夢はかなう

2018.03.30 Friday

修士を修了して「働こう」と思ったとき、最初に目指した職業は新聞記者でした。

 

その仕事をしていた友人の影響も、大きかったと思います。

 

当時は年に2回チャンスがあり、2年にわたって合計3回、受験しました。結果、夢はかないませんでした。

 

準備は大変でした。わたしの専攻は英文学で、実学ではなく、大学のときの先生のことばを借りれば「役に立たない学問」です。筆記試験の問題も、さっぱりわかりません。準備期間もなかった1回目は、筆記で落ちました。

 

「高校の政治・経済の教科書をしっかりやるといいよ」と、経済学部出身の友人に教わり、コツコツと読んで、疑問点を集めては、まとめて友人に解説してもらいました。

 

「新聞は、毎日、端から端まで読むんだよ」というアドバイスから、朝刊と夕刊をじっくり、赤線を引いたり、切抜きしたりしながら読みました。

 

朝刊って、ボリュームあるのですよ。本当に全部読むと3時間くらいかかります。さらに、例えば大きな自然災害が起きると、過去の自然災害が出題されたりするため、関係事項を調べる作業もやりました。

 

筆記試験は、選択式のほかに小論文もあり、その場で与えられた題目について、制限時間内に1,000字で書きます。これもたくさん書いて練習しました。

 

今、思い返すと、本当にこれだけやったのだろうかと、自分でも思ってしまいます。(過ぎたことは、わりと忘れてしまうのです。)

 

それなりにすれば、それなりの成果が出るのか、2年目の筆記試験は2回とも通りました。でも最初の面接は、筆記が通ったことで舞い上がってしまい、ボロボロでした。2回目はきちんと話せたのですが、通りませんでした。

 

新聞記者の友人は、あとからその面接のやりとりを聞いて、「それは、良い面接だったね。だからこそ、また受けても厳しいかも。」と言ってくれました。

 

自分でも、なんとなく感じたのです。「この会社が求めているのは、わたしのようなタイプではないんだろうな。」と。夢をかなえるためでも、違う人になることはできません。

 

目標を失って、しばらく落ち込みました。でも、よかったことも、たくさんあります。

 

ひとつは「自分のことばで書く」練習ができたことです。小論文の題材は時事問題が多く、しっかり理解していないと、自分がどう思うかなんて書けません。ニュースで聞いていると、なんとなく知っている気分になりますが、実際に書いてみようとすると、全然書けないのです。「きちんと理解してから書く」大切さを、学びました。

 

書き方についての発見もあります。友人の記者の記事を読んだとき、「いつも言っている事より、ずいぶんマイルドな書き方」だと感じて、質問したことがあります。「なんで思っていることをそのまま書かないの?」と。返事は「事実をそのまま書くの。それをどう感じるかは読者に任せることだから。」伝えたいのは、自分の思いではなく、「こういうことが起きている」ことだとすれば当然ですが、当時のわたしには新鮮な驚きでした。

 

当時持っていた、”学部コンプレックス”もなくなりました。英文学を好きで専攻したにも関わらず、「これは社会で役立つ実学ではない」ことに、コンプレックスを感じていました。冒頭であげた大学の先生は、「役に立たない学問を学ぶ意味を考えなさい」とおっしゃったのですが、当時のわたしは学ぶ意味を考えるには至らず、「役に立たない」部分だけにとらわれていました。(役に立たないものを学ぶ意味については、別の機会に書きますね。)

 

それでも高校の政治・経済の教科書をベースに、「あれがこうなると、これがこうなる」という仕組みを自分の頭で理解できるようになってくると、「なんとかなるのだ」とわかってきました。(「世の中知らないことだらけだ」と知っている今から思うと、どうでもいいコンプレックスですけれどもね。)

 

面接での体験からは、「望んでも、合わない場所もあるのだ」と、知りました。想いは引きずりましたが、「あきらめよう」という決心は、しっかりつきました。

 

さて、本題の「夢はかなう」に戻ります。

 

新聞記者にはなれませんでしたが、こうやってブログやSNSで”書く”ことができていると思うと、違う形で、夢はかなっていると思えます。あの頃は、素人がメディアに書く時代がくるなんて、思ってもみませんでした。

 

”夢はかなう。ずっと後にでも、そのときの自分が思ってもみない形で。”

 

よかったことがあるから、かなわなくても十分なのですが、それでもかなうと、うれしいですね。

 

 

【特別クラスのお知らせ】

4月14日(土)18:30-20:30は「太極扇を体験しよう(第5回)」です。詳細とご応募方法はこちらから。

4月15日(日)14:00-16:30は、新講座「みんなが知らない太極拳のひみつ(1)天地とつながる立ち方」です。詳細とご応募方法はこちらから。

 

 

☀「陽だまり」とは

「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、キリリとした印象もあります。太極拳を通して、陽だまりのような場を創っていきたいと思っています。

 

........................

いしい まゆみ(道号:静慧 / みんみん)

太極道家

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

講座のご案内は、こちらからどうぞ

 



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM