がんばって、と言えないとき

2020.07.26 Sunday

(Photo by Xie Okajima)

 

コロナと共にある生活は、以前はうまく回っていたものが、全然動かなくなることもあります。

 

人によって、業態によって、大きく影響が出るところ、比較的軽いところ、いろいろですよね。ここまでのものは、誰も予想していなかったので、備えようもありません。

 

一緒にがんばろう、という言葉は、よく聞かれます。

 

わたしも、ときどき言います。

 

でも、頑張ってもうまく結果がでないときに、「がんばって、と言われるのはしんどい」という話も、聞きました。もちろん、言っている人が応援する気持ちで言ってくれているのは、わかった上で、です。

 

確かにわたしも、特定の人に対面しているときや、メッセージを送るときは、この言葉を使う気にならないときがあります。もう十分がんばっているだろうし、それでどうしようもない状況では、その思いを伝えたくても、かける言葉が出てきません。

 

何かできることがあれば、その気持ちを行動で示す方法もありますが、そうもいかないときもあります。

 

こういうことって、正解はないのだと思います。

 

言葉にならないものを、あえて言葉にするなら、「あなたの生き抜く力を信じている」になるような気がします。

 

それが「がんばって」という言葉になることもあれば、今のような状況では、言葉にならないこともあります。難しいですよね。

 

6月に「一期一会」というタイトルで、「またね」が、二度と来ないこともある、と書きました。簡単に使う言葉ですが、それが来ないのだ体験をとすると、この言葉の重さを、ずっしり感じます。

 

キツい体験をすると、あまり考えずに使ってきた言葉を、簡単に言えなくなるのかもしれません。

 

「がんばって」も、よく使う言葉ですよね。

 

原則、わたしは「毎日、あきらめないという選択をする」ことが好きで、頑張ることも大事だと思っています。でもそれは、しっかり休めているならば、という前提つきです。

 

休みが足りない人にこの言葉をかけると、追い詰めてしまうことがあるからです。

 

ずっと昔、かなりがんばってきたことがあって、そのときに支えてくれていた人からかけられた、印象的な言葉があります。

 

結果として〇×が出ることで、「とにかく、がんばろう。がんばって、もしだめだったら、少し休もう。」と、言われたとき、「がんばり続けなくていいんだ」と、ものすごくほっとしたのを覚えています。

 

実際そうなったとき、本当にゆったり休めるかというと、そうではないですけどね。このときもダメだったので、しばらく落ち込んだり、もやもやしたり、焦ったり、ゆらゆら揺れていました。

 

わたしは、けっこう楽観的で、「仕方ないものは、仕方ない」と割り切りもある方だとは思いますが、モノによっては、そうもいかないときもあります。

 

けっこう大きく目標にしてきたことだったので、もしそれがダメだったらなんて、考えておかないですよね。振り返ると、落ち込んだり、もやもやしたりという状態も、休む、ということだったのかなと思います。

 

今は厳しい状況が長引いていて、それがまだ続きそうなので、「ちょっと休もう」ともいきません。

 

誰かに応援する思いを伝えたいときは、その人を前にしたときに、自分からどんな言葉が出るのか、待つしかないような気がします。

 

できれば、相手の力になるような言葉を送りたいし、意図せずに傷つけるようなことは避けたいですが、相手がどう受けとるかは、その人の状態にもよりますよね。そこまでコントロールすることは、できません。

 

大変でも、気持ちに余裕があれば、「がんばって」も、うれしく受け取れるかもしれませんし、気持ちに余裕がなければ、追いうちをかけてしまうかもしれません。

 

逆の、受け取る立場になってみると、先日書いた「心を開いて、誉め言葉や心配を受け取る」にもつながると思うのですが、きつい状況のとき、そうやって声をかけられたら、そのまま受け取りたいとは思っています。

 

その言葉がしんどかったら、それをそのまま、話してみてもいいのかな、と思っています。

 

自分が声をかけるときは、簡単に言ってしまいがちな言葉を、もうちょっと丁寧に扱ってみたいです。

 

「がんばって」と言いにくいときも、それをそのまま、伝えてみる方法もあるのかもしれませんし。うっとおしいだけかもしれませんが、相手が受け取る、受け取らないは、相手の自由ですし、それを尊重するとして、自分は、自分のしたいと思うことを、したいと思っています。

 

根底にあるのは、やっぱり、「あなたの生き抜く力を、信じている」なのですけどね。

 

 

【おうちで過ごそう!応援企画】

すきま時間にできる、カンタン体操を動画でご紹介しています。リフレッシュにも。こちらから。

 

 

オンラインでの動画レッスン始めました。
 
≪入門編≫
    立ち方、歩き方の≪基本編 ≫と、太極拳の動作の練習としてもおすすめの≪武当五行六合功編≫のセットです。詳しくは
こちら
 
≪武当太極拳編≫
    武当三十六式太極拳をいくつかに分けてご紹介します。「その1」は、
    第1式〜第10式です。詳しくは
こちら
 
≪立ち方編≫
    地に足をつけて、自分らしく生きるための基盤を作ります。≪入門編≫の「基本編」第1講の単発講座。太極拳をしない方にも。詳しくは
こちら

 

 

【8月の特別クラス】

  8月 2日(日)10:00-11:30 「みんみんの ぽかぽか陽だまり太極拳」(茅ケ崎市)詳細とお申込方法はこちら

 

  8月 6日(木)10:00-11:30 「八郷のやさしい太極拳」(つくば:石岡市)詳細とお申込方法はこちら

 

  8月 9日(日)14:30-16:30はじめての形意拳」(九品仏)詳細とお申込方法はこちら

 

  8月16日(日)14:00-16:30「たのしい太極扇」(九品仏)詳細とお申込み方法はこちら

 

  8月23日(日)14:00-16:30 「ホントにはじめての武当太極拳・気功(池尻大橋)詳細とお申込方法はこちら

 

  8月30日(日)14:00-16:30  「やさしい站椿功」(池尻大橋)詳細とお申込み方法はこちら

 

 

「陽だまり」とは

「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、りん、とした印象もあります。人が集って、一緒にお茶でも飲んでなにげない話をして、ほっとする場所でもあります。太極拳を通して、陽だまりのような場を創っていきたいと思っています。

 

..☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...

 

いしい まゆみ(道号:静慧)/ みんみん)

太極道家

講座のご案内は、こちらから


0
    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM