「神の島」久高島:「久高オデッセイ」を観て

2018.05.14 Monday

 

先月、「久高オデッセイ」というドキュメンタリー映画を観ました。

 

大重潤一郎監督が、2002年から12年、沖縄久高島の自然や人の営み、祭りごとなどを、「結章」「生章」「風章」の三部作として完成させた抒情詩(=オデッセイ)です。

 

観に行く前は、名前を聞いたことがあるくらいで、大きな興味や期待はありませんでした。何度も観ている友人が行く!という機会に、なぜか「観てみたいな、行こうかな」と思い、「第三部 風章」に行きました。

 

久高島は、沖縄の人々の祖先となった男と女の神さまが、最初に降臨したという神話が伝わっているそうで、沖縄の人々から「神の島」と呼ばれているのだそうです。

 

神の国で、祈りをささげて祭祀を執り行うのは、神人(かみんちゅ)、女性たちです。男性は、海に漁に出て、海人(うみんちゅ)と呼ばれます。

 

映画では、久高島の風景、自然、日常に溢れている祈り、暮し、祭りの様子が、淡々と描かれていました。

 

激しい雨風が吹き荒れる風景も、この島では普通のことなのだとか。自然の恵みもあれば、こんな日もあります。

 

祭りのときには、みんなが集まり、祈りの後に踊るのです。スーツを着た男性も、子供を連れた女性も、軽やかに踊るのです。嬉しそうに、楽しそうに。音楽とともに。

 

祈りは特別なことではなく、日常にあるのだと感じました。

 

久高島の地下に流れる地下水のように、この営みは、ずっと子孫に引き継がれてきています。でも最近は、土地を耕さなくなったために地下水の流れも枯れてきているのだとか。

 

祭りごとも、同じです。12年に一度、牛年に行われてきたイザイホーという儀式も、今は途絶えてしまっているそうです。

 

それでも、イザイホーの儀式の日にあたる日、島で一番若い神人が祈りをささげている姿がありました。ずっとお祈りのことばを唱えながら、途中で泣きながら、続けているのです。その姿と、「儀式は途絶えても、その魂は引き継がれている」というようなナレーションは、とても心に残りました。

 

全体として、淡々と流れる映像なのですが、終わる頃には、なぜか号泣です。理由はわかりません。隣にいた友人も、やはり号泣。

 

さらに観終わって出てきたら、やはり目を赤くしている知人にばったり。聞いてみると、昨年、久高島に行ってきたのだとか。

 

感想は上手く言えませんが、「ここには大切なものがある」と、強く感じました。

 

わたしはこれまで、海外に出て、カルチャーショックを受け、自分の無知さに気づき、視野を少しずつ広げてきたと思います。それを求めていたと思います。

 

でもこの映像を観たときに、「ここにあるじゃないか、大事なものが」と思ったのです。国内のことだって、わたしはまだ何も知らないのです。

 

自然への畏怖と感謝の中で生きること、日常に祈りのある毎日。

 

これ以上に、何か言えることはないのですが、数日後に「第二部 生章」を見たときに、涙のわけが、少しわかったような気がしました。でもそれは、まだ言葉にできるところまでは言っていないのですけれども。

 

わけもわからず涙が出たのは、9年前に武当山に初めて行ったとき以来かもしれません。

 

これからわかってくるかもしれませんね。わかっても、わからなくても、どっちでもいいような気がしますが。

 

面白いことに、こういうことがあると、久高島が日常に現れはじめます。「去年、行った」という人、「先月、急に予定変更して行ってきた」という人が、次々と周りから出てくるわけです。

 

不思議ですよね。

 

観に行く前には、たいした興味はなかったのに、です。

 

きっかけを運んでくれたのは、友人です。こんなとき、友人ってありがたいなあ、と思います。

 

なんだかいろいろ、うまくできています。

 

久高島、行こうと思っています。いつになるのかな。

 

 

 

 

 

【特別クラスのお知らせ】

5月20日(日)14:00-16:30は「太極扇を体験しよう(第7回)」です。詳細とご応募方法はこちらから。

5月27日(日)13:00-15:00は「おためし体験〜みんなが知らない太極拳のひみつ」です(千葉県香取市)。詳細とご応募は、こちらから。

 

 

☀「陽だまり」とは

「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、キリリとした印象もあります。太極拳を通して、陽だまりのような場を創っていきたいと思っています。

 

........................

いしい まゆみ(道号:静慧 / みんみん)

太極道家

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

講座のご案内は、こちらからどうぞ

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM