心身の、平和な記憶

2015.08.12 Wednesday


(2011年、武当山で通っていた学校の庭から見た景色)

武当山に2か月間、お稽古に行っていたときのことです。
毎日、お昼休みの後には、六字訣(ろくじけつ)という気功をしていました。
肝、心、脾(胃)、肺、腎 という5つの臓器と全身をケアするものです。
立つやり方と、座るやり方の2種類があるのですが、このときはずっと座るやり方をしていました。

あぐらで座り、たとえば心臓であれば、呵(He)という音を出して心臓に響かせます。
息を吸って、吐いて、に伴う体の動きもあります。
全部だと長すぎるため、1日に3つずつ練習していました。それでも30分くらいかかります。

何よりもつらかったのが、あぐらです。
股関節が固いのか、だんだんと足がジンジンしてきます。
がまん大会のようでした。

このときは、細かい説明もなく、ひたすら真似する毎日でした。
でも、1か月くらいたったある日、突然、違う感覚を覚えました。

「背中(腰)が、あったかい。」
ほわ〜っと、温かいのです。
部屋の窓からは緑の樹が見え、明るい光がさして、鳥が鳴いています。
心身ともに、ものすごく静かで平和な感覚が訪れました。
何とも言えない、幸せな感覚です。

これが、わたしが今、大切にしている平和な感覚を、はじめて感じたときだと思います。




それまでわたしは、目標を立てて達成することに意義を見出すタイプでした。
さほど競争心はない、と人に言っていたものの、(自分で本気でそう思っていたものの)、
実際には自分を競争に駆り立てていました。自分との闘いです。
立てた目標を達成したら勝ち、達成できなければ負け、です。
すごく自分にも厳しかったのです。
そんなわたしに、「みんなあなたのようになんでもできない」と言う人もいました。
でも、わたしだってなんでもすぐにできるわけではなく、努力の結果なのだと思っていたため、
そんなふうにいう人たちを、「自分たちが努力しない言い訳だ」とも思っていました。
今から振り返ると、かなり傲慢です。(ごめんなさい。)

自分を競争に駆り立ててずっと戦いの中にいる生活が、続くわけはありませんでした。
達成しても、自分は幸せではないことにも気づきます。残っているのは疲労感だけです。
そして痒疹という皮膚疾患にかかり、痒くて夜も眠れないときもあり、
ここではじめて、ずいぶん自分を追いつめてきたことに気づきます。
心身ともに疲労しきった自分を立て直すために、2か月、武当山で過ごすことにしたのです。

頭で考える前に動くと決めて、毎日お稽古していました。
できる、できないではなく、とにかく目の前のことをやるだけです。
最初は東京を離れた解放感と、違う土地で過ごす特別感で、ある意味、ビジターズハイとでもいうのか、
穏やかな時間が流れました。「こんな風に東京でも過ごせるはず」と思っていたのですが、
長くなってきて、旅行者ではなく、生活者になってくると、
生活に伴うストレス、人間関係のストレスなど、東京であった問題と同じようなことがめぐってきました。

苦しさも抱えながら、でも、毎日ひたすらお稽古して、お昼後には同じ六字訣を繰り返します。
そんなときに突然覚えたのが、上に書いた幸せな感覚です。

何かを手に入れたわけでもなく、達成したわけでもなく、
ただ、わたしがそこにいるだけで、とても平和で穏やかで、幸せなのです。
あるがまま、という表現をする場合もあるかもしません。

このときから、「わたしはすごく平和な感覚を知っている」と思うようになりました。

問題は、それが長く続かないことです。
知っているのに、忘れることです。
昔の癖で、何かを達成しないと価値がないという強迫観念にかられそうになる自分も感じることがあります。
それはもう違う、と知っているにも関わらず、です。

わたしが太極拳をするのは、これを思い出すためなのかもしれません。
わたしの太極拳を見て、「太極拳をするように、毎日を過ごせばいいのに」と言われたこともあります。
そのときのわたしは、何も望まず、エゴもなく、ただひたすらその場にいて、
穏やかで平和な状態に近くなれているのかもしれません。

今の課題は、この平和な自分でいる時間を長くすることです。
外で嵐が吹いても、やりが降ってきても、自分は平和でいることです。
そのために、とにかく自分に無理を強いず、丁寧に生きることを心がけています。

丁寧に生きると言っていても、実は中途半端な自分をよく発見します。
雑に扱ってしまっているのです。
どうやら本気度が足りないらしく、そうしていると雑な事件がおきます。先日の腰痛騒ぎのように、です。

頑張るという言葉が好きではないわたしですが、
この1か月は、とにかく丁寧に生きることを頑張ることにしました。
平和な自分を安定させるために、です。
1か月、と期限を切ったのは、次に武当山に行く前に、それに区切りをつけたいからです。
毎日を丁寧に生きることこそ修業なのだと、今は思っています。

がんばります。


(当時お稽古していた、田理阳師父の学校の中庭)
 



calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM