あこがれ

2017.12.01 Friday

(Photo by Xie Okajima)

 

太極拳を続けてきたのは「好きだから」と言っていますが、もうちょっと言うと、「こうなりたい」という憧れがあるからです。

 

わたしがお稽古している武当功夫(内家拳)は、太極拳、八卦掌、形意拳と、気功や瞑想、基本功などがあります。

 

太極拳にも流派がたくさんあり、それぞれです。その中で、武当功夫に出会ったのは偶然ですが、それを続けたいと思っているのは、この人たちの動きやあり方に、憧れているからです。

 

体で言うならば、今よりもっと、

 

体重を感じさせず、忍者のように、龍のように

 

動きたいのです。

 

わたしの先生(武当玄武派第十五代伝人 明月師父)は、大きな体をしています。体重も、90キロ以上あります。でも歩く姿は軽く、バタバタと足音も立てません。

 

先生やお弟子さんたちは、高いところから飛び降りても、大きな足音が出ません。

 

八卦掌の歩法をすると、足裏が大地に吸い付くようで、まるで忍者のようです(足は地面を擦ってはいません)。

 

背中は龍のように柔かく動き、直線の骨があるはずの腕も、縄のようにしなって動きます。

 

その心の在り方は、自然を愛し、穏やかで、おおらかで、よく笑います。

 

武当山にお稽古に来る人は、みんな穏やかな表情になり、健やかな体になって、しあわせそうに帰っていきます。

 

体の動き、心の在り方、こんなところに憧れます。

 

子供のころから寄宿状態で毎日お稽古してきた先生たちと違い、わたしは大人になってから、そして体力的には下り坂に差し掛かるような年齢から、始めました。10代の子供とは、出来ることが違います。

 

この先、年齢はさらに増えていきます。それでもまだ、ちょっとでも近づきたいと思っています。

 

そして、ちょっとでも「これだ!」と思う瞬間がやってきたときには、とんでもなくうれしいのです。その中には憧れたものもありますが、思ってもみなかったものも、たくさんあります。

 

今の自分がダメなわけではなく、わたしも含めてみんな、今の自分で、今は充分です。でも、このままで良いわけではありません。憧れが続く限り、これからも楽しく頑張ります。

 

 

 

【12月の特別クラスのご案内】

12月17日(日)の午後は、Bouquet(逗子・葉山)身体とこころのその先へ 〜本当の思いに触れに行く太極拳〜」(第4回:みんなが知らない太極拳ひみつ4 陰陽五行にみる体と心のつながり)です。詳細とご応募はこちらから。

 

12月23日(土)14:00-16:30は「みんみんの陽だまり時間:オレンジポマンダーを作ろう!」(自由が丘・九品仏)です。参加費は、おひとり3,500円(材料費込、ハーブティー&おやつ付)。詳細と応募方法はこちらから。(太極拳クラスではありません)

 

 

(武当山にて。兄弟子のひとり)

 

 

☀「陽だまり」とは

ブログタイトル「みんみんの陽だまり太極道日記」の「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると素晴らしく居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、どことなくキリリとした印象もあります。太極拳を通して、こんな時間と空間を創っていきたい、陽だまりにつつまれて暮らす人、心身ともにゆとりある人を増やしたい、と思っています。

 

........................

いしい まゆみ(道号:静慧 / みんみん)

太極道家

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

講座のご案内は、こちらからどうぞ

 

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM