大切な指針「自分も、見る人も気持ちよいのが、良い太極拳」

2017.11.12 Sunday

(Photo by Hirohisa Tajima)

 

どのクラスでも、よくする練習として、太極拳の基本功、と呼んでいるものがあります。

 

短くて単純な構成で、太極拳の大切な要素がたくさん入っており、体ものびのび、スペースが広がっていきます。

 

いきなり太極拳の套路(型)を全部覚えるのは大変ですが、これならだいぶハードルは下がります。それでもやっぱり「覚えられない」という声も、よく聞きます。

 

わたしが習う環境とはずいぶん違うので、覚えられないのも無理ないな、と思うのです。

 

わたしが習うときは、中国で、毎日やるのです。一度に10回とか15回、繰り返します。覚えよう、という意志は持ちますが、覚えやすいのは当然ですよね。

 

今日も、「覚えられない」と生徒さんがおっしゃるので、「ビデオを撮りますか?」という話になりました。限られた時間の中で習うときには、こんな工夫も必要です。何よりも、「おうちでやろう」という気持ちを、大切にしたいと思っています。

 

撮り終わった後、「体が伸びていくのを見ていると、一緒に自分も伸びていくよう。」というような感想を話してくださいました。

 

嬉しかったです。

 

太極拳をするときに、いくつか大切にしている指針があります。習う中で、先生からの言葉として聞いたことばかりです。その中のひとつに、”自分も気持ち良く、見ている人も気持ち良いのが、良い太極拳”があります。

 

太極拳には表演と呼ばれるように、人前でショーのように見せるものもあります。大会もあります。

 

一方で、「太極拳は、自分のためにするもので、人に見せるものではない」と言う人もいます。中国にも「本物は、6つの耳で聞くものではない」(「法不传六耳」)ということわざがあり、本当に伝えようとするときは、師匠と弟子の1対1、ふたりきりで部屋にこもり、誰にも見せずにお稽古する、という話もあります。

 

どれがあっているとか、間違っているという話ではなく、自分がどうやっていきたいか、だと思うのです。

 

4-5年前、当時、日本で習っていた先生に、「あなたもそろそろ、自分がどうやっていきたいかを決めるときです。」と言われたことがあります。

 

すぐに答を見つけられるものではありませんが、このときに問いをいただいたことは、とってもありがたいことだったと思います。

 

今のわたしにとっては、先生の言葉でもある、「自分も気持ちよく、見る人も気持ち良いのが、良い太極拳」という言葉が、しっくりきます。

 

太極拳をするときは、内だけに意識をむけるのではなく、外だけに意識をむけるのでもありません。内と外という境界線が、だんだんと曖昧になってくる感覚があります。内を大切にしながら、外にも意識が広がっていく感じです。

 

内と外も含めたいろいろな”バランス”の先に、”ひとつ”、という感覚にもつながります。

 

人に見せるためのものとは言えませんが、外に向かうエネルギーを人に感じてもらわないのは、もったいないと思うのです。これは、言葉とは違う形の、コミュニケーションだと思っています。

 

人はみんな、自分なりの表現をして生きています。わたしは、この表現方法が、好きです。

 

見ている人もそうですが、見ていない人にも、自然界の生きるものすべてに、波動で伝わっていくと思っています。それは、しあわせなことですよね。

 

 

【11月の特別クラスのご案内】

11月19日(日)14:00-17:00

Bouquet(逗子・葉山)「身体とこころのその先へ 〜本当の思いに触れに行く太極拳〜」(第3回:みんなが知らない太極拳ひみつ3 自然に学ぶ)です。詳細とご応募はこちらから。

 

11月26日 14:00〜16:30

特別クラス「太極扇を体験してみよう」(自由が丘・九品仏)です。詳細はこちらから

 

 

☀「陽だまり」とは

ブログタイトル「みんみんの陽だまり太極道日記」の「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると素晴らしく居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、どことなくキリリとした印象もあります。太極拳を通して、こんな時間と空間を創っていきたい、陽だまりにつつまれて暮らす人、心身ともにゆとりある人を増やしたい、と思っています。

 

........................

いしい まゆみ(道号:静慧 / みんみん)

太極道家

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

講座のご案内は、こちらからどうぞ

 

 

 



 

 

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM