武当山の南岩

2015.06.14 Sunday


(南岩。自分のお部屋から見える景色)

わたしがお稽古に行く南岩は、武当山の中腹にあり、玄武大帝(道教の神様のひとり)
が、ここから天に向かって飛んだという説もある、聖なる地です。36の岩のうち、
もっとも美しいと言われています。

わたしにとってはホームのような、愛しい場所です。

ここには南岩宮という道教のお寺が、崖に建っています。
















(崖に建つ南岩宮)















(南岩宮)

ここで有名なのが、龙头香(龍頭香)です。
金頂(武当山の頂上)に向かって伸びる龍の頭の先に香台があります。

















龙头香を横から見たところ。下はけわしい崖です)



龙头香を手前からみたところ)

映画「ベストキッド2」で、師匠に連れられて修業のために山に行く場面が
ありますが、そこが武当山です。この場所も、映画に出てきました。

この龍の頭の大きさは、2.9m x 0.3mです。この先にお香の台があるため、

かつて道士たちは、ここを歩いてお香をあげていましたが、足を滑らせて落ちて
お亡くなりになる人も多かったそうです。あまりの惨事に、現在はこの上を歩くことは
禁止され、香台も手前に設けられています。

奥にはこんな場所もあります。


穴の開いた通貨の奥に、鐘があります。
手前には柵があり、ここからコインを投げて、通貨の穴を通して鐘に当たれば
願いが叶うと言われています。一度、見事に当たったことがあるのですが、
投げる前にお願いごとをしていませんでした。
「それでは意味ないよ」と笑われましたが、
結局、わたしには無欲が一番、と思っています(笑)。

南岩は、山の中でも比較的にぎやかな場所です。
ここに泊まって、朝の4時半くらいに金頂に向けて出発する人もいるため、
おみやげやさんやホテルも立ち並びます。
祭日は、バスの台数も、観光客の数も、多くなり、
山頂の向かう山道は長蛇の列になるとも聞きます。
















(おみやげやさんがならぶ通り。このだらだら登り坂、
わたしにとっては、早朝、ときどき駆け上がるランニングコース)

でも、普段は静かなところです。
毎日、違う景色を見せてくれますし、
朝、昼、夕方、夜と、変わる姿は、本当に美しいです。

南岩には、ほかにも小さなお寺などもあります。
そのご紹介は、また次の機会に。

(いつものお散歩コースから撮影した写真)
 

コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2017/09/25 1:52 AM
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM