ホ・オポノポノ

2018.01.12 Friday

 

「ホ・オポノポノ」という言葉を知っていますか?

 

ネイティブアメリカンの智慧の言葉です。

 

・ありがとう

・ごめんなさい

・許してください

・愛しています

 

この4つの言葉を唱えるだけです。感情を込める必要はなく、むしろ、それは邪魔になります。ひたすらこの4つの言葉を唱えるだけで浄化される、と言われています。

 

いってみれば、魔法のことばですよね。

 

数年前にホ・オポノポノを知ったとき、感情を込めずに言うことには、半信半疑でした。その頃は、まだ理屈にとらわれることが多かったのだと思います。「〇〇だから正しい」、とか、「××だから間違っている」、とか。見てわかることだけを信じ、見えないこと、理屈で説明できないものを信じない、という”かたくな”な自分だったと思います。

 

それでも「意味なんて良いから、とにかく言うのだ」というから、そのまま唱えていました。

 

そしてその後の体験で、「この言葉は真実なのだ」と思うようになりました。

 

とってもお世話になって、恩ある方であっても、時が経つと一緒にいることが苦しくなることもあります。何かを進めていくうちに、目指す方向が違うと気づくこと、ありませんか?話し合いで方向合わせをする方法もありますが、お互いの大切にしたいものを尊重する場合、お別れを選ぶこともあります。

 

長い時間を共にしていると、愛着も執着もあります。目指すものが違うとわかっても、なかなか別れを選択できないこともあります。我慢が過ぎて、言い争いになったり、苦しくなったり、苦しくさせたり、いろいろなことが起こります。

 

わたしにも、そんな経験があります。ぐずぐずしていたので最後は追い出され、「そこまでひどいこと、していない!」と泣き、心のキズにもなりました。恨みもしました。でも今になって、そのときのことを振り返ると、「ありがとう、ごめんなさい、許してください、愛しています」だと思うのです。

 

自分のいる場所ではないとわかっているのに、わたしがぐずぐずと出て行かないために、その方が「ポンっ」とお尻を蹴って出してくれただけです。恨むなどお門違いですし、傷ついたと言っているのも、なんというか、悲劇のヒロインを勝手に演じているだけです(ただし、そのときは本気でそう思っている、傷ついたと思っていました)。

 

そんな経験から、「真実だからこそ、自然と思いはこもるのだ」と思っていました。

 

でも今は、そんな考えも浅かったな、と思います。

 

神社では、6月末と12月末に大祓の儀式があり、半年間の罪穢(つみ、けがれ=気が枯れる)を清め(気をよみがえらせる)ます。罪穢は、知らず知らずにしてしまったもの、と説明されます。生きていれば、そんなつもりがなくても、いろいろとやっているものです。

 

そのときに唱える「大祓詞」には意味があり、昨年末に明治神宮で開催された講座内でも、解説していただきました。でもその上で、笑いながらこうおっしゃるのです。「意味をいちいち考えていたら、いくら唱えても祓えは行われません。」

 

話とは、単に言葉を音に出すのではなく、心を放つことで、それが空気の振動となったものなのだそうです。普通の言葉では無理ですが、神様からの言葉である大祓詞を唱えると、その言葉の力で罪穢が祓われるのだとか。

 

それを、いちいち意味を考えたら、いくら唱えても祓いは行われないのだそうです。理屈のない神様の世界を、人間の作った理屈で解釈しようとしても、出来るわけがない、というのです。

 

そのとき、いただいた資料の最後には、「現在の人々はあまりに理屈が多すぎますが、これで、理屈を言う人がちょっとでも減ったら、罪穢も祓われて、日本は幸せになるのではないでしょうか。」と、書かれていました。

 

大祓詞が神様からの言葉であるように、ホ・オポノポノは、ネイティブアメリカンにとって、そんな存在なのかもしれません。いずれにしても、真実の言葉なのだと思います。ここで言う真実とは、良い悪いとかがない、それを超えたもの、みたいな感じでしょうか。

 

だからこそ、意味など考えなくても良いのです。

 

短いから、何か嫌だなあと思うことがあったとき、それが気になって頭から離れないとき、などにも使えます。というより、それが正しい使い方なのかどうかは知りませんが、使ってみています。「えっ、わたし、この人に何も悪いことしていないし、愛してなどいないし(爆)」など、ひっかりそうなときも、「いやいや、そういうことではないのだ」と、とにかく言葉を唱えます。

 

スルッと執着から離れられたりしますよ。

 

昔からある言葉は、その力を信じてみるものです。

 

 

 

【1月の特別クラス】

※1月14日(日)14:00-16:30は「太極扇を体験しよう(第2回)」です。詳細とご応募方法はこちらから。

 

※1月21日(日)の午後は、Bouquet(逗子・葉山)「身体とこころのその先へ 〜本当の思いに触れに行く太極拳〜」(第5回:みんなが知らない太極拳ひみつ5 争いを止める太極拳)です。詳細とご応募はこちらから。

 

※1月27日(土)14:00-16:30は「体の中からキレイになろう!クリスタルボウルと六字訣」です。詳細とご応募はこちらから

 

 

☀「陽だまり」とは

「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、キリリとした印象もあります。太極拳を通して、陽だまりのような場を創っていきたいと思っています。

 

........................

いしい まゆみ(道号:静慧 / みんみん)

太極道家

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

講座のご案内は、こちらからどうぞ

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM