手を合わせる

2018.11.09 Friday

 

神社で手を合わせる時間が好きです。

 

毎週のように行くわけではありませんが、ふと「行こうかな」と感じたときに、お参りに行きます。

 

手を合わせるというのは、宗教が違っても、わりと共通ですよね。神社でも、お寺でも、教会でも、そして道観(道教のお寺)でも、形式は違いますが、手は合わせます。

 

小さい頃、わたしはお寺の幼稚園に通っていました。かすかな記憶ですが、ときどきお寺の本堂で、白い小さなお数珠を手に持って、「なむなむ」とお祈りしていたことを覚えています。

 

何もわかっていなかったかもしれませんが、手を合わせること、その形をすること自体が、大切な気がします。

 

両手を合わせることに、何か意味があるのかは、よく知りません。

 

唯一ちょっと知っているのは、神社の参拝方法に関するものです。二礼、二拍手、一礼、と言いますよね。二拍手のとき、右手を左手よりも少し下にする、と言います。

 

「左手は神さま、右手は人。だから最初は人がちょっと下で、二拍手のあと、両手をぴったり合わせることで、神さまと人がひとつになる。」

 

大学生のとき、民俗学の講義の中で教えていただきました。単位稼ぎのために(ごめんなさい)取ったつもりの課目ですが、日本の習慣や風習など、面白いお話も多くて、とってもためになりました。この参拝方法のときも、「へええ」と感激したことを覚えています。

 

わたしのカンフーは武当功夫(カンフー)で、道教の修行者(道士)がするものです。そのため、ご挨拶の手は、道士のお祈りと同じ形です。

 

両手を組んで、親指側、小指側、両方から見たときに、陰陽太極図のような模様ができます。「武器を持っていませんよ」と伝える意図もある、と聞いたことがあります。

 

 

いちおう、女性は右手が上、男性は左手が上、と、男女で違うのですが、中国の先生いわく「そうだけれども、あまり気にすることはない。」そうです。

 

手を合わせることは、それがどんな意味を持つのか、もっと調べることは、できるかもしれません。でも、この動作には、そういう意味以上のものがあるような気がします。

 

たとえば、神道の大祓詞は、ちゃんとストーリーになっています。神主さんにその意味を解説していただいたこともあるのですが、最後におっしゃったことばが、とても印象に残っています。

 

「意味など考えながら、唱えなくてもよろしい」と。

 

人間はとかく、理屈をこねたがる。でも、神様の世界のことなど、人間にはとうていわかるわけがない。神様のことばには、力がある。ああだ、こうだと難しいことを考えるのではなく、とにかくそのまま唱えればよい、というようなお話でした。

 

これ、とってもいいなあ、と思うのです。

 

このくらいの感じでいくほうが、生きやすいのじゃないかしらね。

 

昔から続いている形には、きっと何かがあります。自分の想像をはるかに超えるものなのじゃないかしらね。

 

 

 

☀「陽だまり」とは

「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、りん、とした印象もあります。太極拳を通して、陽だまりのような場を創っていきたいと思っています。

 

...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...

 

いしい まゆみ(道号:静慧)/ みんみん)

太極道家

講座のご案内は、こちらからどうぞ

 

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

ブログ: みんみんの陽だまり太極道日記(http://blog.minminkung-fu.com/)

「太極拳、あるある、ないない話」Facebookページで毎日更新:こちらから

「すきなもの」Instagramでほぼ毎日更新:Instagram(@mayuminmin927)

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM