手つかずの自然と、人の手で守るもの

2018.12.18 Tuesday

 

先日、縁あって南紀白浜を旅しました。

 

パンダの赤ちゃんをはじめ、様々な動物との出会いを満喫したアドベンチャーワールドの他にも、素敵な時間がたくさんありました。(アドベンチャーワールドを訪れたお話は、こちら。)

 

15年振りくらいに訪れた、白良浜(しららはま)。白い砂と青く透き通った海水。ここは、ハワイのワイキキビーチと姉妹浜なのだそうです。

 

この白い砂、さらさらしていて、裸足で歩いても、砂が足にべったりつくことはありません。払えば落ちるので、靴を履くのも簡単です。

 

この砂は、波で細かく砕かれた珪砂砂岩(けいせきさがん)だそうです。ガラスの原材料としても使われていて、明るく白い色をしています。

 

実はこの砂、オーストラリアのパースから輸入した砂も足されているのだとか。

 

砂は、波でさらわれて徐々に減りますが、河川から再び供給されることで、砂浜は保たれます。しかし白良浜周辺では、観光や宅地などの開発が進んだ結果、砂の供給が減り、砂浜が痩せてきてしまったそうです。

 

そこで和歌山県では、大事な観光資源でもある砂浜を守るために、砂を足す養浜(ようひん)を行ったのだとか。1989年から12年間、約14トンもの砂が足されたそうです。

 

現在でも、ネットを張って、砂が飛ばない工夫をしたり、ゴミの持ち帰りを促したり、ゴミ拾いをしたり、砂浜を守るための活動をしています。

 

美しい景観を守るために、人の手が入っています。

 

”ありのまま”に、人の手を加えていることになりますよね。

 

 

こんなとき、自然ってなんだろう、と考えたりします。

 

 

山や森の話で、誰も人が入らない山よりも、里山の方が活き活きしている、と聞いたことがあります。人のお手入れがあるほうが、すくすくと森が育つらしいのです。

 

里山も、”ありのまま”に人の手を加えていることになりますよね。

 

 

もちろん、人の行動により、環境破壊が進み、その対策として、人の手を加えないと守れないものもあるでしょう。白良浜の砂の例も、こちらに入ると思います。

 

でも、それだけでもないような気がします。

 

人も、生態系の一部です。そう思うと、人が何か手を加えることも、地球のサイクルの一部になることも、あるのかもしれません。手つかずの自然をイキイキとさせるために、人ができる役割もあるのでしょう。人と大自然は、別々に生きているわけではないですから。

 

バランスが崩れたら、人の手で取り戻すことも、できるのだと思います。白良浜の砂浜のように。

 

 

ちょっと考えてみても、”ありのまま”でないこと、たくさんありますよね。

 

潮干狩りも、事前に貝をうめているという話も聞きますし、ホタル観賞ができる庭も、連れてきて放している場合もありますよね。アドベンチャーワールドだって、作りものです。

 

なんだ、”ありのまま”ではないのか、と、がっかりすることもありますが、

 

そのおかげで、貝を自分でとる経験ができたり、ホタルを見て、ホタルは水がきれいなところにしか育たないことを知ったり、野生の動物を間近で見たり、触れあったり、その経験が入口となっていくことも、あると思います。

 

そう思うと、”ありのまま”でなくても、いいではないか、と思うのです。

 

バランスもありますし、程度問題もありますので、一概に上手くいうことはできませんが、守るために手を入れることも、大事なことだと感じています。

 

話はかわりますが、昔、イギリスの大学にいたとき、同じ大学に考古学とコンサベーションという学部がありました。コンサベーションとは、あまり馴染みがないかもしれませんが、自然環境・芸術作品などの保護、保存、保全のことです。景色などの景観を扱うこともありますし、街並みや建物も対象です。たとえば古い町並みでは、ポストを色彩を抑えたものにしたり、ファストフードのお店の色を変えることなども、そのひとつです。

 

友人だった考古学部の学生が、「考古学とコンサベーションは、ときに対立する」と話していました。考古学は、とにかく古いものを、そのまま保護、保全します。それに対してコンサベーションは、場合によっては、もともとあるものを壊すことがあります。

 

何を守りたかの、違いかもしれませんね。

 

手つかずの大自然か、人の手を入れるか、どちらかという話ではなく、何を守りたいのかで、選択は変ってくるのかもしれません。

 

そして人が地球の一部であるなら、人の手が入ることも、地球というシステムの中では、大切な役割だと思います。人の行動も、自ずと然り、自然とも言えるのかもしれません。

 

 

特別クラス「やさしい站椿功」は、12月22日(土)14:00-15:30、九品仏駅・自由が丘駅近くの和室で開催します。詳細とご応募方法はこちらから。

 

 

 

 

☀「陽だまり」とは

「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、りん、とした印象もあります。太極拳を通して、陽だまりのような場を創っていきたいと思っています。

 

...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...

 

いしい まゆみ(道号:静慧)/ みんみん)

太極道家

講座のご案内は、こちらからどうぞ

 

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

ブログ: みんみんの陽だまり太極道日記(http://blog.minminkung-fu.com/)

「太極拳、あるある、ないない話」Facebookページで毎日更新:こちらから

「すきなもの」Instagramでほぼ毎日更新:Instagram(@mayuminmin927)

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM