空間で、ふわりと浮くように、立って動く

2019.11.22 Friday

 

太極拳をしていて、いいな、と思うことはいろいろですが、とりわけ好きなのは、ふわりと浮く感じです。

 

水の中で歩くとき、動きはスローモーションっぽくなりますよね。踏み出した足も、がつがつ底に当たるのではなく、ふんわり浮きながら移動していきます。

 

空間でも、体と意識の使い方次第で、ふんわりと浮くような感覚を味わえます。

 

膝も痛めません。膝を痛めてしまった人も、状況によりますが、リハビリにもなるでしょうし、また痛めないための、新しい体の使い方も身につけられます。

 

体にもよく、健康促進にもなりますが、それよりも、とにかく気持ちよいのです。

 

これはどこから来ているかというと、”縦に伸びる力”です。びよーんと縦に伸びるバネのようなものです。バネをきゅっと縮めると、さらにびよーーーんと伸びる力が増しますよね。太極拳で腰を落とすというのは、こんな感じです。つまり、びゅんっと伸びる強い力を蓄えています。

 

”立つ”ことは、重力に対して抗重力、上に向かう力が働いています。ただ、普通によくある立ち方では、重力を上手く利用できていない感じで、歳を重ねるにつれて、どんどん背骨や関節の隙間が狭くなり、背も縮み、体も硬くなっていきます。この状態で「腰を落として」と言うと、さらに下に沈んでしまいますし、体重は膝にかかりがちになります。頭の上からちょっと押すと、腰を落としたときに、ずるずる沈む感じがわかります。

 

バネが効いている状態は、腰を落としたとき、頭の上から押しても、ずるずる沈んでいく感じがしません。もちろん背は低くなりますが、上に向かう力が働き続けます。

 

見た目にはわかりにくいのですが、誰かに頭の上から手で押してもらうと、2つの違いは明らかです。

 

バネが効いている(縦に伸びる力が働いている)と、背骨などの関節の隙間も広がり、体の中に空間が生まれます。縮んで硬くなることが、老化のひとつの現れだとすると、毎日、関節の隙間を空け続けていたら、老化スピードも遅くなりますよね。「太極拳をする人は、20年たっても同じ体」と言われるのは、こんなところからも来ていると思います。

 

縦に伸びるとは、「足で地面を押して、頭が天に向かって伸びる」ことです。そのとき、足の裏から頭のてっぺんまで、力がしゅっと通るように、無駄な緊張がないことが大切です。

 

主なポイントは、膝、股関節、腰(ウェストライン)、首が緊張していないことです。

 

たとえば、”反り腰”と言われるような状態だと、足裏で地面を押すことでできる上に向かう力が、腰の緊張で行き止まりになってしまいます。こうなると、体全体ではなく、部分で動かしがちになります。協調性はありませんし、力も必要ですし、非効率ですよね。

 

こんな状態では、めぐりも悪くなります。

 

「足で地面を押して、頭が天に向かって伸びる」感じと、それを実現させてくれる膝、股関節、腰、首の緊張がない感じは、コツにそって、あれこれ自分で試して、時間をかけて経験を積むことで、育ってくると思います。

 

コツを教わらなくても、自分で発見していけることもあるかもしれませんが、それよりも、先人の知恵に頼るほうがよいです。頼れるものは、頼りましょう。その先は、誰かに代わりにやってもらえることはなく、自分で経験して感覚を育てていかないといけませんしね。

 

「足で地面を押して、頭が天に向かう」というと、イメージとしてはわかる気がするかもしれませんが、実際にやってみると、なかなかぴんと来ない人も多いようです。

 

原因は人それぞれですが、多くの場合、体重を乗せることと、足裏で地面を押すことの区別がついていないことです。

 

「地面を押して」というと、ぐーっと体重をかけていく方も多く見られます。この場合、頭は上に伸びず、上から押すと下に下がります。また見た目にも、骨盤のあたりから下に落ちている感じです。横から押すと、そこそこ重さはあって動きにくいのですが、例えるなら、岩のような感じです。強い力で押したら、重いスーツケースが横にずれるみたいになるか、岩が砕けてしまうようになるか、どちらかになります。

 

こういうとき、首から修正していくと、上手くいくことがあります。あごを引き気味にして、首の後ろを伸ばします。あごを引くときは、引いて固定させるのではなく、ずっと引き続けるイメージです。首の後ろも、ぴんっと伸ばすのではなく、じゃばらが自然に開いていくような感じです。

 

多くの人の首は、本来の長さよりも短いようです。後ろから両手で耳の下あたりを引き上げると、にゅーっと長くなる人がほとんどです。

 

緩んだまま首が伸びると、背中の上の方も、連動して伸びてきます。首が伸びて上に向かう力ができると、足で地面を押す力も生まれやすくなります。バランスですね。

 

首が伸びるといいことが、もうひとつあります。肩が上がりにくくなります。

 

人の体は、よくも悪くもバランスを取っていて、緊張は緊張とバランスします。首が短くなっていると、肩も上がり気味になります。

 

首が緩やかに伸びている状態で、肩を上げようとしても、難しいです。緩んでいるもの同士でバランスをとっているのですね。

 

他にも、膝、股関節、腰の状態は、縦に伸びる力をしゅっと通すために、大切なポイントになります。このあたりをちょっとずつ修正していくだけで、驚くほど楽に立てるようになりますし、その時点で作っていた緊張ならば、その場でゆるっと緩むこともあります。

 

人は立って生きる動物ですから、楽に立てたら、毎日が、いろいろと変ってくるのではないか、と思っています。身体的にも、精神的にも、です。

 

楽に立てたら、毎日が楽になると思っています。

 

 

立ち方を、じっくり見直してみたい方には、「やさしい站椿功:しあわせを呼ぶ7つのステップ」(11月24日(日)14:00-16:30) 詳細とお申込み方法はこちら

 

 

【これからの特別クラス】

11月24日(日)14:00-16:30「やさしい站椿功:しあわせを呼ぶ7つのステップ」 詳細とお申込み方法はこちら

 

12月7日(土)14:00-16:00  「じんわり温まる温灸メガネを作りましょう」(自由が丘)詳細とお申込み方法はこちら

 

12月8日(日)14:30-16:30「はじめての形意拳」 詳細とお申込方法はこちら

 

12月14日(土)14:00-16:30 「ホントにはじめての武当太極拳・気功(自由が丘)詳細とお申込方法はこちら

 

12月15日(日)15:00-17:30「たのしい太極扇」(池ノ上)詳細とお申込み方法はこちら

 

12月22日(日)14:00-16:30  「やさしい站椿功」(自由が丘)詳細とお申込み方法はこちら

 

 

☀「陽だまり」とは

「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、りん、とした印象もあります。太極拳を通して、陽だまりのような場を創っていきたいと思っています。

 

...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...

 

いしい まゆみ(道号:静慧)/ みんみん)

太極道家

講座のご案内は、こちらからどうぞ。

 

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM