緩めていけば、自然にあるべき状態になる

2018.10.29 Monday

 

太極拳を続けてきて、よく思うことのひとつは、「自然に”そうなる”ことを、形で真似してしまうことがある」ことです。

 

そうではなく、ただ無駄な緊張を緩め続けていけば、そのうち自然に、あるべき状態になっていきます。

 

例として、足指、呼吸を、あげてみます。

 

 

≪足指≫

太極拳の練習で「足指で地面を掴む」と習った方も、少なくないのではないでしょうか?

 

足指の裏(地面につくところ)に掴む力があれば、自然と掴む力が生まれます。

 

でも現代の人、特に都会で暮らす多くの人は、足指に掴む力などありません。その状態で足指で掴もうとすると、足が緊張します。つまり、無駄な力が入ります。

 

紛らわしいのは、キュッと掴むと、膝はグラグラしなくなります。一見よさそうに見えますが、これは緊張させて固めているだけです。この固さは氷のようにもろく、大きな力がかかれば砕けます。

 

積極的に掴もうとする前に、まずはほぐすことを心がけます。気づいていないかもしれませんが、靴に保護されて、足裏は関節があることも忘れてしまった状態になりがちです。足指を伸ばしたり、ほぐしたりして、バラバラに動くようにしていきます。

 

わたしは、これを続けていたら「掴むとは、このことだ」と、実感できた経験があります。掴もうとしたわけではなく、足指が自然に「くっ」と地面を掴んだのです。中国にいるときに先生が「足で掴むときは、ちょっとね」と言っていたことも、腑に落ちました。

 

掴みに行くのではなく、自然と生まれる掴む力だけで十分です。それ以上は、緊張させてしまいます。

 

 

≪呼吸≫

「太極拳の呼吸は、逆腹式呼吸を使う」と言われることがあります。

 

普通の腹式呼吸(順の腹式呼吸)は、吸うときにお腹が膨らんで、吐くとお腹がへこみます。逆腹式呼吸は、吸うときにお腹がへこみ、吐くときにお腹が膨らみます。

 

順の腹式呼吸は、肺の下部を広げるために効果があり、逆腹式呼吸は肺の後ろ側や側面が大きく広がるのだそうです。

 

この順と逆の腹式呼吸を合わせると、次のようになります。

 

息を吸うとお腹が膨らむ(順)→腹部がへこむ(逆:内臓が引きあがる)→息を止めると、持ち上げた内臓が下がって腹部が膨れる(逆)→息を吐くとお腹がへこむ(順)。

 

もしかしたら、これを形から入って修得していくやり方も、あるのかもしれません。

 

ですが、お腹をわざと膨らませれば、腹筋運動をしているだけで、腹式呼吸にならないこともあります。腹式呼吸とは、空気が肺に入り、緩んでいる横隔膜が下に押されて、お腹が自然に膨らむものだからです。膨らませると、膨らむ、の違いですね。

 

さらに、わざと膨らませたり、へこませたりすると、緊張を促します。

 

こんな理由で、逆腹式呼吸を積極的に取り入れようとはしてきませんでした。

 

ただ、ある中国の先生のお腹と背中を触ってみたとき、背中とお腹が龍のようにうねり、上記のような順と逆を合わせたような、複雑な動きだったことは、覚えています。

 

そして、呼吸を吸ったあと、吐く前に少し「止める」のは、7年前、中国で六字訣を習ったときに経験していました。でも当時は、息を止めると、苦しくなっていた気がします。そのため自分で練習するときには、さほど気にしませんでした。

 

変化に気づいたのは、今年に入ってからです。站椿功をしているとき、「息が長くなったな」と気づきました。よく観察してみると、自然と、順と逆を合わせた形になっていました。

 

大きな動きではなく、ささやかですが、それがきっと、今のわたしの体や状態にふさわしいものなのでしょう。

 

呼吸については、先月、武当山にお稽古に行ったとき、站椿功のやり方の話の中で、先生がこんな話をしていました。「站椿功は、まず体を整え、次に心を整える。そうしたら、呼吸は自然になる。眠るときに、どうやって呼吸しよう、とか考えないでしょう?呼吸とは、自然に行うものだから。」

(参考:武当山日記:站椿功がもたらす「喜悦」(2018年9月26日)/  太極拳と呼吸(2018年10月19日))

 

老子の教えの中に、「無為自然」があります。何も為さなければ、自ずと然り、自然になる、というものです。この何も為さない、という理解は、じっとしているということではありません。「動かない」というのも、作為的、つまり為していることになるからです。

 

この無為自然を、太極拳に当てはめてみると、自分の心身の無駄な緊張を取ることが、ひとつの大事なポイントだと思います。

 

緊張に対しては、無自覚にしていることがほとんどです。気づいて緩めていく方法を学ぶことは、大切です。それが太極拳のお稽古でも、あります。

 

あくまでもわたしの経験に基づいたものですが、「足指で地面を掴む」とか、「呼吸は逆腹式呼吸を使う」は、結果として生じるもので、いわば枝葉です。根を張って幹を伸ばす前に、枝葉を目指すのは、無理が生じないでしょうか?

 

足指で地面を掴むことも、逆腹式呼吸を使うことも、その通りだと思います。でも、その前に、緊張をほぐすことの方が大切だと思うのです。

 

無駄な力が抜ければ、”自然と”、それはやってきます。焦らず、のんびり、そのときを待ってみるのも、いいのではないかしらね。

 

 

☀「陽だまり」とは

「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、りん、とした印象もあります。太極拳を通して、陽だまりのような場を創っていきたいと思っています。

 

...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...

 

いしい まゆみ(道号:静慧)/ みんみん)

太極道家

講座のご案内は、こちらからどうぞ

 

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

ブログ: みんみんの陽だまり太極道日記(http://blog.minminkung-fu.com/)

「太極拳、あるある、ないない話」Facebookページで毎日更新:こちらから

「すきなもの」Instagramでほぼ毎日更新:Instagram(@mayuminmin927)

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM