老子のことば 「道法自然」:今を生きる

2015.03.14 Saturday


(武当山の夕焼け)

「道法自然」

老子「道徳経」第25章にあることばです。

人は地に法(のっと)り、地は天に法り、天は道に法り、「道は自然に法る」。

武当拳(太極拳、形意拳、八卦掌)は、老子の思想を取り入れた
道教哲学をもとに成り立っています。
武当拳が生まれて伝えられてきた中国、湖北省の武当山は、道教の聖地のひとつ。
老子のことばも、あちこちに見られます。
↓こんなふうに。

(武当山の道教のお寺にて。この建物も、世界遺産です)

この言葉の意味を、食事中に学校の先生に聞いたことがあります。

「今はごはんを食べるときで、それを話すときではないよ」

というのが先生の答えでした。

つまり、今に集中せよということです。
道は自然に従う、とは、ごはんを食べるときは、食べ、
話をするときは、話し、お稽古するときは、お稽古して、
いつも、「今にいる」ことです。
食べながら次にやることを考えたりしないことです。

わたしの人生の師匠から、最近言われたことばがあります。
「太極拳をやっているときのように、日常を過ごすんだよ」

つまり、丁寧に過ごすことです。(結構、がさつなのです。。。)
一つひとつの動作をするときに、どこが動いているのか、自分の体を観察してみなさい、と言われました。

これは、曹洞宗のお坊さんから教えていただいたごはんの食べ方にも似ています。
ごはんを食べるために、お箸を持ちます。口に運んで、お箸をおいて、噛んで、飲み込みます。
またお箸を持ち、おかずを口に運び。お箸をおきます。そして噛み、飲み込みます。
その繰り返しです。
ごはん中におしゃべりは、ありません。
時間をかけて、ゆっくりといただきます。

今日、やってみました。
気づいたことを書いてみます。
普段は、噛みながら次の食べ物をお箸でつまんでいます。目は違うところを見ていたりします。
誰かと一緒なら、話ながらです。
意識せずにいろんなことを同時にやっています(すごいことでもありますが)。

自分が何をやっているかに意識を向けると。。。
30回噛んで食べると言いますが、回数を数える必要がありません。
10回では「まだこんな状態では飲み込めない」とわかるからです。
汁物だと、飲んだ後の軌道を追うと、面白いです。
あっという間に胃まで落ちて、ちょっとだけ滞留したあと(ほんのちょっとね)、腸に流れます。
こんなに早くて大丈夫なのか、と心配になったりもします。
噛んでいる間に別のものにお箸をつける、と、同時に別の行動をすると、軽いパニック状態になります(笑)。
ずっと今にいること、今の自分を瞬間瞬間で味わうことは、たとえばこんなことだと思うのです。

いかにそれができていないか、雑に過ごしているかがわかります。

ずっとこれだと大変なことになりかねませんが、
1日の中でちょっとでもこんな時間を持つと、ゆとりが生まれる気がします。
食べることでいえば、食べすぎることもなくなるような気がします。
十分咀嚼するから、消化・吸収も良い。味わいも、ひときわです。
食べることで、すごく豊かになれる気がしました。

ちなみにこれをやっているとき、外から見た姿は、とても優雅できれい」だったそうです。
(わたし自身は、上に書いたように軽いパニック状態になっていても、です)。
そうそう、曹洞宗のお坊さんの身のこなしは、とてもきれいで美しいです。

そしてこんな意識の向け方に慣れてくると、
食べながら別のことを考えても、”考えること”だけに意識が持っていかれなくなるとか。
きちんと食べる。でも、考えることもできるのです。
そうでないと、食べている間に火事が起きたとき、動けないですものね。

これぞ、修業です。
自分でやっていくしかありません。

太極拳をするように、日常を過ごすことを意識して、
わたしもまだまだ、これからです。
どんな感じになっていくのか、楽しみです。


(今年の春、庭に咲いたクロッカス)

 

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM