大器晩成

2019.04.12 Friday

 

 

本屋さんが好きです。

 

「これ」と決めた本は、ほとんどネットで買ってしまいますが、ちょっと時間があるとき、よさげな本屋さんを見かけたとき、吸いこまれるように入ります。

 

ぐるっと回るうちに、面白そうな本が見つかることも。

 

昔、ときどき行くところに、小さな本屋さんがありました。ぐるっと回ると1〜2分くらいの、ささやかなお店でしたが、行くと必ず面白そうな本に出会えました。ご主人のセンスかしらね。今は行かないところなのですが、大好きな場所でした。

 

 

先日、新しい老子の本に出会いました。文庫なのですが、装丁が美しく、手に取ったら手放せなくなってしまいました。

 

老子の「道徳経」は、81章約5000語という短いものなのですが、短いだけに、そのことばをどう解釈するかは、いろいろです。

 

個人の生き方、リーダーのあり方、政治の行い方など、同じ章でも、視点が違うといろいろ読めます。太極拳との関連でも、読めます。老子の思想を体現化したものが、太極拳とも言えますしね。

 

さて、その老子の「道徳経」、実は原本はひとつではありません。

 

老子という人自体、あまりはっきりわかっているわけではありません。一般的には、司馬遷の「史記」に書かれている人とされており、周王朝の守蔵質の史、つまり国の国会図書室の役人でした。

 

老子は、周の国が衰えるにおよんで、首都の洛陽を立ち去ります。そのとき、函谷関(かんごくかん)もしくは散関(さんかん)どちらかの関所を通るときに、関守の尹喜(いんき)に留意されます。それを振り切って去ろうとする老子に、尹喜が、せめて何か残してくださいとお願いし、一晩で書いたものが「道徳経」と言われています。

 

長い間、原文とされてきた「道徳経」は、唐の時代、7世紀に建てられた石碑に掘られていたものです。唐の王室は道教を重要視しており、各地に道観(道教の寺院)を建立し、そこに石碑も作っていたようです。

 

でも20世紀に入り、遺跡から絹に書かれた2種類の「道徳経」が見つかります。唐の時代の石碑に掘られていたものと、大筋は同じなのですが、ところどころ、表現や文字が違っています。

 

「大器晩成」は、41章に出てきます。

 

石碑に書かれているものは、

大方無隅

大器晩成

大音希聲

大象無形

(大きな四角には隅がなく、大きな器は完成するのがおそく、大きな音はほとんど聞こえず、大きな現象には形がない)

 

大器晩成は、大物は、ゆっくり育つ、というような意味で、不器用だったり、なかなか成果が出ない人に、励みのことばだったりしますよね。

 

一方、絹に書かれた「帛書(はくしょ)」では、

 

大方無隅

大器免成

大音希聲

天象無形

(大きな四角には隅がなく、大きな器は完成せず、大きな音はほとんど聞こえず、天の現象には形がない)

 

と書かれています。

 

なるほど、よちよちと、ずっと老子を読んできた身としては、大きな器は完成せず、という帛書の解釈は、すごく老子らしいなあと感じます。

 

もしかしたら、大器晩成と言われる方が嬉しくて、「完成しない」と言われてしまうと、がっかりするかもしれませんよね。

 

でも、結局同じことだと思うのです。大物は、ゆっくり成長していき、その成長は止まることがないのですから。

 

その人が大物かどうかを決めるのは、自分ではなく、人ですよね。場合によっては、本人の没後ということも、あります。

 

人の評価をあてにするのではなく、自分が信じること、やろうと思うことを、諦めずに続けていくだけでいい、という方が、勇気づけられる気がします。

 

「TAO, THE BOOK OF THE WAY LAO TZU」の訳者、安富歩さんは、ここに素敵な訳をつけてくださっています。

 

大きな四角、つまり有徳者の広い心は、

どこまでも寛大であって、誠に届くことがなく、

大きな器、つまりすぐれた才能は、

どこまでも成長し続けて完成することがない。

大きな音は、もはや聞こえず、

天の姿には、形などない。

 

道士(道教の修行者)たちは、「道徳経」を、ずっと読み続けると言います。その理由は、「読み続ければいつかはわかるから」と聞いたことがあります。

 

ここに書かれている大器免成にも、つながりますよね。

 

読み続ければいつかはわかる、という人たちが、本当に「わかった」と言う日はないのかもしれませんが、それはちっとも不幸なことではないと思います。

 

今は、こう思うけれど、まだ違う解釈があるかもしれない、と、余白を残しておくことは、成長の余白でもありますし、他者や他の意見を聞く余裕にもなりますし、心のゆとりにもなります。そして、それ自体が楽しさをもたらしてくれると思っています。

 

 

参考:「TAO, THE BOOK OF THE WAY LAO TZU」安富歩 編訳 株式会社ディスカバー・トゥエンティワン

 

 

【特別クラスのご案内】

4月14日(日)14:00-16:30「内なる自然に還る旅:魚からの進化をたどって若返ろう!」第3回 ワニの上陸 です。詳細とご応募方法はこちら

 

4月21日(日)14:00-16:30は「たのしい太極扇」です。詳細とご応募方法はこちら

 

4月28日(日)13:00-15:00は、千葉県香取市(小見川)の「立って、歩いて、太極拳」です。詳細とご応募はこちら

 

4月29日(月・祝)14:00-16:30は「−20歳のカラダほんとにはじめての武当太極拳」です。全くの初心者、もしくは太極拳のお稽古に悩んでいる方に。太極拳とは?というお話から、基本的な体の使い方を体験できます。

 

5月11日(土)14:00-16:30は「やさしい站椿功」です。詳細とご応募はこちら

 

 

 

☀「陽だまり」とは

「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、りん、とした印象もあります。太極拳を通して、陽だまりのような場を創っていきたいと思っています。

 

...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...

 

いしい まゆみ(道号:静慧)/ みんみん)

太極道家

講座のご案内は、こちらからどうぞ

 

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

ブログ: みんみんの陽だまり太極道日記(http://blog.minminkung-fu.com/)

「太極拳、あるある、ないない話」Facebookページで毎日更新:こちらから

「すきなもの」Instagramでほぼ毎日更新:Instagram(@mayuminmin927)

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM