好きなことをする

2017.11.25 Saturday

(今日の代々木公園)

 

わたしにとって、体を動かして感じて育っていくことは、大好きで、大切なプロセスです。

 

体はとっても賢くて、いろいろ気づかせてくれます。この世では体をもって生きるため、体を大切に扱うこと、無駄な負担をかけないことで、この世での居心地や”生き易さ”も、変わってくると思っています。

 

でも「だから、体を動かしましょう!」と言っても、ハードルが高いと感じる方もいらっしゃいます。そして「太極拳ですよ」というと、さらにハードルが上がります。太極拳って、名前は知られているけれども、内容はほとんど知られていないと感じるのですよ。

 

昔の人の智慧である太極拳を、たくさんの人に届けたいと思うなら、ハードルを低くしようと、今年は話す機会を増やしました。

 

2月におはなし会、6月にインターネットテレビ(自由が丘FMTV「みんみんの陽だまり太極道」)の番組を始め、8月に逗子ではじめたbouquetでの講座は、前半おはなし、後半体験という新しい構成になりました。細々とですが、「やろう!」と決めるとご縁がつながるものですね。ありがたいです。

 

こんな風に「やろう!」と思うとき、”好きかどうか”を大切にしています。

 

”好き・嫌い”は、思考ではありません。「〇〇した方がいいよ、大人なんだから」という理屈ではなく、本能につながっています。理由があったとしても、”後づけ”です。人を説得するために理由が必要なこともありますが、自分にとっては、どうでもよいわけです。

 

思考は、簡単にウソをつきます。悪気はないですけれどもね。本当はやりたくないのに「仲良しの〇〇ちゃんがやることだから、手伝わないと」とか、「お世話になっている〇〇さんが開催するから、行かないと」とか、ありませんか?わたしは、よくやりました。(今でも、やりそうになります。)

 

わたしの場合、共感性が強いことが、さらに事情を複雑にします。「共感性が高いこと、人の気持ちを理解できることは、ひとつの力ではあるけれども、あまりに過ぎると、どれが自分の気持ちかわからなくなるから、ほどほどにするんだよ。」とアドバイスされたことがあります。人の気持ちを自分の気持ちのように感じ、わけがわからなくなるのですよ。

 

さらに「こうしてあげたら相手にとって良いだろうな、という思いは、相手にはわからないよ」とい言われたこともあります。

 

人に何かをすること自体がダメなわけではありません。してあげたいことをして、その思いが伝わらないとき、がっかりすることありませんか?わたしには、あります。でもそれ、すごく自分勝手ですよね。相手にしてみたら、「そんなこと頼んでない」でしょう。

 

そんなことも多々経験し、もっとシンプルに生きよう、好きなことをしよう、と思うようになりました。

 

シンプルなのですが、意外と手ごわいです。世間体や、「まっとうな人間だったらこうする」という妄想、義理、「やらないと言ったら、あの人が火のように怒り出す」という恐怖感などなど、好きなことを素直に選ばない理由(言い訳)は、たくさん出てきます。やりたいと思って始めたのに、だんだん苦しくなることもあります。ちょっとした無理があると、結局は自分を傷つけます。

 

勇気を振り絞らないと、「こうしたいの」と言えなかったこともあります。我慢してきたものが堰を切ったように流れ出すため、ほぼ絶叫、ケンカを売っているようになってしまったこともあります。たくさん迷惑もかけながら、「もっと普通に言えばいいよね」とか、「こじれる前に言わないと」とか、”好き”を通すやり方も、少しずつわかるようになってきたかもしれません。

 

さて、”好き”に話を戻します。インターネットテレビで放映された自分の番組は、必ず後から見ているのですが、「あらまあ」と思うところ、突っ込みどころは山ほどあれど、自分の話しているトーンは好きだな、と感じます。心地よいのです。

 

客観的に見たら、どれだけの人に届いて、役立っているのかが大事なのでしょうが、それはさておき、自分が”好き”と思えることが、うれしいです。その先のことは、わたしがどうこうすることではないですしね。わたしがしたいことは、誰かの期待に応えることではないのです。

 

そして、以前聞いた「何をやっても、巡り巡って、結局はどこかの誰かの役に立つ」という言葉が、心に響きます。

 

”好き”は、最強なのですよ。

 

 

【特別講座のお知らせ】

11月26日(日)14:00-16:30

 特別クラス「太極扇を体験してみよう」(自由が丘・九品仏)です。詳細はこちらから

 

12月17日(日)14:00-17:00 ※女性限定 Bouquet

 身体とこころのその先へ〜本当の思いに触れにいく太極拳 第4回 「陰陽五行にみる 身体とこころのつながり」

 詳細とお申込みは、こちらから

 

(お茶を淹れながらおはなしするのも、好きな時間。先日のBouquetの講座にて)

 

☀「陽だまり」とは

ブログタイトル「みんみんの陽だまり太極道日記」の「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると素晴らしく居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、どことなくキリリとした印象もあります。太極拳を通して、こんな時間と空間を創っていきたい、陽だまりにつつまれて暮らす人、心身ともにゆとりある人を増やしたい、と思っています。

 

........................

いしい まゆみ(道号:静慧 / みんみん)

太極道家

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

講座のご案内は、こちらからどうぞ

 

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM