締切の意義と、それを超えるもの

2015.03.28 Saturday



わたし、というと中国、と言われますが、その昔は英文学を研究していました。
専門は14世紀後半、シェイクスピアよりも前の時代。天動説が信じられ、文学も
口頭伝承の流れで「詩」だった頃です。たっぷり苔むした、中世の時代です。

研究していたチョーサーの「カンタベリー物語」では、4月に29人の巡礼者たちが
旅立ちます。その道中、ひとり2つずつお話をして、誰が面白いかを競おう、となるのですが、
この作品、未完の大作と言われています。終わっていないのです。

未完成の理由についてはいろいろ学者さんが議論しているようですが、
当時のわたしの先生はひとこと、「締切がなかったからよ。」

半ばあ然、でも、なるほど、と思いました。仕事やその他の経験を振り返っても、そうでした。
やらないといけないのに、忙しい、めんどくさいと逃避したりしています。締切は、大事です。
社会生活の推進力となり、そして改革や発展も締切にお尻を叩かれて実現できる部分もあると思います。

一方で、締切の意義を超えるものも、あると思うのです。

人は、本当にやりたいことに直面したとき、大きな恐れがきたり、逃げ出したくなったりします。
大きな変革期は、特に恐いです。そのとき、締切で「えいっ」とはずみをつけるのもひとつの方法ですが、
どうやっても気持ちがついてこれないときもあります。

わたしはホームページの作成に、半年ほどかかりました。
でも実際に作業したのは、打ち合わせやそのための準備を除けば、
写真を選ぶのに2−3時間、本文を書くのに3−4時間です。
さっさとすれば1−2か月でできたはずです。
でも、わたしは動けなかったのです。
まだまだなわたしがおこがましい、とか、遠慮とか、
いろいろ理由をつけては、
世にさらすことが、怖かったのです。

自分にGOサインを出せないままにいたとき、
そんなとき、人生の師匠が一言、わたしに言いました。「わたしなんて。。。と言っているけど、
本当は、『たいした自分だからたいしたことしないといけない』と思っているんだよ。
ぷぷっ(笑)。傲慢なの。『まだまだなわたしが、こんなことをやっているんです』
と思ったら、すぐにできるよ」

衝撃の事実です。
傲慢だったのですね。。。
それがきっかけで「わたしはこんな人で、こんなことを好きでやっているんです」という
ホームページを出そう、と決意できたのです。

締切がないからこそ、時間はかかりました。でもその期間は、
表向きには何も進まなかったかもしれませんが、
向き合うべき問題に向き合ったり、越えなければならない壁を超えたり、と、
すごく必要な時間だったと思います。

そしてもしも締切を優先していたら、ホームページの内容は全然違うものになった気がするのです。
たとえば太極拳の説明も、一般的にどんな風に言われているのかを気にして、いろいろ参考に
したような気がします。
でも今回は、何も水に、自分の中にあることをそのまま一気に書きました。
自分が練習してきたこと、勉強したこと、経験したこと、信じていることが
あるなら、今のわたしにわかることを書けばいい、と思えました。

締切がある意義と、それを超えるもの、
どちらも、それぞれ大事だと思います。

ひとそれぞれにタイミングがあると思うので、
どの場合はどんなことが良い、というのは一概には言えませんが、
ひとつだけ思うのは、あの動けなかったときに、
「動けない」という自分の感情を無視せずに、きちんと扱ってよかったということです。

もうすぐ4月です。
「カンタベリー物語」では、4月の雨が降る中、巡礼に出ます。
4月の雨。ノアの方舟のような、再生を示唆しています。
あらたな始まりです。
人生も、みんな未完の大作なのかもしれませんね。


(チョーサーは、こんな人。
これは大学院で教えていただいた先生が書いた本です)
 


calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM