一瞬で痩せる

2017.11.07 Tuesday

(太極拳の最初のところ。縦に伸びる力を存分に働かせているところ)

 

「痩せたくて.....」という方が、太極拳の講座にいらっしゃることがあります。そんな方には、「一瞬で痩せます。」と、お答えします。

 

体重が変わるわけではありません。どういうことでしょうか?

 

”縦に伸びる力”を働かせているだけです。足裏から大地を押すように踏むと、上に向かって伸びる力が働きます。自分の中心軸を作るやり方で、これによって背骨や首の頸椎の関節の隙間が空いていきます。

 

洋服に例えてみます。床の上に丸めておいた洋服を見ると、もっさりしていますよね。でも、ハンガーにかけてつるした洋服は、すっきりしています。

 

床の上に丸めた洋服が、何もしていない状態。ハンガーにかけてつるした洋服の状態が、”縦に伸びる力”を使っている状態です。

 

ただし、洋服は人間とちがって自分で立てないので、縦に伸ばすためにしていることは、違います。

 

人間の場合も、上から吊るせば伸びるのだと思いますが、大地に足をつけて生活する人間にとって、その状態は、非日常的です。もっと現実的な方法でやろうとすると、大地を踏んで上に伸びる力を働かせる、ということになります。

 

”縦の伸びる力”を働かせて、体の中に隙間(スペース)ができることで、体の中の交通渋滞が緩和されるようなイメージで、血が流れるのを応援してくれます。血が流れれば、体温は上がります。体温がある、ということは、赤ちゃんを想像してもわかるように、生命力の象徴です。冷え症の赤ちゃんは、いないですよね。

 

縦に伸びる力を使って自分の中心軸ができれば、腕はぶらりとそこから下げることができます。肩は、本来の位置まで下がります。腕の力が抜けるように、他の部位も、緊張させて引き上げなくてもよくなるため、体の無駄な緊張は取れやすくなります。そうなると、横隔膜も呼吸に応じて上下しやすくなり、それが適度に内臓のマッサージをしてくれて、内臓機能がきちんと働くことを応援してくれます。長期的に見ても、良さそうなことが、いっぱいです。

 

太極拳とは、体の関節の隙間を開いていくものでもあります。

 

立つときには、まず、上に書いた”縦に伸びる力”を働かせて、縦のラインの関節の隙間を開きます。それから、最初の動作、腕を横から開いて上にあげていく動作では、肩〜ひじ〜手首の関節の隙間も開いていきます。

(横に伸びる力を働かせて、肩、ひじ、手首の関節、指の関節の隙間を開けていくところ)

 

人の体は、そのままにしておくと、硬くなる方にと進んでいきます。生まれたときから、死に向かって生きることを考えると、日々、体が硬くなるのは、当然のことのように思います。でも、当然だからと言ってそのままにしておくと、老化がどんどん進み、硬く、縮んでいきます。

 

それを日々、自分の意志で、緩めて、スペースを開けていくわけです。

 

「太極拳をやっている人は、20年後も同じ体」ということがあるのは、こんなところからもきていると思います。

 

太極拳は、縦にも横にも、四方八方に、力が広がっていきます。少しずつ、途切れず、広がり続けます。わたしが見ていて「いいな」、と思う人の太極拳は、この”のび”があります。そうでない人に比べて、もしかしたらほんの数ミリなのかもしれませんが、ちょっと先までのびていくのです。

 

体という物体には限界があるため、際限なく伸び続けることは、実際にはできません。でも、例えば立つとき、意識としては、限界なく、ずっと伸びていくのです。その意識があることで、他の人が見たときに、縦にスッと伸びていくものを感じさせられるのかもしれないと思っています。

 

男女問わず、これをしている人の立ち姿は、美しいです。天地をつないぐ人、”天地人”という一体性を感じるからかもしれません。

 

この立ち方、新たな体の使い方と意識の持ち方を必要としますが、誰でもできる素養はあります。これを身に着けることで、腰も膝も痛めにくくなるのですよ。

 

最後に、先日開催したBouquetでの講座「身体とこころのその先へ〜本当の思いに触れにいく太極拳 第2回:太極と陰陽」から、太極拳の最初の部分のビデオをご紹介します。このはじまりのところ、意味的にも、からだ的にも、とっても大切で、とっても好きなところなのですよ。(ビデオは、こちらから

 

 

☀特別イベントのご案内

※「身体とこころのその先へ〜本当の思いに触れにいく太極拳 第3回:自然に学ぶ」(11月19日(日))のご案内は、こちら

 

※「太極扇を体験してみよう」(11月26日(日))のご案内は、こちら

 

 

☀「陽だまり」とは

ブログタイトル「みんみんの陽だまり太極道日記」の「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると素晴らしく居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、どことなくキリリとした印象もあります。太極拳を通して、こんな時間と空間を創っていきたい、陽だまりにつつまれて暮らす人、心身ともにゆとりある人を増やしたい、と思っています。

 

........................

いしい まゆみ(道号:静慧 / みんみん)

太極道家

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

講座のご案内は、こちらからどうぞ


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM