武当山日記:放松(ファンソン)

2015.10.03 Saturday























9月下旬から約2週間、武当山(中国、湖北省)にお稽古に行っていました。
そのときのお話を書いてみようと思います。

毎日必ずあるお稽古のひとつに、放松(Fàngsōng)と呼ばれるものがあります。
”放松”とは、リラックスと訳されることが多いのですが、
本当に全身リラックスしたら、人は立っていられません。
軸をしっかりさせて、不要な緊張を取り除いてリラックスさせます。

2人一組になって、相手の体を丁寧にほぐすところからはじめます。
上がその写真です。(写真は、今年の5月のものです)

その後、相手の体を押したり、ひっぱたりして、無駄な緊張がないかを確認しながら
放松の状態に導いていきます。
されている側も、自分で無駄な力が入っていないかなど、感覚を確認していきます。

それが下の写真です。

ある意味では、されるがままですが、自分の軸はしっかり持っています。
脚は大地に根をしっかり張り、頭は天に向かって真っすぐ伸びている状態です。





















人に触られることは、それだけで緊張します。
自分の半径60cm以内に人が侵入すると不快に感じると、聞いたこともあります。
ましてや実際に接触していると、そこに意識が向いてしまいます。
他人の動作によって影響されてしまう状態は、自分軸を失っており、
それこそ相手の思うツボです。

そうならないように、自分の軸をしっかり持つことを心がけます。
まず最初の段階のイメージは、草です。
風が吹いたり引っ張られたら、それに応じて動きます。自分で動いたりはしません。
引っ張られているのを離されたら、自然にもとに戻ります。
引っ張られているときに抵抗していると、離されたときに自滅します(笑)。

放松にも段階があって、次の段階のイメージは、どっしりした樹です。
太い幹は、押されてもたいていのことでは動きません。

これが、中国武術の体の使い方の基本だと思っています。

武当山で道路を歩いているとき、先生に横から押されたことがあります。
よろけたわたしに先生が、「太極拳の歩法でしょ」と一言。
ああ、そうか、と。
放松の状態で歩いていると、どっしりしているので、押されてもよろけません。

これ、すごく自己防衛にもなると思うのです。
普通に歩いているとき、悪気がなくてもぶつかられることもあります。
そんなとき、放松ができていれば、自分がつき飛ばされるリスクも少なくなると思うのです。

意識しなくても自然にできるようになるまでには、繰り返しの練習が必要です。
だからかもしれませんが、これは毎日お稽古します。

もうひとつ、自分なりにこのお稽古の意味を感じることがあります。
人に触られることで緊張する、と書きましたが、触る方も同じように緊張したりします。
相手を「別もの」と認識しているからかもしれません。
その意識を変える練習にもなります。
触ったところから相手の体が自分につながっていると感じていきます。

このお稽古をするようになって4年くらいですが、体の反応もだいぶ
変わってきたと思います。自分のプロセスを振り返ってみても、
焦らずゆっくり続けていくことが大事だと感じます。

そしてこれは、頭ではなく、絶対に自分の体で体験して、積み重ねて
いく必要があります。

わたしもまだまだ、発展途上です。
変化を感じていくのも、また楽しいのですよ。


calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM