ていねいな暮しとは?

2018.11.30 Friday

(今年の夏、武当山でお稽古しているとき、とつぜん現れた仔猫)

 

「ていねいな暮らし」というと、よい響きでしょうか?

 

ネット検索すると、本もブログもいろいろ出てきます。関心のあるテーマではあるようです。

 

自分でも、心がけてきたところも、あります。その積み重ねで、ていねいな暮らしになっていくこともあるとは思うのですが、

 

最近、ちょっと違うことを感じました。

 

わたしはずっと、サイズの大きな布を扱うことが嫌いでした。シーツを敷くこと、布団カバーをかけること、大きな毛布をたたむこと、などです。

 

洗濯は好きな方なので(洗濯機がやってくれるだけですが)、いそいそとはがして洗ってもらい、干すまではよいのです。問題はそのあとです。

 

やらなければ日常に支障が出るため、やりますが、いつも「いやー」と思いながらしていたのですよ。

 

それが、です。とある日から、その嫌な気持ちが消えてしまったのです。

 

淡々と動く自分がいるのです。好きになったわけではありませんが、あの「いやー」という気持ちは起きません。

 

最大に嫌いだった布団カバーかけも、内側の紐も丁寧に結ぶ作業(布団が中でよじれないように、カバーと布団を6か所とめる紐です)も、淡々と進めるのです。

 

別人になってしまったみたいですよ。

 

なぜそうなったのか、わかりません。今が、特別な時期なのかもしれませんが、とりあえずは続いているため、そうでもなさそうです。どちらかというと、このままいけそうな気がします。

 

それで思いました。

 

ていねいな暮らしは、しようとしてなるものではなく、自然とそうなっていくものなのかもしれない、と。

 

タイミングがあるのかもしれません。

 

流れとしては、あると言えば、あります。

 

今年の春、体調がすぐれない日にファスティング(断食)しようと思い立ち、自分をデトックスしたら、部屋もきれいにしたくなり、断捨離をしているうちに、「家が好きだな」と感じて、そこから「好きなものをひとつずつ紹介してみよう」と、Instagramで「すきなもの」の投稿を始めました。

 

お片付けモードは、前よりも加速していると思います。

 

でも以前は、部屋を張りきってキレイにすることはあっても、布団カバーかけに張りきることはなかったのです。一度たりとも。

 

さらに言うと、今、布団カバーかけに張りきるわけではありません。あくまでも淡々と作業を進めているだけです。

 

でもですね、シーツにしても、毛布にしても、きれいにできるとうれしいです。

 

ですから、この驚くべき自分の変化は、ものすごくうれしいです。

 

ていねいに暮らすための方法論やコツは、いろいろあるようです。参考にしてやってみることも、いいと思います。心がけているうちに、変ってくることもあるでしょう。

 

わたし自身、「今のは雑ですよ」と指摘されて、気づいたことも、たくさんあります。それは、ありがたいことでした。

 

それでも、何かを苦手だと感じるときは、そのまま感じることも、大切なのかもしれません。

 

無理にていねいにしようと思っても、自分に苦痛を与えるだけかもしれません。そんな「ていねいな暮らし」って、ステキでしょうか?そうではなくても、日常生活に支障がないなら構わないと思います。

 

ひとつ思うのは、「人はもともと、ていねいなのだ」ということです。生きている間に、そのままではいられないことがあるのかもしれないと、思うのです。

 

赤ちゃんが、ほがらかで柔かく、生命力にあふれた存在として生まれてきて、成長するにつれて、体も心もコチコチになっていくみたいな感じでしょうか。

 

スノードームは、振ると雪が舞い上がりますが、そのままにしておけば、落ちつきます。もともとはクリアで静かなのに、騒がしく振ると何も見えなくなるのも、似ているでしょうか。(スノードームは、振る楽しさもありますけどね。)

 

そう思うと、騒がしく雪が舞い上がり続けていたわたしの毎日が、少し落ち着いてきたということなのかもしれません。

 

自分では、站椿功を続けている成果だと、ひそかに思っているのですけれどもね。

 

ただし站椿功をやる前(1回、30分くらいです。それを1日に1回か2回。)、ちょっとしたサボタージュはあるのです。「よしっ」と思わないと、立ちあがれない、というか。

 

もうちょっとしたら、站椿功も淡々と始められるようになるのかしら。

 

 

ゆったりサイクルに触れに行く「やさしい站椿功」は、12月22日(土)14:00-15:30、九品仏駅・自由が丘駅近くの和室で開催します。詳細とご応募方法はこちらから。

 

 

☀「陽だまり」とは

「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、りん、とした印象もあります。太極拳を通して、陽だまりのような場を創っていきたいと思っています。

 

...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...

 

いしい まゆみ(道号:静慧)/ みんみん)

太極道家

講座のご案内は、こちらからどうぞ

 

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

ブログ: みんみんの陽だまり太極道日記(http://blog.minminkung-fu.com/)

「太極拳、あるある、ないない話」Facebookページで毎日更新:こちらから

「すきなもの」Instagramでほぼ毎日更新:Instagram(@mayuminmin927)

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM