太極拳と気功の違いと関係

2019.04.19 Friday

(武当五行六合功という気功)

 

太極拳と気功、別のカテゴリーになりますが、実際にはとっても関係しています。

 

流派によってお稽古の仕方は違うと思いますが、わたしの経験では、気功の練習なくして太極拳は成り立たないと、思っています。

 

このため太極拳のクラスでも、気功や站椿功などの練習も入れています。

 

では太極拳と気功、どこが違うのでしょうか? 

 

明確に違うところは、太極拳は相手を想定した攻防であること、気功はひとりでするもの、という点です。

 

太極拳の套路(型)は、現実にペアでするものではありませんが、”ここで相手の腕を取って引いて、それから前に打つ”など、攻防の連続です。

 

それに対して気功は、相手がいません。ひたすら自分に向き合います。(注:世の中には相手をケアするような気功もありますが、ここで言っている気功は、他人を治療したりケアする目的のものではありません)。

 

攻防の連続である太極拳は、動きが多くなります。相対的に、気功は動きがシンプルで少ないです。

 

太極拳は動きが多いために、見える形に気を取られやすくなります。足はこう、腕はこう、体の向きはこっち、と、見える形を真似ていきがちです。

 

見た目でいえば、太極拳の動きはとても複雑です。例えば体と腕と、前の方に進んでいたものが、途中から腕は前に進み続け、体は後ろに少し下がったりします。

 

形をそのままコピーするのは、とんでもなく大変なことです。中国でも「難しくて覚えられない」と根を上げてしまう人がいる、と聞いたことがあります。

 

こんなとき、気功や立ち方、歩き方など、自分ひとりだけの練習が役に立ちます。基本的な体の使い方、力が出る方法、陰と陽の原理で調和を取ながら動くコツなどがわかってくると、太極拳の套路を習うとき、受け取れる情報量が変わってきます。

 

例えば上に書いた「体と腕が、最初は前に進んでいたのが、途中から腕は前、体は後ろに下がる」という動作が、そうしようとしなくても、自然にそうなるようになります新しい套路を習うときも、こういう動きを見たときに、「ここは自然にこうなる」ということがわかるようになります。するとそこは、覚える必要はありませんよね。

 

これは、体験しないとわかりにくいかもしれませんね。

 

わたしも習い始めた頃は、動きをコピーしていたと思います。足はここに出して、体重を移動して、お腹を回して、というようにです。コピーとしては頑張ったと思いますが、今、ビデオに撮っていた昔の動きを見ると、外側が動いている印象です。内側から力が伝わって動いているのではなく、動きを表面的にコピーしているだけです。

 

もちろん太極拳だけでも、続けているうちに「ここは、本当はこうなのではないかしら?」と気づいていくこともあります。ですから、太極拳だけではダメだというわけではありません。また、見た目の動きに騙されないように教えることも、できないわけではないと思います。

 

それでも、わたしの場合は、動きが少なくて単純な気功を、続けて練習しておくことによって身に着いたもの、気づいたことを、太極拳に応用していく方が、はるかに多いです。

 

ときどき、「太極拳が楽しくて続けてきたけれども、壁に当たってしまった」と言って、クラスに来られる方がいらっしゃいます。

 

そういう方は、立つこと(站椿功)や歩くこと、気功などの基本練習をしていくことで、新しく見えてくるものがあるはずです。

 

今までとは違う、意識の向け方、体の使い方をするため、最初は戸惑うことも多いでしょう。経験があるだけに、ギャップも感じて大変なこともあるでしょう。

 

でも、ここで諦めなければ、それまでやってきたことも、ちゃんと活かしていけるようになります。やってきたことは、何ひとつ無駄ではないのです。欠けていた視点や意識、体の使い方のコツなどを入れていくことで、「この動きはこうだったのか」と腑に落ちるようになります。

 

基本があることで、応用が効くといいますよね。気功や站椿功、歩く練習は基本で、太極拳が応用みたいな感じです。

 

でも、この応用があるからいいのですよ。

 

なんといっても、相手がいるわけです(見えない相手ですが)。攻防があることは、社会性があることでもあります。より実社会に近いですよね。

 

太極拳とは、人生を体現していると感じます。太極というひとつの源、すべてが調和している所から、陰陽がある世界が生まれ、陰と陽がくるくる転換しながら人生が進んでいきます。その過程では、他人との攻防があります。バランスを崩しやすい環境の中で、調和を求め続け、最後には太極というひとつの源に還っていきます。

 

ひとりだったらできることも、誰かからプレッシャーをかけられたらできないこともあります。でも、それが現実ですよね。

 

この応用があるから、また基本が大事だと思えます。

 

まずは安心できるところで、ひとりでじっくり自分を整えてから、社会に出て行く、みたいな感じでしょうか。

 

わたしにとっては、気功も太極拳も、どちらも大切です。

 

なお、武当拳には、このほかにも八卦掌と形意拳もあり、こちらも大切ですが、長くなってきたので、それについては、また次の機会に書きますね。

 

 

【特別クラスのご案内】

4月21日(日)14:00-16:30は「たのしい太極扇」です。詳細とご応募方法はこちら

 

4月28日(日)13:00-15:00は、千葉県香取市(小見川)の「立って、歩いて、太極拳」です。詳細とご応募はこちら

 

4月29日(月・祝)14:00-16:30は「−20歳のカラダほんとにはじめての武当太極拳」です。全くの初心者、もしくは太極拳のお稽古に悩んでいる方に。太極拳とは?というお話から、基本的な体の使い方を体験できます。詳細とご応募はこちら

 

5月11日(土)14:00-16:30は「やさしい站椿功」です。詳細とご応募はこちら

 

5月12日(日)14:00-16:30「内なる自然に還る旅:魚からの進化をたどって若返ろう!」第4回 より速く:草原を走る四つ足動物チーター です。詳細とご応募方法はこちら

 

 

☀「陽だまり」とは

「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、りん、とした印象もあります。太極拳を通して、陽だまりのような場を創っていきたいと思っています。

 

...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...

 

いしい まゆみ(道号:静慧)/ みんみん)

太極道家

講座のご案内は、こちらからどうぞ

 

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

ブログ: みんみんの陽だまり太極道日記(http://blog.minminkung-fu.com/)

「太極拳、あるある、ないない話」Facebookページで毎日更新:こちらから

「すきなもの」Instagramでほぼ毎日更新:Instagram(@mayuminmin927)

 

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM