モノとケンカしない

2018.02.14 Wednesday

 

(あずき袋を投げたところ。これは、昨年5月にやったときです)

 

先日の青空太極拳教室で、あずきの入った袋を投げてキャッチする遊びを、やってみました。

 

中国にお稽古に行くと、ときどき、こんな遊びをします。遊びながら、自分の体の状態を知ることができるのです。

 

力んでいたり、体の緊張が強いと、袋をキャッチするときに「バサッ」と大きな音が出ます。力まず緩んだ状態で、袋を迎え入れるようにキャッチすると、ほとんど音が出ません。

 

投げるときも、腕をくるくる回して、その勢いにのせて投げます。袋が渦のような流れにのって、手から自然に放たれていくような感じです。

 

気楽に、大らかに、落としても構わないのだと、ゆるーく構えることもコツです。

 

遊びですから、笑顔も自然と増えます。笑うと、力が抜けますよね。

 

自分が緊張して、袋をキャッチするときに大きな音が出たら、それはまるでモノと自分がケンカしているみたいではありませんか?自分も、痛いでしょう。これが袋ではなく人だったら、きっとお互いに痛いですよね。

 

モノの重さは、その存在の主張でもあります。それを尊重することを思い出すだけで、上手くいくことも多くあります。

 

例えば、扇。左右均等ですので、真ん中を持てば、扇の位置は地面に対して水平になります。でも、指や手、腕、そして体のどこかに力が入っている場合、きれいに水平になりません。

 

(水平の位置におさまった扇。人差し指と中指はゆるゆる、薬指は添える程度、小指で端の骨を支えて開いた形を保ちます。)

 

目で見て水平に調整する方法もありますが、瞬時に調整するのは大変です。しかも背中に扇を持つ場合は、見えません。初めて習ったときは、手や腕の角度で一を覚えこもうとしたのですが、そんなことをしなくても、扇の存在を尊重して、力まなければ、すべてうまくいくのです。

 

モノの存在を尊重することは、モノの命を感じることでもあります。それによって、お互いがありのままで、上手く調和するような気がします。

 

自分中心の世界から、お互いを尊重する世界へ。そうすることで、自分の体がもっと楽になるのは、面白いですよね。

 

普段の生活でも、洗い物をするとき、モノを机に置くとき、歩くとき、ガチャン、ゴンッ、バタバタという音がでていたら、モノを自分中心にコントロールしたり、ケンカしているのかもしれません。

 

”自分を観察する、自分の状態に気づく”とよく言いますが、やり方として、自分の延長線にあるモノの様子を見ることで、自分に気づくきっかけにもなることもあります。人は、ひとりでは存在していないですからね。ありがたいことです。

 

 

【特別クラスのお知らせ】

3月11日(日)14:00-16:30は「太極扇を体験しよう(第3回)」です。詳細とご応募方法はこちらから。

 

 

☀「陽だまり」とは

「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、キリリとした印象もあります。太極拳を通して、陽だまりのような場を創っていきたいと思っています。

 

........................

いしい まゆみ(道号:静慧 / みんみん)

太極道家

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

講座のご案内は、こちらからどうぞ

 



calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM