夏バテを救う站椿功

2019.08.09 Friday

(中国、武当山の逍遥谷)

 

猛暑が続きますね。

 

梅雨明けから10日間くらい、体も暑さになれていないため、いちばんキツイのだという話も聞きました。

 

わたしもグッタリしていました。

 

クラスがあるとき、そして必要な日々のことをする以外は、ダラダラやる気も出ず、ぐうぐう寝ることも多かったです。

 

ほぼ常にある「あれが食べたい!」という欲求もなりをひそめ、これは「夏バテ」というものではないかしら。

 

陰と陽の考え方に、「しっかり休めば(陰)、自然と動きは始める(陽)」があります。

 

行動することは「良し」とされ、休むことは「さぼっている」と否定的にみられることもあります。または、誰に言われなくても自分が、休む=何もしていない=生産性がない=役にたっていない、と自分を責めてしまうこともあります。これはキツイですよね。

 

わたしもつい、自分を責めそうになることもあります。ただ幸い(?)、ダメなときは本当にできないので、諦めるしかありません。

 

何でもできるわけではありませんし、「できなくていい」と、諦めることができたら、本当の意味で諦めなくて済むのではないかしらね。

 

数日前、「よし、站椿功だ」と思い立ちました。これなら、冷房のきいたお部屋で、安全にできます。

 

站椿功は日常的にもやっていますが、このときは、なんといえばいいのか、この夏バテの苦境(?)からの打開策を求めたみたいな感じです。

 

站椿功は、わたしにとっては、窮地に救いを求めるみたいな存在でもあります。悩んだとき、気持ちが落ち着かないとき、スランプのとき、など、

 

やり方など何も知らなかった10年前も、それなりにやり方がわかってきた今も、それは同じです。

 

後づけで言うなら、「基本に戻る」とも言えます。シンプルなので、やり方を知らなかったとしても、ひたすらやり続ければ、自分なりに道を見つけることができますし、それがやりやすいとも言えます。

 

動きがある場合は、動きに気がとられてしまうために、こうはいきません(わたしの場合は、です)。

 

站椿功は、良い感じのとき、なんだかダメなとき、いろいろです。でもなぜか、「良い感じだからいい、ダメだから良くない」と思ったことはなく、一喜一憂することなく、やってきました。

 

たぶんそれが、站椿功の良さだと思います。

 

さて、今回はどうだったかというと、やり始めてすぐ、体の中が温かく、めぐる感じがしました。猛暑なのに?と思うかもしれませんが、冷房による冷えも、あったのかもしれません。この温かさ、めぐる感じは、とても気持ち良かったです。

 

40分くらいしていると、「あ、もう動ける」と感じました。

 

太極拳やら気功やら、あれこれゆっくり動いてみると、なんとも気持ち良いのです。

 

太極拳の型は、套路といいますが、套路ばかりを繰り返しているよりも、站椿功に時間をかけて、そこで得た感覚を套路に反映させていく方が、「ステージが上がった」という感覚があります。

 

上がった、というよりは、変った、という方がふさわしいかもしれません。「これ、これ!」みたいな感じが、やってくるときがあります。

 

そういう変化は、套路の繰り返し練習から得られないわけではないですが、もっと基本的な站椿功や、地味な動きの気功の練習を繰り返した後に、やってくることが多い気がします。

 

それは、たまらなく楽しい瞬間です。(すっかりオタクな感じではありますが。)いいなあ、これ、とすごく思えます。

 

地味な站椿功を続けるのは、これが、目には見えない深い豊かさをもたらしてくれるからかもしれません。体の使い方も、あり方も、心の持ち様も、あり方も、意識のあり方も、です。

 

そいういうわけで、猛暑は続きますが、わたしの夏バテ期間は底を打ったようです。(といっても、まだ気をつけないと。)

 

8月8日に立秋を迎えました。日中の猛暑は変わらずですが、朝晩は涼しさを感じることもあり、また日中の風も、だいぶ心地よくなりました。

 

日当たりの良い部屋でも、冷房なしではいられなかった数日前に比べたら、窓を開けるだけでも大丈夫です。(環境にも人にもよりますから、必要に応じて冷房はつけてくださいね。)

 

夏バテから脱出できたのは、季節が移り変わったおかげも大きいですね、きっと。

 

猛暑だったり、感情の起伏だったり、きつい環境だったり、生きているといろいろなことが起きますよね。そういうとき、基盤になるもの、帰ってくるところがあることは、大事なことだと思います。

 

自分を取り戻すきっかけになります。取り戻せば、動き始めます。人は自然の一部で、それは変化し続けるものですから。

 

夏バテの人、何か基盤を作りたい人、週末にはそんな方のためのクラスがありますよ。その気になった方、タイミングが合う方は、ぜひどうぞ。

 

8月10日(土)14:00-16:30 「はじめての武当気功

 ひざを守り、体が気持ちよく伸び、楽に力を出すコツがつまった、「撑字訣」という気功を、丁寧にやっていきます。

 詳細とお申込方法は、こちら

 

8月11日(日)14:00-16:30  「やさしい站椿功」 

 キツイ、苦しい印象もある站椿功ですが、やさしく立てたら、やさしくなれます。自分にも、他人にも、環境にも。

 詳細とお申込み方法はこちら

 

 

【8月 その他の特別クラス】

8月17日(日)15:00-17:00「はじめての形意拳」 詳細とお申込方法は、こちら

 

8月18日(日)14:00-16:30「たのしい太極扇」 詳細とお申込み方法はこちら


8月24日(土)15:00-16:30「八郷のやさしい太極拳」 詳細とご申込み方法はこちらつくば近郊の方、ぜひ!

 

8月25日(日)14:00-16:30「ー20歳のカラダ❤ホントにはじめての武当太極拳」 詳細とご申込み方法はこちら

 

 

☀「陽だまり」とは

「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、りん、とした印象もあります。太極拳を通して、陽だまりのような場を創っていきたいと思っています。

 

...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...

 

いしい まゆみ(道号:静慧)/ みんみん)

太極道家

講座のご案内は、こちらからどうぞ。

 

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

ブログ: みんみんの陽だまり太極道日記(http://blog.minminkung-fu.com/)

「太極拳、あるある、ないない話」Facebookページで毎日更新:こちらから

日々の好きなものを投稿するInstagram:Instagram(@mayuminmin927)

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM