共に生きる仲間たち

2017.12.15 Friday

(古民家「うえみなみ」から見た朝日)

 

和歌山に行ってきました。

 

2013年に受けていた、CTIジャパン主催の「リーダーシップ」というプログラムの仲間たちと一緒です。同期は20名いて、今回はその中から5人。そこにひとり、期がちがう修了生も混ざって、6人の旅でした。

 

「リーダーシップ」というプログラムは、いわゆる組織の長というリーダーを育てるものではありません。”すべての人がリーダーだ”という言葉のもとに、ありのままの自分として生き、その影響力を体験し、実践していこうとするものです。

 

プログラムが修了してもうすぐ4年になります。ポツポツ会ったり話したりはしますが、今回のように2泊3日共にするのは、すごく久しぶりでした。

 

場所は、和歌山在住のメンバーが「とにかく、この場所にはみんな、ぜひ来てほしいんだ」と絶賛している古民家「うえみなみ」です。その古民家のオーナーも、今は「リーダーシップ」の受講生というご縁。そこから高野山や、近くの「天空の森」に行こう!と、企画してくれました。

 

 

旅は、最初からハプニング続きです。あわや、病院行きか!と思うような事態が起きたり(結局、無事でした)、1日目の晩から雪が降り、2日目には道路が凍結したため、車で高野山に行く案が中止になったり(結局、バスを使って行くことができました)。雪が降るほどの冷え込みに、体力的に歩き続けるのが難しくなる人も出ました(結局は無事に、3日を終えました)。

 

それでも、そのときどきに起きることに、みんなで協力して、軽やかに越えて行けていたことが、とても感慨深かったです。

 

みんな、それぞれの”好き”があり、それぞれにできること、できないことがあります。集団で行動するときには、誰かが我慢したり、そこにひずみが生まれることも、よくあります。でも今回は、誰も我慢することなく(というのは、わたしの見立てですが)、みんなそれぞれの”好き”がさく裂する中でも、居心地よく過ごせたことは、うれしかったです。

 

「リーダーシッププログラム」を受けたときのわたしは、自分が何をしたいか、何が好きか、よくわからなくて、でも、ひとりではどうしたらいいのかわからず、「誰かに助けてもらおう」と思って、申し込みました。

 

プログラムの細かい内容には触れませんが、いろいろな角度から、自分がどれだけ”ありのまま”で生きていないかを、思い知らされました。

 

「こうしたら、きっと良いだろう」

「こうしたら、上手くいくだろう」

「こうしたら、インパクトがあるだろう」

 

という頭で考えてからの行動は、「わたしは、こうしたい」とは違います。

 

赤ちゃんの頃は、「こうしたい」に従って生きていたはずです。成長するにつれて身に着けた社会性が、いつの間にか鎧のように自分の一部となり、重たいのに、それを着なければ守れないと思い込んでいたのだと思います。

 

守らなければならないものなど、本当はなかったのに、です。

 

当たり前のように着ていた鎧を脱いでいくのは、怖いです。ありのままでいることが怖くて、その自分からの影響が怖くて、最初は上手くできなくて失敗続きで、泣いてばかりでした。

 

なんでも自分でやらなければならないと思っていたわたしにとって、ダメな自分、できない自分をさらすことも、大きなチャレンジでした。

 

仲間たちは、うじうじ泣いたり怒ったりするわたしの話を、ずっと何度でも、そばで聞いてくれました。

 

それから4年が経って、一緒に旅をして、自分も含めたみんなの変化が、とっても嬉しかったです。あの頃よりも、確実に、みんな、ありのままの自分を表現して生きている、と感じました。

 

昔の自分だったら、集団行動するときの役割分担に、もっと意識が向いたような気がします。Aさんがこれをする、Bさんがこれをする、Cさん何もしない、ではダメでしょ、とかです。大変ですよね。

 

でも今回は、少なくともわたしはですが、自分ができることをして、したいことをして、できないことはお願いして、したくないことはそう伝えて、過ごすことができました。

 

(「3分太極拳」のリクエストにこたえて、腿上げ特訓中(笑))

 

(宿の近くの「天空の森」へ)

 

「リーダーシッププログラム」には、4回の合宿があります。1回目の合宿の最終日、リーダーのひとりが「自分の故郷では(アメリカ人ですが、出身はアフリカです)、Backdoor visitor(裏口からの訪問者)という言葉がある」と話してくれました。

 

「表の門からは、呼び鈴を押して、お迎えするお客様。でも、裏門からの訪問者は、いつでも好きなときに家に上がり込んで、いつでも家族と一緒に食卓を囲む、そんな人たちです。あななたち(プログラムの参加者)はもう、わたしにとっては、裏口からの訪問者です。」

 

そんな風に迎え入れてくれたことが、とてもうれしかったです。

 

4年たって、そのときの仲間は、”裏口からの訪問者”です。好き勝手をしても、ときに「えー」と思いながらも、「ま、いっか」と受け流し、くだらない話を延々としてゲラゲラ笑い、まじめな話もします。

 

一緒に行ったひとりが「お正月を親戚の家で過ごしたみたい」と言っていました。

 

「リーダーシップ」は、それぞれの期ごとにトライブ(Tribe / 部族)と呼ばれ、わたしたちの期は「こだま」と呼ばれています。

 

その命名の背景として、次の言葉を贈られました。

 

木霊(こだま、木魂)は樹木に宿る精霊。

また山や谷で音が反射して遅れて聞こえる現象である山彦(やまびこ)は、この精霊のしわざであるともされ、こだまとよばれる。

 

動物、植物、山、川、海...。

森羅万象に宿る多種多様な生命がありのままの声を発し、

国や人種、性別、すべての境界を超え、

こだまとなって世界に響きあってゆく。

という意味を込めた。

 

こんな日を迎えられるとは、あの頃は夢にも思いませんでした。

 

これからもみんな、ありのままの自分で。愛と光と感謝を。

 

わたしの中には、喜びとともに、何かふつふつと揺れるものを感じます。それが何か、まだわかりませんが、おいおい、言葉にしていこうと思います。

 

和歌山や、高野山での旅の様子は、また次の機会に書きますね。

 

(高野山)

 

(大きなしいたけ、いただきました)

 

【12月の特別クラスのご案内】

12月17日(日)の午後は、Bouquet(逗子・葉山)身体とこころのその先へ 〜本当の思いに触れに行く太極拳〜」(第4回:みんなが知らない太極拳ひみつ4 陰陽五行にみる体と心のつながり)です。詳細とご応募はこちらから。

 

12月23日(土)14:00-16:30は「みんみんの陽だまり時間:オレンジポマンダーを作ろう!」(自由が丘・九品仏)です。詳細と応募方法はこちらから。(太極拳クラスではありません)

 

 

☀「陽だまり」とは

ブログタイトル「みんみんの陽だまり太極道日記」の「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると素晴らしく居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、どことなくキリリとした印象もあります。太極拳を通して、こんな時間と空間を創っていきたい、陽だまりにつつまれて暮らす人、心身ともにゆとりある人を増やしたい、と思っています。

 

 

........................

いしい まゆみ(道号:静慧 / みんみん)

太極道家

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

講座のご案内は、こちらからどうぞ

 

 

 


お茶の時間

2017.12.05 Tuesday

(携帯用の茶器セット。片手の平に乗るくらいの大きさに収納できます。)

 

太極拳のクラスでは、ほぼ毎回、中国茶の時間があります。

 

お稽古時間によって、開始前だったり、終了後だったり、場合によっては途中休憩に淹れることもあります。公園でのお稽古のときも、水筒にお湯を入れて持って行き、その場で淹れています。旅行のお伴になるような、携帯茶器セットもあるのです。

 

このお茶の時間が、とっても好きなのです。

 

「中国でお稽古するときも、前後でお茶を飲むのですか?」と聞かれたのですが、そうではありません。

 

お茶を飲むのは、夕食後だったり、午後お昼寝の後の時間だったりします。お客さんを歓迎するために淹れることもありますが、みんなでワイワイ、お茶を飲みながらおしゃべりすることも、多いです。

 

(武当山で、お茶をふるまう先生(右))

 

お茶の時間があるといいな、と思いついたのは、2011年の春、中国にお稽古に行っていたときです。先生のお友達が作っている緑茶を、試飲させてもらう機会があり、そのとき一緒にいたドイツ人の友人が、「クラブに買って帰りたいから、たくさん買いたい」と話していたのです。彼の先生は、武当山にもよくお稽古に通っている人でした。お稽古前にいつもお茶を一杯飲んで、落ち着いてから始めるのだ、と話していました。

 

ドイツでも、みんな仕事が忙しく、ストレスを抱えていると聞いたことがあります。そんな中、お茶で一息ついてからお稽古するのは、大事な切り替えの時間なのかもしれません。主に東京で教室をしているわたしにとっても、同じことです。

 

そして、この時間、何よりわたしが好きなのです。

 

暖かいものをいただくと、ほっとします。

 

初参加で緊張気味な方にも、

あわてて駆けつけてきた方にも、ほっと一息。

 

お稽古に集中しすぎて周りが見えなくなっているときも、

上手くできないなあと、落ち込んだときにも、ほっと一息。

 

こんなゆとり、余裕を作ること(スペースを持つこと)を、とても大切にしています。

 

お茶自体が話題になることもあります。お茶から見えてくる中国の文化や生活など、わたしが感じたことを、いろいろお話をすることもあります。そんな話から、広がっていくものも、ありますよね。

 

お稽古の時間は、大切です。きちんと練習することは、必要です。

 

でも、わたしを育ててくれているのは、お稽古だけではありません。それ以外の時間、人との関わり、自然との関わりの中で、気づかせてもらったものがたくさんあります。

 

修行というものは、お稽古の時間だけにあるものではないと、感じます。

 

茶器セットが小さくて可愛らしいので、目を輝かせて見る方も。「ゆったりした時間を持ちたいから、欲しい」という方も。そんなことも、良いですよね。

 

 

 

【12月の特別クラスのご案内】

12月17日(日)の午後は、Bouquet(逗子・葉山)身体とこころのその先へ 〜本当の思いに触れに行く太極拳〜」(第4回:みんなが知らない太極拳ひみつ4 陰陽五行にみる体と心のつながり)です。詳細とご応募はこちらから。

 

12月23日(土)14:00-16:30は「みんみんの陽だまり時間:オレンジポマンダーを作ろう!」(自由が丘・九品仏)です。詳細と応募方法はこちらから。(太極拳クラスではありません)

 

 

☀「陽だまり」とは

ブログタイトル「みんみんの陽だまり太極道日記」の「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると素晴らしく居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、どことなくキリリとした印象もあります。太極拳を通して、こんな時間と空間を創っていきたい、陽だまりにつつまれて暮らす人、心身ともにゆとりある人を増やしたい、と思っています。

 

 

........................

いしい まゆみ(道号:静慧 / みんみん)

太極道家

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

講座のご案内は、こちらからどうぞ

 


あこがれ

2017.12.01 Friday

(Photo by Xie Okajima)

 

太極拳を続けてきたのは「好きだから」と言っていますが、もうちょっと言うと、「こうなりたい」という憧れがあるからです。

 

わたしがお稽古している武当功夫(内家拳)は、太極拳、八卦掌、形意拳と、気功や瞑想、基本功などがあります。

 

太極拳にも流派がたくさんあり、それぞれです。その中で、武当功夫に出会ったのは偶然ですが、それを続けたいと思っているのは、この人たちの動きやあり方に、憧れているからです。

 

体で言うならば、今よりもっと、

 

体重を感じさせず、忍者のように、龍のように

 

動きたいのです。

 

わたしの先生(武当玄武派第十五代伝人 明月師父)は、大きな体をしています。体重も、90キロ以上あります。でも歩く姿は軽く、バタバタと足音も立てません。

 

先生やお弟子さんたちは、高いところから飛び降りても、大きな足音が出ません。

 

八卦掌の歩法をすると、足裏が大地に吸い付くようで、まるで忍者のようです(足は地面を擦ってはいません)。

 

背中は龍のように柔かく動き、直線の骨があるはずの腕も、縄のようにしなって動きます。

 

その心の在り方は、自然を愛し、穏やかで、おおらかで、よく笑います。

 

武当山にお稽古に来る人は、みんな穏やかな表情になり、健やかな体になって、しあわせそうに帰っていきます。

 

体の動き、心の在り方、こんなところに憧れます。

 

子供のころから寄宿状態で毎日お稽古してきた先生たちと違い、わたしは大人になってから、そして体力的には下り坂に差し掛かるような年齢から、始めました。10代の子供とは、出来ることが違います。

 

この先、年齢はさらに増えていきます。それでもまだ、ちょっとでも近づきたいと思っています。

 

そして、ちょっとでも「これだ!」と思う瞬間がやってきたときには、とんでもなくうれしいのです。その中には憧れたものもありますが、思ってもみなかったものも、たくさんあります。

 

今の自分がダメなわけではなく、わたしも含めてみんな、今の自分で、今は充分です。でも、このままで良いわけではありません。憧れが続く限り、これからも楽しく頑張ります。

 

 

 

【12月の特別クラスのご案内】

12月17日(日)の午後は、Bouquet(逗子・葉山)身体とこころのその先へ 〜本当の思いに触れに行く太極拳〜」(第4回:みんなが知らない太極拳ひみつ4 陰陽五行にみる体と心のつながり)です。詳細とご応募はこちらから。

 

12月23日(土)14:00-16:30は「みんみんの陽だまり時間:オレンジポマンダーを作ろう!」(自由が丘・九品仏)です。参加費は、おひとり3,500円(材料費込、ハーブティー&おやつ付)。詳細と応募方法はこちらから。(太極拳クラスではありません)

 

 

(武当山にて。兄弟子のひとり)

 

 

☀「陽だまり」とは

ブログタイトル「みんみんの陽だまり太極道日記」の「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると素晴らしく居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、どことなくキリリとした印象もあります。太極拳を通して、こんな時間と空間を創っていきたい、陽だまりにつつまれて暮らす人、心身ともにゆとりある人を増やしたい、と思っています。

 

........................

いしい まゆみ(道号:静慧 / みんみん)

太極道家

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

講座のご案内は、こちらからどうぞ

 

 


「太極扇を体験してみよう」を開催しました

2017.11.29 Wednesday

 

先日の日曜日、太極扇の体験クラスを開催しました。

 

はじめて扇を手にする方、「開閉ができない」という方、すでに個人レッスンで套路を教えた方、様々なレベルの方が参加されました。

 

レベルが違う人たちでも、一緒にお稽古できるのです。はじめての人も、経験者も、みんなそれぞれのレベルで「もうちょっと」を目指すところが、太極拳の良いところです。

 

その中で「扇のお稽古は、太極拳をひととおり習ってからの方が良いのでしょうか?」というご質問がありました。

 

わたしが習ったときは「武器を持つ前に太極拳を習ってから」と言われましたが、今はどっちでも良いと思っています。

 

確かに、手に武器を持つ場合、持っているものに気を取られすぎることがあります。ぶんぶん振り回してしまったり、逆に振り回されたり、モノと自分が別々に動いてしまいます。

 

基本的な体の使い方、立ち方、歩法、全身がつながって動くことなどに、意識が回らなくなります。

 

「最初に太極拳を習ってから」というのは、上記のようにならないために、何も持たないところから始めた方が良いということです。

 

でも太極拳の套路(型)をひとつ覚えたといっても、「基本的な体の使い方ができる」という保証には、なりません。習得度は、人それぞれです。それなら、やりたいのなら、同時にやっていけばよいと思っています。

 

武器は、剣であっても、扇であっても、腕の延長です。

 

武器にも重さがあります。扇は軽いですが、それでも重さがあります。その重さを尊重することは、その存在、命を尊重するような感覚があります。

 

力で無理やり動かしたり、無駄な緊張があると、そのものの動きがとまり、命を止めてしまいます。

 

武器を持つことのメリットのひとつは、自分が力まかせに動いたり、無駄な緊張があることを、武器の様子が教えてくれることです。

 

お互いを尊重するというプロセスは、自分と外部とのつながりのはじまりでもあります。それは、「すべてのものはひとつ、大いなる源」という太極につながる道でもあり、意識の拡大にも、つながります。

 

こんな理由で、扇を習うのは、初心者でも構わないと思っています。ただし、習っていく先の過程では、個人によって、何をすべきかが変わってきます。

 

初心者が習うときも、扇だけ習うのではなく、同時に基本的な体の使い方を習うことは必要です。その進み具合によっては、しばらく基本練習に集中するほうがよいこともあります。基本が育っていかないと、型をひととおり覚えたとしても、そこからの進歩は望めないからです。

 

太極拳は、ここまでやったら終わり、というのはありません。ひととおり形を覚えたという段階はありますが、ひとつの節目でしかありません。覚えた段階での修得具合は、人によって違います。型をなぞるだけの人から、見えないところまで理解して動ける人まで、様々です。良い悪いではなく、そこから「もうちょっと」を進めて行けばよいのです。

 

真剣にお稽古することを、大切にしています。でも同時に、楽しくお稽古することも大切です。参加された方々が、「楽しい〜」と最後に言ってくださったことは、何よりもうれしいです。

 

「太極扇を体験してみよう」、次回は、新年1月14日(日)の午後、自由が丘で開催します。今回参加された方も、はじめての方も、みなさんいらしてくださいね。

 

☀日時:2018年1月14日(日)14:00-16:00 (13:30開場)

        ※終了後30分程度、中国茶のお時間があります(16:30終了予定)。

 

☀場所:自由が丘・九品仏駅近くの会場の和室(詳細は、お申込みいただいた方にお知らせします)

 

☀内容:武当太極扇

   ・扇の開き方、基本の扱い方

   ・武当太極扇の套路の練習

 

☀費用:4,000円(チケットご利用の方は、1チケット+1500円でもご参加いただけます)

    ※当日、お支払ください。

 

☀服装と持ち物:ストレッチのきいたパンツ、Tシャツ(長袖、半袖)、靴下(和室ですので、靴は不要です)、

    太極拳用の扇、タオル、飲み物

    ※お着替えいただけるスペースもあります。

    ※扇の貸し出し(おひとり500円)もあります。数には限りがあります。ご希望の方は、お申込み時にお知らせください。

 

☀お申込み方法:minminkungfu☆gmail.com(☆を@に変えてください)あてに、お名前、ご連絡先(お電話番号、メールアドレス)をメールでお送りください。口頭やメッセージなどで、直接お申込みいただくことも可能です。

 

 

【こんな方におすすめです】

・太極扇をやってみたい方

・扇を開くとき、バラバラと音が出てしまう方

・手で扇を開いてしまう方

・体と扇の一体感が感じられない方

・太極拳に行き詰まりを感じている方

※11月のクラスに参加された方も、はじめての方も、ご参加いただけます。

 

 

 

【12月の特別クラスのご案内】

12月17日(日)の午後は、Bouquet(逗子・葉山)身体とこころのその先へ 〜本当の思いに触れに行く太極拳〜」(第4回:みんなが知らない太極拳ひみつ4 陰陽五行にみる体と心のつながり)です。詳細とご応募はこちらから。

 

12月23日(土)14:00-16:30は「みんみんの陽だまり時間:オレンジポマンダーを作ろう!」(自由が丘・九品仏)です。参加費は、おひとり3,500円(材料費込、ハーブティー&おやつ付)。詳細と応募方法はこちらから。(太極拳クラスではありません)

 

 

☀「陽だまり」とは

ブログタイトル「みんみんの陽だまり太極道日記」の「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると素晴らしく居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、どことなくキリリとした印象もあります。太極拳を通して、こんな時間と空間を創っていきたい、陽だまりにつつまれて暮らす人、心身ともにゆとりある人を増やしたい、と思っています。

 

........................

いしい まゆみ(道号:静慧 / みんみん)

太極道家

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

講座のご案内は、こちらからどうぞ

 


≪イベント≫みんみんの陽だまり時間:オレンジポマンダーを作ろう!

2017.11.27 Monday

(オレンジポマンダー)

 

クリスマスの時期が来ると、作りたくなるものがあります。

 

それはオレンジポマンダー。オレンジにクローブをさして、シナモンをまぶしたものです。

 

イギリスのエリザベス朝時代に、疫病除け、魔除けのお守りとして、持ち歩いていたとも言われています。クローブの香りは虫が嫌うため、たんすに吊るすと虫よけにもなりますし、殺菌、芳香効果もあります。

 

作っているときから、オレンジのフレッシュな香りに、スパイシーなクローブの香りが広がり、ほっと心を温めてくれます。

 

オレンジとクローブの香りに包まれながら、のんびり時間を過ごしましょう。

 

太極拳をお稽古されている方も、そうでない方も、どなたでも、どうぞご参加ください。

 

黙々と作業するも、よし

今年を振り返るも、よし

来年の夢を語るも、よし

おしゃべりするも、よし

なんでもありです。

わたしからも、ハーブや老子のお話をしようと思っています。

 

ハーブティーとおやつ付きです。

 

 

【みんみんの陽だまり時間:オレンジポマンダーを作ろう!】

 

日時:12月23日(土)14:00-16:30

 

場所:自由が丘・九品仏付近(詳細は、ご参加の方にお知らせします)

 

内容:オレンジポマンダーの作成

   ※ハーブティー&おやつ付

 

参加費:3,500円(材料費込)※当日、お支払ください。

 

お申込み:minminkung-fu☆gmail.com(☆を@に変えてください)あてに、お名前、ご連絡先(Eメールとお電話番号)を記載の上、お送りください。直接、メッセージや口頭でお申込みいただくこともできます。12月18日(月)締切です。

 

ガイドする人:いしいまゆみ (太極道家)

道教の聖地でもある中国の武当山にて、太極拳をはじめとする内家拳を学んでいる。健やかな体と柔かい心、円満な人間関係で、楽しく、楽に生きる道を広めようと、太極拳教室を開催。AMPP認定メディカルフィトセラピストとして、アロマやハーブなどを使った植物療法の講師経験を持つ。モットーは「笑う門には福来る」。

 

キャンセルポリシー:準備の関係上、12月17日(日)以降にキャンセルされた方は、2,000円をお支払いただきます。

 

ご参加、お待ちしています。

 

 

☀「陽だまり」とは

ブログタイトル「みんみんの陽だまり太極道日記」の「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると素晴らしく居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、どことなくキリリとした印象もあります。太極拳を通して、こんな時間と空間を創っていきたい、陽だまりにつつまれて暮らす人、心身ともにゆとりある人を増やしたい、と思っています。

 

........................

いしい まゆみ(道号:静慧 / みんみん)

太極道家

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

講座のご案内は、こちらからどうぞ



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM