動という表現の方がよさそうですが、それも振動のひとつですし、”なんだかこの振れとか揺れ”という感じで、いいのかしらね。

 

平和な人や、ニコニコ穏やかな人の側は、居心地がよかったりしますよね。きちんとお掃除されて整えられている場所、たとえば神社などは、行くことで自分も清められる(=気がよみがえる)ような気がします。

 

自然災害や大きな事故や事件が起きると、直接自分が巻きこまれていなくても、落ち着かなくなること、ありませんか?広く不安な気持ちが、伝わってくるのだと思います。

 

もう少し範囲を小さくすると、人のイライラや怒りなどから影響を受けることもありますよね。

 

それらをまともに受けないように、と思っていても、いつの間にか浸食されてしまうこともあります。

 

この場合の問題は、イライラや怒りを持った人ではなく、それを「ある」と認識して、浸食されてしまう自分の方です。

 

ちょっと前、なんだか妙にイライラしたことがありました。なんと、椅子を足でガンッと力いっぱい蹴飛ばしたい衝動にもかられました。

 

「でも、さすがに壁が壊れるでしょう。それは困るし...」と思ったとき、さすがにこの状態はおかしい、と気づきました。

 

[自分が自分でなくなっている。自分を取り戻さねば。」

 

その前に、ちょっと人から「あなたはわかっていない」というようなことを、ちょっときつめに(と、わたしが感じていただけで、実際はそういうことでもないのかもしれませんが)、言われたことがあり、それにわたしもイライラしていました。

 

目には目を、歯には歯を、というやり方は好まないので、気にしないようにしよう、と思っていたのですが、体はしっかり、感じていたようです。

 

わたしはよく、ヘラヘラしていますが、それでも傷つくときは、傷つきます。

 

そして目には目をというやり方は好まないと言いながら、自分の中に怒りはたまっていきました。

 

自分を取り戻そうとして、ちょうどそのときに開いた本に、「生きることは愛なのだ」ということばが出ていました。

 

怒りがたまったわたしは、相手ではなく、自分を攻撃していた気がします。こんなカスカスのわたしで、いいのだろうか、みたいに思っていたところに、このことばは沁みました。

 

「そうだ。生きるだけで、もう十分なのだ」と思ったとき、もう大丈夫、という気がしました。

 

そして、自分だけではなく、他の人も「生きることは愛なのだ」と、い出せますようにと、願いました。

 

こういう話は、ときどき聞くと思います。オノ・ヨーコさんの話にも、似たようなことが書かれていました。

 

ジョン・レノンが亡くなって、ヨーコさんはしばらく誹謗中傷に悩まされたそうです。でも息子さんもいらっしゃるし、「このままでは自分はダメになってしまう」と思ったとき、出てきた言葉は「Bless」(祝福)だったそうです。Blessと言った後に口をついて出てくるのは、自分を誹謗中傷した人たちだったとか。

 

すると、しばらくして、誹謗中傷していた人たちが別のことで忙しくなったりと、状況が変わり、向けられた非難は和らいできて、

 

問題は、外ではなく、自分の中にある恐怖や怒りなのだ、と気づいたそうです。

 

外でいろいろ起きても、大切なのは自分の内側で、そこを”ありのまま”にしておけるかどうかなのかもしれません。

 

それでも外の世界ではいろいろ起きるでしょうが、星の王子様が「大切なことは目に見えないんだよ」と言うように、見えないけれども、感じられる、穏やかな揺れ(波動)を、いつも感じたいと思っています。

 

そしてできれば、自分の発する言葉や動きが、穏やかな波動で広がって行ったらいいな、と思います。内側が”ありのまま”であれば、そういうこともできるのではないかしらね。

 

 

 

※「幸福の硬貨」は、映画「マチネの終わりに」のサウンドトラックに収録されています。わたしは特に、組曲になっている方が好きです。

 

 

 

【これからの特別クラス】

12月7日(土)14:00-16:00  「じんわり温まる温灸メガネを作りましょう」(自由が丘)詳細とお申込み方法はこちら

 

12月8日(日)14:30-16:30「はじめての形意拳」 詳細とお申込方法はこちら

 

12月14日(土)14:00-16:30 「ホントにはじめての武当太極拳・気功(自由が丘)詳細とお申込方法はこちら

 

12月15日(日)15:00-17:30「たのしい太極扇」(池ノ上)詳細とお申込み方法はこちら

 

12月22日(日)14:00-16:30  「やさしい站椿功」(自由が丘)詳細とお申込み方法はこちら

 

 

☀「陽だまり」とは

「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、りん、とした印象もあります。太極拳を通して、陽だまりのような場を創っていきたいと思っています。

 

...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...

 

いしい まゆみ(道号:静慧)/ みんみん)

太極道家

講座のご案内は、こちらからどうぞ。


5つの動物の気功(五形功)

2019.11.27 Wednesday

 

憧れの套路というものが、いくつかあります。そのうちのひとつが、五形功です。

武当山に伝わっている功夫のひとつで、5つの動物の形の気功です。

 

はじめて触れたのは2010年のことで、亀を習いました。水と戯れて泳ぐ動きが心地よく、心も穏やかになる気がして、「これ、いいな」と感じてしまったのです。

 

「次は、鶴になって羽ばたくのだ」と思ったものの、なかなか機会は訪れませんでした。

 

短い套路ですので、「短い時間でも習えるかな」と甘く考えたこともあったのですが、他の人が習っている横でちょっとかじるくらいでは、やはり全然、ダメでした。

 

しっかり反省して、今年の春、じっくりとこれだけ習うと決めて、武当山に行きました。

 

5つの動物は、鶴、亀、虎、蛇、龍、です。下記のように、五行にも対応しています。

 

五行: 木 ・ 火 ・ 土 ・ 金 ・ 水

動物: 龍 ・ 鶴 ・ 虎 ・ 蛇 ・ 亀

 

体の機能をととのえ、気血を満ち溢れさせ、心を落ち着かせ、体力と気力を充実させる、と言われています。

 

それぞれ短くシンプルですが、じっくりと習いがいがあるものです。

 

最初に習ったのは、鶴です。動きを細かく分解すると、けっこう行程が多いのです(行程という表現が、適切なのかどうかは疑問ですが)。大事なポイントがいくつもある、とも言えます。

 

慣れないうちは、うっかり、そのポイントをひとつふたつ飛ばしそうになります。「うわー、難しい...」と言うと、先生は「そうそう、これは簡単そうに見えるけれど、そうじゃないのだよ」と笑っていました。

 

中国の伝統文化では、鶴は凡俗を超え、上品で穏やか、清らかな生きものとされています。五行では火で、五臓では心にあたります。鶴の全身がグーッと伸びるように、頭から足先まで伸びたり、優雅に羽ばたいたり、片足で立ったりと、展開は、なかなかにドラマチックです。

 

 

続いて、亀を習いました。武当功夫には複数の派があり、2010年に習ったときは三豊派、今は玄武派ですので、動きも違います。もちろん、一から習います。

 

亀は”先に行き先に知る”長老のような存在で、長寿で知恵があり、やすらかで落ち着いています。映画の『カンフーパンダ』でも、パンダのポーの師匠の師匠として、亀のウーグウェイ導師が登場しますよね。あんなイメージです。(ちなみにウーグウェイという名前は、亀を広東語で発音したもの(乌龟/Wūguī)です。)五行では水にあたり、腎を強化してくれます。

 

亀が甲羅から頭をぐーっと出して伸びるように、頭をぐーっと伸ばすところがあったり、腕をグルンと落とす動作は肩甲骨がほぐれそうです。丹(道教の仙人が作ったと言われる不老不死の薬。妙薬)を吐くなど、面白い場面もありますが、一番好きなのは、やはり水と戯れる動きです。スイスイと、なんとも気持ちよいのです。

 

 

続いて虎です。虎は勇猛で、思いやりや慈しみの象徴でもあります。五行では土にあたり、脾胃(胃)を強くし、筋骨を強くすると言われています。

 

命門(背中側にある、おへその裏側のツボ)をぐるんと動かして動きを作ったり、獲物に飛びかかる様子は形意拳に似ていたり、勇ましい様子ですが、動きはもちろん、ゆっくりです。ちょっと上品な虎になった気分です。

 

 

そして蛇です。中国伝統文化では、蛇と亀は一体となり北の神様(玄武)とされています。五行では金にあたり、対応する五臓は肺です。

 

天地をぐるぐると回して腕をしっかり伸ばす動きがあったり、蛇が柳にからみつくように動き、しゅるしゅるっと滑らかに伸びながら、その身をひるがえすように動きます。蛇のように、すべてが流れるように進むと、とても気持ちよいです。

 

 

最後は龍です。伝説上の、不思議な動物ですよね。天に通じる神聖を持つ吉祥の象徴です。五行では木にあたり、肝を緩め、胆を順調にしてくれると言われています。

 

足は、八を描くようにクルクルと周りながら、体をくねらせて動きます。ちょっと動きが複雑で、こまぎれになりながらドタドタと練習している様子を見た先生が、笑いながら「龍は上に登る生きものだからね」と言って、お手本を見せてくださいました。大きな体が、軽く、早く、美しく翻るように動く様は、まさに昇り龍です。その場にいた全員で「ほーっ...」と見とれてしまいました。

 

ちょっと、やってみたくなってきませんか?

 

こちらは今、木曜日の夜の「体と心のデトックス:基本功(気功・瞑想・站椿功)」で、順番にお稽古しています。1つを、2〜3か月かけてゆっくり取り組んでおり、12月あたりからは虎に入る予定です。途中からでも大丈夫ですので、ご興味のある方は、ぜひどうぞ。詳しい予定やお申込み方法は、こちらをご覧ください。

 

 

【これからの特別クラス】

12月7日(土)14:00-16:00  「じんわり温まる温灸メガネを作りましょう」(自由が丘)詳細とお申込み方法はこちら

 

12月8日(日)14:30-16:30「はじめての形意拳」 詳細とお申込方法はこちら

 

12月14日(土)14:00-16:30 「ホントにはじめての武当太極拳・気功(自由が丘)詳細とお申込方法はこちら

 

12月15日(日)15:00-17:30「たのしい太極扇」(池ノ上)詳細とお申込み方法はこちら

 

12月22日(日)14:00-16:30  「やさしい站椿功」(自由が丘)詳細とお申込み方法はこちら

 

 

☀「陽だまり」とは

「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、りん、とした印象もあります。太極拳を通して、陽だまりのような場を創っていきたいと思っています。

 

...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...

 

いしい まゆみ(道号:静慧)/ みんみん)

太極道家

講座のご案内は、こちらからどうぞ。

 


【講座のお知らせ】12月・1月のお稽古

2019.11.26 Tuesday

 

2019年12月・2020年1月の「みんみんカンフー」お稽古予定です。どなたでも、どのクラスでもご参加いただけます。はじめての方も大歓迎です。

 

お申込みは、minminkungfu★gmail.com(★を@に変えてください)、もしくは口頭やFBメッセージでお願いします。FBイベントがあるものは、参加ボタンを押していただいてもOKです。

 

 

【2019年12月】

 
 
 
 
110:00 池尻大橋
 
2
 
 
3
 
 
19:00 
池尻大橋
 
5 7:30 吉祥寺
 19:15九品仏

 

6
☆13:00 

小見川

7 10:00 池尻大橋
14:00 温灸メガネ
 
10:00 Park
 ☆14:30 形意拳
 
9
 
 
 
10
 
 
 
11
 
 
 
12 7:30 吉祥寺
 
19:15九品仏
 
 
13
 
 
 
1410:00自由が丘
   (シェア奥沢)
☆14:00 はじめての武当太極拳・気功
15 10:00 Park
14:00 太極扇
 
 
16
 
17
 
1819:00
池尻大橋
19 7:30 吉祥寺
 19:15九品仏
20
 
2110:00自由が丘
   (シェア奥沢)
22 10:00 Park
☆14:00站椿功
23
 
24
 
25
 
26 7:30 吉祥寺
 19:15九品仏
27
 
2810:00 Park
 
2910:00 Park
 
30 31

☆は特別クラスです。

 

【2020年1月】

1 2 3  4 10:00 Park 5☆13:00 小見川
6
 
7
 
19:00 
池尻大橋
9 7:30 吉祥寺
 19:15九品仏

10

 

11 10:00自由が丘
   (シェア奥沢)
12 10:00 Park
 ☆14:30 形意拳

13


 

14

 

 

15

 

 

16 7:30 吉祥寺
  19:15九品仏

 

17
 

 

18 10:00自由が丘
   (シェア奥沢)

14:00 温灸メガネ

1910:00 Park
14:00 太極扇

20
 

 

21
 

 

2219:00
池尻大橋

 

237:30 吉祥寺
  9:15九品仏

 

24
 

 

2510:00 Park

☆14:00站椿功

 

26 10:00 Park
☆14:00 はじめての武当太極拳・気功
27
 
28
 
29
 
30 7:30 吉祥寺
 19:15九品仏
31
 

 

 

☆は特別クラスです。

 

 

..............................................

 

【クラスのご紹介】

 

☀「体と心が目覚める太極拳」シェア奥沢(自由が丘)第2・3土曜日の午前中 

              池尻大橋 12月1日(日)・7日(土)

武当太極拳のほか、天地とつながる立ち方、やさしい歩法、呼吸法、太極拳の基本となる気功など、お稽古します。

 

☀「とっても自由なパークタイチー」(代々木公園):屋外。土日の午前中(不定期)

光を風を感じながら、童心にかえって遊ぶように、体と心をほぐしていきます。武当太極拳のほか、天地とつながる立ち方、やさしい歩法、呼吸法、太極拳の基本となる気功などお稽古します。

 

☀「体と心のデトックス:基本功(気功・瞑想・站椿功)」(自由が丘・九品仏/奥沢):毎週木曜日 夜 

ゆるゆる準備運動、スワイショウ、やさしい立ち方、歩き方、気功、站椿功(立禅)、瞑想など、体と心を緩ませていきます。太極拳はしませんが、太極拳の基本となる体の使い方を修得できます。週の半ばのリフレッシュにも。

 

☀「おはよう☀パークタイチー」(吉祥寺の公園):毎週木曜日 朝 

光と風を感じて、ゆっくり体と心を目覚めさせていきます。ゆるゆる準備運動、スワイショウ、気功、やさしい歩き方、武当太極拳をお稽古します。

 

〜武当太極拳〜

武当太極拳は、太極発祥の地とも言われている道教の聖地、武当山(湖北省)で伝えられてきた伝統太極拳です。お稽古する十三式武当太極拳(武当玄武派)は、水が流れるように自然に動き、陰陽のバランスで力が生まれてくる、”太極拳のひみつ”がギュッと詰まっています。円を描いてしなやかに伸びる動きが美しく、初心者でも経験者でも、また年齢を問わず、おすすめです。

 

 

≪太極拳以外のクラス ≫

☀「タオを生きることば」(池尻大橋):水曜日(月2回) ※老子「道徳経」を1章ずつ読みながら、タオのあり方を体感していきます。後半は体を動かしますが、お着替えいただく必要はありません。

...............................................

 

 

【12月の特別クラス】

12月6日(金)13:00-15:00 「麗屋 弘鈴庵の 立って、歩いて、太極拳(千葉県香取市)詳細とお申込方法はこちら

 

12月7日(土)14:00-16:00  「じんわり温まる温灸メガネを作りましょう」(自由が丘)詳細とお申込み方法はこちら

 

12月8日(日)14:30-16:30「はじめての形意拳」(池ノ上)詳細とお申込方法はこちら

 

12月14日(土)14:00-16:30 「ホントにはじめての武当太極拳・気功(自由が丘)詳細とお申込方法はこちら

 

12月15日(日)15:00-17:30「たのしい太極扇」(池ノ上)詳細とお申込み方法はこちら

 

12月22日(日)14:00-16:30  「やさしい站椿功」(自由が丘)詳細とお申込み方法はこちら

 

 

【1月の特別クラス】

1月5日(日)13:00-15:00 「麗屋 弘鈴庵の 立って、歩いて、太極拳」 (千葉県香取市)詳細とお申込方法はこちら

 

1月12日(日)14:30-16:30「はじめての形意拳」(九品仏/自由が丘)詳細とお申込方法はこちら

 

1月18日(土)14:00-16:00  「じんわり温まる温灸メガネを作りましょう」 (自由が丘)詳細とお申込み方法はこちら

 

1月19日(日)14:00-16:30「たのしい太極扇」(池ノ上)詳細とお申込み方法はこちら

 

1月25日(土)14:00-16:30  「やさしい站椿功」(池尻大橋)詳細とお申込み方法はこちら

 

1月26日(土)14:00-16:30 「ホントにはじめての武当太極拳・気功(九品仏/自由が丘)詳細とお申込方法はこちら

 

 

 

※個人レッスン1時間半、10,000円)。

武当64式太極拳、武当64式太極剣、武当丹剣、武当太極扇、武当逍遥掌、形意拳、気功、站椿功などのほか、体や膝に負担のかからない立ち方・歩き方も指導します。詳しくはご相談ください。

※10日前からキャンセル料2000円がかかります。

 

※出張グループレッスン

5名以上で出張グループレッスンも可能です。詳しくはご相談ください。

 

※講演会など

「みんなが知らない太極拳のひみつ」など、講演もお受けしています。ご相談ください。

 

 

【お稽古時間とお稽古代】※朝の青空太極拳(吉祥寺)、特別クラスを除く

1時間半、回数券1回分(4回10,000円/9回20,000円、いずれも2か月間有効)、現金の場合は3,500円。

※初参加の方には、1000円割引券をプレゼントします(有効期間1か月)。

 

 

【服装】

動きやすい服装でお越しください(Tシャツ、ストレッチのきいたトレーニングパンツ、靴下、底の浅い靴)

 

通常レッスンの詳細は、下記をご参照ください。


...............................................

☀「体と心が目覚める太極拳」

 

【土開催】10:00-11:30 (15分前開場)

・12月  1日(日)池尻大橋 ※詳細はご参加の方にお知らせします。

・12月  7日(土):池尻大橋 ※詳細はご参加の方にお知らせします。

・12月14日(土):シェア奥沢 (自由が丘)

・12月21日(土):シェア奥沢 (自由が丘)

 

・1月11日(土):シェア奥沢 (自由が丘)

・1月18日(土):シェア奥沢 (自由が丘)

※シェア奥沢は、終了後にお茶の時間があります。

 

≪シェア奥沢≫(自由が丘)

※シェア奥沢は、映画、食事、音楽、絵画など共通の”好きなこと”に人が集う、あたたかい触れ合いのある場所です。

自由が丘駅南口改札を出て、左に進み、突き当りを右に曲がります。この通りが自由通りです。緑道を越え、世田谷区の看板を過ぎると、左に入る道があります。ここを左に曲がるとき、目印として右手に赤いアルソアの看板があります。道なりを進み、3つ目の十字路の右奥の民家が、シェア奥沢です。

 

(シェア奥沢)

 

 

.............................................

☀「とっても自由なパークタイチー」(代々木公園)

青空の下、風や木々の香りを感じながらの太極拳です。中国でも、早朝から公園で太極拳をする姿がたくさん見られます。童心にかえってのびのび体を動かして、体と心をほぐしてから、太極拳をやってみましょう。

 

【週末クラス】10:00-11:30   

・12月  8日(日)

・12月15日(日)

・12月22日(日)

・12月28日(土)

10月29日(日)

 

・1月4日(土)

・1月12日(日)

・1月19日(日)

・1月25日(土)

・1月26日(日)

※雨天の場合は、静かにお休みです。ご参加予定者には、朝7時をめどに個別にご連絡します。

 

場所:代々木公園 ※待ち合わせ場所は、南門です。初めての方は、開始10分前にお越しください。南門から入って、梅の園、丘の広場の前あたりでお稽古します。

 

   

...............................................

☀「体と心のデトックス:基本功(気功・瞑想・站椿功)」(自由が丘/九品仏/奥沢)

基本功をゆっくり丁寧に練習するクラスです。站椿功、太極歩、武当五行六合功、六字訣、呼吸法、瞑想など。週の半ばに、自分の体と心と向き合って、きれいさっぱりデトックスしていきましょう。

(クラスについて、詳しくはこちら

※ 12月は五形功の虎に入る予定です。

 

日時:毎週木曜日 19:15-20:45 (12月5, 12, 19, 26日 / 1月9, 16, 23, 30日)※開始時間が15分早くなります。

   ※19時から中国茶をご用意してお待ちしています。

 

場所:九品仏駅近くの床部屋 ※九品仏駅徒歩3分、自由が丘駅徒歩9分

        ※詳細は、ご参加の方にお知らせします。

 

 

 

☀「おはよう☀パークタイチー」(吉祥寺の公園)

ちょっと早起きして、ゆったり呼吸してゆっくり動き、全身を目覚めさせます。心と体を整え、1日をさわやかにはじめましょう。

 

日時:毎週木曜日 7:30-8:30  (12月5, 12, 19, 26日 / 1月9, 16, 23, 30日)

   ※屋外での開催です。雨天の場合、静かにお休みです。

 

場所:吉祥寺駅付近の公園(詳しくは、ご参加の方にお知らせします)

 

料金:1回1,500円(朝の特別価格)

 

 

 

☀タオを生きることば 

2,000年以上前に書かれた「老子(道徳経)」は、武当功夫をする人たちを含むタオイスト(道士)の間でも大切にされており、修行者たちは「読み続ければ、いつかはわかる」と信じています。そこには、しあわせに生きるヒントがたくさんつまっています。

 

毎回1〜2章ずつ取り上げます。前半はお話と対話、後半は体感できるようなワークを、太極拳・気功・基本功・瞑想から選んでやってみます。(※お着替えいただく必要はありません。)

 

日時: 12月  4日(水)19:00-20:30   第41章    

        12月18日(水)19:00-20:30   第43章    

          1月  8日(水)19:00-20:30   第44章    

          1月22日(水)19:00-20:30   第45章

※開場は18:45です。

 

場所:池尻大橋駅近くの和室  ※詳しくはご参加の方にお知らせします

 

 

みなさまのご参加をお待ちしています^^

 

...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...

 

いしい まゆみ(道号:静慧)/ みんみん)

太極道家

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

ブログ: みんみんの陽だまり太極道日記(http://blog.minminkung-fu.com/)

「すきなもの」Instagram:Instagram(@mayuminmin927)



calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM