「すみません」より、「お願いします」

2018.04.11 Wednesday

 

レストランで注文したいとき、よく「すみません」って言いませんか?

 

あるとき、なかなか店員さんが振り返ってくれないことがありました。そのとき一緒にいた方が、「こういうときは、『お願いします』と言う方がいいんだよ」と言うのです。

 

試してみたら、なんと!1回で、振り返ってもらえました。

 

またある日、別のお店で店員さんを呼ぶとき、なかなか気づいてもらえないことがありました。

 

夕方の5時半と、夕食には早めの時間でしたが、休日のためかお客さんは結構入っていました。サービスする人がひとりくらいしかいなくて、あたふたしている様子が見えます。気づいてもらえなくても仕方ないなあ、と思いつつ、先日のことは忘れて、つい「すみませーん。」と何回か連呼。

 

そうだ!「お願いしまーす。」......「はいっ!。」効果は、てきめんです。

 

「すみません」は、とても便利な言葉だと言われます。日本に来た外国人に、そんな風に教えることもありますよね。

 

でも、便利だからと乱発するのは、ちょっと待って!と思うのです。

 

この言葉の響き、ちょっと謝る感じですよね。「お手数をおかけします」的な。それがぴったりはまる場合もありますが、そうでもないときもあります。

 

わたしが好きではない表現に、「お忙しいところ、すみません」があります。

 

本当に忙しいとお互い知っている場合は別ですが、そうではないとき、こう言われると「あなたはわたしの何を知っているのだ?」とか、「暇ですけど何か?」とか、小さくひねくれたりします。あまのじゃくでしょうか。

 

もちろん悪気はなく、気づかいからきていることも、わかります。わかりますが......一瞬、ぴくっとなるのです。そしてその後、「いやいや、そんなつもりはないのだ。わたしの妄想だ。」と気を取り直します。

 

そんなとき、その当人が、「なんだかわからないけど、人を怒らせちゃうことがある。」みたいな話をしてくること、実際に何度かあるのです。この言葉の使い方が、ひとつの引き金なのかも、と思ってしまうのです。

 

店員さんを呼ぶなら、「お願い」する方が上手くいくようですし、お礼を言うなら「ありがとうございます」が、スッキリいくのではないでしょうか。

 

電車がガタンとなったときに、足を踏んでしまったりしたときは、「すみません」とか「ごめんなさい」ですけどね。

 

いろんな場面で使える言葉は便利ですが、たまには使い方を意識してみても良いかもしれません。自分の気持ちにぴったりくる言葉を選んでみる。それだけで案外、ちょっとしたことがスムーズに動き始めるかもしれない、と思います。

 

 

 

【特別クラスのお知らせ】

【満員御礼】4月14日(土)18:30-20:30は「太極扇を体験しよう(第5回)」です。詳細とご応募方法はこちらから。

【残1名さま】4月15日(日)14:00-16:30は、新講座「みんなが知らない太極拳のひみつ(1)天地とつながる立ち方」です。詳細とご応募方法はこちらから。

 

 

☀「陽だまり」とは

「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、キリリとした印象もあります。太極拳を通して、陽だまりのような場を創っていきたいと思っています。

 

........................

いしい まゆみ(道号:静慧 / みんみん)

太極道家

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

講座のご案内は、こちらからどうぞ

 

 



calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM