調和

2019.02.08 Friday

 

朝の站椿功(立禅)が、好きです。

 

なにしろ、すっきりします。ごちゃごちゃしている思考や感情、体が、すっきり洗われて、1日のいいスタートになります。

 

朝は、鳥の声がたくさん聞こえます。季節によっては虫の声も聞こえます。午後になると、その声は潜まります。それはそれで、いいのですけれどもね。

 

站椿功をしているとき、耳を外に向けて大きく開きます。心を静めるための、ひとつの方法です。

 

瞑想などするとき、「心を無にする」と言うことがありますが、散り散りに乱れる心を、いきなり0(ゼロ)にするのは、大変です。

 

「散らかっている心を、ひとつにまとめる。1にすれば、それを無にすることはできる。」と、昔、気功の先生から教えていただきました。言い方を代えれば、1にできたら、無理やり消す必要もありません。

 

耳は、外に向けて大きく開きます。「聞く」意識を、手放します。

 

聴く感覚は、求心性です。開けば、入ってきます。それを積極的に聞きに行くと、逆に入ってこなくなります。

 

心身ともに静かになり、耳を大きく開いていると、いろんな音が聞こえます。

 

鳥の声、風の音、車の音や、人の声。ガッシャーンという何かが倒れた音や、自転車のブレーキ音、時間によっては工事の音も聞こえます。

 

それぞれ、関連性はありませんね。単語だけ見ると、異質な寄せ集めです。

 

でも実際には、これらの音は、驚くほど調和しています。どれもお互いを邪魔することなく、わたしも、どれにも邪魔されません。(もちろん、すぐ横で大きな工事の音がしている場合は、別です。)

 

宇宙の調和って、こういうことなのかもしれないと、感じます。

 

宇宙は柔軟で、余白があって、ある程度の生活音も、その中で調和させてしまうような気がしています。

 

これは、とってもいい体験になりました。

 

 

「予定調和」ということばがあります。

 

哲学用語と、日常で使う場合と、ちょっと意味が違うような気がするのですが、

 

哲学用語の場合は、17〜8世紀のドイツの哲学者、ライプニッツが唱えたもので、「異なる世界が神によって調和がとられていること」です。英語では、pre-established harmony (あらかじめ確立された調和)、上記でわたしが感じた調和は、たぶんこちらですね。

 

日常で使う場合は、あらかじめ誰の目にも結果が明らかで、実際に予定通りの結果になること、のようです。英語でいうと、Things happen as expected(ものごとは、予想したとおりに起こる)です。「起こる」がhappenという”偶然起こる”という意味を含む単語で、原因→結果の起こる=occurとは違いますが、それでも、as expected(予想通りに)というように、人間が予想した通りに起きることを意味しています。

 

だいぶ、イメージが違いませんか?

 

後者だと「予定調和は好きじゃない」という表現で使われたりすることもありますよね。

 

哲学的に使われている前者は、人間の予想外のことまで含まれているのではないでしょうか。

 

わたしが站椿功をしているときに感じた調和は、まさにそうじゃないかな、と思うのです。自転車のキーッというブレーキ音と、チュンチュンという鳥の声が調和するとは、予測していませんでしたから。

 

 

わたしが信じていることの中に、「美しいものは、美しく見せようと意図しないから、美しい」というものがあります。

 

太極拳にしても、「ああ、いいなあ」と感じるとき、演武している人は、「きれいにやろう」とは思っていません。

 

「きれいに見せよう」という思いは、エゴになり、飾りをつけたように不自然に見えるのかもしれません。

 

歌も、同じかもしれませんね。この前「たまうた」という「魂につながる歌い方」というワークショップに参加したときに、ガイドしてくださった方は、「たくさんの人の歌を聴いてきて思うことは、聴く人が感動するとき、歌い手は、ほとんど何も考えていない」と言っていました。

 

「感情を込めて歌おう」としないほうが、聴いている人が感動する、というのです。

 

その話を聞いたとき、島倉千代子さんの「人生いろいろ」を思い出しました。軽く、明るく、「人生、いろいろ」と歌う声には、ぐっとくるものがあります。

 

逆に、もしあれを、存分に感情を込めて歌われたら、苦しくなってしまうかもしれません。

 

感情は、そのときにしかいられません。過去の感情を、今に持ってくることはできません。過去の出来事を、苦しいと感じているなら、それは「今」、その出来事を振り返って湧いてくる感情なのです。

 

つまり感情は、都合よくも悪くも、増幅されたり、違うものにすり替えられることもあるわけです。

 

すでにある歌詞とメロディーに、自分の中にある感情を込めて歌うと、この「ずれ」が出てしまうのかもしれません。

 

歌詞やメロディーには、それ自体に力があります。さらっと歌う方が、そのパワーが表現されるのかもしれませんね。

 

 

踊りをされる方から体の使い方を習っていたとき、「天地をつなぐ透明なパイプになる」と教えていただきました。パイプが透明だからこそ、いろいろな表現が現れます。

 

それは、自分の予測の範囲を軽く超えて、驚くような感覚や、何かをもたらすことがあります。

 

それがライプニッツの唱える予定調和で、宇宙の調和の現れなのかもしれないな、と思っています。

 

 

そういえば、どなたか女優さんが、「すごく難しくて、どう言ったいいかわからないセリフがきたら、棒読みするのがいい」と言っていらしたことがあります。なんだか、すごいな、と思いました。棒読みとは、宇宙にすべてを預けることで、それが調和を働かせるコツかもしれませんね。

 

 

 

【特別クラスのご案内】

2月10日(日)14:00-16:30は「内なる自然に還る旅:魚からの進化をたどって若返ろう!」第1回 進化は背骨に現れる です。詳細とご応募方法はこちら

2月16日(土)14:00-16:00 は「しあわせひきよせ ハッピーウォーク」です。詳細とご応募はこちら

2月17日(日)14:00-16:30は「たのしい太極扇(第18回)」です。詳細とご応募方法はこちら

3月  3日(日)14:00-16:30は「やさしい站椿功第5回)」です。詳細とご応募方法はこちら

 

☀「陽だまり」とは

「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、りん、とした印象もあります。太極拳を通して、陽だまりのような場を創っていきたいと思っています。

 

...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...

 

いしい まゆみ(道号:静慧)/ みんみん)

太極道家

講座のご案内は、こちらからどうぞ

 

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

ブログ: みんみんの陽だまり太極道日記(http://blog.minminkung-fu.com/)

「太極拳、あるある、ないない話」Facebookページで毎日更新:こちらから

「すきなもの」Instagramでほぼ毎日更新:Instagram(@mayuminmin927)


関連する記事
コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM