進化とは、困難を克服していくこと

2018.04.23 Monday

(「アニマル進化体操」のワニの上陸作戦。「獲物はここ、これを見て」と先生。前回、2017年10月に受講した時の写真です)

 

2年越しに受けている「アニマル進化体操」。

 

正式にはEWS、エボリューショナリーソマティックワーク、進化論的ボディワーク、というようです。

 

卵→さかな→ヘビ→ワニ→チーター→ゴリラ→マサイのジャンプ(人間)という進化をたどることで、本来の身体感覚をとりもどしていきます。

 

教えてくださるのは、アレクサンダー・テクニークの講師でもある田中ちさこ先生。一昨年は卵とさかな、去年はヘビ、ワニ、マサイのジャンプを体験しました。「今年は、チーターとゴリラを体験するのだ!」と思っていたら、チャンスがめぐってきました。

 

この進化は、背骨の進化でもあります。

 

ワニが上陸するとき、顔が地面にこすれないように、前方の獲物が見えるように、首のカーブができました。

 

チーターになるとき、内臓が下に落ちるのを支えるために、背骨の上の方が盛り上がり、背骨のカーブ(Cカーブ)ができました。人間になるときに、S字カーブになります。

 

今回はワニの復習からでした。ワニは、うしろ足を発達させて、陸にはいあがります。使うのは内転筋、ももの内側にある筋肉です。これを外旋(外に回す)、内旋(うちがわに回す)していきます。

 

内転筋を動かすことで、背骨、肩甲骨が連動して動き、頭が前に進むパワーがでます。骨盤を積極的に動かすわけではないのですが、結果としては動きます。

 

わたしは人間なので、つい、ワニの頃には使えなかった部分を使って動こうとします。ももの外側の筋肉を使ったり、膝を床に押し付けて前に押し出そうとしたり、膝から下の足を使おうとしたり。すると、腰、背骨、肩甲骨、頭にパワーが伝わっていきません。

 

このワークのポイントは、わざと”使えない”制約をつけることです。すると、残りの部分が協同して動き始めます。全身がつながってパワーを出すことをちょっと体感できると、「おおおっっっ!」ですよ。感動します。

 

進化の過程は、”不自由”を克服しようとした結果でもあります。

 

たとえば小さな魚が生き抜くためには、大きな魚に食べられないように注意しなければなりません。逃げる先は、海底の砂の中だったりしますが、さらに安全な場所を求めて陸に上がった、とも言えるかもしれません。それがワニへの進化です。

 

そう考えると、問題があることは、化のチャンスです。ピンチはチャンス、です。

 

そもそも、このアニマル進化体操ができたのも、ピンチからです。

 

これは医師で人類学者のレーモンド・ダート博士(1893年〜1988年)の研究成果であるダート・プロシージャーをもとにしています。ダート博士の息子さんは脊椎側弯症で、その治療方法をもとめてアレクサンダーテクニークに出会い、そこからのご縁でこのワークにつながっていったそうなのです。

 

「困った」→「どうにかしよう」が、進化につながるという話は、考えてみれば当然なのですが、困難の渦中にいるときは気づかないこともありますよね。

 

今回、印象的だった出来事があります。

 

ワニからチーターになる過程を試していたとき、「この動きでよいのか?」と確認したくなって、途中で止めてしまったときがありました。すると見ていた方から、「すごく良い感じで動いていたのに、途中で諦めちゃって、もったいない」と言われたのです

 

わたしが「頭の動く方向を確認したくなったから、それを聞きたくて」と答えたら、「それは自分の感覚だから、返事できることじゃない。」と。

 

「聞きたくて」と言いましたが、現実としては、わたしは諦めてしまったのですよ。最後までやらずに、途中で。

 

普段も、そういうときがある気がします。

 

人間になるまでには、気が遠くなるような長い年月がかかっているように、進化には時間がかかります。あせらず、ゆっくり、試行錯誤で。正解があるわけではなく、自分の感覚でいろいろ試してみることが大切です。

 

人の助けを借りることも大切ですが、その前に、「諦めない心」も大切ですよね。進化の種類にもよるかもしれませんが、自分の困難を克服する方法は、自分の中からしか生まれないのかもしれません。

 

※前回受けたときの感想は、こちらから「アニマル進化体操:卵からワニ、そしてマサイのジャンプまで」

 

 

【特別クラスのお知らせ】

5月5日(土)14:00-16:30は「太極扇を体験しよう(第6回)」です。詳細とご応募方法はこちらから。

5月13日(日)14:00-16:30は、「みんなが知らない太極拳のひみつ(2)太極と陰陽」です。詳細とご応募方法はこちらから。

 

 

(ワニの上陸作戦。内転筋を外旋させて、ここから内旋させて進もうとしているところ)

 

☀「陽だまり」とは

「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、キリリとした印象もあります。太極拳を通して、陽だまりのような場を創っていきたいと思っています。

 

........................

いしい まゆみ(道号:静慧 / みんみん)

太極道家

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

講座のご案内は、こちらからどうぞ

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM