武当山日記:価値

2018.09.18 Tuesday

(学校から見た日没)

 

武当山について、よく聞く話があります。

 

「あそこは、よく教えてもらえない。」です。

 

わたしは10年間ここに通って、3つの学校を経験してきました。実際に同じ学校の中で、「全然、先生に教えてもらえない」と話している人にも、何人も会ったことがあります。

 

自分のわずかな経験だけでは、全体を知っていることにはなりません。でも、自分なりに思うことは、あります。

 

価値の置き方が、違う、ということです。

 

少し話はそれますが、環境や状況によっても、状態はかわります。

 

まず、個人で行くか、団体でツアーのように行くか、です。団体で行く場合、ここは練習、ここは講話、ここは観光、というように、スケジュールやプログラムがしっかり決まっています。お稽古は、グループで同じものを習うでしょう。ほとんどの場合は先生が引率してくるため、その先生のサポートがあります。”教えてもらえない”事態には、なりません。

 

個人の場合、学校側で特別な”〇日プログラム”を提供していない限り、通年のお稽古に入ることになります。スケジュールは決まっていますが、プログラムは、フレキシブルというか、曖昧です。

 

学校の規模によっても違います。大きな学校の場合、いちばん上の先生が教えることは少なく、弟子たちがお稽古をつけます。小規模の場合、いちばん上の先生が教えます。ただし先生が用事で不在になることも、あります。

 

「あまり教えてもらえない」という話が出るのは、大きな学校でも、小さな学校でも、個人で参加する場合のようです。大きな学校では、教えてくれる弟子の数はいますが、いちばん上の先生に教わりたい人は、「教えてもらえない」という感想になるようです。

 

今の学校はのお稽古は、1週間に5.5日、1日5時間です。その間、先生はずっと一緒にいるわけではありません。

 

学校には、わたしのように短期で滞在する”臨時班”のほかに、”伝統班”とよばれる中国人のこどもの生徒たちがいます。通年で滞在し、学校のお手伝いもします。先生の弟子がつきっきりで教えますが、当然、先生も教えます。

 

先生が、出張、用事などで、学校にいないこともあります。もともと弟子がサポートしているため、教える人が誰もいないわけではないのですが、人によっては「先生に習えない」ことが、不満になります。

 

先生がいたとしても、みんなそれぞれの内容で練習しているため、1回のお稽古時間に、先生が自分のところにやってこないこともあります。

 

自分の近くに歩いてきて、「次かな?」と思っても、そのまま素通りされたり、携帯に電話がかかってきたり、他の人から呼ばれて行ってしまったり、というトホホなときも、あります。

 

待っているのではなく、自分から行けばいい、という考えもあるでしょう。でもその積極性も、ちょっと違う気がします。

 

ひとつは、自分で練習する時間は、すごく大切だからです。

もうひとつは、先生はきちんと見ていると、知っているからです。

 

先生は、ひとりで練習させておいた方がいいときは、教えません。逆に、ひとりで練習できるようなポイントを掴むまでは、ときには息苦しくなるほど、ずっと一緒にいます。

 

そうわかっていても、ひとりの練習が長くなると、「そろそろ次を」と、はやる気持ちもでてきます。そんなとき、先生が不在だったり、他の人のところにずっといると、イライラしてくることも、あります。未熟さ、ですね。

 

でも、この葛藤と向き合うこと、そして乗り越えていくことも、毎回、大事な時間です。

 

そして、教わることの価値は、時間の長さでも、量でも、ありません。

 

普段の生活では、対価という考え方に、慣れすぎているのかもしれません。「5時間分のお金を払っているのだから、その分、教えてもらうのは当然の権利」と思うことです。それは、間違っているわけではないのですが、狭い視野で対価を考えすぎると、自分が苦しくなります。(注:学校としては、5時間はお稽古時間であって、弟子が教える時間を含みます。念のため。)

 

昔のわたしは、「自分がこれをやったから、あなたもこれをやってほしい」とか、「自分ばかりがやって損をする」と考える人でした。でも、それでは大変です。いつも損得勘定をして、イライラ、くたびれます。

 

そんなわたしの価値観を変えたのは、武当山でのお稽古でした。(そのひとつの経験は、こちら「信頼」、2015年5月の記事。)

 

「先生が不在のこともあるという状況なら、そうだと最初から説明すればいいじゃないか」という人もいます。説明責任でしょうか。気持ちは、わかります。でも、なんだかそれは、しっくりきません。

 

もっと生徒を呼ぶためには、きっちりと、先生が教える体制を整えたり、事前説明をしたら、いいのかもしれません。

 

でもそれは、ここが大切にしているものと違う気がしてしまうのです。

 

上手く言えないのですが、状況にイライラする自分に気づくこと、そしてそれがどんな考えから来ているのか、その価値観とは違うものがあるのかもしれない、と思うこと、そんなプロセスを経験できるのも、ここならではのような気がします。

 

それが、道(タオ)につながると、思っています。

 

武当山にお稽古に行くようになって10年、今の先生について7年です。よく教えてもらえなかったら、行っていませんよ。

 

(最後のお稽古日に、臨時班で記念撮影。左端が、お稽古友達でもある先生の弟子。中央、黒い上着の方が先生です。)

 

 

☀「陽だまり」とは

「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、りん、とした印象もあります。太極拳を通して、陽だまりのような場を創っていきたいと思っています。

 

........................

いしい まゆみ(道号:静慧 / みんみん)

太極道家

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

講座のご案内は、こちらからどうぞ

 

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM