静寂

2017.12.18 Monday

 

(和歌山 天空の森で)

 

和歌山の旅で、「天空の森」に行く時間がありました。

 

森には道がちゃんとあり、ところどころに目印がついています。でも、誰ともすれ違わないような道です。

 

車を降りて20〜30分くらい歩くと、ちょっと開けたところに出て、そこでしばらく、ひとりずつ静かに過ごすことになりました。案内してくれた友人が、「圧倒的な静寂を楽しんで」というような言葉を、言ったと思います。なぜか印象的な言葉でした。

 

しばらくひとりでぼんやり少し歩き、気に入った場所に腰を下ろしました。

 

人の声は聞こえません。一緒に行った3人とも離れたのか、足音も聞こえません。

 

でも、わたしの周りはというと、

 

風はびゅうびゅう吹き、木々は大きく揺れ、たくさんの鳥の声も絶え間なく聞こえます。地面の上も、枯葉の音や、何かしらの音が、たえず聞こえます。

 

現実に聞こえる音という意味では、自然はかなりにぎやかです。圧倒的な静寂とは、むしろ真逆です。

 

「静寂は、外の世界にはない。自分の内にしかない。」と思いました。

 

”入静”という言葉があります。心の緊張をといて、心が落ち着いていく状態に入っていくことを言います。体の緊張をとく、”放松”とともに、大切な要素です。

 

”静”という字は、わたしの道号(道教の修行者の名前。武当玄武派第十五代伝人 田理陽師父につけていただいたもの)にも入っています。”静慧”という名前をいただいたとき、「”静”の状態になれば、”智慧”が出てくる。あなたにはこの2つの要素がある」と、説明してくださいました。

 

今の先生(武当玄武派第十六代伝人 明月師父)には、「武当功夫は、”静”に入ると、”悟”へと続いていく」というような話をしていただいたこともあります。

 

この”静”という意味を、わたしはずっと、いろいろな場面で、体感してきました。

 

その先に続く”智慧”や”悟り”は、人それぞれのような気がします。指紋が一人ひとり違うように、その人なりの”智慧”や”悟り”があるのではないかしら、と思うのです。

 

なんとなく、ですが。

 

それは、その人が生まれてきた意味や、この世界での使命のような、気がします。

 

これも、なんとなく、です。

 

森に案内してくれた友人が、どんなつもりで「圧倒的な静寂」という言葉を使ったのか、わかりません。意外と同じことを考えているかもしれません。でもそれは、どうでも良いと思っています。

 

人は、それぞれですしね。そして、すべて言葉で分かり合う必要もないと思うのです。

 

ことばで共有することも、もちろん大切です。でも、今この瞬間にどう感じるかは、自分だけの体験で、言葉で伝えられることを超えていると思うからです。

 

だからこそ、自分で体験して感じることを、大切にしています。ほかの人のそんな体験も、大切にしたいと思っています。それは人生の宝だと思うのです。

 

この日、その先に感じたことは、「地面が柔かいなぁ」ということでした。普段よりも足底クッションが効いているスニーカーを履いていたので、そのせいかしら?と思ったのですが、東京に戻って普段の底の薄い靴を履いても、地面は前よりも柔かく感じます。

 

かっこよく言えば、”自分と大地とのつながりが深まった”とでも言うのかもしれませんが、そこまではわかりません。でも、柔かい感触は、心地良いのです。それで十分満足です。

 

智慧や悟りには、まだまだかもしれませんね。

 

 

【12月の特別クラスのご案内】

12月23日(土)14:00-16:30は「みんみんの陽だまり時間:オレンジポマンダーを作ろう!」(自由が丘・九品仏)です。詳細と応募方法はこちらから。(太極拳クラスではありません)

 

 

☀「陽だまり」とは

ブログタイトル「みんみんの陽だまり太極道日記」の「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると素晴らしく居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、どことなくキリリとした印象もあります。太極拳を通して、こんな時間と空間を創っていきたい、陽だまりにつつまれて暮らす人、心身ともにゆとりある人を増やしたい、と思っています。

 

 

........................

いしい まゆみ(道号:静慧 / みんみん)

太極道家

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

講座のご案内は、こちらからどうぞ

 

 



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM