タオの生き方:不老不死

2018.06.20 Wednesday

(中国、武当山の逍遥谷。老子の像)

 

タオイスト(道士)とは、狭い意味では、道教の修行者(修行僧)のことで、広い意味では、それに準じた生き方を選ぶ人だと思っています。

 

道教とは、中国古来の宗教的な諸観念をもとにして形成された中国土着の宗教で、不老不死を得て「道」と合一することを究極の理想としています。

 

道教の「道」は、道家思想の「道」。道家思想とは、老子、荘子の思想です。

 

道教は、道家思想、神仙思想、陰陽五行思想、民間信仰など、長い時間をかけて多くの要素を吸収して成立しています。老子を神格化し、その著書である「道徳経」は、聖典として扱われています。

 

道教の特徴をあげるならば、以前、気功を教えていただいていた中医師の先生から、「一生をかけて、青春を追い求める」と教えてもらったことがあります。「世界中に、こんな宗教はない。」と。

 

この言葉が、とっても好きです。

 

太極拳をすることを、「20年たっても同じ体」と表現されることがあります。

 

実際に、それは「関節の隙間を開けていくもの」と、中国の先生に教わりました。放っておけば、縮こまってカタくなり、曲がってくる体を、毎日、自分の意識と体の使い方で、関節に隙間を空けていくのです。

 

ゆとりがあれば、血が流れ、血が流れれば、体温は上がります。体温があるということは、若々しさ、生命力があることの証拠でもあります。冷え症の赤ちゃんは、いませんものね。

 

そして、体のゆとりは、心のゆとりともつながっています。

 

さて、この青春を追い求めることですが、道教関連の文献にはよく、「不老不死をめざす」と書いてあります。人間としての肉体は死ぬため、わたしはこれまで、これを「不老長寿」と読み替えてきました。

 

でも最近、そうではなくて、やはり「不老不死」なのだと思うようになりました。

 

老子の「道徳経」は、世界中でいろいろな方が翻訳したり、解釈したり(中国国内も含む)している難解な書です。そのひとつ、黒澤一樹さんの「ラブ、安堵、ピース」に、こんな文章があります。

 

人間の視点から世界を見れば、この世は「死生」という残酷なスクラップ・アンド・ビルドが延々と繰り返される世界のように見える。

でもね、そう見える「解釈の世界」の向こうにある、「あるがままの世界」では、命は一度も絶えることなく、脈々と生き続けているんだ。

 

「解釈の世界」に生きる人は、物事を分離してとらえているからこそ、「人の内に命がある」と言う。人に限らず、生物の個体それぞれに、個別の命が宿っていると思っている。

 

「あるがままの世界」に生きる人は、存在すべてのつながりをとらえているからこそ、「命のうちに人がある」ことを知っている。

個別の命があるのではなく、無限に広がるたったひとつの「命」という空間の中に、すべての存在の躍動があるんだ。だから、そこに見えるのは、「個々の死生の繰り返し」ではなく、「絶え間ない宇宙の呼吸(全体における躍動)」。そこには、奪われる命も、与えられる命もない。

 

ね、常軌を逸した話だろう?

 

だからもし、「あるがままの世界」に気づいたとしても、あまりしゃべらないほうがいいかもね。

 

「解釈の世界」には、「解釈の世界」なりの真実や秩序がある。それはそれとして認めながら、「あるがまま」については、そっと胸の中に留めておくのがいいと思うよ。

 

(「ラブ、安堵、ピース」第5章より。黒澤一樹、アウルズ・エージェンシー、2016年)

 

これを読んだとき、「命の内に人がある」から、不老不死なのだと、ようやく腑に落ちました。ここで言う「あるがままの世界」は道の世界。「解釈の世界」は、現実に生きている世界で、人は、いろんなものに名前をつけて、解釈をつけて生きています。

 

太極拳の套路のひとつ、十三式武当太極拳の第一式は「開太極」、最後の第十三式は「合太極」という名前がついています。「太極」と「道」は、ほぼ同じと理解してよいと思います。太極を開くと、陰と陽が出現し、動き始めます。陰陽の転換で動きが続き、その動作は攻防をなぞっています。最後は、太極に合一して終わります。

 

太極拳の套路は、陰陽のあるこの世に生まれてから死ぬまでの、一生を表しています。人の一生でもあり、宇宙の一生でもあるかもしれません。

 

生きている間には、いろいろな攻防があり、その中でバランスを取ること、和を作りだすことを学びます。最後は、生まれてくる前にいたところに還ります。この世から体は消えても、なくなるわけではありません。

 

書いていると、確かに「常軌を逸した話」のように思えますが、これを胸の中に留めて生きるかどうかで、世の中の見え方が変わってくる気がするのです。

 

それを知った人は、肉体ありきの「不老長寿」ではなく、「不老不死」を目指すのではないでしょうか。

 

話は変りますが、糸井重里さんが、こんな文章を書いていました。

 

じぶんが生まれてくる前にも、世界はあったし、

じぶんが死んでしまった後にも、世界はある。

そのことが、なんだかさみしくてしょうがない。

(「思えば、孤独は美しい。」糸井重里 ほぼ日、2017年)

 

このさみしさについて、糸井さんは、「そのさみしさというやつのことを、ぼくは嫌がっているのではなくて、おそらく、そこに浸ってじわぁっと快感を感じているのだ。」「この「さみしさ」というのが、すべての生きものの生きる動機であるような気さえする。それを「あはれ」と言ってもいいんだけど。」と書いています。

 

これ、似たようなことを言っている気がするのです。全く同じではなくても、どこかで交差している、と言ったらいいでしょうか。

 

タオイストの目指す「不老不死」というと、ちょっと精悍で、優等生的な感じがしますが、「あはれ」とか「さみしさをじわぁっと味わう」というと、ちょっと身近になってきませんか?「あはれ」は日本の言葉だからかしらね。

 

 

【特別クラスのお知らせ】

6月20日(水)19:00-20:30は「タオを生きることば」です。詳しくはこちらの講座案内からご覧ください。

7月8日(日)14:30-16:30は「太極扇を体験しよう(第9回)」です。詳細とご応募方法はこちらから。

7月15日(日)14:00-16:30は「みんなが知らない太極拳のひみつ」(4)です。詳細とご応募方法は、こちらから。

 

(美しい装丁は、ヒグチユウコさん。「思えば、孤独は美しい。」)

 

 

☀「陽だまり」とは

「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、りん、とした印象もあります。太極拳を通して、陽だまりのような場を創っていきたいと思っています。

 

........................

いしい まゆみ(道号:静慧 / みんみん)

太極道家

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

講座のご案内は、こちらからどうぞ

 

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM