今年の一文字:「空」

2018.01.07 Sunday

 

 

この4年、毎年、書初めをしています。

 

書初めの場は、仲良しのお友達で、”いのちを吹きこむsustainable書道家” 長橋典子さん(のりちゃん)が開く、書初め会です。書道師範の のりちゃんは、きちっと教えることもできますが、この会では”「上手」ではなく好きに書く”をモットーにして自由に書きます。

 

「今年のあなたの一文字は?」という問いに、会の前から思いを巡らせます。

 

「静」(2015年)→「福」(2016年)→「結」(2017年)ときて、今年、最初に思い浮かんだ文字は「感」でした。

 

感謝、感覚、感動、感じる、直感、などなど、大切にしたい世界が、ここから広がります。

 

これで決まりだと思っていたのですが、開催前日、迷走し始めます。思い出せないくらい、あれやこれやといろんな文字が浮かんでは消え、直前まで大混戦でした。

 

「その場で思い浮かんだ文字にしよう」とあきらめました。そして、駅から会場まで歩いているとき、自分の体の感覚から「空」という文字が浮かびました。

 

体の軸がしっかり立ち、内部にスペースが広がっている感覚です。「空」とは言っても、丹田(中心)がしっかりして、ずれがありません。

 

この感覚を大切にする1年にしたいです。

 

「空」とは、

 

ゆとりの「空」:

スペースがあれば、ゆとりが生まれます。

 

新しいものを受けいれる「空」:

新しいものも、入ります。

 

”ない”ように見えて”ある”「空」:

空気は”空っぽの気”と書きますが、たとえば分子の世界では酸素、二窒素、二酸化炭素、ヘリウム、アルゴン、水など、たくさんの分子や原子が、みっちりつまっています。見えないものの存在も、大切に感じていきたいです。

 

空と大地の「空」:

陰と陽(空が陽、大地が陰)のバランスを忘れずに。

 

空海の「空」:

昨年末に旅した高野山で、奥の院で今でも祈っていると言われる弘法大師さま(空海)を、心に。

 

そもそも「空(カラ)」なので、これから何かがどんどん入って変わってくるかもしれません。楽しみです。

 

(今年の書初め会)

 

この書初め会は、なんでもありです。墨の濃さも書き順も自由、紙の裏に書いてもよいですし、縦でも横でもななめでも、文字の位置や大きさも自由です。

 

漢和辞典や、書道家が使う、書家の書いた文字辞典も用意されているので、それを見ながら想像を膨らませていくのも楽しいです。

 

最初は比較的まともに書いて、そこからイメージを膨らませていきました。墨をする音と香りにいやされて、じっくりと一文字と向き合う、良いひとときです。

 

書いてみたら、パンダの顔みたいになりました。パンダは目の黒い部分が”八の字”を描くほど、美しいのだそうです。口の部分をしゅっとはらって、”空飛ぶパンダ”です。ちょっと笑っているみたいでしょ。笑いも大切、何かあっても余裕で笑い飛ばしたいです。実際には、年明け早々そういかないことも起こりましたが、今年はそれを乗り越えていく年になるのかもしれません。

 

会の最後は、集まったみなさんと一緒に、発表する時間があります。各自の今年の一文字を見て、なぜその文字にしたのかを聞くのも、よい時間です。

 

楽しい時間を、ありがとうございます。

 

みなさま、あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いします。

 

 

【1月の特別クラス】

※1月14日(日)14:00-16:30は「太極扇を体験しよう(第2回)」です。詳細とご応募方法はこちらから。

 

※1月21日(日)の午後は、Bouquet(逗子・葉山)「身体とこころのその先へ 〜本当の思いに触れに行く太極拳〜」(第5回:みんなが知らない太極拳ひみつ5 争いを止める太極拳)です。詳細とご応募はこちらから。

 

※1月27日(土)14:00-16:30は「体の中からキレイになろう!クリスタルボウルと六字訣」です。詳細とご応募はこちらから。

 

 

☀「陽だまり」とは

「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、キリリとした印象もあります。太極拳を通して、陽だまりのような場を創っていきたいと思っています。

 

........................

いしい まゆみ(道号:静慧 / みんみん)

太極道家

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

講座のご案内は、こちらからどうぞ
 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM