痛みが伝えてくれること

2018.06.11 Monday

(あじさいの季節にぴったりの、しなやかな麻のショールと、やわらかいウサギ)

 

昨年から、MSIというボディワークを受けています。

 

MSIとは、筋膜を緩めて、しなやかな体を取り戻していくものです。目安は1か月に1回、パーツごとにケアする10回+2回で、12回完結です。

 

わたしはのんびりペースで、「そろそろ行こうかな」で、続けています。1年たっても、7番目の口・鼻が終わったところです。

 

口、鼻の回は、なんと!両方とも、口の中、鼻の中に指を入れるのですよ(施術者さんは、ゴム手袋をしています)。あちこちから「痛くて泣いた」という声も聞こえてくる、ある意味クライマックス(というものは、ないのですが)です。痛さの盛り上がりの頂点、という意味のクライマックスですね(しつこいですが、ただの勝手な妄想です)。

 

そして実際、受けてみたところ、口の右下あたりは、かなりの痛さでした。あとで聞いたら、とても硬かったそうです。でも、涙が出るようなものではありませんでした。

 

痛みに強いのでしょうか?

 

そうではなく、「この痛みは、キケンではない」と、わかったからだ、という気がするのです。

 

痛みを感じつつ、冷静に「あらー、ここがこんなに硬いのね」と観察している感じです。キケンではないから、抵抗することなく、じーっと一緒にいることができます。すると、だんだん緩んできて、痛みは消えていきます。

 

口は、右下でほぐれたおかげか、左下、右上、左上は、楽勝でした(笑)。

 

この場合の痛みは、普段の生活で、その部分を不必要に緊張させているからです。痛みにより「”いらない緊張”に気づき、自分で緩めていくものだ」、と説明されました。

 

そして「みんみん(わたしのこと)は、緩めるのが上手だよね。」と。

 

自分のことは、自分で面倒をみるものだと思っています。自分で責任をもつとも言えますが、それはスーツを着てビシッと「責任を!」というものではなく、優しく愛でるような感じです。

 

自分で面倒をみるためには、他人の助けを借りることも、必要です。なぜなら、自分の体というのは、どんな状態であっても、「これなのだ!」というベストを尽くしている、と思っているからです。いらないコリも、「これがないとダメなのだ!」と頑張って緊張させているため、他人から「あのー、ここ、こんなに緊張していますけど、緩めていいんですよ」と言ってもらわないと、気づかないのです。

 

太極拳のクラスでも、「体が硬くて」と悲しそうに、恥ずかしそうに、話す方も多いのですが、その硬さは、自分を守るための結果であることが多いと思っています。どこかをかばって、バランスを取るために、自分を守るために、硬くしているのです。

 

ですから、そういうときは、「コリや硬さは、自分を守ってくれた結果だから、まずは”ありがとう”ですよ」とお話します。

 

体のコリは、心の硬さともリンクしています。

 

痛みに涙が出る人がいるのは、「こんなにがんばってきたんだ」と気づいたり、「もう、こんなにがんばらなくてもいいんだ」と気づくからなのかもしれない、とも思います。

 

人の体は7割が水です。地球の海の割合と同じです。人の体は、水の質をすごく持っているのだと思います。

 

水の質とは、環境に応じて変化できる”やわらかさ”です。川を流れる水は、停滞することなく、流れ続けます。岩という障害があっても、スムーズに避けて進んでいきます。硬いところは、ありません。(寒いと雪や氷に変化しますけどね。氷は砕けても、また溶ければ元の水になるだけで、失われてはいません。)

 

そう思うと、人も、本質は、しなやかで、やわらかいのだ、と思うのです。そして、変化にも柔軟なのだ、と。

 

わたしは、なにかあったとき、「なんですって!?」となるときに、体が硬くなることで、心が硬くなっていることに気づきます。気づいて緩める、を繰り返しています。しなやかで、やわらかく、水のように生きるほうが、わたしにとっては、ここちよいからです。

 

この「なんですって?」も、何かが侵害されると思って、自分を守ろうとして硬くなっているのかもしれませんよね。守らないといけない場合もあるかもしれませんが、そんなもの、ない場合もあります。自分の思い込みかもしれないのですよ。

 

水のように、環境に応じて変化することは、進化の過程にも見られます。進化は、強いものが生き残ってきたのではなく、変化に対応できたものが生き残ってきたのだ、と言いますものね。恐竜は、絶滅しちゃったものね。

 

痛みが伝えてくれること。がんばってきた自分、でも、もうそんなに頑張らなくてもいいのだ、ということ。感謝と希望をもちながら、しなやかさと、やわらかさと取り戻すとき、ということかしらね。

 

 

※MSIの施術をしてくれているNoriko Gendaさんのインタビュー記事は、こちらから。

 

 

【特別クラスのお知らせ】

6月20日(水)19:00-20:30は「タオを生きることば」です。詳しくはこちらの講座案内からご覧ください。

6月17日(日)14:30-16:30は「太極扇を体験しよう(第8回)」です。詳細とご応募方法はこちらから。

7月15日(日)14:00-16:30は「みんなが知らない太極拳のひみつ」(4)です。詳細とご応募方法は、こちらから。

 

 

☀「陽だまり」とは

「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、りん、とした印象もあります。太極拳を通して、陽だまりのような場を創っていきたいと思っています。

 

........................

いしい まゆみ(道号:静慧 / みんみん)

太極道家

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

講座のご案内は、こちらからどうぞ

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM