「ここにいて、いいんだよ」

2015.04.07 Tuesday


(秋分の日。高尾にて)

昨年の秋分の日、裏高尾を歩いていたときのことです。
ひとつのワークをしました。
目にとまったものをじっくり見てから、それになってみる。そして
”それ”から自分を見てみる、というものです。

わたしの目をとらえたのは、ゆらゆら揺れる草でした。
しゃがんでしばらく一緒にゆらゆらしてから、”それ”になって
わたしを見てみると。。。いきなり「じゃま。」

えっ?我を疑いました。
でも確かに、わたしがそこにしゃがんだことで、草は日陰になってしまっています。
さっきまでのびのびと太陽の光をあびていたのに。スミマセン。。。
衝撃のあまり、動けません。
しばらくそのままでいると、草もその状態になじんできたような気配がします。
あくまでも、わたしの勝手な気配ですが。
「いいよ、そこにいても。」
と言ってもらえた気がしました。

このときに感じたことをその時に一緒にいた人に話したところ、
「ぎょっとするような出来事は、ホンモノだよ。それは思い込みではない。」

森に入ったら気持ちよい”はず”、癒される”はず”と、いろんな思い込みや期待を持ちがちです。
そのままだと、森そのものを感じることが難しくなります。
ただそこにあるものを、そのままに感じることができなかったり。

思い込みや期待を外すために、川の流れをおちている葉っぱの動きから見たり、
風の通り道をコケのつき方から見たり、川の音を自分の立つ向きや耳の角度を変えて聞いてみたり
(結構、変わります)、思い込みや期待が働きにくいところで、そのままを感じやすくするために
いろんな準備をしたりします。

わたしもそんな準備をした後で、聞こえてきた声が、これでした。
「じゃま」の後は、「ここにいて、いいんだよ。」
それは、この日の大事なメッセージだったような気がします。



人は、自分の存在を感じられないと、ストレスを覚えるそうです。
だから子供を抱きしめるとよい、というのはとても理にかなっています。
抱きしめることで「あなたはここにいるんだよ」と感じさせているのです。
大人も同じ。たとえば自分の片腕を丁寧にさすると、リラックスして力が抜け、
腕が重たくなります。さすっていない方の腕は、緊張しているから軽い状態。
自分がここにいるよと、存在を認識するだけで、
すごく安心してリラックスできるのです。

自分の存在を感じられないために、痛みによって存在を確認しようとすることもあります。
精神的にも、肉体的にも、です。
頑張っていないと充実感がない、とか、自分を傷つけてしまうことも、関係しているような気がします。

でも、本当は痛みは必要なくて、もっと楽で良いのだと思います。
そのために、体に意識を向けてみたり、呼吸に意識を向けてみます。
自分のリズムで呼吸できているかどうかを見てみます。
もし話し方が早かったら、それは呼吸が早くなっている合図でもあります。
体の状態はどうかしら。緊張して硬くなっていないかしら。
カンフーでも、全身をさすることがあります。顔、頭、耳、首、肩、腕、背中、お腹、腰、足。。。
丁寧にそれぞれの部分に意識を向けてさするだけで、緊張がほぐれて、リラックスできることもあります。
ひとつしかない体を、わたしたちは結構、酷使しています。小さい足の裏で全部の体重を受けたり、など。
だから、ねぎらいながら、さするようにしています。

「ここにいて、いいんだよ」。
わたしがカンフーをするのは、自分の体を感じて、これを自分に語りかけるためでもあると思います。
毎日、瞬間瞬間で言い続けることが、大事なような気がします。
ついつい忘れてないがしろにしてしまうからです(わたしは、です)。
体はひとつしかない、大切なものですからね。











 

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM