「やさしい站椿功」を、初開催しました

2018.11.26 Monday

(中国、武当山にて、朝の站椿功)

 

先日、ずっとやりたかったのに、なかなかできなかった「やさしい站椿功」を、ついに初開催しました。

 

站椿功といえば、

 

地味で、

大変で、

痛くて、

 

という、マイナスなイメージを持つ方もいらっしゃるでしょう。

 

站椿功は、体をしっかりさせ、パワーもつきますし、しあわせ感も膨らみます。心身ともに、得るものは多く、「ぜったいにいい」という確信はあります。それでも、わたしもここまでやってくる間に、多少なりとも根性が必要だったことは、否定できません。

 

もしかしたら、わたしの中にも苦手意識のようなものが、あったのかもしれません。

 

今回「えいっ」と開催したのは、だからこそ、です。

 

本当は、

 

自分にやさしく、

人にやさしく、

地球にも、宇宙にもやさしいものなのだと、

 

今のタイミングで伝えたくなったからです。

 

当日は、経験者、未経験者、どちらもいらっしゃいました。

 

みなさんのこれまでの経験や、希望などを伺いながら、わたしからも站椿功をする意味や、自分自身の経験や感覚など、いろいろお話しました。みなさんのご興味が深かったおかげで、大切なお話を、たくさん引き出していただけた気がします。

 

実践は、今回は主に下半身の使い方に注目しました。

 

骨という構造を上手く活かして楽に立つ方法、大変な方法、

軸がある立ち方、ない立ち方、

 

あれこれと試して、「骨の構造を活かして、軸がある立ち方は、楽なのだ」を、実感していただきました。

 

よく思うのですが、人は誰でもいつもベストを尽くしています。特に体については、そうです。

 

ただし、それはその時の自分なりのベストです。「力が入っていることに、無意識だった」という感想も出たように、実は負担をかけてしまっていることに、気づいていない場合が多いのです。

 

自分だけの世界で過ごしていたら、他のやり方はわかりません。特に感覚は、外からわかりにくいために、人と比較もしにくいです。こういうときこそ、人の助けを借ります。新しい体の使い方を試してみることで、自分のベストがどんどん更新されていきます。

 

理解を助けるために、骨の構造を絵でもお見せしました。

 

中国でお稽古するとき、骨や構造の話をされた経験は、ありません。中医学は、目に見える解剖学からではなく、感覚をベースにしているところがあり、武当功夫(カンフー)も、その流れの上で成り立っているからだと思います。

 

もし長い時間をかけられるなら、その間に「これは大変だけど、これなら楽だ」というポイントを、自分で見つけていくことができます。

 

でも日本で過ごしている人たちのように、関わる時間が限られている場合、なかなかそこまでは難しい気がします。そのため、多少は構造からの理解も、有効だと感じています。人間は理解すると、その部分が上手く使えるようになりますからね。その結果、自分で感覚が持てるなら、それでいいわけです。

 

 

やさしい站椿功には、緩んでいることも大切です。

 

人の体は、6−7割が水分でできています。水の特性は、抵抗しないこと、変化に対応できること、流れ続ける(変化しつづける)、です。そう考えると、もともと人の体は緩んでいますよね。

 

水の入った袋をイメージしてみてください。床にそのまま置いたら、べったりつぶれてしまいますが、軸にさくっとはめてみれば、縦に伸びる形を作れます。楽に立つとは、そんなイメージです。

 

軸がしっかりできれば、緩むこともできます。でも緩んでいないと軸もできにくいという、ニワトリと卵みたいなところも、面白いところです。

 

軸があって、緩んだ感覚を感じてもらいながら、さらに無駄な力が抜けやすいスワイショウという腕振りをした後、いよいよ、じっと立つ時間です。今回は時間が押してしまったために、15分くらいだったと思います。

 

わたし自身も気持ちよくて、もっと続けていたかったのが、ちょっと惜しいところでした。

 

終わった後の、みなさんのほんわり笑顔を見ていて、とても嬉しかったです。「力が入っていると気づいた」とか、「いつもこんな風に立てれば、いいなあ」というご感想もいただいて、開催してよかったと、本当に思えました。

 

いろいろ気づく機会になったこともうれしいいですが、「気持ちよかった」という経験を一緒にできたことが、何よりもうれしいです。

 

ね、站椿功は、やさしいのです。

 

わたし自身、「えいっ」とクラスを立ち上げ、楽しく開催できたことで、またひとつ、大切にしたいものを大切にすることができました。

 

うれしくて、たまりません。

 

ご参加のみなさま、興味を持ってくださったみなさま、ありがとうございます。ここまでいろいろと教えてくださったり、ヒントをいただけた先生方をはじめ、たくさんの方々、生徒さんにも、感謝です。

 

 

次回は12月22日(土)14:00-15:30、九品仏駅・自由が丘駅近くの和室で開催します。今回は脚に着目したため、次回は上半身にも注目してみたいと思っています。今回参加されていない方も、された方も、お時間があえば、ぜひどうぞ。なお第3回は、1月14日(月・祝)の午後の予定です。

「やさしい站椿功」:詳細とご応募方法はこちらから。

 

 

☀「陽だまり」とは

「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、りん、とした印象もあります。太極拳を通して、陽だまりのような場を創っていきたいと思っています。

 

...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...

 

いしい まゆみ(道号:静慧)/ みんみん)

太極道家

講座のご案内は、こちらからどうぞ

 

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

ブログ: みんみんの陽だまり太極道日記(http://blog.minminkung-fu.com/)

「太極拳、あるある、ないない話」Facebookページで毎日更新:こちらから

「すきなもの」Instagramでほぼ毎日更新:Instagram(@mayuminmin927)

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM