背負ってきたものを、もう手放してもいい

2019.04.17 Wednesday

 

太極拳のお稽古を続けていると、ときどき、今まで無意識だったことに気づいて、びっくりすることがあります。

 

最近、気づいたのは、背中の緊張です。

 

背骨には、頸椎7個、胸椎12個、腰椎5個、そして仙骨と尾骨と、たくさん関節があります。これだけあるのは、必要だからですよね。

 

実際、中国の先生や兄弟子の背中は、龍のように柔かく動きます。背骨が柔かく動くことは、体全体が柔かく動くことでもあります。背骨の動力がしっかりしていて、背骨だけで海を泳ぎつづけた魚のような力を、しっかり使えているとも言えます。

 

でも、日本でたくさんの人を見ていると、どうも背中が1枚板のように硬くなりがちです。

 

背骨を柔かく使えるようにしたいと、通常クラスでも、特別クラス「内なる自然に還る旅:魚からの進化をたどって若返ろう」でも、いろいろと取り組んでみています。

 

ひとつ例を挙げてみます。背骨を上からくるくる曲げていく動作、ロールダウンと言えばわかるでしょうか。

 

背骨の関節をひとつずつ数えるくらい、ゆっくり曲げていきます。構造上、胸のあたりは曲がりにくいのですが、それでも曲げられます。

 

最初は上手くいかなくても、背中を上から触ってもらったり、何度かやっているうちに、だんだんと曲げられるようになってきます。

 

でもあるとき、生徒さんの背中を見ていて、気になったことがありました。形としては上手くできているのですが、なんだか大変そうなのです。背中が緊張しているようです。

 

そして、自分でやってみて気づきました。「背中はもっと、緩められるのだ」と。

 

立つときの軸である重心ラインは、下半身は後ろ側に、上半身は背骨の前側にあります。太極拳をしているときは、この背骨の前側の重心ラインに、もっと圧がかかります。(実際には、関節の間にある椎間板の前側に、圧がかかります。)

 

この重心ラインがしっかりすれば、逆側、つまり背中は、ふんわり柔かくていいわけです。前側と言っても、背骨の前側ですから、体の前、つまりお腹とか胸も、柔かいままでいられます。

 

ロールダウンの場合も、やり方にもよるかもしれませんが、背骨の前側に圧がかかっていきます。そう考えると、背中はふわっとできるはずです。

 

でも実際には、背中が硬いまま、背骨を曲げてきれいにロールダウンしていくこともできてしまいます。ただ、これでは苦しいです。

 

頼りにするところ(背骨の前側)があれば、背中はふんわり柔かくできるはず、と思って、ロールダウンしたり、太極拳の動きを試してみたら、ふわっと、とても軽いのです。「何もやっていない感じ」がさらに増した感覚です。

 

「背負ってきたものを、手放せるときがきたのかもしれない」と感じました。

 

背負わなくてもいいもの、でも、背負わないといけないと思っていたものです。体の無駄な緊張の他に、それが何かは、わかりませんが。何かしら、これからもっと楽になれる気がします。

 

 

同時にもうひとつ、気づいたことがあります。

 

この方法でロールダウンすると、腕や頭の重さで、ぐーっと体が引っ張られます。すごくひっぱられるので、背中や腰が硬い人は、痛みを感じるかもしれません。

 

試しに、背中を緊張させたままロールダウンしてみると、軽くて楽なのです。重さで引っ張られないため、痛みは出ません。

 

ということは、自分を守るために硬くしている可能性もありますよね。”痛いからから緊張させる”→”緊張で硬くなる”という、悪のサイクルが回ってしまう可能性もあります。

 

人の体は、長期的に負担がかかることであっても、”今”をしのぐことを選んでしまうことは、よくある気がします。それが今の自分の精一杯なのですよね。

 

これがわかると、また変わることがあるかもしれませんね。

 

 

ロールダウンをするときは、一気に丸くならず、少しずつ曲げては止めて、背中の様子を確認しながら進めます。背中が硬いと、痛みが出ることもあるでしょうから、無理せず、ほどほどにしておきます。次は、痛みが減るかもしれません。すぐにではなくても、少しずつ変わっていくかもしれません。

 

 

緩むためには、コツがあります。頼りにできるところをしっかりすることです。それがわかったら、みんな、もっと楽に生きていけますよね。

 

そんなヒントを、たくさん見つけて、たくさん伝えていこうと思っています。

 

 

 

【特別クラスのご案内】

4月21日(日)14:00-16:30は「たのしい太極扇」です。詳細とご応募方法はこちら

 

4月28日(日)13:00-15:00は、千葉県香取市(小見川)の「立って、歩いて、太極拳」です。詳細とご応募はこちら

 

4月29日(月・祝)14:00-16:30は「−20歳のカラダほんとにはじめての武当太極拳」です。全くの初心者、もしくは太極拳のお稽古に悩んでいる方に。太極拳とは?というお話から、基本的な体の使い方を体験できます。詳細とご応募はこちら

 

5月11日(土)14:00-16:30は「やさしい站椿功」です。詳細とご応募はこちら

 

5月12日(日)14:00-16:30「内なる自然に還る旅:魚からの進化をたどって若返ろう!」第4回 より速く:草原を走る四つ足動物チーター です。詳細とご応募方法はこちら

 

 

☀「陽だまり」とは

「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、りん、とした印象もあります。太極拳を通して、陽だまりのような場を創っていきたいと思っています。

 

...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...

 

いしい まゆみ(道号:静慧)/ みんみん)

太極道家

講座のご案内は、こちらからどうぞ

 

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

ブログ: みんみんの陽だまり太極道日記(http://blog.minminkung-fu.com/)

「太極拳、あるある、ないない話」Facebookページで毎日更新:こちらから

「すきなもの」Instagramでほぼ毎日更新:Instagram(@mayuminmin927)


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM