特別クラス:はじめての形意拳

2019.07.10 Wednesday

 

形意拳とは、内家拳である武当功夫(太極拳、形意拳、八卦掌)のひとつです。

 

見た目にはハードで、直線的に進み、打法も早いスピードで繰り出されます。これは、「勁」を学ぶために、体得するために有効です。

 

「勁」とは、中国武術特有の用語で、ざっくり言うと「力」とも言えるのですが、一般に思う「力」とは異なります。

 

「力」とは、もともとの筋力、そして筋力強化のトレーニングによって生み出されるもので、

「勁」とは、全身の合理的な協調運動によって生み出される力、少ない労力で合理的、かつ最大限に発揮する力、です。

 

形意拳を習いたてのころは、「力づく」でやろうとしがちです。でも力むと緊張が生まれるため、スピードも遅くなり、威力も出ません。そもそも、体が持ちません。「これでは、やっていられない、どうにかしないと」と、だんだん無駄な力みに気づいては抜いて、を繰り返していきます。

 

そのうち、少しずつコツがつかめてきて、楽に動けるようになってきます。

 

形意拳の練習は、太極拳にも役立ちます。このふたつは、次のように対比されることがあるのです。

 

太極拳は、見た目には柔らかいけれども、中身は強く、

形意拳は、見た目にはハードだけれども、中身は柔らかい。

 

太極拳は、見た目がゆっくりで柔かいためか、中の強さがないまま、練習されている場合が見受けられます。また、中の強さがないために、外側が緊張して硬くなる場合もあるようです。

 

形意拳を、体の内側が柔かいまま、スピードのある直線的な強い動きができるようになると、

太極拳は、体の内に強さを持ち、見た目はゆったり柔かい動きができるようになります。

 

さらには、形意拳の体の使い方は、中国語で「阻力」という、武当功夫特有の力の出し方の練習にもなります。「阻力」とは、直訳するなら抵抗力ですが、わたしの感覚では、反発力です。

 

形意拳には、三体式という站椿功(静功)、基本の五行拳、そして12の動物の形の套路があります。このクラスでは、基本の五行拳のひとつと、三体式、そして基本の歩法を練習していきます。

 

初心者でも、経験者でも、どなたでも大歓迎です。みなさまのご参加、お待ちしています。

 

【こんな方におすすめです】

・形意拳やってみたい方

・太極拳の練習に行き詰っている方

・爆発力のような力の出し方に、触れてみたい方

・体の緊張やこわばりに悩んでいる方

・体をスパッと動かして、すっきりしたい方

・しなやかで強い体に憧れる方

 

≪参考ブログ≫

※形意拳に関するブログは、こちらから(太極十年不出門、形意一年打死人)

※今年の5月に武当山にお稽古に行ったとき、早朝の練習は形意拳でした。そのお話は、こちらから。

 

 

☀日時:7月27日(土)14:00-16:00 (13:30開場)会場:池尻大橋駅近くの会場   

 

☀内容:形意拳の基本クラス

   ・三体式(形意拳の基本練習・站椿功)

   ・劈拳(ピーチュアン)(五行拳のひとつ)

   ・歩法 など

 

☀費用:4,000円(チケットご利用の方は、1チケット+1500円でもご参加いただけます)

    ※当日、お支払ください。

 

☀服装と持ち物:ストレッチのきいたパンツ、Tシャツ(長袖、半袖)、靴下、室内履き、タオル、飲み物

    ※お着替えいただけるスペースもあります。

 

☀お申込み方法:minminkungfu☆gmail.com(☆を@に変えてください)あてに、お名前、ご連絡先(お電話番号、メールアドレス)をメールでお送りください。口頭やメッセージなどで、直接お申込みいただくことも可能です。

 

 

【7月の特別クラス】

7月20日(日)14:00-16:30  「ー20歳のカラダ❤ホントにはじめての武当太極拳」 詳細とお申込みはこちら

 

7月21日(日)14:00-16:30「内なる自然に還る旅:魚からの進化をたどって若返ろう!」 〜より遠く、人間になって高くジャンプ〜 詳細とお申込み方法はこちら

 

7月27日(土)14:00-16:00「はじめての形意拳」 詳細とお申込方法は、準備中です。池尻大橋駅から徒歩7分の会場です。


7月28日(日)14:00-16:30「やさしい站椿功」 詳細とご申込み方法はこちら

 

 

☀「陽だまり」とは

「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、りん、とした印象もあります。太極拳を通して、陽だまりのような場を創っていきたいと思っています。

 

...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...

 

いしい まゆみ(道号:静慧)/ みんみん)

太極道家

講座のご案内は、こちらからどうぞ

 

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

ブログ: みんみんの陽だまり太極道日記(http://blog.minminkung-fu.com/)

「太極拳、あるある、ないない話」Facebookページで毎日更新:こちらから

日々の好きなものを投稿するInstagram:Instagram(@mayuminmin927)


ヘアドネーションしました

2019.07.08 Monday

(髪を切る1か月前)

 

「ヘアドネーション」をしました。

 

小児がんなどの治療や、なんらかの事情で頭髪に悩みを抱える子供たちのかつら(ウィッグ)を作るために、自分の髪の毛を寄付する仕組みです。

 

知ったのは、あちこちで友人たちが協力していたおかげです。

 

わたしは、自分の髪の毛が好きです。「好きなもので、誰かの役に立てるなら」と、約3年前に伸ばし始めました。

 

そのときは、「今なら白髪もほとんどないし」と思ったのですが、調べてみたら、白髪でも、パーマがかかっていても、クセ毛でも、寄付できるのですね。

 

寄付の条件は、31cm以上です。※

 

最初、そんなに長く必要?と思ってしまったのですが、31僂隆麌佞悩遒譴襯Εッグは、長さ15僂曚鼻¬麋省の長さなのだそうです。驚きました。

 

今回、美容院で測ってみたら、短いところで45僉長いところは50僂曚匹△蠅泙靴拭

 

...ということは、おそらく去年くらいでも、長さは足りていたのですね。でも、美容師さんから「長ければ長いほど、いいらしい」と教えてもらったので、これはこれでよかったのかしら、と思っています。

 

長い髪のウィッグが嬉しい子も、いますしね。

 

ヘアドネーションには、趣旨に賛同している「賛同サロン」があり、そこでも切ってもらえますが、わたしは学生の頃からずーっとお世話になっている美容師さんに、お願いしました。

 

髪の毛を切るとき、寄付するときの条件があり、それを守ってもらえれるなら、どこで切ってもいいのです。

 

ずっと知っている美容師さんだったこともあり、特にセレモニー感もなく、普通におしゃべりしているうちに、はさみが入っていました。

 

ヘアドネーションをすると決めて、すでに経験された人にに話したとき、「伸ばすプロセスも味わってね」という言葉をかけてもらいました。でも実際のプロセスは、想像していた味わいとは、全然違うものでした。

 

まず美容師さんに、喜ばれました。「毎日、大量に切られていく髪の毛を見ていると、これを何かに活用できないか、といつも思うんだよね。だから、こうやって役立っていくのを見ると、すごく嬉しい。」と。

 

一度だけ、海外で海に重油が流れ出てしまったとき、それを吸い取るために髪の毛が使われたようで、美容院に「大量に髪の毛を求む」みたいな案内があったことがある、と話してくれました。そんな活用方法、あるのですね。

 

「髪の毛伸びたね」と言われる機会も多く、そのたびに、いろいろな人にヘアドネーションの話をしました。

 

ご存知の方も、初めて聞く方もいらっしゃいましたが、どの方の反応も好意的です。

 

中には「聞いたあと、測ったら31僂△辰燭ら寄付してきた」と、わたしよりも先に切った方もいらっしゃいました。

 

説明が下手だったのか、「え?髪の毛、売るの?」(考えたこともありませんでした(笑))とか、

 

「え?それで自分のウィッグ作るの?」とか。(ひとつのウィッグを作るために、一人分では足りません(笑))とか、

 

なかなか斬新な発想が返ってきたことも、ありました。

 

この期間、愛しく、大事に伸ばしてきたかというと、そうでもありません。

 

わたし史上、最長の長さです。これは、未知の世界への突入です。

 

細めの髪の毛で重量はないほうですが、それでも頭は重たくなってきます。洗った髪の毛を梳かすのにも、ひと苦労です。

 

ボタンなどに引っかかって取れなくなったときには、「きいーっ!」と思ったり、(格闘の結果、どうしようもなかったとき、ちょっとだけ切りました)、

 

人混みで、うっかり早く頭を動かしたら、後ろにいる人に舌打ちされてしまったり(こんな風に迷惑をかけるとは。謝りました)、

 

料理しているとき、なんだか妙な匂いが、と思ったら、髪の毛の先が焦げていたり、(あぶない...自分が丸焦げになってしまいます)、

 

トイレで、自分の髪の毛を敷いてしまいそうになったり、

 

「味わってね」と言われたときは、もっとしみじみ、喜んでもらえることに思いをはせて、と思ったのですが、全然違いました。

 

それでも、悲喜こもごも、確かに味わい深いプロセスでした。

 

男性でも、賛同して実践される方がいらっしゃるのだそうです。美容師さんいわく、「最初は、『変なヤツ』と見られていたものが、『実は...』と説明すると、『いいヤツじゃないか!』と、みんなの見る目が180度変わるのだとか。

 

武当山に行けば、髪の長い男性がたくさんいますから、ふつうですけれどもね(笑)。道士(道教の修行者)は、髪を切りません。(が、短い人も、います)。

 

ある場所の「ふつう」は、他の場所の「変りもの」です。

 

 

余談ですが、美容師さんと髪の毛にまつわるあれこれを話していた中で、面白い話を聞きました。

 

髪の毛はデリケートですから、突然10円玉ハゲができるお客さんも、いらっしゃるのだそうです。

 

ご本人は気づいておらず、伝えるべきか迷いつつ、結局は正直に話すそうです。「あとから知ったら、嬉しくないだろうし。」と。

 

あるお客さんの場合、「右後ろにありますよ」と伝えたら、「えっ!ちょうど右後ろに嫌な上司がいる!絶対それだ!」という話になったこともあるとか。

 

でも「ハゲは、大丈夫なんですよ。ちゃんと生えてくるから」と。

 

何かの具合で、成長が阻害されているだけで、ひとたび生え出すと、他のところより早く伸びるのだそうです。

 

それこそ他が3竸びる間に、ハゲていたところは6竸びるくらいのスピードです。「さぼっていてゴメン。待って!すぐに追いつくから!みたいな感じなんだろうね」と。

 

不思議ですよね。でも、すごいですよね。

 

他にも、こんな話もありました。

 

長く通ってくるお客さんの中に、ご両親と一緒に来るお子さんがいらして、あるとき「今日はいつもと違う」と感じたことがあったそうです。迷った末に、「もしかしたら、この後、熱が出るかもしれないし、病院で見てもらったほうがいいかもしれません」と伝えたら、その足で病院に行ってくださって、おたふくだと判明したそうです。

 

ホームドクターばりの活躍じゃありませんか?(もちろん、医者ではないのですが)。さすが職人さんだなあ、と思いますし、いつも同じ人にお願いしているからこそでもありますよね。こういうのも、コミュニティで生きる良さかしらね。

 

 

何かを「やろう」と決めるとき、それはつながりからやってきて、つながりを通して伝わって、つながりを思い出させてくれます。

さらには「人生、まだまだ知らないことばかり」と思わせてくれます。

 

新しいことやってみたい方、ぜひ、ひとつの選択肢に入れてみてください。

 

やってみたら、何が起きるかしらね。

 

 

※31儖焚爾任癲寄付はできます。頭皮に悩みを抱えている子供のウィッグとしては長さが足りませんが、美容師さんの研究用、練習用などに、活用してもらえるようです。

 

 

 

【7月の特別クラス】

7月20日(日)14:00-16:30  「ー20歳のカラダ❤ホントにはじめての武当太極拳」 詳細とお申込みはこちら

 

7月21日(日)14:00-16:30「内なる自然に還る旅:魚からの進化をたどって若返ろう!」 〜より遠く、人間になって高くジャンプ〜 詳細とお申込み方法はこちら

 

7月27日(土)14:00-16:00「はじめての形意拳」 詳細とお申込方法は、こちら


7月28日(日)14:00-16:30「やさしい站椿功」 詳細とご申込み方法はこちら

 

 

 

☀「陽だまり」とは

「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、りん、とした印象もあります。太極拳を通して、陽だまりのような場を創っていきたいと思っています。

 

...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...

 

いしい まゆみ(道号:静慧)/ みんみん)

太極道家

講座のご案内は、こちらからどうぞ

 

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

ブログ: みんみんの陽だまり太極道日記(http://blog.minminkung-fu.com/)

「太極拳、あるある、ないない話」Facebookページで毎日更新:こちらから

日々の好きなものを投稿するInstagram:Instagram(@mayuminmin927)


特別クラス:たのしい太極扇  8/18(日)/ 9/15(日)

2019.07.08 Monday

 

太極拳には、剣や扇など、武器を使うものもあります。

 

武当太極扇をはじめて習ったのは2011年です。手を使わず、丹田で扇を開くことからはじまり、扇と全身が一体となって動くことを体感させてくれた、思い入れのあるものです。

 

武当太極扇は、ゆっくりした動き(陰)と早い動き(陽)が交互にやってきます。くるくる回る、しなやかな動きは人目を引き、扇を開く音も耳に心地よく、見る人を笑顔にします。

 

この武当太極扇のクラスを開催します。扇の基本的な使い方と、套路(太極拳の一連の型)を順次、練習していきます。

 

これまでは「太極扇を体験しよう!」でしたが、続けてくださる方もいらっしゃいますので、今回から「たのしい太極扇」に名称を変更します。なぜなら、楽しいのですもの。

 

太極拳・太極扇がはじめての方も、すでに扇をお稽古されている方も、大歓迎です。(これまでに参加された方、はじめての方、どちらでもご参加いただけます。)

 

※みんみんカンフーの通常クラスに参加されていない方は、太極扇の套路の練習の他に、基本練習を入れる場合もあります。

 

 

☀日時:第24回: 8月18日(日)14:00-16:30 (13:30開場)会場:池尻大橋駅近くの会場

    第25回: 9月15日(日)14:00-16:30 (13:30開場)会場:京王井の頭線池ノ上駅近くの会場

    ※会場の詳細は、お申込みいただいた方にお知らせします)    

 

☀内容:武当太極扇 体験クラス

   ・扇の開き方、基本の扱い方

   ・武当太極扇の套路の練習

 

☀費用:4,000円(チケットご利用の方は、1チケット+1500円でもご参加いただけます)

    ※当日、お支払ください。

 

☀服装と持ち物:ストレッチのきいたパンツ、Tシャツ(長袖、半袖)、靴下(和室ですので、靴は不要です)、

    太極拳用の扇、タオル、飲み物

    ※お着替えいただけるスペースもあります。

    ※扇の貸し出し(おひとり500円)もあります。数には限りがあります。ご希望の方は、お申込み時にお知らせください。

 

☀お申込み方法:minminkungfu☆gmail.com(☆を@に変えてください)あてに、お名前、ご連絡先(お電話番号、メールアドレス)をメールでお送りください。口頭やメッセージなどで、直接お申込みいただくことも可能です。

 

 

【こんな方におすすめです】

・太極扇をやってみたい方

・扇を開くとき、バラバラと音が出てしまう方

・手で扇を開いてしまう方

・体と扇の一体感が感じられない方

 

 

みなさまのご参加、お待ちしています。

 

☀「陽だまり」とは

「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、キリリとした印象もあります。太極拳を通して、陽だまりのような場を創っていきたいと思っています。

 

........................

いしい まゆみ(道号:静慧 / みんみん)

太極道家

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

講座のご案内は、こちらからどうぞ

 


体は自然にバランスを取る

2019.07.04 Thursday

 

太極拳をやっている人の、よくある悩みとして、

 

「『ここを緩めて』と、よく言われる」があります。

 

「言われる」ということは、緩んでいないことになりますが、「よく言われる」ということは、緩め方がわかっていない可能性があります。

 

そのために、「『緩めて』と言われるたびに、苦しくなる」と言う方もいらっしゃいました。

 

人は誰でも、ベストを尽くしています。ただし、そのときの自分が知っている範囲でのベストなので、その中には解決の糸口がないこともあります。

 

ベストをつくしてなお指摘されたら、それは辛いですよね。

 

肩が緩んでいない場合、たとえば、

 

ひざを固めてしまっている場合もありますし、

あごが上がって、首が縮んでいることもあります。

 

この場合、ひざも、首も、緊張している、と言います。

 

原因は人によって違うので、本来は、それぞれの様子を見てアドバイスするものですので、これはほんの一例です。肩が緩まない原因は、肩にはないこともあります。

 

「よく言われる」という方の場合、肩だけに注目しすぎかもしれません。もちろん、肩をどうにかするだけで改善することもありますが、原因が他にある場合は、それだけでは緩みません。

 

人の体は、よくも悪くもバランスを取ろうとします。

 

首が縮んでいると(たいていの人の首は、本来の長さよりも短いです)、相対して肩も上がります。両方が中心に向かって縮むような感じです。

 

あごを引いて、首の後ろ側が伸びるようにすると、自然に肩は、しゅーっと下がります。

 

自分だと「伸びているよ」としらっと思ってしまいがちですので(これもベストを尽くしているからです)、人にやってもらう方がおすすめです。耳の後ろの骨のあたりを、にゅーっと上に向けて押すのです。

 

ひざと肩の組み合わせも、ひざが固まるとバランスを取るように肩も緊張して固まります。

 

わたしが実践している、ひざを緩ませる方法は、上下の骨(大腿骨と脛骨)が合わさる部分の真ん中をイメージして、それがお互いに押し合えるところを探ります。これが、足がまっすぐな状態です。このとき、ひざ裏には緩みがあるはずです。

 

これ、ひざ裏を緩ませる方からアプローチしても、特に慣れていない人の場合は、同じ結果にはなりにくいと思います。注意してくださいね。

 

もちろん、この組み合わせが全てなのではなく、たとえば肩の緊張の原因は、いろいろあります。ひとつ解決しても、他の要因がまだあるかもしれません。

 

でも少なくともひとつ、別の場所からアプローチすることで、何か気づくことがあるかもしれません。

 

そうやって少しずつ、つなげて意識できる範囲を広げて、全身、さらにはその先の空間まで広げていけば、だんだんと緩みやすい体になっていくのではないでしょうか。

 

自然にバランスを取るのは、人に備わったすごい機能だと思っています。でもそれが、上手く働く場合と、上記のように、緊張が緊張を呼ぶように働く場合と、両方あります。

 

良くも悪くも、ですが、それでも、このバランスを取る機能は、人の不思議というか、すごさのひとつです。もともとは調和している(太極)と思えば、当然と言えば当然なのですが、その当然が何か、わからなくなっていますものね。

 

もうひとつ、緩まない原因として、「まだ緩めたくない」と無意識に思っている場合もあります。心から来る緊張ですね。そういう場合に、無理やりほぐそうとすると、体が危機感を感じて、さらに固めにかかる場合もあります。

 

鼻息荒く、一気にすべてをなんとかしようとするのではなく、タイミングが来るまで待つというおおらかさも、大切だと思っています。

 

ちょっとずつで、いいのです。人生、長いですしね。

 

そして、「まだ緩めたくない」と思っている場合も、何かに対してバランスを取って固めているかもしれません。怖いから、とか、自分がしっかりしないといけないから、とか。

 

この場合も、無理は禁物です。タイミングが来たら、自分で気づいてほぐれていくものだと思っています。

 

ただし何もしないままだと、いつまでたってもタイミングが来ないこともあります。わたしにとっての太極拳は、タイミングが来たら、起きるべきことが起きるようにするための、ベースにもなっている気がします。

 

最初から、そんなこと期待して始めたわけではなく、やってきた感想として、感じていることですけれどもね。

 

 

 

 

【7月の特別クラス】

7月6日(土)13:00-15:00  「麗屋 弘鈴庵の 立って、歩いて、太極拳」 詳細とお申込み方法はこちら

 

7月7日(日)14:00-16:30  「たのしい太極扇」 詳細とお申込み方法はこちら

 

7月20日(日)14:00-16:30  「ー20歳のカラダ❤ホントにはじめての武当太極拳」 詳細とお申込みはこちら

 

7月21日(日)14:00-16:30「内なる自然に還る旅:魚からの進化をたどって若返ろう!」 〜より遠く、人間になって高くジャンプ〜 詳細とお申込み方法はこちら

 

7月27日(土)14:00-16:00「はじめての形意拳」 詳細とお申込方法は、詳細とお申込方法は、こちら


7月28日(日)14:00-16:30「やさしい站椿功」 詳細とご申込み方法はこちら

 

 

 

☀「陽だまり」とは

「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、りん、とした印象もあります。太極拳を通して、陽だまりのような場を創っていきたいと思っています。

 

...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...

 

いしい まゆみ(道号:静慧)/ みんみん)

太極道家

講座のご案内は、こちらからどうぞ

 

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

ブログ: みんみんの陽だまり太極道日記(http://blog.minminkung-fu.com/)

「太極拳、あるある、ないない話」Facebookページで毎日更新:こちらから

日々の好きなものを投稿するInstagram:Instagram(@mayuminmin927)

 


八郷での「はじめての武当太極拳」を開催しました

2019.07.03 Wednesday

 

 

6月最後の土曜日、茨城県の八郷(やさと)と呼ばれる地で、「はじめての武当太極拳」を初開催しました。

 

ここは昔、「八郷町」だったそうですが、2005年10月に石岡市と合併され、石岡市になりました。それでもこの土地のみなさんは、「やさと」という馴染みのある名前を、今も通称として使っているそうです。

 

八郷町は、昭和30年1月に1町7村が合併して誕生したところです。この名前は近隣の「8つの郷」に由来しているとか。日本の里100選にも選ばれています。筑波山のおひざ元で、日本有数のスカイスポーツのエリアでもあります。わたしが伺った日は、あいにくの雨模様でしたが、お天気の日にはパラグライダーも見られるそうです。

 

野菜や果物も豊富で、今はいちごが終わり、桃を待つばかりとか。近くの直売所にも行けたのですが、ピカピカ新鮮で、お手頃価格のお野菜や果物がたっぷりでした。

 

よいところですね。

 

さてクラスはというと、霧雨のため、屋根のある屋外で開始しました。

 

太極拳は、はじめての方ばかりでしたので、まず、みなさんの太極拳のイメージとか、参加のきっかけなどを伺って、それに答えながらはじめていきました。

 

わたしは話しはじめると、止まりません。話がとんで、「あれ?なんでこの話に?」なんてこともあります。

 

頭で考えすぎてしまうのをお休みして、体の感覚に意識を向け、心の声を聞くのが、太極拳のいいところのひとつではありますが、

 

知能のある人間は、頭でわかると、体が反応して使えるようになる面もあります。

 

このあたりはバランスですが、知恵も使いつつ、でも思考優位にならないように、体感や感覚でとらえてもらえるように、と思っています。

 

まずは体をほぐすところからです。怪我しないように準備するだけではなく、自分の体と向き合う、大切な時間でもあります。

 

ほぐすためには、方法があります。太極拳は、まず心です。心が意識を誘導して、意識が動きを生み出します。この準備体操も、意識の持ち方で、結果は変ってきます。何を意識するのかを伝えながら、丁寧にやってきます。

 

途中で雨が止んだため、近くの広場に移動しました。

 

主催してくださった(株)グリーンリーフのおおそねさんが、「気がいいから、ぜひここで」と考えてくださったところで、正面に筑波山を望み、緑の平地には梅の木がポンポンと立っています。

 

そこで、気功「撑字訣」の最初を、ゆっくり練習してみました。

 

最初は、立ち方です。

 

まず何も説明せずに、ふつうに立ってもらいます。横から軽く押してみると、グラグラ、よろけてしまいます。これでは、天地とのつながりはありません。

 

そこで、

・足はぺったり地面につけ、かかとの骨(踵骨)が地面から離れないようにし、(注:重心を乗せるのではありません)

・膝は上下の骨(大腿骨と脛骨)がお互いに押し合えるところを探り、

・腰(ウェストの後ろ)が反らないよう、胸を張らず、お腹を収めて、腰を緩め、

・顎を引いて、首の後ろを長くし、

 

さらに

・足の裏から地球の真ん中まで根っこを張るイメージを持ち、

・それとバランスを取るように、頭のてっぺんから天に向けて伸びていくのをイメージしてもらいます。

 

すると、

 

横から押されても、ふらつきません。体重をかけるように寄りかかっても、まっすぐしっかり立てています。

 

軸がしっかりあるか、ないかは、ちょっとコツの違いなのです。

 

さらに「撑字訣」の動きを続けながら、膝を痛めない腰の落とし方も、やってみます。

 

これもコツがあり、バランスを取りながらの、けっこう繊細な動作です。一人ずつ確認していき、ちょっと後ろを振り返ると、

 

ずーっと腰を落としたままの方が。

 

わかります。これ、膝に負担がかからず、とっても楽なのです。ずっとやり続けても苦しくないためか、どのクラスでも、ずーっとそのままの姿勢でいる方、結構いらっしゃるのです。「そのまま続けて」と言わなくても、自ら進んでやり続けてくださるのは、いいですよね。

 

などなど、動きは単純ですが、基本になるところを、じっくりやってみました。

 

終わったあとの感想も、とても素敵でした。

 

「筑波山を遠くに見ているのに、手前のものもはっきり見えて、意識がぼーっとしてきた」という感想は、わたしが太極拳をしているときの感覚にも似ている気がします。

 

ぼんやり夢の中にいるような感じですが、意識は覚醒していて、視界は広く、意識も広く、内にも外にも広がっています。

 

「悩んでいたことが、どうでもよくなった」という声もあり、

 

これも、太極拳や站椿功、気功などで意識が拡大していくと、日々の悩み事がとっても小さなことに思える経験に、似ている気がします。

 

嬉しかったのは、わたしがそれを話すのではなく、みなさんご自身で感じてくださったことです。すごいですよね。

 

わたしも、話しすぎることなく、みなさんの感じるままに任せた方がいいところが、もっとあるのかもしれません。

 

面白かったのは、「太極拳の先生なのですか?」と聞かれたことです。

 

なぜこの質問になったかというと、想像していた「太極拳のクラス」とは違ったからだそうです。とにかく体を動かすのだと思っていたらしいのですが(もちろん、それも大事です)、実際に受けてみたら、日々の生活のあれこれに結びつくこがいろいろあったからだとか。

 

わたしは、太極拳を教えていますが、自分でも「太極拳講師」は、しっくりきません。自分でもそう思っているのですから、生徒さんのこの質問は、するどいですよね。

 

していきたいことは、太極拳の知恵を活かして、ラクに楽しく生きる道を探っていくことです。そのためのひとつとして、「教える」も入っていますし、今のところ、大きな割合を占めています。

 

 

八郷での太極拳は「八郷のやさしい太極拳」という名称で、次回は8月24日(土)15:00−16:30に開催します。やさしい環境の中、自分にやさしく、人にもやさしく、ゆっくり育てていけたらいいな、と思っています。

 

ご参加のみなさま、ありがとうございました。

 

また、このご縁は、他のクラスに参加してくださった生徒さんからのご紹介で、始まったものです。そんなつながりも、とってもありがたいです。ありがとうございます。

 

腕をつかまれたときに、どうするか?の実践中。ニコニコしていますが、わたしが悪い人役です。

 

........................................................................

八郷のやさしい太極拳」

 

日時:  8月24日(土)15:00−16:00

 

場所:  八郷(茨城県石岡市柿岡) ※屋外。雨天の場合は室内に変更します。

 

内容:  からだをゆるめる準備体操、気功、武当太極拳など

 

服装など:ストレッチのきいたトレーニングパンツなど動きやすい服装、タオル、飲み物

 

参加費: 4000円(当日お支払ください)

 

講師:  いしい まゆみ(道号:静慧)

      太極道家・第4回世界伝統武術大会(中国)太極拳 金メダリスト

              中国、武当山で武当功夫(太極拳、形意拳、八卦掌、気功)を学ぶ。

      すこやかな体と心、円満な人間関係で、楽しく生きる道として、教室を開催。

      好きなことばは、「笑う門には福来る」

      HP:http://minminkung-fu.com (体と心が目覚める太極拳)

 

お申込み:つくばハーブかふぇROOT(おおそね様) Tel: 029-893-4694

                mitiru.5422☆gmail.com(☆を@に変えてください)

 

........................................................................

 

【7月の特別クラス】

7月6日(土)13:00-15:00  「麗屋 弘鈴庵の 立って、歩いて、太極拳」 詳細とお申込み方法はこちら

 

7月7日(日)14:00-16:30  「たのしい太極扇」 詳細とお申込み方法はこちら

 

7月20日(日)14:00-16:30  「ー20歳のカラダ❤ホントにはじめての武当太極拳」 詳細とお申込みはこちら

 

7月21日(日)14:00-16:30「内なる自然に還る旅:魚からの進化をたどって若返ろう!」 〜より遠く、人間になって高くジャンプ〜 詳細とお申込み方法はこちら

 

7月27日(土)14:00-16:00「はじめての形意拳」 詳細とお申込方法は、詳細とお申込方法は、こちら


7月28日(日)14:00-16:30「やさしい站椿功」 詳細とご申込み方法はこちら

 

 

 

☀「陽だまり」とは

「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、りん、とした印象もあります。太極拳を通して、陽だまりのような場を創っていきたいと思っています。

 

...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...

 

いしい まゆみ(道号:静慧)/ みんみん)

太極道家

講座のご案内は、こちらからどうぞ

 

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

ブログ: みんみんの陽だまり太極道日記(http://blog.minminkung-fu.com/)

「太極拳、あるある、ないない話」Facebookページで毎日更新:こちらから

日々の好きなものを投稿するInstagram:Instagram(@mayuminmin927)

 



calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM